小田原市

小田原邸園文化ネットワーク ~小田原の歴史・文化を発信~

趣向を凝らした邸宅と庭園を持つ小田原文学館・松永記念館・清閑亭の三館が連携し、さまざまなイベントを開催しながら皆様のお越しをお待ちしております。

小田原邸園文化ネットワークの注目イベント!

5月22日(月)まで 【ハルネギャラリー】春の、おだわら邸園さんぽ 

今年は、ハルネ小田原(小田原地下街)のハルネギャラリーにおいて、「春の、おだわら邸園さんぽ」と題し、小田原文学館・松永記念館・清閑亭を紹介しています。
 

小田原は、明治の半ばから多くの政財界人や文人が邸園をかまえた地です。

数奇屋風の別邸建築など、小田原ならではの趣のある歴史的な建物が、今も多く残っています。

その中に、近代の偉人たちが愛した三邸園として小田原文学館、松永記念館、清閑亭があります。季節ごとの光と風をそれぞれに楽しむことができる三邸園。この時期は新緑に吹きわたる海風を感じられます。

今回の展示では、その三邸園の”邸宅”に焦点を当て、随所にみられる邸主の美意識やこだわり、邸宅の魅力についてご紹介します。


趣向を凝らしたイベントもご用意しておりますので、ぜひ「おだわら邸園さんぽ」にお出かけください。

 


文学館

関連イベント 春の邸園まち歩き

日時

平成29年5月13日(土) 10時00分~12時30分

 集合 小田原文学館

 解散 ハルネ小田原(小田原地下街)

内容

立ち寄りポイント
1 小田原文学館 (担当学芸員による展示解説)
2 欄干橋ちん里う (街かど博物館)
3 ういろう (外郎博物館)
4 清閑亭 (ティータイム)
5 報徳二宮神社 (お土産ショッピング)
6 城址公園二の丸広場
7 ハルネ小田原ハルネギャラリー

定員

 40人(申込み先着順)

参加費

2,000円(ガイド料・呈茶代等込み)

申込・問い合わせ先
清閑亭 電話:0465-22-2834

小田原邸園文化ネットワークとは

三館連携ポスター

小田原邸園文化ネットワークとは、趣向を凝らした庭を持つ清閑亭・松永記念館・小田原文学館の三館が小田原の歴史や文化の発信、観光の回遊性拡大を図るために連携したものです。これから、小田原のよいところを発信していきますので、ご期待ください。

また、小田原邸園ネットワークでは、小田原邸園スタンプラリーも実施しております。三館に、小田原御用邸と古希庵を加えた5か所にスタンプを設置しておりますので、ぜひ、邸園をめぐりながら新しい小田原を発見してみてはいかがでしょうか。


最終更新日:2017年04月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化政策課 文化政策係

電話番号:0465-33-1707


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.