小田原の3邸園(小田原文学館・松永記念館・清閑亭)をテーマにした俳句の第4回優秀作品発表!

小田原の近現代の別邸である小田原文学館、松永記念館、清閑亭の3館は、小田原の歴史や文化をひろく発信するため、連携して様々な情報交換やイベントを実施しています。
平成28年度から小田原文学館ではこの事業の一つとして、館内および清閑亭に投句箱を設置して3館をテーマとした俳句を募集してきました。みなさんが応募された俳句の中から第4回の選句を行い、小田原俳句協会によって選ばれた5作の入選作品を発表します。
入選作 俳号または氏名(敬称略)
小春日や文学館の床の音 活郎(横浜市)
北条の紋称へたり鱗雲 ひろ(横須賀市)
日脚伸ぶ文学館の青瓦 雅女(東京都新宿区)
白秋の思い出刻む春時雨 森 剛士(愛知県一宮市)
ブンガクをひとつ煎じて午睡かな 宮田 章(横浜市)
入選作は文学館内にも掲示しています。
ご応募いただいたみなさん、ありがとうございました。
現在も俳句を募集していますので、ご来館の際にはぜひご投稿ください。

これまでの入選作

第3回(平成29年秋~冬季)

入選作 俳号または氏名(敬称略)
万緑や文士のお城文学館 布施 元(相模原市)
実梅落つ童謡館のなつかしき 松尾 かをる(平塚市)
あじさいの美しき青サンルーム 山旅人(川崎市)
蝉しぐれ遺稿の文字も潤むまま 山田 真樹子(さいたま市)
潮風が秋を知らせる文学館 森田 ひろ美(調布市)

第2回(平成29年春~夏季)

入選作 俳号または氏名(敬称略)
桜咲く白きベンチの老夫婦
春昼やゆったり過ごす文学館
伊藤 あつ子(茅ヶ崎市)
白秋館草柔らかく花の雨 青嶋 潤一(横浜市)
深緑の深き沈黙文学館 田村 あかね(練馬区)
小田原や城吹き抜ける春の風 朝代(茅ヶ崎市)

第1回(平成28年夏~冬季)

入選作 俳号または氏名(敬称略)
おちばふむくつおとさえもことばなり 山岡 元(厚木市)
文化の日文学館のサンルーム 福郎(厚木市)
みおろして見上げて紅葉文学館 佐藤 京子(厚木市)
小春日や人を待ちゐる庭の椅子 伊藤 昭子(函南町)
せみのこえ耳をすませば波の音 浅尾 幸治(さいたま市)

アクセス

最終更新日:2018年09月03日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:図書館 【市立図書館】(城内7-17)

電話番号:0465-24-1055


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.