小田原文学館特別展 The People「民衆」展 ―われらは郷土から生まれる―

民衆展ポスター

民衆展ポスター

詩誌「民衆」は、大正7年(1918)1月に小田原出身の詩人福田正夫や井上康文らが創刊しました。

創刊号の表紙では、「われらは郷土から生まれる。われらは大地から生まれる。われらは民衆の一人である」「われらは自由に創造し。自由に評論し。真に戦ふものだ」と宣言し、白鳥省吾、百田宗治、富田砕花などが意欲的に作品を発表しました。アメリカン・デモクラシーを代表する詩人ウォルト・ホイットマンやホレース・トローベルの影響下に、労働者や農民に寄り添った詩を作ることによって民衆に芸術を近づけることを目指した彼らは、「民衆詩派」と呼ばれました。経済的事情などにより、途中休刊を挟み3年ほどで「民衆」は終刊を迎えますが、口語自由詩の普及など以後の詩史に足跡を残したとされます。

「民衆」創刊100年を記念して開催する本展では、この雑誌やそこに集った詩人たちの軌跡をたどります。

民衆展チラシ  PDF形式 :5MB


開催情報

開催日時

平成30年10月13日(土)から12月2日(日)9時00分から17時00分(入館は16時30分まで)

開催場所

小田原文学館(小田原市南町2-3-4)
本館1階展示室

入館料

大人250円、小・中学生100円(20名以上で団体割引有、障害者手帳をお持ちのかた割引有)

アクセス

  • 徒歩:小田原駅東口から20分
  • バス:小田原駅東口から箱根方面行バス H・T・J・Z・U線「箱根口」下車徒歩5分
  • 車:国道1号線「箱根口交差点」から路地に入り220m先右折後直進100m(駐車場7台・無料)

関連イベント

担当学芸員による展示解説

本展担当学芸員が、展示の見どころをご案内します。
開催日 平成30年10月25日(木)、11月3日(祝・土)、12月2日(日)
時間 11時00分~、13時30分~(各日2回)
会場 小田原文学館本館1階展示室
申込 不要(当日、直接会場にお越しください)
費用 無料(当日の入館券が必要です)

ミュージアム・リレー 第254走

本展を中心に、小田原文学館の見どころをご案内します。
開催日 平成30年11月9日(金)
時間 10時00分~正午
会場 小田原文学館本館(受付)
申込 小田原市立図書館に電話(0465-24-1055)で。

※前日午後5時00分まで受付

定員 30人(申込先着順)
費用 無料(入館料免除)

小田原文学館

【登録有形文化財(平成12年9月26日登録)】
この洋風建物は、三階建の本館と木造平屋建の管理棟よりなり、ともに屋根はスペインから輸入した瓦を用いたスパニッシュ瓦葺です。
本館一階の談話室と二階洋室の南面に張り出したサンルーム及び三階のべランダは昭和初期のモダニズム建築の特徴をよく示しています。
また、北面中央部に設けた階段はゆったりした勾配の造りで、笠石に大理石を用いた手摺の意匠は繊細で優れています。
平成6年には、小田原の出身及びゆかりの文学者にまつわるさまざまな資料を展示する小田原文学館に改装されました。

主な施設内容:展示室(有料)

住所 神奈川県小田原市南町2-3-4
TEL 0465-22-9881
休み 年末年始(12月28日~1月3日)
開館時間 9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)
関連リンク [小田原市公式ホームページへ]

アクセスマップ

>> 大きい地図を表示
 からの 

最終更新日:2018年09月14日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:図書館 【市立図書館】(城内7-17)

電話番号:0465-24-1055


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.