金次郎を学ぶ会「金次郎を学ぶ/金次郎を教える―教材としての「二宮金次郎」―」を開催します

二宮尊徳(金次郎)の生誕日にちなみ、「金次郎を学ぶ会」を開催します。
今回は「金次郎を学ぶ/金次郎を教える―教材としての「二宮金次郎」―」と題し、戦前の教科書において「二宮金次郎」はどのように描かれていたか、また、当時の教師たちは金次郎を題材にどのようなことを子どもたちに教えていたかを、尊徳記念館の学芸員が資料を通して解説します。

日時 令和元年(2019年)7月14日(日) 午後1時00分~3時00分
会場 尊徳記念館 3階講堂
費用および申し込み 無料です。
当日会場まで直接お越しください。

講座「金次郎を学ぶ/金次郎を教える―教材としての「二宮金次郎」―」

第1部では、「少年 二宮金次郎」が教科書に取り上げられて広く知られていく過程を解説するとともに、教科書の中に描かれた金次郎の姿を紹介します。

第1部 金次郎を学ぶ―教科書の中の二宮金次郎―

  • 第1章 二宮金次郎の「登場」
  • 第2章 教科書の中の二宮金次郎

第2部 金次郎を教える―教育者と二宮金次郎―

第2部では、金次郎を教材とする授業や行事について、神奈川県下での戦前の実例を紹介するとともに、その内容が戦時体制下でどのような姿になっていったかを解説します。
  • 第1章 神奈川県と県下の小学校の取り組み
  • 第2章 戦時体制下の報徳教育

金次郎を学ぶ会案内チラシ  PDF形式 :4MB


『小学修身訓』の一部

『小学修身訓』の一部


最終更新日:2019年05月14日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 尊徳記念館係

電話番号:0465-36-2381


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.