小田原市

【小田原文学館】<特集展示>白秋と童謡、「赤い鳥」【平成29年9月2日(土)~平成30年7月下旬予定】

北原白秋

大正期に開花した日本初の児童文芸誌「赤い鳥」は、子ども向けの読物がなかった時代にあって、子どもたちの童心によりそった優れた物語や童謡を子どもたちに届けることを目指した児童文化運動でした。当時小田原に住んでい文学者北原白秋はこの運動に賛同し《りすりす子栗鼠》や《赤い鳥小鳥》《あわて床屋》など今日でも親しまれている童話の名作を「赤い鳥」に発表しました。「赤い鳥」100年を来年に控え、小田原文学館では「赤い鳥」をキーワードとして白秋の童謡をめぐる主要な作品を館蔵資料のなかから紹介します。

 


開催情報

開催日時

平成29年9月2日(土)~平成30年7月下旬予定 午前9時00分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)

開催場所

小田原文学館(小田原市南町2-3-4)本館

入館料

一般250円、小・中学生100円(20名以上で団体割引有、障害者手帳をお持ちのかた割引有)

アクセス

  • 徒歩:小田原駅東口から20分
  • バス:小田原駅東口から箱根方面行バス H・T・J・Z・U線「箱根口」下車徒歩5分
  • 車:国道1号線「箱根口交差点」から路地に入り220m先右折後直進100m(駐車場7台・無料)

北原白秋チラシ両面  PDF形式 :1MB


>> 大きい地図を表示
 からの 

最終更新日:2017年07月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:図書館 【市立図書館】(城内7-17)

電話番号:0465-24-1055


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.