広報おだわらアーカイブ

広報小田原 1201

令和元年5月の一覧へ戻る

広報小田原 1201表示画像

広報小田原 1201

令和元年5月1日 発行

広報小田原 第1201号
令和元年5月1日発行

#01 令和初代王者への道
#02 〈連載〉キラリ若人
#03 私たちの税金の使い道 令和元年度当初予算
#04 あなたのすぐそばに 民生委員・児童委員
#05 〈連載〉みんなで育てよう 教育の木
#06 おだわら情報
#07 くらしのガイド おだわらいふ「お知らせ」
#08 くらしのガイド おだわらいふ「募集」
#09 くらしのガイド おだわらいふ「相談」
#10 くらしのガイド おだわらいふ「イベント」
#11 くらしのガイド おだわらいふ「こども」
#12 くらしのガイド おだわらいふ「スポーツ」
#13 くらしのガイド おだわらいふ「健康」
#14 〈連載〉高齢者自立支援ケアマネジメント おしえて! はっするきゃっする
#15 〈連載〉悪質商法の最前線 私は、だまされんぞう!
#16 〈連載〉至誠・市政
#17 令和元年度版 市役所電話帳


PDF版

テキスト版

====================
#01 令和初代王者への道
====================
小田原市は湘南ベルマーレフットサルクラブを応援しています。


====================
#02 〈連載〉キラリ若人
====================
湘南ベルマーレフットサルクラブ
高橋広大
 小田原アリーナをホームアリーナとして、Fリーグ(日本フットサルリーグ)で活躍する湘南ベルマーレフットサルクラブ。下部組織に所属しながら、トップリーグでも活動できる「特別指定選手」に選ばれているのが、小田原で生まれ育った高橋広大だ。
 「フットサルは、サッカーよりも一人一人がボールに触れることが多い。ゲーム展開も速く、シュートもたくさん見られる」
 高橋がそう語るように、フットサルはバスケットボールのように、攻守が素早く切り替わり、サッカーともまた異なる魅力がある。
 「自分の強みは、ボールを持ったとき、相手をドリブルでかわして突破できること。今季は、継続的に試合に出て、チームの勝利に直結するゴールを決めたい」と力強く語る。
 小さい頃から、地元、小田原の自然の中で遊ぶことが好きだったという。「川とか海で遊ぶのが好きでしたね。今も釣りが趣味です」
 フットサルプレーヤーとして、小田原のイベントにも参加。「かまぼこ桜まつり」では、子どもにボールをけることの楽しさを教えた。
 「フットサルの楽しさを体感しながら、僕たちのことを知ってもらいたい。触れ合った子たちや地域の人がホームゲームに来てくれたら、うれしいです」
 高橋が所属する湘南ベルマーレフットサルクラブは、今季、リーグ3位以上が進むプレーオフ進出を目指す。

みんなで湘南ベルマーレフットサルクラブを応援しよう
 間近で見る、日本最高峰のフットサルは圧巻!地域密着で活動する湘南ベルマーレフットサルクラブは、ファンと選手の距離も近いです。Fリーグ2019-2020シーズンは、5月25日土曜日に開幕!
6月のホームゲーム
6月1日土曜日 15時00分から VSペスカドーラ町田 
6月22日土曜日 15時00分から VSヴォスクオーレ仙台
チケット
前売 高校生以下 300円 大人1,500円
当日 高校生以下 500円 大人2,000円
チケットの販売などの問い合わせは、小田原スポーツマーケティング(電話 0465-43-6606)に。


====================
#03 私たちの税金の使い道 令和元年度当初予算
====================
皆さんが納めた税金は、市の将来都市像である「市民の力で未来を拓く希望のまち」の実現に向けて策定された総合計画「おだわらTRYプラン」に基づき、配分しています。市の取り組みには、どのように税金が充てられているのでしょうか。皆さんの身近な取り組みから、市の予算編成をひも解きます。
【問】財政課 電話 0465-33-1314 【WEBID】 P26542

--------------------
持続可能な地域社会のために
--------------------
 市の予算は、主に持続可能な地域社会を実現するため、中長期的な視点に立ち、二つの側面から編成しています。一つめは、地域の課題を解決するための、仕組みづくりや人づくりなどのソフト面、二つめは、施設の老朽化対策などのハード面です。
 皆さんの身近な二つの事業を例に、持続可能な地域社会に向けた市のお金の使い方を紹介します。

ソフト
→保育のニーズに応えるため
民生費
保育補助者雇上強化事業費補助金
1,107万円
待機児童の早期解消を図るため、市では計画的に保育の受け皿の整備を進めています。しかし、保育のニーズの高まりもあり、保育士不足が深刻な問題となっています。そのため、保育士の業務負担を軽減し、保育士の確保につなげられる補助金を計上しました。安心して子育てができる環境をつくっていきます。
保育課 小澤奈津子

ハード
→これからも安心してごみ出しができるように
衛生費
焼却施設基幹的設備改良事業費
3億8,552万円(4年間総額 49億2,665万円)
皆さんにも身近な「ごみ出し」。環境事業センターでは、昭和54年と平成3年に稼働した焼却炉で、家庭から出たごみを焼却処理してきました。しかし、どちらも老朽化が激しく、大規模な修繕が必要になりました。これからも、安心してごみ出しができるよう、そして、二酸化炭素の排出量を削減するために、焼却炉設備を更新する予算を計上しました。
環境事業センター 大川智久

このように市役所全体で市民のニーズを捉え、事業の優先順位付けや歳入の確保に重点を置き、予算を編成しました。
その結果・・・

--------------------
予算の規模
--------------------
予算編成にあたり、5つの方針を定めています。
(1)第3次実施計画の着実な推進
(2)持続可能な地域社会に向けた将来への投資
(3)行財政改革の強力な推進
(4)公共施設の適正な管理
(5)財源の確保

全会計 1,573億円(+0.4 %)
一般会計 673 億円(-1.3%)
(福祉やまちづくりなどに使う基礎的な会計)
特別会計 576 億円(+0.9%)
(天守閣、国民健康保険など特定の収入で賄う会計)
企業会計 324 億円(+3.0%)
(上下水道や病院の収益で賄う会計)
※ ( ) 内は対前年度増減率

--------------------
歳出(一般会計目的別予算)
--------------------
民生費/279億4,500万円(41.5%) 福祉や子育て環境の充実
総務費/87億200万円(12.9%) 防災対策、住民登録、市庁舎の維持管理など
衛生費/78億2,300万円(11.6%) 健康や医療対策、ごみ処理など
土木費/65億7,100万円(9.8%) 道路や公園の整備、まちづくり
教育費/60億2,300万円(8.9%) 学校教育の充実、文化・生涯学習の振興など
公債費/43億5,800万円(6.5%) 借入金の返済
消防費/25億9,600万円(3.9%) 消防・救急活動
商工費/16億円(2.4%) 商業・観光の振興
農林水産業費/10億1,800万円(1.5%) 農業・林業・水産業の振興
議会費・労働費・予備費/6億6,400万円(1.0%) 議会の運営・労働者対策など

--------------------
市の貯金(財政調整基金)
--------------------
平成21年度/19.3億円
平成22年度/21.3億円
平成23年度/26.3億円
平成24年度/30.3億円
平成25年度/37.2億円
平成26年度/46.2億円
平成27年度/55.9億円
平成28年度/56.9億円
平成29年度/59.0億円
平成30年度/61.4億円

--------------------
市の借金(債務※)
--------------------
※市債残高および市土地開発公社などからの土地・建物に係る買い戻し予定額
平成21年度/1,346億円
平成22年度/1,291億円
平成23年度/1,253億円
平成24年度/1,220億円
平成25年度/1,190億円
平成26年度/1,179億円
平成27年度/1,156億円
平成28年度/1,118億円
平成29年度/1,080億円
平成30年度/1,122億円
※平成30は見込額

--------------------
令和元年度の主な事業
--------------------
※1万円未満を切り捨てて表記

いのちを大切にする小田原
--------------------
福祉・医療
--------------------
・介護保険施設等整備事業      1億3,920万円
認知症高齢者グループホームなどの整備事業者に対し、費用の一部を補助します。
・地域包括支援センター運営事業  2億5,657万円
高齢者に関する相談件数が増加しているため、地域包括支援センターの体制を強化します。
地域包括支援センターでの相談受け付けのようす

--------------------
暮らしと防災・防犯
--------------------
・建築物耐震化促進事業          3,251万円
市民の耐震化意識向上を図り、耐震化に対する市民負担の軽減化を図ります。
・消防庁舎再整備事業費       6億9,775万円
国府津出張所および西大友出張所を移転統合再整備し、成田出張所などを建設します。

--------------------
子育て・教育
--------------------
・学校施設維持管理事業       3億9,663万円
(学校施設修繕ボランティア活動関係費、防水改修工事等)
子どもの教育環境を守るため、学校施設の維持管理や、緊急度の高い防水改修工事などを推進します。

市民が主役の小田原
--------------------
市民自治・地域経営
--------------------
・地域コミュニティ推進事業          574万円
地域の課題解決に向けた協働の取り組みを、引き続き推進します。
・地域活動拠点等整備事業          716万円
既存の施設を地域の活動の場として、活用できるよう整備します。
地域コミュニティ組織の活動のようす

希望と活力あふれる小田原
--------------------
地域経済
--------------------
・プレミアム付商品券事業       2億3,003万円
消費税率の引き上げが低所得者や子育て世代に与える影響を緩和し、地域における消費を喚起・下支えするため、プレミアム付商品券を販売します。
・訪日外国人等受入環境整備事業費   7,800万円
効果的な情報発信やPRで、増加する訪日外国人観光客の誘客や消費を促進します。

--------------------
歴史・文化
--------------------
・市民ホール整備事業        17億7,146万円
令和3年秋のオープンに向け工事を行い、管理運営の検討を進めます。
・駅前図書施設整備事業          5,232万円
新たに開館する小田原駅東口図書館の準備を進めます。
市民ホール完成イメージ

豊かな生活基盤のある小田原
--------------------
自然環境
--------------------
・斎場整備事業             7億5,144万円
施設の老朽化などに対応するため、施設整備から維持管理運営までを一括契約するPFI手法により事業を実施し、令和元年度に供用を開始します。
斎場完成イメージ

--------------------
都市基盤
--------------------
・お城通り地区再開発事業       7億680万円
広域交流施設ゾーンの整備に伴い、その費用の補助や連絡通路などを整備します。

市ホームページでは、広報紙には掲載しきれない令和元年度の事業や、市民一人あたりの予算の使い道なども紹介しています。
詳しくは、市ホームページをご覧ください。 【WEBID】 P02682


====================
#04 あなたのすぐそばに 民生委員・児童委員
====================
子育ての悩みや介護の不安。離れて暮らす家族や近所の人の心配事など、さまざまな生活の相談を受けているのが、民生委員・児童委員です。地域を見守り、支え、つなぐため、相談を受けています。
【問】福祉政策課 電話 0465-33-1863
【WEBID】 P03588

民生委員・児童委員とは?
 民生委員・児童委員は、地域の推薦で厚生労働大臣から委嘱される非常勤の地方公務員です。活動区域(おおむね単位自治会の範囲)を担当する民生委員・児童委員と、広く連合自治会単位で児童について担当する主任児童委員がいます。市内には現在、337人の民生委員・児童委員がいて、そのうち52人が、主任児童委員を務めています。
 また、市内の民生委員・児童委員は、「小田原市民生委員児童委員協議会」として、取り組みについての意見交換や研修を実施。この協議会は、今年で設立50周年を迎えました。

民生委員・児童委員にはどういう人が選ばれるの?
 民生委員・児童委員は、地域にいる身近な相談役として活動しています。そのため、「地域に長く住み、実情に通じている」「社会福祉の活動に理解がある」「地域の人が気軽に相談しやすい」といった人が地域から推薦されます。

--------------------
民生委員の1か月
--------------------
民生委員・児童委員の、一か月の活動例を紹介します。

存在は知っているけど、具体的に何をしているのか……。
「今度、民生委員をやってみない?」と、声をかけられたけど、私にできるのかしら……。

2日/月の初めは、前月の活動件数を市役所に報告するために集計。
    市では、集計した件数を、活動内容ごとに分類して、国に報告。国は、民生委員・児童委員の活動を統計として把握します。

3日/高齢者のAさんから、介護保険のサービスについて相談したいとの電話を受ける。直後に訪問し、相談対応。本人の了解を得た後で、地域包括支援センターに、Aさんの情報を提供した。
民生委員に相談した具体的な内容が、相談者の許可なく市や国など、第三者に提供されることはありません。活動上で知った個人のプライバシーは厳守していますので、安心してご相談ください。

6日/以前から定期的に訪問している障がい者のSさん宅を訪問。生活全般の相談を受ける。

9日/児童扶養手当の受給者が書いた、市役所に提出する書類の内容を確認し、書類に署名する。
生活状況などの記載が必要な「申立書」の提出には、私たちの署名が必要な場合もあります。

10日/県の民生委員児童委員協議会が実施する研修会に参加。
民生委員・児童委員を対象に、さまざまなテーマの研修会が行われています。福祉の制度や近年の課題など、活動に必要な知識を身につけることができます。

12日/地区の民生委員児童委員協議会に出席。他の委員と情報共有をする。合わせて、月末に行われる「地域子育てひろば」の打ち合わせを行う。
未就学児とその親の触れ合いの場として、市内23地区で開かれる「地域子育てひろば」。主に、主任児童委員が主催しています。気軽に参加してください。
5月26日日曜日開催の子育て支援フェスティバルにも、主任児童委員が参加。各地区の「地域子育てひろば」の紹介もあります。詳しくは、12ページをご覧ください。

16日/転入してきた母子世帯を訪問し、自己紹介をする。

20日/隣の家の子どもが虐待されているのではないか、との通報がある。児童相談所に連絡する。

23日/一人暮らしの高齢者宅を5軒訪問し、近況を聞く。
地域の人々が安心して生活できる地域づくりのため、ふだんから顔の見える関係づくりに努めています。

25日/地区社協で行っている、高齢者を対象としたサロンに協力する。
民生委員・児童委員だけで地域福祉の活動をすることはできません。
社会福祉協議会や自治会、ボランティアなど、地域で活動する多くの人と協力し合い、活動しています。

28日/「地域子育てひろば」を他の委員と一緒に実施する。

--------------------
民生委員と地域
--------------------
--------------------
民生委員だけではなく、地域の人々で支える
--------------------
 富水地区の小台の民生委員を務める市川昭維子さん。小田原市民生委員児童委員協議会の会長としても永らく活動しています。
 「民生委員としての仕事は、地域の支えを必要としている人の情報を得ること。そして必要なときに行政や社会福祉協議会などにつなぐことです」
 小台には、民生委員として活動する市川さんを支えるスタッフチーム「在宅福祉サービスチーム(通称:きずな)」があります。民生委員ではないスタッフが、支えを必要としている人を日頃から気にかけています。「『きずな』として、一緒に活動してくれる人がいるから、やりやすいんですよ」と市川さんは笑います。
 この日は、地域に住む佐々木芳子さんのお宅を、「きずな」の坂本玄代さんと共に訪問。今年7月で94歳を迎える佐々木さんは、要介護認定を受けています。
 「市川さんや坂本さんは、いつも私を気にかけてくれる。体調を崩したとき、おかゆを作ってくれたり、ゴミ出しを手伝ってくれたりするんです。私のことを理解してくれるから、何でも話せるの。感謝、感謝、感謝です」
 佐々木さんは、地域の人々の支えを受け、介護保険制度をうまく利用しながら、笑顔で生活しています。

 ふだんから佐々木さんと接することの多い坂本さんは、「私たちは見守りが必要な人をサポートするだけ。市川さんが、民生委員として地域全体を見ていてくれるからこそ、小台地区は支え合いの仕組みがうまくできているんですよ」と話します。

--------------------
民生委員として
--------------------
 市川さんは、「支えを必要としている人には、『人と人とのつながり』が大切。例えば、小台地区で開催されるサロンの案内ちらしを配りますが、参加してもらうこと以上に、訪問して顔を合わせることに意味があります」と言います。
 「個別のお宅へのサポートは、坂本さんたちにお任せしている部分が多いです。でも、子どもがいる家庭や、体調が良くない独居の高齢者など、特に気にかけた方がよい家庭には、積極的に顔を出すようにしています。活動を続けていると、地域の人に存在を知ってもらえて、信頼関係が生まれてくる。それがうれしいのよ。「『人にやってあげる』ということではなくて、全ては自分に返ってくることだと思っています。知識、経験、信頼関係……。地区の高齢化も進んでいるから、民生委員としての活動は、大変なこともあります。でも、自分を豊かにしてくれています」とやりがいを話します。

--------------------
そこには、家族のような関係が
--------------------
 市川さんと坂本さんが佐々木さんのことを気遣うように、佐々木さんも二人のことを気遣います。「体調が悪いと聞くと、そりゃあ心配になるわよ」。お互いがお互いのことを思いやり、言葉にし、気遣い合う。その関係は、まるで家族のようでした。
 「市川さんも坂本さんも、本当に優しい。二人のためにも元気でいることが大切だなって感じるの。この地区は本当にあったかい」
 取材中、佐々木さんは「感謝」「今が一番幸せ」「人情が最高」としきりに話していました。そのたびにほころぶ市川さんや坂本さんの表情。この日、関東は寒波による底冷えの一日でしたが、3人の笑い声は暖かく響いていました。


====================
#05 〈連載〉みんなで育てよう 教育の木
====================
教育委員会って何をしているところ?
見たり、聞いたりする機会が少ない、「市教育委員会」の取り組みを連載で紹介します。

豊かな心の育成
 小田原市の「教育委員会」は、各小・中学校、幼稚園の他、市役所5階の教育総務課、学校安全課、教育指導課とで構成されています。
 教育委員会では、子どもの「学力の向上」はもちろん、「豊かな心」や「健やかな体」の育成も目標に掲げ、「未来へつながる学校づくり」などに取り組んでいます。
 今回は、「豊かな心」の育成のための「情操教育」の1シーンを切りとって、紹介します。

今月のシーン
おだわらっ子ドリームシアター
市民会館ロビーでの触れ合いのようす

子どもの豊かな感性や感覚を育むため、本物の芸術・文化に触れ、体感してもらうのが、「おだわらっ子ドリームシアター」です。こうした子どもへの教育を、「情操教育」と呼び、教育指導課が担当しています。
毎年、「劇団四季」の協力で、市内全小学4年生を対象にミュージカル公演を実施。子どもからは、とても好評なんですよ!
教育指導課 岩立忠

まごころ通信
広報紙だけでは紹介しきれない、教育委員会の取り組み。詳しくは、教育委員会発行の「まごころ通信」で。【WEBID】 P23859


====================
#06 おだわら情報
====================
--------------------
「提案型協働事業」「市民活動応援補助金交付事業」の決定
--------------------
【問】地域政策課 電話 0465-33-1458

--------------------
提案型協働事業
--------------------
【WEBID】 P26603
市民活動団体と行政がそれぞれの特性や資源を生かし、地域課題の解決や新たな市民サービスの創出を目指す「提案型協働事業」。市民活動団体から企画を提案する「市民提案型協働事業」と、行政から事業テーマを提示し募集する「行政提案型協働事業」があります。

【令和元年度市民提案型協働事業】
平成30年度に、企画提案の募集や市民活動推進委員会部会による審査などを行い、市民提案型3事業が令和元年度実施事業に決定しました。
事業名/団体名/主な事業内容
小田原市所蔵美術品の保存管理と活用/おだわらミュージアムプロジェクト/市が所蔵する絵画の台帳整備など
「メダカ」で気づく(築く)「小田原の豊かな暮らしデザイン」プロジェクト/めだかサポーターの会/小田原の自然の豊かさを発信するウェブの開設や地域紙の発行、高齢者施設へのアクアリウム寄贈など
高齢期の知っとくいきいき講座(介護予防普及啓発事業)/すっきり暮らす研究会/高齢者が安心して暮らし続けるための整理収納講座の開催

※現在、令和2年度に実施する、市民提案型協働事業の企画提案を募集しています。詳しくは、市ホームページをご覧ください。 【WEBID】 P26442

--------------------
市民活動応援補助金交付事業
--------------------
【WEBID】 P26604
市民活動の活性化と市民活動団体の自立を図り、市民主体のまちづくりを促進するための補助金です。

【令和元年度市民活動応援補助金交付事業】
平成30年度に申請のあった12件の事業のうち、市民活動推進委員会による審査を通過した9件が、令和元年度の交付事業として決定しました。

〈スタートアップコース〉(上限10万円)
事業名/団体名/交付額
白糸川上流の渓流・滝群周辺等の整備事業/ねぶ川、里山を守る会/10万円
小田原の地の利を生かした子育て支援事業/タンポポキッズ/10万円

〈ステップアップコース プランA〉(事業費の70% 上限20万円)
事業名/団体名/交付額
SNOA農園プロジェクト/シニアネットワークおだわら&あしがら(SNOA)/20万円
親子を中心とした、多世代交流スペース/おだわら児童館連合/20万円
第11回鉄道資料展開催/小田原鉄道歴史研究会/10万円
小田原玉ねぎ栽培体験事業/特定非営利活動法人小田原食とみどり/10万円
家の外にも居場所を!/アペゼ/20万円

〈ステップアップコース プランB〉(事業費の50% 上限30万円)
事業名/団体名/交付額
リハビリフェスタ2020/県西地区リハビリテーション連絡協議会/30万円
スポーツを支える/NPO法人下府中コミュニティShin2/30万円

※交付が決定した各事業の概要は、市ホームページをご覧ください。
※市民活動応援補助金は、令和2年度交付事業分から、UMECO市民活動応援補助金に移行します。詳しくは、UMECOホームページ(http://umeco.info/)をご覧ください。

--------------------
固定資産税・都市計画税
納税通知書を発送しました
--------------------
【WEBID】 P26629 【問】資産税課 電話 0465-33-1361
土地、家屋、償却資産を所有している人に課税される固定資産税。市税収入の約半分を占め、市民サービスの提供や公共事業などの財源として、重要な役割を担っています。
●課税対象者
毎年1月1日現在の所有者、または所有者とみなされる人に課税。年の途中で所有者が変更になっても、年度の納税義務者は変わりません。
●納付方法
・口座振替
・納付書を使って、市役所、指定の金融機関・コンビニエンスストアから。
※納付書は4期分を同封します。期別(納期)をよく確認し、納期限を守ってください。
※30万円を超える納付書は、コンビニエンスストアでは使えません。

固定資産税の縦覧について
 納税者が、固定資産の評価が適正かどうかを確認するため、他の土地や家屋の価格と比較する縦覧を行っています。
期間 5月31日金曜日まで(土・日曜日、祝休日は除く)
8時30分~17時00分
場所 資産税課(市役所2階11番窓口)

※よくある質問については、市ホームページ(【WEBID】 P24581)をご覧ください。
※固定資産の所有者が亡くなった場合、相続人代表者指定届の提出が必要です。相続による所有権移転登記が完了するまでの間、亡くなった人に代わって徴収金の賦課や還付に関する通知書の受取人を指定するものです。指定届は、市役所2階資産税課にある他、市ホームページ(【WEBID】 P21892)からダウンロードできます。

--------------------
市民の安心のために
小田原消防署を改修します
--------------------
【問】消防総務課 電話 0465-49-4417
近年、緊急出動件数が増加しています。平成30年は、平成25年に消防広域化してから最多となりました。市民の皆さんが安心して生活を送れるよう、令和2年度から小田原消防署に救急隊(消防隊兼務)を増隊する予定です。
その受け入れのため、小田原消防署の改修工事を実施予定です。事務室や仮眠室などを改修する他、女性消防職員の執務環境向上のため、女性用施設も整備します。
工事期間中も、消防業務は24時間体制です。ただし、消防署の駐車台数が減ったり、通路が狭くなったりすることがある他、庁舎見学などもできなくなります。

期間 6月中旬~令和2年2月下旬
場所 消防本部・小田原消防署(前川183-18)

--------------------
救急車を上手に使いましょう
--------------------
【WEBID】 P00484
救急車や救急医療には限りがあります。重大な病気やけがの可能性がある「ためらわず救急車を呼んで欲しい症状」(消防庁)を覚えておき、「本当に救急車を必要としている人」が使えるようにしましょう。
消防庁のホームページで症状を確認

●救急車を呼ぶ判断に困ったら
・平日(月~土)昼間の医療相談
小田原医師会「地域医療連携室」 電話 0465-47-0833
・夜間や休日の急病のときは
小田原市休日・夜間急患診療所 電話 0465-47-0823
・夜間・休日の緊急病院の案内(自分で行ける人)
小田原市消防本部病院案内 電話 0465-49-0119

--------------------
北西土塁が入場可能に 御用米曲輪を見にいこう
--------------------
【WEBID】 P26794  【問】文化財課 電話 0465-33-1715
江戸時代に幕府の米蔵が置かれた、天守閣の北側にある御用米曲輪。発掘調査で戦国時代の庭園などが発見されており、戦国と江戸、二つの時代の遺跡を分かりやすく表現するため、整備を進めています。
この度、北西側の土塁整備が完了し、小田原城址公園の北側通路途中から入場ができるようになりました。土塁上から整備中の御用米曲輪を見渡すことができます。

--------------------
歴史的建造物・文化財 春の見学会
--------------------
【WEBID】 P20047
電話 0465-33-1717   FAX 0465-33-1714
 今年2月に3件の文化財が、新規の市指定となりました。そのうちの2件を含めた、市内の文化財をバスで巡る見学会を開催します。松永記念館での呈茶もあります。途中、徒歩での移動があるので、動きやすい格好で、ご参加ください。
日時 5月29日水曜日8時45分~16時00分
集合 8時45分に小田原駅西口
場所 寳泉寺の北条時長像(新規市指定重要文化財)
    老欅荘・葉雨庵(国登録有形文化財)
    皆春荘(市指定歴史的風致形成建造物)
    旧松本剛吉別邸(市指定歴史的風致形成建造物)
    郷土文化館の和田家文書(新規市指定重要文化財)
定員 40人・多数抽選
費用 1,500円(昼食・呈茶代。当日徴収)
申込 5月17日金曜日までに、代表者住所・氏名・電話(ファクス)番号・代表者を含む参加者(4人まで可)の氏名を書いて、往復はがきまたはファクスで

整備後の北西土塁
小田原駅
JR東海道線
UMECO
小田原お堀端万葉の湯
青橋
小田原城址公園
天守閣
北西土塁
御用米曲輪

--------------------
小田原の海の魅力を楽しもう 小田原漁港のイベント
--------------------
※混雑が予想されるため、公共交通機関をご利用ください。

小田原あじ・地魚まつり2019
【WEBID】 P26613 【問】水産海浜課 電話 0465-22-9227
地魚料理を楽しめる「小田原あじ・地魚まつり2019」を開催。当日の朝、水揚げしたアジを中心とした小田原地魚の鮮魚販売や、周辺飲食店が出店します。
定番の「かます棒」の他、新たなまち歩きフードの「小田原地魚棒シリーズ」なども登場!

日時 5月12日日曜日9時00分~14時00分(雨天決行)
場所 小田原漁港(水産市場1階)(小田原漁港は早川駅から徒歩1分)
内容 ・おさかな博士になろう!「おさかなクイズ」 NEW!!
    ・無料で体験「みなとの缶バッジ製作」、「ボッチャ体験」
    ・特選海鮮セットが当たるアンケート
    ・マグロの目方当てクイズ(100名限定) 他
※臨時駐車場およびマイクロバスでの送迎あり。

これがうわさの地魚棒
取れたての地魚を販売
子どもが楽しめるイベントも

港の夜市大作戦
【WEBID】 P26946 【問】小田原地魚大作戦協議会 電話 0465-20-3543 観光課 電話 0465-33-1521
大勢の人に小田原の地域資源を知ってもらうため、「漁港」と「地魚」にスポットを当てた『港の夜市』を開催します。ふだんはお目にかかれない夜の漁港で、小田原の海の魅力をたっぷり体験!

日時 5月25日土曜日15時00分~20時00分(雨天決行)
場所 小田原漁港(水産市場1階)
内容 ・新鮮な魚介類をさかなに『港の浜焼ビアガーデン』
    ・100キログラム マグロ解体ショー
    ・サンセットや夜景を海から眺める漁船ナイトクルーズ 
      乗船時間:45分 
      費用:大人1,200円(前売券1,000円)、小学生500円
      販売:前売 5月7日火曜日~24日金曜日
             小田原早川漁村にて販売中 ※売切次第終了
          当日 本部テントにて15時から販売
    ・ステージショー 他

海上から見る夜の小田原城漁船ナイトクルーズ 

--------------------
ここで買えます 「小田原セレクション」
--------------------
【WEBID】 P23236 【問】産業政策課 電話 0465-33-1515
市民が中心となり、テーマに沿って名産品や特産品を選んだ「小田原セレクション」。平成27年から3回実施し、和菓子に洋菓子、漆器に鋳物、これまで幅広いジャンルの品物計95品(重複含む)を選定しています。

小田原セレクションのパンフレットをリニューアル!
 パンフレットでは、選定された商品を扱う店舗・企業を、地図を使って紹介。A3サイズのパンフレットは、持ち運びしやすいよう、コンパクトに折り畳むことができます。
配架場所 市役所2階展示ロビー、4階産業政策課、小田原地下街ハルネ小田原 など
※市ホームぺージでも見ることができます。

これまでの「小田原セレクション」の選定テーマ
第1回「市民が選んだ 小田原みやげ」 
第2回「女性が選んだ小田原のおすすめ品」 
第3回「外国からのお客様に薦めたい小田原の極上品」 

折り畳めばポケットサイズに!


====================
#07 くらしのガイド おだわらいふ「お知らせ」
====================
--------------------
特別整理期間による休館
--------------------
【ID】P24575 かもめ図書館 電話 0465-49-7800
蔵書点検などのため休館します。
●市立図書館
【期】5月21日火曜日~24日金曜日
●マロニエ図書室
【期】5月22日水曜日~27日月曜日
●かもめ図書館
【期】5月27日月曜日~31日金曜日
※27日月曜日は市内全ての図書施設を休館します。返却はブックポストをご利用ください(視聴覚資料、大型絵本、紙芝居は、開館日にカウンターへ)。

--------------------
道路に張り出した枝葉の剪定
--------------------
【ID】P19944 土木管理課 電話 0465-33-1533
庭木や生け垣の枝葉が道に張り出すと、通りにくいだけでなく、視界を遮り、交通事故の原因になります。
事故が起きた場合、樹木の所有者が法的責任を問われることもあります。安心して道路を利用できるように、定期的に剪定や刈り込みを行ってください。道路に物を置くこともやめましょう。

--------------------
剪定した枝や草の捨て方
--------------------
【ID】P22246 環境事業センター 電話 0465-34-7325
庭木などの剪定した枝や草は、「燃せるごみ」の日にごみ集積場所に出してください。
・枝は長さ50cm、直径30cm以内に束ねる。
・草は指定のごみ袋に入れる。
・1回に出せるごみ袋・枝の束は三つまで。
・大量に出す場合は、数回に分けて出す。
※収集日の朝8時30分までに、決められた場所・方法で出してください。

--------------------
ペットはマナーを守って飼いましょう
--------------------
【ID】P02508 環境保護課 電話 0465-33-1481
●飼い犬が散歩中にふんをしたら、必ず持ち帰り、尿は水で流すなどの始末をしましょう。また、散歩の際はリードをつけましょう。
●猫のトラブルや被害が増えています。猫を飼う場合には、ふん尿や鳴き声などで近所に迷惑をかけないよう、できるだけ室内で飼うようにしましょう。また、周囲に迷惑をかけてしまうような野良猫への餌やりは、しないようにしましょう。

--------------------
光化学スモッグにご注意!
--------------------
【ID】P02385 環境保護課 電話 0465-33-1483
光化学スモッグ注意報が発令されたら、屋外での運動は控えましょう。
また、日ざしが強い日などに目や喉に痛みなどがある場合は、屋外での運動を中止し、うがいや洗眼を行い、屋内で休みましょう。被害を受けた場合は、環境保護課までご連絡ください。

--------------------
受水槽・高置水槽の清掃・点検
--------------------
【ID】P09818 環境保護課 電話 0465-33-1483
受水槽の衛生管理は、設置者自身が責任を持って行う必要があります。ビルやマンションなどに設置している受水槽・高置水槽は、1年以内ごとに1回、清掃しましょう。
有効容量が8立方メートルを超える受水槽の設置者は、1年以内ごとに1回、登録(指定)検査機関の検査を受けることが法令で義務づけられています。

--------------------
グリーンカーテン用ゴーヤ苗の配布
--------------------
【ID】P26691 〔申込〕環境政策課 電話 0465-33-1472
グリーンカーテンの普及啓発のため、ゴーヤの苗(1世帯4株・全200株)を無料配布します。
【日】5月22日水曜日9時00分~16時00分
【場】市役所4階環境政策課
【対】市内在住で、「結果報告書」を提出できる人50人・申込先着順
【申】5月13日月曜日から、電話または環境政策課に直接
協力 JAかながわ西湘(苗の提供)

--------------------
小田原れもんわいん限定発売
--------------------
小田原酒販協同組合 電話 0465-24-2271
極力農薬を使用しないで栽培された、安心・安全な片浦産レモンを100%使用した「小田原れもんわいん」。今年も数量限定で発売します。
※販売店舗はお問い合わせください。
数量 約2,000本
小売価格 1,121円(税込)(720ml)
【関】農政課

--------------------
経営所得安定対策の申請
--------------------
【ID】P20356 農政課 電話 0465-33-1494
【申】6月21日金曜日までに、農政課窓口に直接
各支所、農協各支店では、受け付けや書類の預かりなどはできません。
※昨年度申請しなかった人は、必ず5月17日金曜日までに、電話でご連絡ください。申請期限を過ぎると、受け付けられません。

--------------------
平成30年度共同募金運動の結果
--------------------
共同募金会小田原市支会 電話 0465-35-4009
●一般(赤い羽根)募金 18,159,352円
県内の社会福祉施設や団体などの活動に役立てられます。
●年末たすけあい募金 10,042,839円
子育てサークルや福祉活動を行う団体、地域活動支援センター、家族介護者を対象とした事業などに役立てられます。
【関】福祉政策課

--------------------
ボランティア活動補償制度
--------------------
【ID】P26607 地域政策課 電話 0465-33-1457
市民の皆さんが安心してボランティア活動に取り組めるよう、活動中の傷害事故や損害賠償責任事故に対する補償制度を実施しています。
【期】令和2年5月1日金曜日16時00分まで
主な補償額
死亡補償金/2,000,000円
入院補償金/1日 3,000円
通院補償金/1日 2,000円
※事前の登録などは、必要ありません。
※事故発生後、速やかに地域政策課へご連絡ください。

--------------------
看板許可の更新手続き
--------------------
【ID】P01746 まちづくり交通課 電話 0465-33-1593
店舗の看板などの設置には、市屋外広告物条例による許可が必要です。また、許可を受けた後に一定期間が経過したものは、更新手続きが必要です。いま一度、許可内容をご確認ください。
6月は更新月です。該当する人は、忘れずに更新手続きを行ってください。

--------------------
月々プラス400円で年金を増やせます
--------------------
【ID】P01815 保険課 電話 0465-33-1867
定額保険料に付加保険料として月額400円をプラスすると、老齢基礎年金に付加年金を上乗せして受け取ることができます。付加保険料は、手続きした月の分から納めることができます。
【場】市役所2階保険課、タウンセンター、小田原年金事務所
【対】第1号被保険者、任意加入被保険者
※国民年金基金との同時加入はできません。
【持】マイナンバーカードまたは通知カード、窓口に来る人の本人確認書類、印鑑(本人申請の場合は不要)

--------------------
国民年金保険料の追納
--------------------
小田原年金事務所 電話 0465-22-1391
国民年金保険料の免除や納付猶予が承認された期間については、10年以内に保険料を追納することができます(※当時の保険料に加算額がつく場合があります)。追納した場合、老齢基礎年金の受給額を満額に近づけることができます。
【関】保険課

--------------------
給食費の口座引き落とし
--------------------
【ID】P01932 学校安全課 電話 0465-33-1694
引き落とし日は毎月5日です(土・日曜日、祝休日の場合は翌営業日)。前日までに、残高を確認してください。
給食の食材は、全て給食費で賄っています。忘れずに納めてください。

--------------------
軽自動車税の減免
--------------------
【ID】P10189 市税総務課 電話 0465-33-1343
身体障害者手帳などを持っている人は、申請により軽自動車税の減免を受けられる場合があります。詳しくは、納税通知書同封の「軽自動車税のあらまし」または市ホームページをご覧ください。
申請期限 5月31日金曜日まで

--------------------
納税窓口の休日開設
--------------------
【ID】P19272 市税総務課 電話 0465-33-1345
市税の納付や納税相談に、ご利用ください。電話での相談も受け付けます。
【日】5月18日土曜日・19日日曜日 9時00分~16時00分
【場】市役所2階市税総務課(7番窓口)
※正面玄関からは入れません。けやき通り側の通用口(守衛室側)から、お入りください。

--------------------
5月の納税
--------------------
【ID】P01397
納付関係 市税総務課  電話 0465-33-1345
課税内容 (1)資産税課  電話 0465-33-1361
(2)市税総務課 電話 0465-33-1343
5月31日金曜日は、(1)固定資産税・都市計画税(第1期)と(2)軽自動車税の納期限です。期限までに納めてください。口座振替をご利用の人は、納期限の前日までに預貯金残高をご確認ください。
※土・日曜日、祝休日の納税は、マロニエ住民窓口、アークロード市民窓口、コンビニエンスストアをご利用ください。ただし、納付書が必要です。

--------------------
高度地区の都市計画変更説明会
--------------------
【ID】P26896 都市計画課 電話 0465-33-1572
小田原駅周辺の容積率400%以上の区域の高度地区の変更について、説明会を開きます。
【日】(1)5月13日月曜日18時00分~20時00分
   (2)5月25日土曜日14時00分~16時00分
【場】(1)UMECO会議室1~3
   (2)けやき4階第2会議室

--------------------
生産緑地地区の追加指定相談
--------------------
【ID】P21456 都市計画課 電話 0465-33-1571
生産緑地地区の追加指定の相談を受け付けます。一定の要件を満たす農地などは、ご相談ください。
【期】5月17日金曜日~31日金曜日8時30分~17時15分 ※土・日曜日を除く。
【場】市役所6階都市計画課
【持】相談場所の土地全部事項証明書、公図写し(法務局管理のもの)

--------------------
都市計画案の縦覧
--------------------
【ID】P26895 都市計画課 電話 0465-33-1572
県が決定する鬼柳地区の市街化区域編入に係る都市計画案と、関連案件として市が決定・変更する都市計画案の縦覧を行います。縦覧期間中は意見書を提出できます。
【期】5月7日火曜日~21日火曜日8時30分~17時15分 ※土・日曜日を除く。
【場】市役所6階都市計画課
県庁新庁舎12階都市計画課(※県の決定案件のみ)

--------------------
春の全国交通安全運動
5月11日土曜日~20日月曜日
--------------------
【ID】P26898 地域安全課 電話 0465-33-1396
子どもと高齢者の交通事故防止
春は、新入の園児・児童が初めて通園・通学する季節です。子どものかけがえのない命を、みんなで守りましょう。また、高齢者の事故が多く起きています。高齢者の交通事故をなくしましょう。
●新入学児を交通事故から守るために
~保護者の皆さんへ~
・子どもに安全な道路の横断方法を教える
・通学路を子どもと一緒に点検する
・保護者自身が模範行動をする
~ドライバーの皆さんへ~
・右左折の際には、後方も確認する
・駐停車車両の陰を確認する
・横断歩道付近を確認する
●高齢者の交通事故を防止するために
~高齢者の皆さんへ~
・自分の身体能力の変化を認識し、ゆとりをもって行動する
・道路の横断や交差点に出るときは、安全確認を徹底する
・明るい色の服や反射材を身に着ける

--------------------
救急要請カードの配布
--------------------
【ID】P07885 高齢介護課 電話 0465-33-1841
「救急要請カード」は、持病や緊急連絡先など、救急搬送時に必要な情報を書いておくものです。75歳以上で、在宅で生活している人が対象で、今年度75歳になる人には、民生委員が戸別訪問してお渡しします。

--------------------
長寿夫妻に記念品を贈呈
--------------------
【ID】P21202 高齢介護課 電話 0465-33-1841
結婚60年・70年を迎える夫妻に、記念品(祝状と額縁)を送ります。
贈呈日 各地区の敬老行事開催日
【対】令和元年9月15日時点で、市内に3か月以上住み、市の住民基本台帳などに登録または登録見込みの夫婦で、令和2年4月1日までに結婚60年・70年を迎える、まだ記念品を受け取っていない夫婦
【申】6月7日金曜日までに、各地区民生委員に直接

--------------------
事業者が行う合理的配慮の提供を支援します
--------------------
【ID】P26913 障がい福祉課 電話 0465-33-1446
障がい者が店舗などを利用しやすくするバリアフリー化の工事施工や、その物品を購入する費用の一部を助成します。
【期】5月7日火曜日~6月7日金曜日
【対】市内で営業する事業者、自治会など
【額】工事施工 上限額 20万円
   物品購入 上限額 10万円
【申】必要書類を添えて、障がい福祉課に直接
※詳しくは、お問い合わせください。

--------------------
工業統計調査
--------------------
【ID】P26766 総務課 電話 0465-33-1295
「工業統計調査」は、日本の工業の実態を明らかにするために、製造業を営む全ての事業所を対象に実施する統計調査です。
市では、市内約420の事業所を対象に、5月中旬から6月中旬にかけて工業統計調査を行います。統計調査員が対象事業所を訪問し、製造品や従業者数の確認、調査票の配布・回収をしますので、ご協力をお願いします。

--------------------
出前講座・体験学習をご利用ください
--------------------
【ID】P26861 けやき 電話 0465-33-1882
市では、市職員などが出向き、行政の取り組みや専門知識を生かした話をする「出前講座」に83講座を用意しています。また、行政の仕事や座学で得られない学習を体験する「体験学習」は、10講座を用意しています。今年度は、出前講座に「LGBT講座」「道路のはなし」「小田原の森林・林業」などを加えました。
詳しくは、市ホームページをご覧ください。

--------------------
平成30年度3月補正予算の概要
--------------------
【ID】P24485 財政課 電話 0465-33-1314
一般会計補正予算(1億1,882万3千円追加)
●風しん予防接種事業費の増額
●学校施設維持・管理事業費の増額 
この結果、全会計の予算額は、1,680億1,655万円となりました。

--------------------
Jアラート全国一斉情報伝達訓練
--------------------
【ID】P26916 防災対策課 電話 0465-33-1855
防災行政無線の放送を実施します。
【日】5月15日水曜日11時00分
【内】「これは、Jアラートのテストです」×3回
   「こちらは、防災小田原です」
※サイレンは鳴りません。
※防災メールなどでも、同内容を配信します(緊急速報メール、エリアメールの配信は無し)。

--------------------
三保ダム洪水対応演習
--------------------
【ID】P26724 防災対策課 電話 0465-33-1855
県三保ダム管理事務所 電話 0465-78-3711
大雨による酒匂川の増水に備え、三保ダムで「洪水対応演習」を実施します。当日は、情報伝達訓練の他、酒匂川沿いの「警報所」からサイレンを鳴らし、スピーカー放送を行います。
※実際には、洪水吐ゲートからの放流はしません。
【日】5月10日金曜日10時00分~16時00分

--------------------
メダカのお父さんお母さん
--------------------
【ID】P26875 環境保護課 電話 0465-33-1481
地域固有の遺伝子を持った、貴重な市の魚「酒匂川水系のメダカ」。そのメダカを市民の手で守り、増やしていこうと取り組み始めた「メダカのお父さんお母さん」は、今では延べ2,000世帯を超えました。
「酒匂川水系のメダカ」を育てる人を募集します。
【メダカの配布】
【日】6月22日土曜日10時00分~11時30分
【場】市役所7階大会議室
※公共交通機関をご利用ください。
【内】メダカセミナー(必須)、メダカの配布
【対】市内、南足柄市、大井町、開成町に在住、または事業所がある企業などで、次の約束を守れる人80世帯・多数抽選
(1)大切に育てる
(2)捨てたり放流したりしない
(3)他の種類の魚と一緒に飼育しない
(4)人に譲らない
【申】5月21日火曜日までに、はがきに郵便番号・住所・氏名・年齢・勤務先(学校名)・電話番号を書いて、郵送(環境保護課「メダカ係」)で
※中学生以下は保護者の承諾が必要


====================
#08 くらしのガイド おだわらいふ「募集」
====================
--------------------
サシバの棚田で田植え
--------------------
【ID】P25065 〔申込〕環境保護課 電話 0465-33-1481
放置田でお米を作り、サシバの生息環境を復活させましょう。
【日】6月15日土曜日9時30分~12時00分
   集合 沼代桜の馬場9時00分
【場】沼代棚田  
【持】軽装、飲み物、タオル

--------------------
犬のしつけ教室参加者
--------------------
【ID】P26874 環境保護課 電話 0465-33-1481
小田原獣医師会と共催で、犬のしつけ教室を開催します。
【日】6月9日日曜日 10時00分~11時30分、14時00分~15時30分
【場】市役所西側駐車場
【定】各回15組・申込先着順
【費】1組2,000円
【講】岸良磨さん(ドッグライフプランナーズ)
【申】小田原獣医師会の各動物病院で

--------------------
地域・世代を超えた体験学習「あれこれ体験in片浦」
--------------------
【ID】P24801 青少年課 電話 0465-33-1723
片浦地区をフィールドに自然や資産を活用し、子どもたちが自らチャレンジする2泊3日の宿泊体験活動を行います。
【期】(1)7月26日金曜日~28日日曜日
   (2)8月3日土曜日~5日月曜日
【場】片浦地区
【対】市内在住の小学5・6年生60人(男女各30人)・多数抽選
【申】6月21日金曜日までに、直接または市ホームページで

--------------------
おだわら自然学校
「ゲームdeグループビルド」
--------------------
【ID】P24769 〔申込〕青少年課 電話 0465-33-1723
初めて出会った人同士の緊張をほぐす「アイスブレイク」や、集団のコミュニケーションとチームワークの活性化を図る「グループビルド」を実践します。
【日】6月8日土曜日9時00分~17時00分
【場】PAA21ロープスコース(南足柄市)
【対】青少年育成や体験活動に関心のある高校生以上15人・申込先着順
【費】1,500円  
【講】(株)アグサ
【申】5月31日金曜日までに、電話で

--------------------
地域少年リーダー養成講座
「きらめきロビンフッド」
--------------------
【ID】P24802 青少年課 電話 0465-33-1723
学校や学年が違う仲間と交流しながら、指導者と一緒にさまざまな体験プログラムに挑戦します。
【期】8月17日土曜日~19日月曜日
【場】いこいの森
【対】市内在住の小学5・6年生48人・多数抽選
【申】6月7日金曜日までに、直接または市ホームページで

--------------------
再生可能エネルギー事業奨励金
--------------------
【ID】P14930 エネルギー政策推進課 電話 0465-33-1424
事業用の再生可能エネルギー発電設備などを所有する事業者を支援します。
【対】市内に事業所があり、市の「償却資産課税台帳」に再生可能エネルギー事業の設備の所有者として登録している事業者
【額】申請のあった年度に課された固定資産税相当額
【申】エネルギー政策推進課または市ホームページにある申請書に、必要事項を書いて直接
※交付対象期間は、発電設備などの設置後3年間です。詳しくは、市ホームページをご覧ください。

--------------------
地球温暖化対策推進事業費補助金
--------------------
【ID】P07117 エネルギー政策推進課 電話 0465-33-1424
省エネ設備などを導入する家庭を支援します。
【内】(1)ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス16件
   (2)家庭用エネルギー高度利用システム15件
     (1)蓄電池システム
     (2)家庭用燃料電池システム
   (3)家庭用熱利用システム5件
     (1)太陽熱利用システム
     (2)木質バイオマスストーブ
【対】居住する市内の住宅に、新たにシステムなどを設置する個人
【額】(1)10万円
   (2) (1)5万円 
     (2)3万円
   (3) (1)3万円
     (2)3万円
【申】5月13日月曜日から、エネルギー政策推進課または市ホームページにある申請書に、必要事項を書いて直接
※必ず、着工前に申請してください。
※詳しくは、市ホームページをご覧ください。

--------------------
曽我みのり館のイベント
--------------------
〔申込〕NPO法人小田原食とみどり
電話 080-5385-0465
(1)さつまいも栽培収穫体験
農薬を使わない畑で、4種類のさつまいもを育てます。9月の草取りで生物調査をして環境について学び、10月の収穫では芋を参加者同士で分配します。
【日】6月2日日曜日、9月15日日曜日、10月13日日曜日10時00分~12時00分(全3回)
【場】曽我みのり館
【定】30組/人・申込先着順  
【費】3,240円
(2)上曽我の梅を知る体験
上曽我の梅干し工場を見学後、近くの梅園で梅を収穫し、チャック式ポリ袋を使い、梅シロップと梅干しを作ります(土用干しはご自宅で)。
【日】6月16日日曜日9時00分~15時00分
【場】梅の里センター体験加工室
【定】10組/人・申込先着順
【費】1,500円(梅2㎏材料代)
【申】5月15日水曜日までに、電話で
※詳しくは、ホームページをご覧ください。
【ホ】http://www.shoku-midori.or.jp/
【関】農政課

--------------------
いこいの森 夏季アルバイト
--------------------
森林組合 電話 0465-35-2706
キャンプ場の管理・清掃業務です。
【期】7月20日土曜日~9月1日日曜日
【時】(1)8時00分~17時00分(実働8時間)
   (2)19時00分~8時00分(宿直・実働9時間)
   ※(2)は18歳以上のみ。
【額】(1)日給 7,920円 (2)日給 10,198円
【申】森林組合に電話連絡後、6月20日木曜日までに、履歴書を直接または郵送で
※7月中に事前研修があります。
【関】農政課

--------------------
援農者育成「Re農地」講座
--------------------
〔申込〕農地活!片浦事務局・帰山
電話 080-4612-8420
「農」に関する知恵や技術を、座学と実践で学びます。
【日】(1)5月11日土曜日(2)6月8日土曜日10時30分~15時00分
【場】根府川地内(参加者に別途通知)
【定】各15人・申込先着順 
【費】各3,000円
【申】(1)5月10日金曜日 (2)6月6日木曜日までに、メールまたは電話で
【E】kataura55sep@gmail.com
【ホ】http://kataurapro.wordpress.com/
※本講座は連続講座ですが、1回のみの参加もできます。
【関】農政課

--------------------
ふれあい農園利用者
--------------------
【ID】P02131 〔申込〕(1)農園管理者・興水  電話 0465-23-1479
【ID】P02136 〔申込〕(2)農園管理組合    電話 0465-37-8337
(1)ほうとく農園
【場】栢山3167-2 
【対】2区画(30平方メートル/区画)
(2)栢山ふれあい農園
【場】曽比416-1 他
【対】10区画(30平方メートル/区画)
※休憩施設、農機具倉庫、トイレなど有り。
【費】(1)6,000円(2)20,000円 (年額)
【関】農政課

--------------------
ファミリー・サポート・センター支援会員
--------------------
〔申込〕ファミリー・サポート・センター
電話 0465-35-0053
育児の援助を希望する人(依頼会員)に対して、育児の援助をする人(支援会員)を募集します。支援会員を希望する人は、研修会にご参加ください。
【日】6月26日水曜日~28日金曜日
9時00分~12時00分
【場】おだわら総合医療福祉会館
(久野115-2)
【対】市内在住・在勤・在学で、心身ともに健康で積極的に援助活動を行える人25人・申込先着順 
※託児・要相談
【申】6月14日金曜日までに、電話で
【関】子育て政策課

--------------------
ガイド協会企画ガイド
--------------------
〔申込〕小田原ガイド協会 電話 0465-22-8800
(1)箱根湯本の古刹と庭園と滝(約4キロメートル )
【日】5月27日月曜日9時00分~12時30分
   集合 箱根登山鉄道線箱根湯本駅
(2)酒匂川・あじさいの里 開成からアサヒビール工場見学(約7キロメートル )
【日】6月2日日曜日9時00分~12時00分
   集合 小田急線開成駅
※工場見学は13時00分~14時00分(希望者のみ、弁当を持参)
【定】(1)60人 (2)70人・申込先着順
【費】(1)700円 (2)1,000円
【持】飲み物、雨具、保険証(写し可)
【関】観光課

--------------------
小田原北条セミナー2019
--------------------
【ID】P04184 北条早雲公顕彰五百年事業実行委員会事務局(観光課内)
電話 0465-33-1521 FAX 0465-33-1286
「小田原の城を学ぶ」をテーマに連続セミナーを開催します。
(1)城郭とは何か 小田原市域の城
【日】6月26日水曜日 
【講】佐々木健策
(2)戦国期の小田原城
【日】7月24日水曜日 
【講】諏訪間順
(3)小田原北条氏の支城
【日】8月21日水曜日
【講】山本篤志さん(小田原城郭研究会)
(4)石垣山城
【日】9月18日水曜日
【講】加藤理文さん(日本城郭協会理事)
(5)近世小田原城と史跡整備
【日】10月30日水曜日 
【講】諏訪間順
(6)早川石丁場群と江戸城
【日】11月20日水曜日 
【講】佐々木健策
【時】18時30分~20時00分(開場18時00分)
【場】市民会館小ホール
【定】300人・申込先着順
【費】3,000円(資料全6回分とノベルティ付き)
【申】6月21日金曜日までに、氏名・住所・連絡先をメール、ファクス、郵送または、ホームページの申込フォームで
【E】kanko@city.odawara.kanagawa.jp
【ホ】http://hojosoun.com/

--------------------
男女共同参画講演会
「らしさの美学~人生を自分らしく舞う~」
--------------------
【ID】P21304 〔申込〕人権・男女共同参画課 電話 0465-33-1725
統芸能での「らしさ」から、性別にこだわらない多様な生き方について考える講演会です。講師は、CMや舞台の振付などでも活躍中の、新進気鋭の日本舞踊家花柳琴臣さんです。
【日】6月22日土曜日13時30分~15時30分
【場】UMECO会議室1~3
【定】80人・申込先着順
※託児有り(原則2歳以上就学前まで。6月6日木曜日までに事前申込。おやつ代など100円)。

--------------------
小田原の風景写真の調査整理ボランティア
--------------------
【ID】P26870 〔申込〕郷土文化館 電話 0465-23-1377
1960年代以降の小田原の風景写真を調査・整理する、ボランティアを募集します。
【日】6月11日火曜日14時00分~16時00分
   7月以降、月1回程度開催(平日)
【場】郷土文化館 
【定】15人程度

--------------------
空き家バンク
--------------------
【ID】P17305 都市政策課 電話 0465-33-1307
空き家の所有者と、空き家を必要とする人を結びつけるために「空き家バンク」を実施しています。
市内に所有する空き家を「貸したい・売りたい」と考えている人は、登録をご検討ください。
【申】都市政策課または市ホームページにある申込書を、直接または郵送で

--------------------
フェンス広告
--------------------
【ID】P23269 みどり公園課 電話 0465-33-1583
場所/区画数/大きさ/使用料
小田原球場外野フェンス/14区画/縦1.6m×横10m/60,960円/年
上府中スポーツ広場西側フェンス/15区画/縦0.85m×横4.5m/17,470円/年
※広告物の表示、維持、原状回復に要する費用は広告主負担です。
【申】所定の申込用紙を書いて、みどり公園課に直接 ※申込先着順

--------------------
小田原ちょうちん夏まつり
「特技見せまショー」参加者
--------------------
観光協会  電話 0465-22-5002
小田原ちょうちんがいっぱいのステージで、ダンスや演奏などのパフォーマンスを披露します。 ※1団体20分程度
【日】(1)7月27日土曜日(2)28日日曜日
【定】(1)4団体(2)6団体・多数抽選
【申】5月15日水曜日まで(当日消印有効)に、はがきに団体名、連絡先(氏名・住所・電話番号・ファクス番号)、出演内容、出演希望日を書いて、郵送で
※出演時間帯は協会が決定します。
〒250-0014 城内1-21(小田原商工会館) 小田原市観光協会  
【関】観光課

--------------------
パブリックコメント(市民意見)
--------------------
【ID】P04405 広報広聴課 電話 0465-33-1263
規則などの案と意見記入用紙は、担当課、タウンセンター、図書館などに配架する他、市ホームページに掲載します。
【申】期間内に、担当課まで直接、郵送、ファクスまたは市ホームページの投稿フォームで
意見提出期間 5月15日水曜日~6月13日木曜日
規則などの案の題名/担当課・係
小田原市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例施行規則の一部改正/保育課保育施設係  電話 0465-33-1642
小田原都市計画高度地区の運用基準の一部改正/都市計画課都市計画係  電話 0465-33-1572

--------------------
高等学校等奨学金制度
--------------------
【ID】P10120 教育指導課 電話 0465-33-1682
市内在住で高等学校などに在学している人のうち、学業に意欲があり、経済的な理由から修学が困難な人に、学資の一部として奨学金を支給します。
【定】75人  
【選】世帯の所得状況、成績など
【額】年額40,000円(返還不要)
【申】6月3日月曜日から、各学校、教育指導課または市ホームページにある申請用紙に必要事項を書いて、各学校に直接
※申込期限は学校により異なります。

--------------------
国民健康保険運営協議会委員
--------------------
【ID】P26608 保険課 電話 0465-33-1845
国民健康保険事業の運営に関する重要事項を審議する委員を募集します。
【対】20歳以上71歳未満の小田原市国民健康保険被保険者で、平日昼間の会議に出席できる人二人程度
【任】7月1日月曜日から3年間(協議会は年4回程度開催)
【選】書類選考(応募の動機や抱負などをもとに選考)、面接
【額】10,000円(会議1回につき)
【申】5月13日月曜日~27日月曜日に、保険課窓口または市ホームページにある応募用紙に必要事項を書いて直接、郵送またはメールで提出
【E】hoken@city.odawara.kanagawa.jp
※結果は、6月下旬に郵送します。

--------------------
市営住宅入居者
--------------------
【ID】P26727 建築課 電話 0465-33-1553
【対】一定の要件(所得制限があり、市税の滞納がない、市内1年以上在住、単身者の年齢制限など)を満たす人
募集予定戸数 約20戸
家賃 住宅の築年数や間取り、入居する世帯の所得で毎年度決定
敷金 入居時の家賃の3か月分
    ※風呂釜・浴槽設置は入居者負担(浅原住宅を除く)
公開抽選 6月下旬(予定)
入居手続き 連帯保証人一人の印鑑登録証明書などの書類を提出
入居許可日 9月1日日曜日   ※鍵渡しは8月28日水曜日・29日木曜日
申込用紙  5月13日月曜日~6月11日火曜日に市役所、タウンセンター、アークロード市民窓口で配布
申込期間  6月5日水曜日~11日火曜日 9時00分~17時00分
※6月8日土曜日・9日日曜日は9時00分~12時00分
【申】申込用紙に必要事項を書き、住民票や所得証明など必要書類を添えて、本人または入居家族が直接。受け付け審査があります。
※次回の募集は、11月です。

--------------------
認知症サポーター養成講座
--------------------
【ID】P18188 〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1864
認知症について学びましょう。
【日】5月31日金曜日10時00分~12時00分
【場】UMECO1階会議室1
【対】市内在住・在勤・在学の人30人・申込先着順
【講】キャラバン・メイト
【申】5月30日木曜日までに、電話で

--------------------
家族介護教室
--------------------
【ID】P18184 〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1864
介護について学ぶ講座です。
【日】(1)5月28日火曜日(3)6月25日火曜日10時00分~12時00分 
【場】けやき3階視聴覚室
【内】(1)介護保険制度・サービス  (2)認知症
【対】高齢者を介護している家族、介護に関心のある人25人・申込先着順
【申】各前日までに、電話で

--------------------
手話入門講座
--------------------
〔申込〕社会福祉協議会 電話 0465-35-4000
聴覚障がいの理解を深めながら、挨拶など基本的な手話を学びます。
【日】(1)6月6日~7月18日の毎週木曜日10時00分~11時30分(全7回)
   (2)6月6日~7月4日の毎週木曜日 18時30分~20時00分(全5回)
【場】おだわら総合医療福祉会館
【対】手話初心者の人
   (1)20人 (2)30人・申込先着順
【講】(1)手話サークル松の会
   (2)神奈川聴覚障害者総合福祉協会手話通訳者、手話サークル城の会
【関】福祉政策課

--------------------
障がい児ふれあい
ボランティア講座
--------------------
〔申込〕社会福祉協議会 電話 0465-35-4000
障がいのある子どもへの理解を深め、支援するボランティアを育成する講座です。
【日】6月17日月曜日・24日月曜日、7月1日月曜日・16日火曜日9時30分~11時30分、7月2日火曜日~12日金曜日(土・日曜日は除く)のいずれか1日1時間程度(全5回)
【場】小田原養護学校・おだわら総合医療福祉会館
【対】ボランティア活動が可能な人15人・申込先着順  
【関】福祉政策課

--------------------
上級救命講習
--------------------
【ID】P00490 救急課 電話 0465-49-4441
普通救命講習1の内容に「傷病者管理」「異物除去」「搬送法」「熱傷の手当」などを加えた応急手当全般を学びます。
【日】6月8日土曜日9時30分~18時30分
【場】山北町健康福祉センター
【対】中学生以上(市消防管内に在住・在勤・在学の人を優先)20人・申込先着順
【申】電話(平日9時00分~17時00分)で予約後、5月30日木曜日までに、申請書を最寄りの消防署所へ直接


====================
#09 くらしのガイド おだわらいふ「相談」
====================
--------------------
6月1日は人権擁護委員の日
--------------------
【ID】P26917 人権・男女共同参画課 電話 0465-33-1725
人権擁護委員は、人権侵犯事件の調査処理、人権相談、人権啓発活動などを行っています。
全国共通人権相談ダイヤル 電話 0570-003-110 8時30分~17時15分
※土・日曜日・祝休日を除く。

--------------------
保健福祉事務所の相談と検査
--------------------
〔申込〕小田原保健福祉事務所   電話 0465-32-8000
●療育歯科相談
【日】5月16日木曜日9時00分~15時30分
●精神保健福祉相談
【日】5月21日火曜日・23日木曜日、6月13日木曜日13時30分~16時30分
●認知症相談
【日】6月12日水曜日13時30分~16時30分
●骨髄ドナー登録
【日】6月4日火曜日受付11時00分
【場】小田原合同庁舎4階
【申】各前日までに、電話で

--------------------
5月は消費者月間
--------------------
【ID】P26631 地域安全課 電話 0465-33-1775
今年は「ともに築こう 豊かな消費社会~誰一人取り残さない2019~」を全国統一テーマに啓発活動を実施します。市では5月17日金曜日まで、市役所2階市民ロビーでパネル展示を行います。契約トラブルなど困ったときは、消費生活センター(専用ダイヤル  電話 0465-33-1777)にご相談ください。

--------------------
くらしの豆知識
ネット通販のトラブルにご注意を
--------------------
【ID】P26868 地域安全課 電話 0465-33-1775
「ブランド商品を通常の3割引きで購入し、お金を振り込んだが、商品が届かない」などの相談が増えています。URLが不自然・住所が実在しない・連絡先の電話番号がない・支払い方法が銀行振込のみで個人口座であることなど、トラブル防止のポイントを確認しましょう。

--------------------
各種相談
--------------------
●市民相談〈6月〉 地域安全課 電話 0465-33-1383
【場】市役所2階地域安全課(土・日曜日、祝休日を除く)
一 般/離婚、相続、近隣トラブルなど日常生活上の軽易な問題に関する相談/月~金曜日/9時00分~12時00分 
一 般/離婚、相続、近隣トラブルなど日常生活上の軽易な問題に関する相談/月~金曜日/13時00分~16時00分
心配ごと/家庭や地域で困ったこと、悩み事に関する相談/毎週月曜日/13時30分~15時30分
法 律(予約制)/離婚、相続、多重債務などの法律問題に関する相談(予約は2週間前から)/毎週水曜日/13時30分~16時00分
人権擁護/嫌がらせ、名誉き損、プライバシーの侵害などに関する相談/11日火曜日/13時30分~15時30分
司法書士/相続・贈与などの登記手続き、成年後見、遺言書の作成などに関する相談/13日木曜日/13時30分~15時30分
税 務/相続・贈与・譲渡所得税などの税金に関する相談(6人・当日先着順)/18日火曜日/13時30分~15時30分
行政苦情/国・県・市への要望や苦情/20日木曜日/13時30分~15時30分
宅地建物取引/不動産の売買など取引、賃借などに関する相談/27日木曜日/13時30分~15時30分

【場】マロニエ2階集会室203
行政書士/相続・遺言、成年後見、各種許認可申請などの作成・手続きに関する相談/15日土曜日/14時00分~16時00分

●その他の相談
消費生活相談
消費生活センター 電話 0465-33-1777
消費生活に関する苦情や問い合わせなど、お気軽にご相談ください。電話でもお受けします。
【日】月~金曜日(祝休日を除く)9時30分~12時00分、13時00分~16時00分
 ※平日12時00分~13時00分、16時00分~19時00分、土・日曜日、祝休日は、県の消費生活相談(電話 045-311-0999)をご利用ください。
【場】消費生活センター(市役所2階地域安全課内)
【対】小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町に在住・在勤・在学の人

児童相談 【ID】P02033
子育て政策課 電話 0465-33-1454
子育てについてのさまざまな悩み(18歳未満の児童に関するもの)を児童相談員がお受けします。
【日】月・火・木・金曜日9時00分~12時00分、13時00分~16時30分

女性相談 【ID】P11082
人権・男女共同参画課 電話 0465-33-1737
夫や親しい男性とのトラブルなど、女性が抱える悩みを相談員がお受けします。
【日】月・水・木・金曜日9時30分~11時30分、13時00分~16時30分
※全国共通ナビダイヤルでも対応しています。
内閣府男女共同参画局DV相談ナビ 電話 0570-0-55210

青少年相談
【ID】P10571
青少年課 電話 0465-23-1482
ひきこもりや若年無業者(ニート)、不登校、親子や友人との関係などの問題で悩む子ども、若者(30歳代まで)やその保護者からの相談をお受けします。
【日】月~金曜日(祝休日を除く)9時00分~12時00分、13時00分~17時00分
【場】青少年相談センター(城山4-2-11)


====================
#10 くらしのガイド おだわらいふ「イベント」
====================
--------------------
(1)5月8日水曜日 (2)11日土曜日 (3)15日水曜日 (4)16日木曜日 (5)20日月曜日 (6)24日金曜日 (7)26日日曜日 (8)29日水曜日 (9)30日木曜日
生ごみ地域サロン
--------------------
【ID】P04275 生ごみクラブ・環境政策課 電話 0465-33-1471
生ごみ堆肥化に興味がある人や新しく始めてみたい人、すでに取り組んでいる人が情報交換する場です。段ボールコンポストの新規登録・基材販売も行います。
【時】14時00分~15時30分
※(2)(7)は10時30分~12時00分
【場】(1)いずみ2階集会室201(2)マロニエ2階集会室203(3)けやき4階第2会議室(4)生活クラブ生協小田原(5)いそしぎ第1講習室(6)こゆるぎホールBC(7)尊徳記念館講堂(8)板橋公民館(9)梅の里センター会議室AB
【持】(4)以外は500mlのペットボトル

--------------------
(1)5月11日 土曜日(2)12日曜日
おもちゃ電車ぷらぱあく
--------------------
わんぱくらんど 電話 0465-24-3189
昔懐かしい、青いレールの上を走るおもちゃ電車がやってきます。市内を走る電車が勢ぞろいします。
【時】(1)11時00分~16時00分(2)10時30分~15時30分
【場】わんぱくらんどエントランス広場

--------------------
5月12日 日曜日
クリーンさかわ
--------------------
【ID】P03364 〔申込〕地域政策課 電話 0465-33-1457
【時】9時00分~10時00分
※大雨・河川増水時は5月18日土曜日に延期
【場】酒匂川流域(10ブロックに分けます)
【申】酒匂川流域に在住の人
地域の自治会を通じて参加
その他の地域に在住の人や、企業(団体)で参加を希望する人
5月7日火曜日までに、電話で
【主】小田原市自治会総連合

--------------------
5月18日 土曜日
プレイパークで遊ぼう
--------------------
【ID】P26994 青少年課 電話 0465-33-1723
子どもが思い切り遊べるように、禁止事項を少なくした遊び場です。
【時】10時00分~16時00分
【場】酒匂浜公園 ※参加自由・小雨決行
【問】pp@seisho・黒柳(電話 090-7842-1374)

--------------------
(1)5月19日 日曜日(2)25土曜日
松永記念館 庭園呈茶
--------------------
【ID】P26757 郷土文化館 電話 0465-23-1377
新緑の庭園と、お茶を楽しみましょう。
【時】10時00分~15時00分
【場】(1)黄梅庵跡(雨天時:老欅荘)(2)葉雨庵・烏薬亭
【費】(1)500円(2)300円(茶菓子付き)
呈茶 (2)(一社)足柄茶ラボ(3)風韻の会

--------------------
(1)5月22日 水曜日~26日曜日
(2)6月5日 水曜日~9日曜日
市美術展覧会
--------------------
【ID】P26597 文化政策課 電話 0465-33-1706
市民の美術作品を展示します。「ギャラリートーク(会期中の水~土曜日 14時00分開始)」と「講評(会期中の日曜日 前期14時00分開始・後期13時00分開始)」もあります。
(1)前期(洋画・日本画・版画・彫塑)
(2)後期(工芸・書道・写真)
【時】9時30分~18時00分(最終日は16時00分まで)
【場】けやき2階ホール、大会議室 他
【ワークショップ】
(1)美術体験(2)書道体験(3)工芸体験
【日】(1)5月25日土曜日10時00分~12時00分
(2)6月 8日土曜日10時00分~12時00分
(3)6月 8日土曜日13時00分~15時00分
【場】けやきホワイエ
【ギャラリーコンサート】
(1)ソプラノとピアノのコンサート
【出】村山舞さん(ソプラノ)、滝本紘子さん(ピアノ)
(2)尺八のコンサート
【出】石塚秦雪山さん、大胡田好山さん
【日】(1)5月25日土曜日13時20分~、15時00分~
   (2)6月8日土曜日13時20分~、15時00分~
【場】けやき2階ホール

--------------------
5月25日 土曜日
おだわらスポーツフェスタ2019
--------------------
【ID】P26914 企画政策課 電話 0465-33-1408
バスケ、バレー、卓球など、さまざまなスポーツが体験できるイベントです。初心者の人も楽しめる内容です。
【時】13時30分~15時30分(受付13時00分)
【場】小田原アリーナ
【対】小学生100人・申込先着順
【持】屋内運動靴、飲み物、タオル
【額】斎藤真由美さん(元全日本女子バレーボール選手) 他
【申】5月22日水曜日までに、直接

--------------------
5月25日 土曜日
おかえりなさい市の鳥 コアジサシ
--------------------
【ID】P26696 〔申込〕コアジサシプロジェクト・頼
電話 080-5643-9894
酒匂川や海岸の花園を舞う、市の鳥「コアジサシ」を観察しましょう。
【時】9時30分~12時00分
【場】酒匂川河川敷 集合 酒匂川河川敷・カネボウ前
【内】コアジサシや酒匂川の野鳥観察
【定】30人・申込先着順
【申】電話またはメール(【E】ur-sasiba@rb4.so-net.ne.jp)で
【関】環境保護課

--------------------
5月26日 日曜日
子育て支援フェスティバル
--------------------
【ID】P17730 子育て政策課 電話 0465-33-1874
子育てに関する団体が集まり、親子で楽しめる遊びや、子育て情報を提供する、子育て世帯を対象とした催しです。
【時】10時00分~15時00分
【場】マロニエ
【内】(1)親子で楽しめる遊び
     小物製作、折り紙、バルーンアート、スライム など
   (2)ステージ発表
     キャラクターショー、音楽遊び、手遊び、紙芝居 など
   (3)相談、情報提供
     歯科医師、薬剤師、保健師などへの相談、保育園や幼稚園の紹介、地域子育てひろばの紹介 など
   (4)模擬店
     やきそば、ポップコーン、綿菓子 など
※子ども用品のフリーマーケットなどもあります。
※当日の児童プラザラッコの開設時間は10時00分~15時00分です。

--------------------
6月1日 土曜日
山王川・久野川一斉清掃
--------------------
【ID】P03364 〔申込〕地域政策課 電話 0465-33-1457
【時】午前中 ※大雨、河川増水時は中止
【場】山王川・久野川流域
【申】足柄・芦子・二川・久野・山王網一色の各地区に在住の人
地域の自治会を通じて参加
その他の地域に在住の人や、企業(団体)で参加を希望する人
5月30日木曜日までに、電話で
【主】山王川・久野川を美しくする会

--------------------
6月1日 土曜日~16日曜日
小田原城あじさい花菖蒲まつり
--------------------
【ID】P26947 小田原城総合管理事務所 電話 0465-23-1373
【場】小田原城本丸東堀・花菖蒲園
●オープンガーデン
花菖蒲園の広場にテーブルと椅子を用意します。出店有り。
●ライトアップ
あじさいの見頃に合わせ、19時00分から21時00分まで点灯します。
●天守閣開館延長
期間中の土・日曜日の開館時間を19時00分まで延長します。

月/日/時間/行事
6月/1日土曜日/11時00分~、12時00分~/北條太鼓
6月/8日土曜日/16時00分~/相洋太鼓
6月/8日土曜日/17時00分~/岸義紘サクソフォンコンサート
6月/8日土曜日/18時30分~20時00分/AKARI NIGHT(灯ろう点灯)
6月/9日日曜日/14時00分~、15時00分~/ういろう太鼓

--------------------
6月2日 日曜日
ラグビーキックオフレセプション
--------------------
〔申込〕小田原市ラグビーフットボール協会・髙橋 電話 090-3097-6311
ラグビーW杯イヤーを小田原から盛り上げるため、元日本代表選手などを招いた交流会を開催します。
【時】17時00分~19時00分
【場】お堀端コンベンションホール
【費】会費制  
【定】200人・申込先着順
※申込方法など、詳しくはメールまたは電話でお問い合わせください。
【E】rugbyodawara@gmail.coメートル 
【関】企画政策課

--------------------
5月18日 土曜日
上府中公園まつり
--------------------
上府中公園管理事務所 電話 0465-42-5511
●走り方教室
(1)小学1・2年生クラス
   【時】10時00分~11時00分 ※雨天中止
(2)小学3~6年生クラス
   【時】11時15分~12時15分 ※雨天中止
【定】各20人・申込先着順
【費】100円(保険料)
●親子サッカー教室&タグラグビー教室
1日で、サッカーとラグビーの両スポーツを体験できる貴重なチャンス!
(1)年中・年長クラス
(2)小学1・2年生クラス
【時】13時30分~15時00分 ※雨天中止
【定】各20組・申込先着順
【費】200円/組(保険料)  ※当日徴収
【持】運動靴、タオル、飲料水
【場】多目的広場
【申】5月8日水曜日~16日木曜日に、ホームページの申請フォームで
●スタジアム・ヨガ ~野球場の外野芝生でヨガ体験~
【時】午前の部11時00分~12時30分 午後の部14時00分~15時30分
※雨天中止の場合、当日9時00分に「insea湘南店」facebookでお知らせします。
【場】小田原球場外野芝生
【費】1,000円(中学生まで無料)
【持】ヨガマット(バスタオルでも可)、飲料水
※動きやすい服装でお越しください。野外のため帽子、サングラスをお持ちください。
【申】insea湘南店(電話 0120-52-1107)に電話で
【主】insea湘南店
【フリーマーケット出店者募集】
【時】9時30分~15時30分  ※雨天時、19日日曜日に延期
【定】50区画、申込先着順  ※出店区画は抽選
【費】1区画・2,000円(3m×3m)
【申】5月10日金曜日9時00分から直接
    ※出店エリアへの車の乗入れはできません。
【ホ】http://odawara-jigyo-kyokai.jp/kouen/

--------------------
6月2日 日曜日
田植え体験
--------------------
〔申込〕たんぼの恵を感じる会事務局 電話 090-2548-1406
昔ながらの農業体験ができます。秋に収穫するお米は、参加者で分けます。
【時】9時00分~12時00分
【場】市内桑原 集合 日本新薬(桑原676-1)
【費】200円(保険料、資材代)
【持】敷物、着替え、タオル、雨具、田植え用の長靴または汚れてもよい長靴下、飲み物、おやつ
【申】5月29日水曜日までに、電話で
【ホ】http://tanbo.gooside.com/  
【関】農政課

--------------------
清閑亭
--------------------
〔申込〕清閑亭 電話 0465-22-2834 
【場】清閑亭(南町1-5-73)
11時00分~16時00分開館 ※火曜休館
(1)IMANOMA展
現代の3人のアーティストと一人の研究者、そして清閑亭がつくる「間」。過去と現代をつなぐ「間」をお楽しみください。
【期】5月11日土曜日~26日日曜日
(2)IMANOMA作家ギャラリートーク
百年名家・清閑亭での展示について、作家それぞれの思いを語ってもらいます。
【日】5月12日日曜日14時00分~
【定】30人・申込不要
【講】稲澤美穂子さん(日本画)、山本修子さん(華道)、湊恭太さん(木工)
(3)IMANOMA講演会
「伝統的」日本家屋と室礼
居住空間は現代の文化と快適さを反映して変化していきます。清閑亭を基点として、「伝統的」な日本家屋の居住空間と室礼(インテリアデザイン)の歴史を振り返ります。
【日】5月25日土曜日14時00分~15時00分
【定】若干名・申込先着順
【費】700円(飲み物・茶菓子付き)
【講】野村朋弘さん(京都造形芸術大学准教授)
(4)小田原城アートNOW2019
市内各所を現代アートで飾るアートNOW。清閑亭では10人以上の作家による立体作品を展示します。
【期】6月1日土曜日~23日日曜日
(5)令和改元記念 天皇ゆかりの地をめぐる
平成から令和に改まりました。改元を記念して、明治以降の天皇とつながりのある小田原の名所旧跡をたどります。
【日】5月26日日曜日13時30分~16時30分
【定】30人・申込先着順
【費】2,100円(お茶菓子付き、保険料)

--------------------
6月15日 土曜日
かもめコンサート
若き演奏家シリーズ
--------------------
【ID】P26342 文化政策課 電話 0465-33-1706
〔申込〕かもめ図書館 電話 0465-49-7800
作曲家・故石井歡さん遺愛のピアノを使ったコンサートです。
【時】16時00分~17時00分
【場】かもめ図書館視聴覚ホール
【定】100人・申込先着順
【出】園田紘子さん(ピアノ)
【申】5月15日水曜日から、電話で
曲目 バッハ「イタリア協奏曲」、ベートーヴェン「ピアノソナタ第23番ヘ短調 作品57“熱情”」 他
※未就学児入場不可。
※公共交通機関をご利用ください。

--------------------
6月30日 日曜日
文化セミナー
小田原と日本舞踊のこれから
--------------------
【ID】P26609 〔申込〕文化政策課 電話 0465-33-1709
8月に行われる日本舞踊「弧の会」公演に先立ち、日本舞踊の魅力や小田原とのかかわりについて話を聞きます。
【時】13時30分~15時30分
【場】清閑亭大広間(食堂)
【定】30人・申込先着順
【講】花柳壽太節さん・泉徳保さん(日本舞踊家)、小野木豊昭さん(古典芸能プロデューサー)
【申】5月23日木曜日から、電話で

--------------------
7月13日 土曜日
劇団かかし座 影絵劇
「長靴をはいたねこ」
--------------------
【ID】P26610 文化政策課 電話 0465-33-1709
影絵や、歌、ダンスなどを組み合わせた「影絵劇」で、名作童話を上演。終演後、舞台裏見学ツアーもあります。
【時】午前の部 10時30分開演(10時00分開場)
   午後の部 14時30分開演(14時00分開場)
【場】市民会館大ホール
【費】全席指定・日時指定
親子ペア券1,800円(前売のみ)
大人1,500円(中学生以上)
子ども500円(4歳~小学生)
※3歳以下入場不可、有料託児有り。
販売 5月15日水曜日から
市民会館事務室、ハルネ小田原街かど案内所、ダイナシティウエストチケットぴあ、ローソンチケット(Lコード:34623)
●バックステージツアー
【定】各回親子50組(約30分)・申込先着順
【申】7月12日金曜日までに、文化政策課に電話で
【主】おだわら文化事業実行委員会

--------------------
月例イベント
--------------------
--------------------
昼のミニコンサート
--------------------
【ID】P03885 文化政策課 電話 0465-33-1706
野の花コンサート ~「この道」童謡誕生100年を祝して~
【日】5月22日水曜日12時20分~12時40分
【場】市役所2階ロビー
【出】髙嶺紀子さん(ヴァイオリン)
曲目 この道、ダニーボーイ 他
現在、出演者募集は行っておりません。

--------------------
UMECO
--------------------
UMECO 電話 0465-24-6611
●ティーサロン「お父さんありがとう!」
お茶を飲みながら、父の日の思い出などみんなで話し、交流しましょう。
 【日】6月8日土曜日13時00分~16時00分
 【場】UMECO活動エリアA1~3
 【費】300円(茶菓子代)
●UMECO企画展
市民活動団体の活動の成果などを展示します。
 ・今こそ「二宮金次郎」資料展
  【期】5月8日水曜日~31日金曜日
 ・小田原城アートNOW2019
  【期】6月1日土曜日~28日金曜日
【場】UMECO多目的コーナー
【ホ】http://umeco.info/
イラスト 森谷栞菜さん

--------------------
二宮尊徳生家のいろり燻蒸
--------------------
【ID】P07325 尊徳記念館 電話 0465-36-2381
二宮尊徳生家の保全のため、いろりに火を入れて、けむり燻蒸を行います。
また、二宮尊徳いろりクラブのメンバーが生家の由来や周辺の史跡などについて説明します。 
【日】5月25日土曜日、6月8日土曜日 9時00分~11時30分 ※見学自由
【場】二宮尊徳生家(尊徳記念館隣)

--------------------
かもめ名画座
--------------------
【ID】P14250 かもめ図書館 電話 0465-49-7800
思い出の映画をお楽しみください。
【日】5月17日金曜日13時30分~(開場13時10分)
【内】「駅馬車」(1939年・99分)
   監督 ジョン・フォード 出演 ジョン・ウェイン 他
【定】120人・当日先着順
協力 かもめ図書館フレンズ
※かもめ図書館フレンズでは、映画会ボランティアを募集しています。興味のある人は、当日会場までお越しください。

--------------------
上府中公園
--------------------
上府中公園管理事務所 電話 0465-42-5511
●おもちゃ作り教室
【日】5月5日祝日・19日日曜日10時00分~12時00分、13時00分~15時00分
【場】親水広場 ※雨天中止
【対】小学生以下
【費】100~400円(材料費)
   ※作るものによって金額が異なります。

--------------------
フラワーガーデン
--------------------
フラワーガーデン 電話 0465-34-2814
●朝市(売切次第終了)
【日】毎週日曜日10時00分~15時00分
●なるほど園芸講座
5月のテーマは「バラ・花後の剪定と管理」です。家庭の園芸植物の相談は11時30分~12時00分の「みどりの相談所」で受け付けます。
【日】5月19日日曜日10時30分~11時30分
【講】大坪孝之さん(日本梅の会会長)

--------------------
わんぱくらんど
--------------------
わんぱくらんど 電話 0465-24-3189
●竹細工教室
昔懐かしい遊び、竹とんぼやぶんぶんゴマを作って、芝生広場で遊んでみましょう。
【日】毎週土・日曜日 9時30分~12時00分、13時00分~15時00分
   ※実施しない日もあります。
【場】冒険の丘  
【費】400円(材料費)

--------------------
小田原競輪開催日
--------------------
事業課 電話 0465-23-1101
●伊東温泉(F1)場外
【期】5月22日水曜日~24日金曜日
●全プロ記念競輪(F2・松山)場外
【期】5月25日土曜日・26日日曜日
●大宮(F1)場外
【期】5月27日月曜日・28日火曜日
●RUDO杯(F2)
【期】5月30日木曜日~6月1日土曜日
※30日・31日豊橋(F1)全R併売
※1日取手記念(G3)全R併売
●取手記念(G3)場外
【期】6月2日日曜日~4日火曜日

--------------------
いこいの森
--------------------
〔申込〕いこいの森 電話 0465-24-3785
きつつき木工教室
「無垢材ベンチづくり」
小田原産材の一枚板で、幅約90cm・奥行約30cmのベンチを作りましょう。
【日】6月の毎週土・日曜日 10時00分~15時00分
【定】各回1組(小学生以下は保護者同伴)・申込先着順
【費】4,000円
※駐車場料金別途500円(市民以外は1,000円)かかります。

--------------------
フラワーガーデン
--------------------
〔申込〕フラワーガーデン 電話 0465-34-2814
※月曜日休園(祝休日の場合は開園し、翌火曜日休園)
●きらりフェスタ
社会福祉施設のみなさんによる、事業紹介や作品展示会です。また、手作り雑貨やパンの販売・各種体験コーナーもあります。
【期】5月11日土曜日~22日水曜日 9時00分~17時00分(22日は15時00分まで)
【主】宝安寺社会事業部
●春のローズフェスタ
150品種350本の美しいバラや、世界最大級のネギ坊主として有名な「アリウム・グローブマスター」が見頃を迎えます。その他、ローズのポプリやブーケ作り、バラ園ガイドツアー、オリジナル商品の販売やプチ軽トラ市なども開催。5月12日日曜日は鈴木あさみさんのマリンバコンサートもあります。
【期】5月11日土曜日~6月2日日曜日
●初夏のさつき展
小田原さつき会による鉢の即売会も開催します。
【期】5月24日金曜日~26日日曜日 9時00分~17時00分(24日は12時00分~、26日は16時00分まで)
●涼風盆栽展
日本盆栽協会小田原支部による鉢の即売会も開催します。
【期】5月28日火曜日~6月2日日曜日9時00分~17時00分
(2日は15時00分まで)
講習会
「赤松の芽切り・雑木類の手入れ」
【日】6月2日日曜日13時30分~15時00分
【講】松田恭治さん
【定】50人・当日受付先着順
●花菖蒲・睡蓮まつり
花菖蒲と水面に浮かぶ色とりどりの睡蓮をお楽しみください
【期】6月4日火曜日~30日日曜日 9時00分~17時00分
【ホ】http://seibu-la.co.jp/odawarafg


====================
#11 くらしのガイド おだわらいふ「こども」
====================
--------------------
おだたんひろば
--------------------
【ID】P01981 子育て政策課 電話 0465-33-1874
小田原短期大学 電話 0465-22-1303
広い体育館で、親子で遊びます。
【日】5月15日水曜日10時00分~11時30分
【場】小田原短期大学体育館
【対】入園前の子どもとその家族
【持】体育館で使用する上履き

--------------------
ぴよぴよくらぶ
--------------------
【ID】P03637 ぴよぴよくらぶ・椎野
電話 090-6303-0861
親子で楽しむ体操や手遊び、季節の工作などを行います。
【日】6月6日木曜日
10時00分~11時30分(受付9時45分~)
【場】マロニエ3階マロニエホール
【内】お父さんありがとう
【対】入園前の子どもとその家族
【費】子ども一人100円(材料費)
【関】子育て政策課

--------------------
子ども映画会と金次郎のおはなし
--------------------
【ID】P07859 尊徳記念館 電話 0465-36-2381
映画の後に、金次郎が暮らしていた頃の遊びや学びを体験します。
【日】5月26日日曜日14時00分~14時45分(開場13時50分)
【場】尊徳記念館
【内】・映画「火男」、「ねずみのすもう」
   ・体験「知恵板」
【定】60人・当日先着順

--------------------
こどもイラストコンクール
--------------------
フラワーガーデン 電話 0465-34-2814
フラワーガーデンで見た植物、楽しく過ごした思い出などを描いて応募してください。作品は展示し、来園者の投票で各賞を決定。
【申】7月28日日曜日まで
※詳しくは、ちらしまたはホームページをご覧ください。
【ホ】https://seibu-la.co.jp/odawarafg/

--------------------
子育て支援センター関連イベント
--------------------
【ID】P02036 子育て政策課 電話 0465-33-1874
マロニエ子育て支援センター  電話 0465-48-8698 おだぴよ子育て支援センター   電話 0465-34-6181
いずみ子育て支援センター  電話 0465-37-9077  こゆるぎ子育て支援センター   電話 0465-43-0251
●妊婦さんの集いの場
助産師が妊婦さんと一緒に、出産や子育てについて話します。
【日】5月17日金曜日14時30分~16時00分
【場】いずみ
●親子の絆づくりプログラム
“赤ちゃんがきた”(愛称BP)
同じ時期にお母さんになった人と一緒に、子育てに必要なことを学びます。
【日】6月5日~26日の毎週水曜日 10時00分~12時00分(全4回)
【場】いずみ
【対】2~5か月の赤ちゃんと初めて子育てするお母さん20組・申込先着順
【申】いずみに電話で
●赤ちゃんひろば
5か月までの乳児とママ、妊婦さん対象の子育て講座です。
【日】5月17日金曜日14時30分~15時30分
【場】マロニエ
【定】20組・申込先着順
【申】マロニエに電話または直接
●赤ちゃんデー
6か月までの乳児限定ひろばです。
【日】(1)5月 9日木曜日10時00分~12時00分
   (2)5月10日金曜日10時00分~11時45分
   (3)5月17日金曜日13時00分~15時00分
【場】(1)マロニエ(2)おだぴよ(3)いずみ
●赤ちゃんデー(すくすくデー)
0歳児とママの会です。妊婦さんや上の子も一緒に参加できます。
【日】5月10日金曜日10時00分~11時00分
【場】こゆるぎ  
【定】15組
【申】こゆるぎに電話(火・木・金曜日)で
●ヨチヨチデー
7~11か月の乳児限定ひろばです。
【日】(1)5月22日水曜日10時00分~11時00分
   (2)5月24日金曜日13時30分~15時30分
   (3)5月28日火曜日10時00分~12時00分
【場】(1)いずみ(2)おだぴよ(3)マロニエ
●専門職相談日
(1)小児科相談(2)心理相談
【日】(1)5月21日火曜日13時30分~15時30分
   (2)5月15日水曜日10時00分~12時00分
【場】(1)おだぴよ(2)マロニエ

※申し込みが必要なもの以外は、直接会場にお越しください。


====================
#12 くらしのガイド おだわらいふ「スポーツ」
====================
--------------------
テニスガーデンテニス教室
--------------------
小田原テニスガーデン 電話 0465-37-4712
週1回、月4回の月謝制のプロコーチによる硬式テニススクールです。体験レッスンも随時受け付けています。
【ホ】http://odawaraarena.main.jp/

--------------------
小田原球場の一般開放日
--------------------
〔申込〕小田原球場 電話 0465-42-5511
6月の一般開放日は、9日日曜日です。
一般開放日の受付
【申】5月3日祝日~10日金曜日に、電話で
   ※多数抽選
※大会開催時は、一般利用ができないこともあります。
【ホ】http://odawara-jigyo-kyokai.jp/kouen/

--------------------
健康運動教室
--------------------
小田原アリーナ 電話 0465-38-1144
平成31年度第1期健康運動教室(約60教室)を開講しています。木曜日に「マインド∞フルネス」というヨガ教室が新たに加わりました。
【場】小田原アリーナ、城山陸上競技場
詳しくは、ホームページまたは小田原アリーナ総合受付まで。
【ホ】http://odawaraarena.main.jp/

--------------------
小田原ミニバスケットボール
3×3(スリーバイスリー)大会
--------------------
体育協会 電話 0465-38-3310
【日】6月30日日曜日8時30分~
【場】小田原アリーナ
【対】県西地域在住・在学の、小学3・4年生または小学5・6年生で構成された、男女別のチーム各24チーム・申込先着順
   ※チーム構成は、引率者一人(成人)・選手3~4人
【費】1チーム2,000円(傷害保険料含む)
【申】5月20日月曜日8時30分~6月14日金曜日中に、ホームページで
【ホ】「小田原市体育協会」で検索

--------------------
トレーニングルーム
利用者講習会〈6月分〉
--------------------
〔申込〕(1)小田原アリーナ 電話 0465-38-1144
(2)スポーツ会館  電話 0465-23-2465
(1)小田原アリーナ
【日】毎週月曜日19時00分~20時00分
毎週水曜日14時00分~15時00分
毎週木曜日11時00分~12時00分
毎週日曜日11時00分~12時00分
※6月16日日曜日・20日木曜日・24日月曜日を除く。
【対】高校生以上各日15人・申込先着順
【申】5月15日水曜日9時00分から
【ホ】http://odawaraarena.main.jp/
(2)スポーツ会館
【日】6月13日木曜日・29日土曜日14時00分~15時00分
【対】高校生以上各日8人・申込先着順

--------------------
スポーツイベント
ボランティアの募集
--------------------
体育協会 電話 0465-38-3310
小田原市体育協会が主催するマラソン大会などのスポーツイベントにおけるボランティアを募集します。
【対】中学生以上
【申】ホームページで
【ホ】「小田原市体育協会」で検索

--------------------
脳トレ!脳と体の生き活き教室
--------------------
【ID】P17356 〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1826
脳の活性化が期待できるウオーキングなどの有酸素運動を中心に、頭脳ゲームなど頭と体を刺激する教室です。楽しみながら、認知症予防に必要な知識を習得します。
【日】7月3日~9月25日の水曜日10時00分~12時00分(全12回)
【場】いそしぎ2階第1講習室
【対】市内在住の65歳以上の人30人・申込先着順
【費】1,500円(保険料)
【申】5月15日水曜日~6月10日月曜日に、電話で

--------------------
総合型地域スポーツクラブ
「城下町スポーツクラブ」体験会
--------------------
城下町スポーツクラブ事務局
電話 080-6507-0642
スポーツ課 電話 0465-38-1149
有資格の指導員による、さまざまなスポーツ教室を体験できます。
日程/開催時間/種目
5月13日月曜日20日月曜日/11時00分~12時00分/(1)おやこたいそう教室
5月20日月曜日27日月曜日/17時00分~19時00分/(2)ジュニアバドミントン教室
5月23日木曜日30日木曜日/16時00分~18時00分/(3)小学生バドミントン教室
5月23日木曜日30日木曜日/16時00分~18時00分/(4)小学生卓球教室
5月23日木曜日30日木曜日/17時00分~19時00分/(5)ためしソフトテニス
5月23日木曜日30日木曜日/19時30分~21時30分/(6)はじめてのバドミントン
5月23日木曜日30日木曜日/19時30分~20時45分/(7)楽しくエアロ&ストレッチ
5月24日金曜日31日金曜日/13時00分~14時00分/(8)体操教室
5月24日金曜日31日金曜日/13時00分~15時00分/(9)卓球・バドミントン教室

【場】(1)(3)(4)小田原アリーナ(2)三の丸小学校体育館(5)テニスガーデン(6)(7)富水小学校体育館(8)(9)県立西湘地区体育センター
【対】(1)幼児・保護者(2)小学生・中学生(3)(4)(5)小学生(6)(7)どなたでも(8)(9)大人
※直接会場にお越しください。
【費】500円
【持】シューズ(ソフトテニスはシューズの底に凹凸がないもの)・飲み物
【ホ】http://jsc-odawara.sakura.ne.jp


====================
#13 くらしのガイド おだわらいふ「健康」
====================
健康カレンダーと併せてご覧ください。
【ID】P24735
保健センター(健康づくり課) 電話 0465-47-0820

--------------------
6月の健康診査などの予定
--------------------
詳しくは、健康カレンダーをご覧ください。
●赤ちゃんのための健診・相談など
事業名/対象・実施日など
4か月児健診/平成31年2月生 14・24日
8~9か月児健診/取扱医療機関にて
1歳6か月児健診/平成29年11月生12・19・25日
2歳児歯科健診/平成29年5月生5・17日
3歳児健診/平成27年11月生11・20・26日
いきいき親子育児相談/6日
親子心理相談/就学前の親子(電話申込制)

--------------------
「すこやか健康コーナーおだわら」
5・6月健康相談会
--------------------
【ID】P23410
血圧、血管年齢、脳年齢、骨健康度を自由に測定できます(月~金(祝日除く)の9時00分~17時00分)。保健師や栄養士が測定結果などの相談も受け付けます。
●栄養相談(栄養士) ※要予約
【日】5月9日木曜日、6月13日木曜日 9時00分~12時00分
●健康相談(保健師) 
【日】5月22日水曜日、6月26日水曜日 13時00分~16時00分
【場】市役所2階すこやか健康コーナーおだわら

--------------------
ママパパ学級
--------------------
妊娠・出産・育児について学びます。
(1)赤ちゃんとの生活 その1
【日】5月20日月曜日13時20分~15時30分
【内】小児科医の話、新生児・授乳について
(2)妊娠中の過ごし方
【日】6月13日木曜日13時20分~15時30分
【内】栄養の話、お産の話 など
【場】保健センター
【対】妊娠20週以降の妊婦とパートナー(妊婦のみも可)
【持】母子健康手帳、筆記用具
【申】(1)5月17日金曜日(2)6月12日水曜日までに、電話で

--------------------
みんなで市民体操「おだわら百彩」
--------------------
【ID】P25379
小田原をイメージできる動きと、“なんば”の動きを取り入れた市民体操「おだわら百彩」のレッスンをします。
【日】(1)5月16日木曜日10時00分~11時30分
   (2)5月29日水曜日14時00分~15時30分
【場】(1)UMECO会議室4
   (2)いそしぎ2階トレーニングルーム
【定】各20人・申込先着順
【持】室内履き、飲み物、タオル
【申】各前日までに、保健センターに電話で
※体操ができる服装でお越しください。

--------------------
献血
--------------------
【ID】P17481
●ダイナシティイースト
【日】5月3日祝日・6日休日・18日土曜日 10時00分~12時00分、13時30分~16時00分
●フレスポ小田原シティーモール
【日】5月26日日曜日10時00分~12時00分、13時30分~16時30分

--------------------
食で生き生き!栄養教室
--------------------
【ID】P03391 〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1826
筋肉をつけるために効果的な栄養素の取り方に関する講話と、調理実習です。男性の参加もお待ちしています。
【日】6月21日金曜日10時00分~13時00分
【場】マロニエ食の創作室
【対】市内在住の65歳以上の人20人程度・申込先着順
【費】500円(材料費)
【持】エプロン、三角巾、布巾
【申】5月13日月曜日~6月7日金曜日に、電話で
共催 小田原創友クラブ

--------------------
はつらつ健康相談(予約不要)
--------------------
血圧測定、足指力測定、健康・栄養相談などを行います。
●午前の部(受付時間9時30分~11時00分)
5月13日月曜日/梅の里センター
5月15日水曜日/JAかながわ西湘片浦支店
5月16日木曜日/久野区民会館
5月20日月曜日/中島公民館
5月21日火曜日/豊川市民集合施設(旧生涯学習センター豊川分館)
5月22日水曜日/第32区公民館
5月24日金曜日/山王70区公民館
5月27日月曜日/井細田公民館
6月 3日月曜日/早川公民館
6月10日月曜日/中曽根公民館

●午後の部(受付時間13時30分~15時00分)
5月29日水曜日/浜町公民館
6月 7日金曜日/こゆるぎ

--------------------
65歳からの筋トレ教室
--------------------
【ID】P03393 〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1826
(1)いそしぎ マシン教室
【日】7月9日~9月26日の毎週火・木曜日13時30分~15時00分
(2)いそしぎ ストレッチ教室
【日】7月8日~9月30日の毎週月曜日11時45分~13時00分
(3)アリーナ マシン教室
【日】7月3日~9月30日の毎週月・水曜日10時00分~11時30分、13時00分~14時30分
(4)アリーナ ストレッチ教室
【日】7月1日~9月30日の毎週月・木曜日9時15分~10時30分
(1)~(4)共通
【対】市内在住の65歳以上の人(1)(2)20人(3)(4)30人 ※身体の状態により選考
【費】1,500円(保険料)
【申】5月15日水曜日~31日金曜日に、電話で
※医師から運動を止められている人、「高齢者体操教室」に参加している人は、参加できません
※(1)(2)は7月4日木曜日に、個人面談・体力測定有り。

--------------------
電子母子手帳アプリ
「おだわらっこ手帳」スタート
--------------------
【ID】P26742
スマートフォンアプリから登録できます。妊娠中の人や育児をしている保護者が、妊娠中の経過や子どもの成長記録、予防接種の管理や育児に関する情報を得るなど、幅広く利用できます。現在、妊娠届の提出後に交付している母子健康手帳は、引き続き子どもの記録として必要となります。

--------------------
休日・夜間急患診療カレンダー
--------------------
【場】保健センター  
【持】健康保険証
●休日診療(日中)
受付 8時30分~11時30分(歯科9時00分~) 13時00分~15時30分
内科、小児科、耳鼻咽喉科、歯科/眼科
5月 1日祝日/○/-
5月 2日休日/○/-
5月 3日祝日/○/○
5月 4日祝日/○/-
5月 5日祝日/○/○
5月 6日休日/○/-
5月12日日曜日/○/-
5月19日日曜日/○/○
5月26日日曜日/○/-
6月 2日日曜日/○/○
6月 9日日曜日/○/-
6月16日日曜日/○/○
●準夜間診療 ※内科・小児科のみ
 受付  平日  19時00分~22時00分
      土・日曜日、祝休日 18時00分~22時00分
●連絡先
 休日・夜間急患診療所   電話 0465-47-0823
 休日急患歯科診療所   電話 0465-47-0825
 休日・夜間急患薬局    電話 0465-47-0826
●休日・夜間の病院案内   
消防署              電話 0465-49-0119
●毎日、夜間の急患診療   
毎夜間・当直医の診療科と小児科の診療 
 市立病院          電話 0465-34-3175


====================
#14 〈連載〉高齢者自立支援ケアマネジメント おしえて! はっするきゃっする
====================
人生100年時代。年を重ねても自分らしく暮らしていくために、自分にできることは何か、一緒に考えていきましょう。
【問】高齢介護課  電話 0465-33-1842 【WEBID】 P03386

ぼくの名前は「はっするきゃっする」。
高齢者の生きがいづくりや介護予防を応援するよ!

--------------------
オススメ1 社会参加で元気になる! 
--------------------
最近、誰とも話をしない日もあるなあ
年はとったけど、まだまだ動けるし、何かできるかしら?

そんなときは…

 市では、元気なシニアの皆さんが仕事やボランティアなど地域や社会の担い手として活躍する「プロダクティブ・エイジング」を推進。外に出て、楽しく活動することは、介護予防にもなります。

地域活動に参加する人は、心が元気で、物忘れのリスクが低いらしいよ!

アクティブシニア応援ポイント事業
参加登録受付中!
 ボランティア活動でポイントを貯め、ポイントは地場産品などと交換ができます。活動内容は、福祉施設の利用者の話し相手、歌や踊りの披露、植栽の世話、市のイベントの手伝いなど。詳細は、社会福祉協議会(電話 0465-35-4000)へお問い合わせください。
【対象】60歳以上の市民

小田原市
社会福祉協議会
酒井ちひろさん


====================
#15 〈連載〉悪質商法の最前線 私は、だまされんぞう!
====================
1
2
法務省って書かれている…
訴訟は怖いな…
わざわざはがきで…
急いで電話かけなきゃ!
3
電話で弁護士を名乗る男が …
今なら10万円で訴訟を取り下げられますよ
4
振り込まなくちゃ!!
待たれよ!!
シャシャシャー

〈「悪質商法」は、あなたの大切な財産を狙っています。〉
手口は年々複雑多様化。「騙されない!」と思っているあなたこそ注意が必要です。

騙詐 れん蔵
現代の悪質商法を成敗する忍者。
あの風魔一族の末裔といううわさ。

 多くの家に送られてくる裁判所などの公的機関を装った架空請求のはがき。「訴訟」や「差し押さえ」などの言葉で、不安をあおります。市内では、2,000万円を超える被害も発生。以前は高齢の女性に多く届いていましたが、最近は男性や40~50歳代の人にも届いています。

--------------------
忍法!“不審なはがきは詐欺と思え”の術!
--------------------
心当たりのない不審なはがきが届いたら無視せよ!
連絡は絶対にせぬこと!
はがきが届いて不安なときは、消費生活センターに相談せよ!

これって悪質商法!?
そんなときは、消費生活センターに連絡を。 ~  電話 0465-33-1777


====================
#16 〈連載〉至誠・市政
====================
加藤憲一

--------------------
「令和」の入り口に立ちて
--------------------
 4月1日の昼頃、市長室のテレビにて新元号の発表をじっと見ていました。「令」という文字からの堅い印象に最初は少し戸惑いましたが、典拠が万葉集にある「梅」の歌三十二首の序文であると知り、市の花が「梅」である小田原市民にとっては、親しみを持ちやすい元号であると受け止めました。「初春の令月にして、気淑く風和ぎ」という感覚は、毎年の梅の花が咲く頃の、小田原市民には馴染みのある季節感であります。

 天皇陛下の明確なるご意思を受け、崩御によってではなく生前に皇位継承されることとなり、その新しい時代を国民が期待をもって待ち望むという流れで迎えた、「令和」。昭和39年生まれの私にしても、昭和40年代から平成にわたって社会は極めて大きな変容を遂げたと実感しており、特に平成の中盤以降はその加速度が増していると感じます。

 私たちがこれから足を踏み入れる「令和」時代は、客観的には未曽有の難しい課題が山積すると共に、さまざまな方向感の動きが交錯しています。現実として進む人口減少や少子高齢化、消費市場の成熟、あらゆる社会インフラの老朽化、地域経済の弱体化、コミュニケーションの希薄化・・・。一方で、ICTやAI、自動運転やキャッシュレス化など、各種技術の飛躍的進化がもたらす、暮らしや経済の変容。いまだに続く都市部への一極集中、一方で地方に向かう若者たちの増加。地球規模の気候変動、保護主義や自国第一主義の台頭、一方で世界が連帯しての温暖化対策やSDGsへの潮流・・・。こうした状況が総体としてどこに向かうのか。20年・30年先はおろか、10年、いや5年先についても、正確に見通すことは難しいと言えましょう。

 こうした時代に大切なことは、そのように不安定で目まぐるしい情勢にただ身を委ねるのではなく、昭和から平成にかけてのさまざまな社会的経験から私たちが見出しつつある、「人にとっての幸せ」「社会にとっての豊かさ」の実現にしっかりと軸足を定め、的確に取捨選択をしながら、望ましい社会の姿へと着実に歩みを進めることだと思います。初春のひんやりと澄んだ風、明るさを増す陽射しの下、人々が和やかに寄り添いながら、梅の花の香りを愉しんでいる・・・。「令和」の名のとおり、そんな情景がいつでも当たり前にあるような、穏やかで優しい時代になってほしいと、心から願います。


====================
#17 令和元年度版 市役所電話帳
====================
市役所総合案内 電話 0465-33-1300
守衛室(閉庁時) 電話 0465-33-1822

インターネットでも、知りたい情報がいつでも手に入ります。
ホームページ
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/
地図情報
http://www2.wagamachi-guide.com/navi-odawara/
防災、防犯、安心・安全情報
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/ubio/
・市役所の電話は、おかけになりたい課の電話番号をダイヤルすれば、直接お話しできます。
・市外局番がないものは(0465)です。

抜き取って、1年間大切に「保存用」としてお使いください。

--------------------
(1)市役所の電話番号
--------------------
出納室…………………………………電話 0465-33-1631

企画部
企画政策課……………………………電話 0465-33-1253
広報広聴課……………………………電話 0465-33-1261
公共施設マネジメント課………………電話 0465-33-1305
職員課…………………………………電話 0465-33-1241
情報システム課………………………電話 0465-33-1264

総務部
総務課…………………………………電話 0465-33-1291
財政課…………………………………電話 0465-33-1312
管財課…………………………………電話 0465-33-1320
契約検査課……………………………電話 0465-33-1323
市税総務課……………………………電話 0465-33-1345
市民税課………………………………電話 0465-33-1351
資産税課………………………………電話 0465-33-1361

市民部
地域政策課……………………………電話 0465-33-1457
地域安全課……………………………電話 0465-33-1396
人権・男女共同参画課…………………電話 0465-33-1725
戸籍住民課……………………………電話 0465-33-1386

防災部
防災対策課……………………………電話 0465-33-1855

文化部
文化政策課……………………………電話 0465-33-1707
生涯学習課……………………………電話 0465-33-1721
文化財課………………………………電話 0465-33-1717

環境部
環境政策課……………………………電話 0465-33-1472
エネルギー政策推進課………………電話 0465-33-1424
環境保護課……………………………電話 0465-33-1481

福祉健康部
福祉政策課……………………………電話 0465-33-1861
生活支援課……………………………電話 0465-33-1463
高齢介護課……………………………電話 0465-33-1841
障がい福祉課…………………………電話 0465-33-1467
保険課…………………………………電話 0465-33-1845

子ども青少年部
子育て政策課…………………………電話 0465-33-1874
保育課…………………………………電話 0465-33-1451
青少年課………………………………電話 0465-33-1723

経済部
産業政策課……………………………電話 0465-33-1555
商業振興課……………………………電話 0465-33-1511
観光課…………………………………電話 0465-33-1521
農政課…………………………………電話 0465-33-1494

都市部
都市政策課……………………………電話 0465-33-1251
都市計画課……………………………電話 0465-33-1571
まちづくり交通課………………………電話 0465-33-1754
建築指導課……………………………電話 0465-33-1433
開発審査課……………………………電話 0465-33-1442

建設部
建設政策課……………………………電話 0465-33-1531
土木管理課……………………………電話 0465-33-1542
道水路整備課…………………………電話 0465-33-1645
みどり公園課…………………………電話 0465-33-1583
建築課…………………………………電話 0465-33-1553

下水道部
下水道総務課…………………………電話 0465-33-1611
下水道整備課…………………………電話 0465-33-1623

教育委員会教育部
教育総務課……………………………電話 0465-33-1671
学校安全課……………………………電話 0465-33-1691
教育指導課……………………………電話 0465-33-1684

選挙管理委員会
事務局…………………………………電話 0465-33-1742

監査
事務局…………………………………電話 0465-33-1769

農業委員会
事務局…………………………………電話 0465-33-1748

市議会
議会総務課……………………………電話 0465-33-1761

消防本部
消防本部・小田原消防署(代表)(1)【F・G-6】
…………………………………………電話 0465-49-4410
南町分署………………………………電話 0465-23-1251
国府津出張所…………………………電話 0465-47-2540
荻窪出張所……………………………電話 0465-34-4024
栢山出張所……………………………電話 0465-37-4192
西大友出張所…………………………電話 0465-36-4727
*市内の署所のみを表示しています。

水道局(2) 【F-7】
料金センター…………………………電話 0465-41-1211
営業課………………………………電話 0465-41-1202
給水課………………………………電話 0465-41-1231
工務課………………………………電話 0465-41-1222
水質管理課…………………………電話 0465-41-1242

※施設名称の横にある丸数字と地図番号は、地図上の位置を表しています。

●毎週火曜日の窓口延長(19時00分まで)について
市税総務課/原動機付自転車の登録・廃車・名義変更の手続き、臨時運行許可の申請、市税の納付など
資産税課/所得証明書、課税・非課税証明書、納税証明書、固定資産評価証明書など税証明書の発行
※個々の状況によっては発行できない場合もあります。
戸籍住民課/転入・転出・転居の手続き、戸籍の届け出、各種証明書発行、印鑑登録
※即日で印鑑登録ができるのは、本人が運転免許証など官公署発行の顔写真入りの身分証明書をお持ちいただいた場合、または保証人の自筆・登録印による所定の保証書により申請する場合に限ります。
保険課/国民健康保険加入・脱退の手続き、健康保険料の納付など

●窓口延長の日に、届け出などの手続きをする場合の注意点
※住民基本台帳ネットワークシステムによる住民票広域交付サービス、広域証明発行サービス、マイナンバーカードの交付の手続きはできません。
※他市町村に確認が必要な手続きは、後日、再度お越しいただかなければ受理できない場合があります。

--------------------
(2)市の出先機関・施設など
--------------------
●コンビニ・郵便局交付サービスで取得できる証明書
・住民票の写し
本人・同一世帯の人のものに限ります。記載事項証明書・除票は取れません。
・印鑑登録証明書
本人のものに限ります。
・戸籍の全部・個人事項証明書
本人・同一戸籍の人の現在戸籍に限ります。
・戸籍の附票の写し
本人・同一戸籍の人の現在戸籍の附票に限ります。
・市県民税の課税・非課税証明書
本人のものに限ります。
※詳細は戸籍住民課(電話 0465-33-1386)まで

窓口コーナー
アークロード市民窓口(3)【J-12】
…………………………………………電話 0465-24-3731

タウンセンター
川東タウンセンターマロニエ(4)【F-6】
(貸室・案内所)…………………………電話 0465-47-1515
マロニエ住民窓口(4)【F-6】
…………………………………………電話 0465-47-7000
マロニエ子育て支援センター(4)【F-6】
…………………………………………電話 0465-48-8698
城北タウンセンターいずみ(5)【D-5】
(貸室・案内所)…………………………電話 0465-37-9111
いずみ住民窓口(5)【D-5】……………電話 0465-37-1711
いずみ子育て支援センター(5)【D-5】
…………………………………………電話 0465-37-9077
橘タウンセンターこゆるぎ(6)【H-9】
(貸室・案内所)…………………………電話 0465-43-0200
こゆるぎ住民窓口(6)【H-9】
…………………………………………電話 0465-43-0111
こゆるぎ子育て支援センター(6)【H-9】
…………………………………………電話 0465-43-0251

その他の市の施設
市民会館(7)【K-11】……………………電話 0465-22-7146
小田原駅観光案内所(8)【J-12】
…………………………………………電話 0465-22-2339
青少年相談センター(9)【J-11】
…………………………………………電話 0465-23-1481
環境事業センター(10)【C-3】…………電話 0465-34-7325
尊徳記念館(11)【C-6】…………………電話 0465-36-2381
青果市場管理事務所(12)【G-6】………電話 0465-48-1551
水産海浜課(13)【G-2】…………………電話 0465-22-9227
事業課(小田原競輪場)(14)【J-11】
…………………………………………電話 0465-23-1101
下水道管理センター(15)【G-5】………電話 0465-34-8081
下水道コミュニティーホールかるがも(16)【F-5】
…………………………………………電話 0465-47-0575
市立病院(17)【E-4】……………………電話 0465-34-3175
生涯学習センターけやき(18)【F-4】
…………………………………………電話 0465-35-5300
生涯学習センター国府津学習館(19)【G-7】
…………………………………………電話 0465-48-2035
市立図書館(20)【K-11】………………電話 0465-24-1055
かもめ図書館(21)【F-5】………………電話 0465-49-7800
小田原文学館(22)【G-3】………………電話 0465-22-9881
郷土文化館(23)【K-11】………………電話 0465-23-1377
松永記念館(24)【F-2】…………………電話 0465-22-3635
清閑亭(25)【K-11】……………………電話 0465-22-2834
社会福祉センター(26)【E-4】…………電話 0465-34-3225
障がい者総合相談支援センター(26)【E-4】
…………………………………………電話 0465-35-5258
障がい児通園施設つくしんぼ教室(26)【E-4】
…………………………………………電話 0465-34-3226
ファミリー・サポート・センター(26)【E-4】
…………………………………………電話 0465-35-0053
保健センター(健康づくり課)(27)【G-5】
…………………………………………電話 0465-47-0820
子育て世代包括支援センターはっぴぃ(27)【G-5】
…………………………………………電話 0465-47-0844
いそしぎ(27)【G-5】……………………電話 0465-49-2330
地域包括支援センター
 しろやま(28)【J-12】…………………電話 0465-23-8115
 はくおう(29)【G-4】……………………電話 0465-34-7611
 じょうなん(30)【G-2】…………………電話 0465-24-5601
 はくさん(31)【E-4】……………………電話 0465-66-3066
 ひがしとみず(32)【D-5】………………電話 0465-39-5551
 とみず(33)【D-4】……………………電話 0465-66-3456
 さくらい(34)【B-6】……………………電話 0465-20-3371
 さかわ こやわた・ふじみ(35)【F-6】…電話 0465-47-9300
 しもふなか(36)【G-6】…………………電話 0465-48-1101
 とよかわ・かみふなか(37)【E-6】……電話 0465-38-4441
 そが・しもそが・こうづ(38)【E-7】……電話 0465-42-1374
 たちばな(39)【G-9】…………………電話 0465-44-1102
前羽福祉館(40)【H-8】…………………電話 0465-43-1562
下中老人憩の家(41)【G-9】……………電話 0465-43-1950
教育相談指導学級しろやま教室(9)【J-11】
…………………………………………電話 0465-22-5618
教育相談指導学級マロニエ教室(4)【F-6】
…………………………………………電話 0465-45-1188
特別支援教育相談室あおぞら(42)【D-5】
…………………………………………電話 0465-46-9020
片浦診療所(43)【L-13】………………電話 0465-29-0012
斎場(44)【C-3】…………………………電話 0465-34-4909
小田原城総合管理事務所(45)【K-11】
…………………………………………電話 0465-23-1373
小田原城天守閣(46)【J-11】……………電話 0465-22-3818
小田原城歴史見聞館(47)【K-11】
…………………………………………電話 0465-22-3818
御幸の浜プール(48)【K-11】
…………………………………………電話 0465-22-6080
小田原こどもの森公園わんぱくらんど(49)【E-2】
…………………………………………電話 0465-24-3189
梅の里センター(50)【E-7】……………電話 0465-42-5321
いこいの森(51)【E-2】…………………電話 0465-24-3785
曽我みのり館(52)【D-7】………………電話 0465-42-5320
小田原アリーナ(53)【D-5】……………電話 0465-38-1144
スポーツ課(53)【D-5】…………………電話 0465-38-1148
スポーツ会館(54)【K-11】………………電話 0465-23-2465
城山陸上競技場(55)【J-11】
…………………………………………電話 0465-22-3549
城山庭球場(56)【J-11】………………電話 0465-22-9908
酒匂川スポーツ広場(57)【G-5】
…………………………………………電話 0465-35-3977
小田原テニスガーデン(58)【D-5】
…………………………………………電話 0465-37-4711
上府中公園小田原球場(59)【D-7】
…………………………………………電話 0465-42-5511
栄町駐車場(60)【K-12】………………電話 0465-24-7007
小田原フラワーガーデン(61)【C-4】
…………………………………………電話 0465-34-2814
小田原宿なりわい交流館(62)【K-11】
…………………………………………電話 0465-20-0515
扇町クリーンセンター(63)【E-5】
…………………………………………電話 0465-34-0598
酒匂川左岸サイクリング場(64)【G-5】
…………………………………………電話 0465-47-6743
おだぴよ子育て支援センター(65)【J-12】
…………………………………………電話 0465-34-6181
小田原駅東口駐車場(66)【J-11】
…………………………………………電話 0465-24-7007
おだわら市民交流センターUMECO(66)【J-11】
…………………………………………電話 0465-24-6611

※施設名称の横にある丸数字と地図番号は、 地図上の位置を表しています。

--------------------
(3)市立の学校・保育所・幼稚園
--------------------
保育所
下曽我 【E-7】…………………………電話 0465-42-0951
曽我 【C-7】……………………………電話 0465-42-2852
豊川 【E-6】……………………………電話 0465-36-4754
早川 【G-2】……………………………電話 0465-22-2710
桜井 【B-6】……………………………電話 0465-36-0710

幼稚園
酒匂 【G-6】……………………………電話 0465-47-3661
東富水 【D-5】…………………………電話 0465-36-3606
前羽 【H-8】……………………………電話 0465-43-0831
下中 【G-9】……………………………電話 0465-43-0612
矢作 【E-6】……………………………電話 0465-48-4515
報徳 【C-5】……………………………電話 0465-37-0585

小学校
三の丸 【K-11】…………………………電話 0465-22-5164
新玉 【K-12】……………………………電話 0465-22-5167
足柄 【E-4】……………………………電話 0465-34-1314
芦子 【F-4】……………………………電話 0465-34-8244
大窪 【F-2】……………………………電話 0465-22-1309
早川 【F-2】……………………………電話 0465-22-4892
山王 【G-4】……………………………電話 0465-35-2654
久野 【D-4】……………………………電話 0465-35-3530
富水 【D-5】……………………………電話 0465-36-3291
町田 【G-4】……………………………電話 0465-34-5290
下府中 【F-6】…………………………電話 0465-47-3364
桜井 【B-6】……………………………電話 0465-36-0451
千代 【E-7】……………………………電話 0465-42-1650
下曽我 【E-7】…………………………電話 0465-42-1607
国府津 【G-7】…………………………電話 0465-48-1777
酒匂 【G-6】……………………………電話 0465-47-3660
片浦 【L-13】……………………………電話 0465-29-0250
曽我 【C-7】……………………………電話 0465-42-2278
東富水 【D-5】…………………………電話 0465-36-3236
前羽 【H-8】……………………………電話 0465-43-0331
下中 【G-9】……………………………電話 0465-43-0610
矢作 【E-6】……………………………電話 0465-48-1286
報徳 【C-5】……………………………電話 0465-37-2800
豊川 【E-6】……………………………電話 0465-36-8551
富士見 【G-5】…………………………電話 0465-48-7116

中学校
城山 【J-11】……………………………電話 0465-34-0209
白鴎 【G-5】……………………………電話 0465-34-1736
白山 【E-4】……………………………電話 0465-34-9295
城南 【F-3】……………………………電話 0465-22-0274
鴨宮 【F-6】……………………………電話 0465-47-3361
千代 【E-7】……………………………電話 0465-42-1640
国府津 【G-7】…………………………電話 0465-47-9148
酒匂 【G-5】……………………………電話 0465-47-3344
泉 【D-5】………………………………電話 0465-36-3440
橘 【H-9】………………………………電話 0465-43-0250
城北 【B-6】……………………………電話 0465-36-9518

--------------------
(4)国・県・その他の機関
--------------------
小田原警察署…………………………電話 0465-32-0110
小田原税務署…………………………電話 0465-35-4511
法務局西湘二宮支局…………………電話 0463-70-1102
小田原年金事務所……………………電話 0465-22-1391
小田原労働基準監督署………………電話 0465-22-7151
ハローワーク小田原……………………電話 0465-23-8609
県小田原合同庁舎……………………電話 0465-32-8000
県西土木事務所小田原土木センター…電話 0465-34-4141
扇町水再生センター……………………電話 0465-32-2911
酒匂水再生センター……………………電話 0465-48-8315
県足柄上合同庁舎……………………電話 0465-83-5111
県立生命の星・地球博物館……………電話 0465-21-1515
県立おだわら諏訪の原公園……………電話 0465-34-0404
県立西湘地区体育センター……………電話 0465-48-2650
小田原箱根商工会議所………………電話 0465-23-1811
小田原市体育協会……………………電話 0465-38-3310
小田原市観光協会……………………電話 0465-22-5002
小田原市森林組合……………………電話 0465-35-2706
小田原市事業協会……………………電話 0465-23-4470
小田原市シルバー人材センター………電話 0465-49-2333
歯科二次診療所………………………電話 0465-48-6775
多古しらさぎ会館………………………電話 0465-35-0174
南足柄市役所…………………………電話 0465-74-2111
中井町役場……………………………電話 0465-81-1111
大井町役場……………………………電話 0465-83-1311
松田町役場……………………………電話 0465-83-1221
山北町役場……………………………電話 0465-75-1122
開成町役場……………………………電話 0465-83-2331
箱根町役場……………………………電話 0460-85-7111
真鶴町役場……………………………電話 0465-68-1131
湯河原町役場…………………………電話 0465-63-2111

--------------------
医療機関の案内
(平日・昼間)
--------------------
小田原医師会地域医療連携室 電話 0465-47-0833
時間:月~土曜日 9:00~12:00 13:00~17:00(日曜日、祝・休日、年末年始、休館日休み)
http://www.odawara.kanagawa.med.or.jp/
●病院、診療所の診療時間、休診日の案内 
●かかりつけ医、在宅医療、介護保険の主治医の相談
●各種健康診断、検査、予防接種実施医療機関の案内 
●医師による電話医療相談(事前に電話してください)

--------------------
急病のとき(休日・夜間) ◎まず、かかりつけの医師に相談しましょう
--------------------
休日・夜間急患診療所(保健センター1階)
診療科目/診療日/受付時間
夜間診療/内科小児科/●平日/19時00分~22時00分
夜間診療/内科小児科/●土・日曜日、祝・休日、年末年始(12月29日~1月3日)/18時00分~22時00分
休日診療/内科小児科耳鼻咽喉科歯科/●日曜日、祝・休日●年末年始(12月29日~1月3日)※歯科は8月14日~16日も診療を行います。/8時30分~11時30分(歯科9時00分~)13時00分~15時30分
休日診療/眼 科/最新の広報小田原をご覧ください。/8時30分~11時30分(歯科9時00分~)13時00分~15時30分
電話 0465-47‐0823(休日・夜間急患診療所)
電話 0465-47‐0825(休日急患歯科診療所)
電話 0465-47‐0826(休日・夜間急患薬局)
※外科系の診療は行っていません。
運営/小田原医師会
小田原歯科医師会
小田原薬剤師会


小田原市立病院での夜間診療 電話 0465-34‐3175
毎夜間、当直医の診療科・小児科の診療を行いますので、事前にお問い合わせください。
※他院からの紹介状がない場合、初診時選定療養費(5,000円(税別))がかかる場合があります。

夜間、休日の病院案内 電話 0465-49‐0119
小田原市消防本部病院案内で当番病院などをご案内します。
毎夜間と休日(日曜日、祝・休日、年末年始)の昼間に、10病院のうち2病院が順番で担当し、内科系・外科系の診療を行っています。(広域二次病院群輪番制)
病院名/所在地/電話
小林病院/栄町/電話 0465-22-3161
小澤病院/本町/電話 0465-24-3121
間中病院/本町/電話 0465-23-3111
西湘病院/扇町/電話 0465-35-5773
丹羽病院/荻窪/電話 0465-34-3444
山近記念総合病院/小八幡/電話 0465-47-7151
小田原市立病院/久野/電話 0465-34-3175
大内病院/南足柄市/電話 0465-74-1515
県立足柄上病院/松田町/電話 0465-83-0351
湯河原胃腸病院/湯河原町/電話 0465-62-7181

救急車の要請 電話 119


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.