小田原市

「どきどきタイムトラベル2017」で縄文土器を焼きました!

 8月19日(土)に市内三の丸小学校にて「どきどきタイムトラベル2017」の土器焼成を行いました。
 焼成の様子をご紹介します。
焼成前に郷土文化館の考古室を解説

①最初に郷土文化館考古室を見学

 「どきどきタイムトラベル」の焼成は、郷土文化館の考古室の見学からスタートします。
 博物館実習生が参加者の方に展示解説を行いました。

火をつけます

②いよいよ点火

 三の丸小学校に移動し、いよいよ焼成開始。実習生が当時の火起こしの道具を使って火をつけます。なかなか火がつかず、汗だくになりながら頑張っていました。

土器をあたためます

③土器の温度をゆっくりと上げます

 土器をすぐに火の中に入れてしまうと割れてしまうため、まずは火の周りに並べ、ゆっくりと土器の温度を上げていきます。


土器を火の中に並べます

④土器を火の中に並べます

 土器の温度が十分に上がったら、いよいよ火の中に並べます。ここからさらに燃やすために木材を周りに並べます。
 この作業、とても熱いんです・・・!

燃える土器

⑤焼かれる土器

 一気に火を大きくし、土器を焼きます。火の温度は約600度~700度!

焼かれる土器

⑥まだまだ焼きます

 火が落ち着いたら再び木を並べ、もう一度大きな火にします。土器は焼けてススが付き、いったん真っ黒になりますが、燃やし続けるときれいな縄文土器の色に変わっていきます。


完成した土器

⑦きれいに焼けました

 ごうごうと燃える火の中で焼かれ、赤茶色のきれいな縄文土器が完成しました。

土器の収縮率を図ります

⑧焼成後の土器を測定します

 最後に、文化財課の職員が土器の大きさや重さを測定します。7月に成形した時の測定データと比較して収縮率を見るのだそうです。

完成した土器を持つ参加者のみなさん

完成!

 3日間かけて作った自分だけの縄文土器を手に、皆さんとても嬉しそうです。
 興味を持ったかた、来年はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?


火起こし体験

【火起こし体験】

 土器を焼いている間、火起こし体験を行いました。これは舞切り式といわれる方法です。みなさん、ライターやマッチを使わずに火をつける難しさを実感していました。

【潮汁作り】

【潮汁作り体験】

 過去に「どきどきタイムトラベル」で作った土器で潮汁を作りました。水を沸騰させるのに1時間もかかり、お湯を沸かす大変さも実感。

【おまけ】今回の影の立役者

【おまけ】今回の影の立役者

 担当者が今回一番感謝しているのは、このテルテル坊主たち。前日まで雨が続いていましたが、当日晴れて無事に土器が焼けたのは、テルテル坊主のおかげだと思っています。


※「どきどきタイムトラベル」の焼成は、消防の許可を得て実施しています。

最終更新日:2017年09月14日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 郷土文化館係

電話番号:0465-23-1377


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.