小田原市

松永記念館

板橋にある松永記念館

松永記念館

松永記念館は、戦前・戦後と通じて「電力王」と呼ばれた実業家であり、数寄茶人としても高名であった松永安左ヱ門(耳庵)が、昭和21年に小田原へ居住してから収集した古美術品を一般公開するために、昭和34年に財団法人を創立して自宅の敷地内に建設した施設です。昭和54年に財団が解散し、その敷地と建物が小田原市に寄付されました。
市では、昭和55年10月に小田原市郷土文化館の分館として設置し、特別展や企画展を本館・別館展示室で開催しています。また、昭和61年に移築した野崎廣太(幻庵)の茶室「葉雨庵」や、補修保存工事後に平成13年から公開している安左ヱ門の居宅「老欅荘」など、国登録有形文化財となっている貴重な建物も見学及び利用できます。
また、庭園は平成19年2月「日本の歴史公園100選」に選ばれ、四季を通じ様々な花を観賞できます。

開館時間 午前9時00分~午後5時00分
住所 〒250-0034 小田原市板橋941番地1
休館日 年末年始及び施設、収蔵品等殺虫燻蒸作業時(3月頃)
入館料 無料

展示室のご案内

室及び施設名 説明
本館展示室 松永記念館は、松永翁が収集した古美術品を一般公開するために「財団法人松永記念館」を設立して建設したもので、財団解散後、敷地と建物が当市に寄付されました。
現在は、松永翁の意志を継ぎ、郷土文化館所蔵美術品を中心とした企画展、秋には特別展を開催しています。
別館展示室 展示部門拡充のため、平成4年5月に新築開館しました。
現在、松永耳庵ゆかりの資料や、作家中河与一氏から寄贈されたコレクションを中心に展示しています。

茶室等のご案内

室及び施設名 説明
和室
(本館2階)
松永記念館の2階には、松永翁の意向が反映された茶室がそのまま保存されています。広間の太い大きな床柱は平等院山門に使用されたとされ、原三溪から贈られたものです。
現在、特別展の期間外は、一般の方の利用に開放され、茶会や会合等に使用されています。
茶室
「葉雨庵」
(よううあん)
市内南町に在住した、野崎廣太(幻庵)によって建てられた茶室です。野崎翁存命中は、中央の政財界人が招かれ多くの茶会がここで開催されました。
当市では、昭和61年この茶室を松永記念館内に移築・復元し、現在、一般に広く公開・開放しております。隣接の附属棟と併せて茶会等に利用できます。
なお、本茶室は「老欅荘」とともに国登録有形文化財となっております。
茶室附属棟
「烏薬亭」
(うやくてい)
茶室「葉雨庵」に隣接して新たに設けた施設です。名称は、建物正面にあり、小田原地方ではここでしか見られない樹木「天台烏薬」にちなんで名付けたものです。会合・茶会等に利用できます。
「老欅荘」
(ろうきょそう)
松永安左ヱ門(耳庵)が昭和21年に小田原へ移り住むために建てられたもので、その名称は、登り口にそびえる欅の大木に由来しています。耳庵はここで多くの茶会を催し、当時の有名な茶人・政治家・学者・建築家・画家などを招きました。四畳半台目の茶室や三畳大の床の間を設けた広間、母屋に取りつく三畳の寄付などの意匠に数寄屋建築として特徴が見受けられます。国登録有形文化財。

茶室等のご利用案内

松永記念館 使用料(円)
室及び施設名 午前9時00分~
正午
午後1時00分~
4時00分
午前9時00分~
午後4時00分
和室
(本館2階)
1,000
1,000
2,000
茶室「葉雨庵」 及び
茶室附属棟「烏薬亭」
1,500
1,500
3,000
茶室附属棟「烏薬亭」
1,000
1,000
2,000
老欅荘 使用料(円)
室名 午前9時00分~
正午
午後1時00分~
4時00分
午前9時00分~
午後4時00分
茶室(A)
1,500
1,500
3,000
広間(B)
1,000
1,000
2,000
寄付及び和室(C)
1,000
1,000
2,000

お申込みの方法

  1. 使用日の6か月前にあたる日の午前9時00分からご使用日前日の午後5時00分までに郷土文化館または、松永記念館にご来館いただくか、電話で仮予約をしてください。       
  2. 使用日の1か月前から前日の午後5時00分までに郷土文化館もしくは松永記念館にご来館いただき、使用許可申請書と使用料をお納めください。
  • FAX、手紙による受付はできません。
  • 使用許可は先着順となります。

使用にあたって

  • 当館の行事及び公的行事を優先いたします。
  • 営利を目的とした貸し出し(物品販売、販促イベント等)はお断りいたします。
  • お貸しした机や茶道具は、各自で必要分を準備していただき、使用後は所定の位置に片付けてください。
  • 車でお越しの方は、松永記念館駐車場をご利用ください。
  • 使用中に出たゴミは、一切お持ち帰りください。
  • 松永記念館和室及び老欅荘・葉雨庵・烏薬亭にはエアコン等の空調設備はありませんので、あらかじめご承知ください。
老欅荘平面図

交通のご利用案内

  • 箱根登山線「箱根板橋駅」下車、徒歩10分
  • 小田原駅より箱根行き バス「上板橋」下車、徒歩6分
              同バス「板橋」下車、徒歩10分
>> 大きい地図を表示
 からの 

最終更新日:2015年06月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 郷土文化館係

電話番号:0465-23-1377


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.