広報おだわらアーカイブ

広報小田原 1203

令和元年7月の一覧へ戻る

広報小田原 1203表示画像

広報小田原 1203

令和元年7月1日 発行

広報小田原 第1203号
令和元年7月1日発行

#01 「センゴク」×小田原城!
#02 北条早雲公顕彰五百年事業 特別対談 それぞれの北条早雲公
#03 夏の暑さ、どう乗り切る? 賢く、涼しく
#04 〈連載〉みんなで育てよう 教育の木
#05 選ばれたのは小田原でした 見る、感じる オーストラリアとスポーツ交流
#06 〈連載〉今月の笑顔
#07 おだわら情報
#08 くらしのガイド おだわらいふ「お知らせ」
#09 くらしのガイド おだわらいふ「募集」
#10 くらしのガイド おだわらいふ「相談」
#11 くらしのガイド おだわらいふ「イベント」
#12 くらしのガイド おだわらいふ「こども」
#13 くらしのガイド おだわらいふ「スポーツ」
#14 くらしのガイド おだわらいふ「健康」
#15 〈連載〉悪質商法の最前線 私は、だまされんぞう!
#16 〈連載〉高齢者自立支援ケアマネジメント おしえて! はっするきゃっする
#17 〈連載〉至誠・市政


PDF版

テキスト版

====================
#01 「センゴク」×小田原城!
====================
 今年は、北条早雲こと伊勢宗瑞が没して五百年の節目。小田原市では、宗瑞が北条氏綱に家督を譲り、小田原が本拠となって五百年であった昨年から、2年にわたり「北条早雲公顕彰五百年事業」として、イベントを展開しています。
 講談社『週刊ヤングマガジン』に連載中の漫画『センゴク権兵衛』(宮下英樹)が小田原合戦を描いているのに合わせ、「『センゴク』×小田原城」コラボレーションを実施!
 小田原北条氏と小田原のまちの、さらなる魅力を発信しています。
(C)宮下英樹/講談社

「『センゴク』×小田原城」コラボ天守閣特別企画展
--------------------
センゴク権兵衛原画展
--------------------
『センゴク権兵衛』に描かれた小田原
【問】小田原城総合管理事務所 電話 0465-23-1373

『センゴク権兵衛』の原画や宮下英樹氏作画風景、小田原合戦関連資料などを展示予定。
会期 7月6日土曜日~9月8日日曜日
場所 小田原城天守閣4階企画展示室
開館時間 9時00分~17時00分(最終入館16時30分、期間中に延長開館有り)

ナイトミュージアム in 小田原城
宮下英樹氏来たる!
「小田原合戦終結日記念特別企画『センゴク』前夜祭」
宮下英樹氏(漫画家)、細谷祐介氏(講談社)、佐々木健策(市学芸員)による展示解説
日にち 7月5日金曜日 集合17時30分~ 1時間程度(予定)
定員 100人・多数抽選
費用 500円
申込 小田原城ホームページで
申し込み・イベント詳細はこちらから

戦国時代総覧!
史上最も失敗し挽回した武将の一代記
『センゴク権兵衛』
宮下英樹
単行本1~15巻、発売中
最新16巻は8月6日火曜日発売予定!!



====================
#02 北条早雲公顕彰五百年事業 特別対談 それぞれの北条早雲公
====================
早雲寺蔵
(C)宮下英樹/講談社
戦国時代、小田原の礎を築いた北条氏。その祖である北条早雲こと伊勢宗瑞の人となりは、さまざまに語られ、近年、印象を変えてきました。
北条早雲に関わる4人が、その人となりに迫ります。
【問】観光課 電話 0465-33-1521 【WEBID】 P04184

--------------------
変わっていく早雲のイメージ
--------------------
市 長:私が市長に就任したのは10年以上前になります。当時北条氏というと戦国時代、一介の素浪人から成り上がった戦国時代の梟雄(※1)というイメージが、強かったと思います。そうした中で小和田先生をはじめ、さまざまな研究が進むにつれ、ここ10年位で相当イメージは変わってきたかなと思いますね。
諏訪間:どう変わった印象ですか。
市 長:五代約100年にわたって兄弟一族争うことなく、しっかりとした政治信条と領国の統治理念を持った一族というイメージが、確立されてきましたね。当時の小田原は、京都と肩を並べる都市であったことが近年はっきりしてきましたし、まさに今の小田原の礎、まちのひな型を作ったのが北条氏であったということや、北条早雲公と、二代目の氏綱、この二人が作った土台がしっかりしていたからこそ、約100年間の繁栄が築かれたということも、認識されてきています。早雲公の「早雲寺殿廿一箇条」(※2)の内容にもある、義を大事にする理念は、今も通ずる政治理念ですよね。そういった郷土の偉人たちが築いたまちであるということを、非常に誇らしく思っています。
諏訪間:北条早雲、伊勢宗瑞のイメージが本当に変わってきましたよね。その辺りの研究の進展について小和田先生からご説明いただけますか。
小和田:1970 年代くらいに、「後北条氏研究会」というものを立ち上げました。最初は7 人くらいで始めて、それが今や「戦国史研究会」という毎回50 人以上が集まる大きな研究会になっています。北条五代をテーマに取り上げ始めて、それが現在の戦国史研究をリードしてきた実感がありますね。市長が言われたように、宗瑞は伊勢の素浪人で、どこの生まれかもか分からない人が、腕ひとつで戦国大名になったイメージで語られてきて、当時は梟雄というのが一般的に通用していたのです。悪さをして……。なんていうのかな、ズルをして勝ち上がっていったみたいなね。でも、そうではなかった。きちんと「民政」、いわゆる年貢軽減策だとか福祉政策をやって、ちゃんと立派に領国を維持して、領民を安定した生活に導いたのです。こうした北条氏の政治理念や領国経営は最近ではかなり浸透してきたかなと思いますね。_

--------------------
それぞれが描く伊勢宗瑞
--------------------
諏訪間:つい数年前までは、市民、あるいは我々も北条早雲という言い方しかしていませんでしたが、ここにきて伊勢宗瑞という呼び方が少しずつ定着しつつあります。宮下先生が、15 年にわたり書かれている『センゴク権兵衛』では、いよいよ小田原合戦・小田原攻め(※3)というところですね。その時代だけを取り上げる方法もあるにもかかわらず、北条早雲・伊勢宗瑞の時代に遡って北条五代をきちんと描いていますね。
宮 下:宗瑞って、昔のイメージだと漫画に描きようがなかったと思います。梟雄なら梟雄でいいのですが、梟雄にしてもスーパーマンすぎてリアリティが出ないから描けなかったんです。それが今は、研究が進んだおかげでリアルな人間像が見え始め、一気に描きやすくなりました。ただ、宗瑞のおかげで北条家は栄えるわけですが、最終的には立派な国になりすぎて、秀吉の「何でもあり」な銭の力に負けてしまうというのが僕のイメージの中にありますね。しかし、北条氏だけではなくて関東の歴史という広い視点で見れば、家康政権で関東が西方に勝つという構図の礎は、北条氏にあると思うんですね。そういう風に漫画では脚色しようと思っていますね。
市 長:我々は伊勢宗瑞に関して、法衣をまとってあぐらをかいているような痩身のイメージがあるので、宮下先生の『センゴク権兵衛』の、神輿を担いでしまう(※ 4)、ものすごい筋肉質の宗瑞にはちょっと度肝を抜かれました。他にも、明智光秀などの人物の描き方もそうですけど、インパクトのある描き方をされていますよね。その辺りは、参考にしているものや思いがあるのでしょうか。
宮 下:そうですね。実は宗瑞の顔はソクラテスを参考にしました。インパクト重視にはしたかったのですが、宗瑞の記録を調べると、頭がよいだけではなく武力もある。それでいて京都の悪党を引き連れていく親分肌でもある。これでは結局スーパーマンすぎて、もしこれで顔もよいと神話の神様みたいになってしまう。そうなると人間味がなくなってしまうよな……ということで、このような人物像になりました。あとは宗瑞には愛嬌があったんじゃないかと勝手に思っていて・・・初めてやってきた関東で、いきなり検地(※ 5)ができていますよね。しかも相当早い段階でやっていて、今もそこは謎です。なんでいきなり独立国を立ち上げた宗瑞が検地をしたときにおとなしく民が従ったというのは、愛嬌としか説明できないというか。あるいは恐怖政治かのどちらかですよね。恐怖政治か愛嬌かで言ったら僕は愛嬌が好きなので、愛嬌ではないかと思うことにしましたけどね。
諏訪間:ちなみに小和田先生、宗瑞の愛嬌についての情報はありますか?
小和田:ちょっとわからないねぇ。
宮 下:検地を行ったのが早すぎるんですよね。
小和田:そうなんですよね。戦国時代の最初ですからね。
宮 下:「検地をするから、土地の広さや質を調査する」って言って、農民が教える気にさせるくらいの力を持ち合わせているのが、不思議だなぁってなりましたね。
諏訪間:現在、宮下先生の『センゴク権兵衛』の他にもさまざまな媒体で北条氏を取り上げてもらい、最近、北条氏にスポットが当たっているなということを日々感じるところです。北条五代の大河ドラマ化への活動も含めて、市内外の皆さんに北条氏を広く知ってもらいたいですね。そして、北条氏をコンテンツに、小田原に訪れる観光客が増えることで、経済も回っていくような形を目指していきたいですね。

※1 梟雄
残忍で強く荒々しい人物のことをいい、北条早雲は斎藤道三、松永久秀とともに戦国三梟雄と称されてきた。早雲は、素浪人から戦国大名に成り上がった下剋上の代名詞のように長く言われてきた。
※2 「早雲寺殿廿一箇条」
早起き・早寝、友の選び方、戸締まりの重要性など、早雲が伝えたとされる家訓。
※3 小田原合戦・小田原攻め
天正18(1590)年、天下統一を目指す豊臣秀吉と北条氏政・氏直との合戦。北条氏は小田原城下を周囲9㎞にわたり堀と土塁で囲んだ総構を構築し、籠城戦となる。豊臣軍は関東で最初の総石垣の石垣山城を築城し、15万を超える軍勢で小田原城を包囲した。
※4 神輿を担ぐ早雲
『センゴク権兵衛』では筋肉隆々の早雲が描かれている
※5 検地
永正3(1506)年に相模西郡(松田町・湯河原町)など小田原周辺で郷村の田畑の面積・年貢量を決めるための検地が実施された。これは、戦国大名による検地として、最も古い事例とされている。

小和田哲男
静岡大学名誉教授。
相模北条氏などの戦国大名の研究をはじめ、多くの業績を残している。NHK大河ドラマの時代考証や歴史番組に数多く出演。

宮下英樹
漫画家。
講談社「週刊ヤングマガジン」に、乱世にその名を刻んだ戦国武将たちの興亡史『センゴク権兵衛』を連載中。

加藤憲一
小田原市長。
北条氏にゆかりのある12市2町の行政と観光協会が連携する「北条五代観光推進協議会」会長。

諏訪間順
小田原城天守閣館長・
経済部副部長。馬出門など小田原城の調査・整備を担当し、天守閣の大改修を手掛けるなど、小田原城・小田原北条氏の研究と普及に尽力。

--------------------
まだまだ続く!
北条早雲公顕彰五百年事業
--------------------
北条早雲公顕彰五百年事業 ホームページ

プロジェクションマッピング世界大会 in 小田原城
世界中から、トップレベルの作品が集うアジア最大級の国際的なプロジェクションマッピングの祭典です。小田原城天守閣をスクリーンにして、「夢」/DREAMをテーマに、高度な技術とストーリー性のある作品が映し出されます。
日時 9月20日金曜日~23日祝日日没後
場所 小田原城址公園本丸広場

北条早雲ガイドブック・イベントガイド
北条早雲、小田原北条氏をより多くの人に知ってもらうために、小田原北条氏の事績を掲載したフリーペーパーを発行しています。北条ゆかりの地や「食」、イベントなどの情報が盛りだくさんです。
市役所、小田原駅観光案内所他で配布中

特別企画 予告
伊勢宗瑞~漫画家と歴史家が語る北条早雲
日にち 9月1日日曜日  
会場 小田原市民会館 大ホール
出演者 ゆうきまさみ氏(漫画家)、宮下英樹氏(漫画家)、黒田基樹氏(駿河台大学教授)、諏訪間順
※詳細・申し込みは、北条早雲公顕彰五百年事業ホームページで


====================
#03 夏の暑さ、どう乗り切る? 賢く、涼しく
====================
昨年、日本は災害といっても過言ではない猛暑に見舞われました。
背景には地球温暖化の影響もあるといわれています。
夏本番を迎える7月。 自分自身が体調を崩さないため、そして地球温暖化をこれ以上進めないため、あなたができる、COOLな選択があります。

--------------------
自分にCOOL!
熱中症の現状
--------------------
昨年、小田原消防本部管内で熱中症により救急搬送された人は、226人。それまでの年と比較して2倍以上の人数でした。
平成28年113人
平成29年102人
平成30年226人

熱中症になりやすい日
・気温が高い
・湿度が高い
・風が弱い
・急に暑くなった

熱中症になりやすい人
・肥満体型
・体調が悪い
・持病がある
・暑さに慣れていない
・高齢者
・乳幼児

症状
目まい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分の悪さ、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感

涼しい場所で服をゆるめて休んだり、水分、塩分を補給したりしても、症状が改善しない場合、医療機関を受診しましょう。

--------------------
熱中症にならないために
--------------------
小まめに水分補給!
のどの渇きを感じなくても、小まめに水分・塩分を取りましょう。
●経口補水液
水に食塩と砂糖を溶かした「経口補水液」も熱中症対策に有効です。
水500mLに対し、食塩は1.5g、砂糖は20gほど溶かします。

日光を避ける!
日傘や帽子の使用、日陰に入ることを心掛けましょう。また、気温が高い日は、日中の外出を控えることも大切です。

体の熱を下げる!
通気性に優れ、吸湿性・速乾性のある服を着て、保冷剤や冷たいタオルで体を冷やすように心掛けましょう。

--------------------
室内の熱中症にも注意
--------------------
 小田原消防本部管内でも、屋内で熱中症になり救急搬送されたという人は、多くいます。
 屋内でもエアコンや扇風機を使ったり、水分や塩分を小まめに取ったりしましょう。
 エアコンの使い過ぎなどにより、エネルギーをたくさん使うと、電気代が高くなる心配も……。そのようなとき、私たちは、どのような選択ができるのでしょうか。

--------------------
熱中症に関するお知らせ
--------------------
学校にエアコンを設置
 昨年度からの空調設備設置事業により、すべての市立小・中学校の普通教室に、エアコンが設置できました。夏の猛暑日も、児童・生徒に望ましい学習・生活環境を提供できるようになりました。

公共施設などに来られる際のお願い
 温度の感じ方は、人により異なります。多くの人が集まる施設に行く際は、温度調整がしやすい服装を心掛けましょう。
 また、水分補給をするときは、施設内のルールに従ってください。
かもめ図書館では、水筒やペットボトルなどふた付きのものであれば、本を読むスペースでも飲み物が飲めます

仕事中の熱中症にも注意
 作業途中に、十分な休憩を取ったり、職場に暑さ指数(WBGT値)測定器を設置し、WBGT値による作業管理を徹底したりしましょう。熱中症と思われる人を休ませるときは、必ず見守り、異変を感じたら、すぐに医師の診断を仰ぎましょう。

WBGT値測定器。それぞれの温度を測り、「気温」とは異なる「暑さ」の指数を測る。(環境省熱中症予防情報サイトの写真を加工)

--------------------
COOL CHOICE!
地球に優しく
--------------------
毎日たくさんのエネルギーを使うと、温室効果ガスの排出を増やし、地球温暖化につながります。
「COOL CHOICE」とは、省エネ家電、省エネ住宅、エコカーといった低炭素型の製品、サービス、ライフスタイルなど、地球温暖化対策に役立つ「賢い選択」をしていこうという国民運動です。
【問】エネルギー政策推進課 電話 0465-33-1424 【WEBID】 P22594

--------------------
窓からの熱を遮る
--------------------
夏場、冷房をつけていても、屋外の熱が部屋を暖めてしまいます。実はその熱の多くが「窓」から入ってきていることを知っていますか?
冷房中に暑い空気、熱が屋外から入る割合
屋根9%、窓など71%、換気5%、壁13%、床2%

グリーンカーテン
建物の外側に、ゴーヤなど植物を栽培し、「緑のカーテン」を作ります。冷房効率が上がります。

遮熱フィルム
夏は窓から入る熱を遮り涼しく、冬は窓から逃げる熱を減らして暖かくします。紫外線も99%以上カットします。

遮熱カーテン
直射日光熱を遮り、室温上昇を抑えます。冬は暖かい空気が外に出ることを防ぎます。

--------------------
省エネ性能に優れた
家電機器に買い換える
--------------------
 まだ使えるから、と古い家電を使い続けていませんか?
年々、家電の省エネ化は進み、古い家電を使い続ける方が、もったいない場合があります。省エネ製品に買い換えると、電気代もCO2の排出量も削減されます。

年間の電気代
冷蔵庫
2007年型/16,335円
2017年型/8,235円
10年前と比べると 約49%削減
8,100円お得!

エアコン
2007年型/26,110円
2017年型/21,330 円
10年前と比べると 約18%削減
4,780円お得!

照明
一般電球/2,916円
電球型LEDランプ/432円
LED照明に換えると
2,484円お得!
※照明器具の種類によって、工事が必要な場合があります。詳しくは、販売店などにご確認ください。

 市では、昨年度、小田原市地球温暖化対策推進計画を改訂し、さらに力を入れて地球温暖化対策に取り組んでいます。
 小田原市で排出される温室効果ガスのうち、家庭から出る量が、20 %以上を占めます。家電の消費電力などを測定できる「ワットアワーメーター」を使って、家電の使い方を工夫しましょう。1か月単位で貸し出しますので、環境政策課(電話 0465-33-1472)にご連絡ください。


====================
#04 〈連載〉みんなで育てよう 教育の木
====================
教育委員会って何をしているところ?
見たり、聞いたりする機会が少ない、「市教育委員会」の取り組みを連載で紹介します。

第2回 学校給食
 小田原市では、全市立小・中学校と幼稚園2園で、完全給食を実施。児童や生徒が健やかに成長するよう、安全で栄養バランスのとれた給食を提供しています。
また、年3回、地場産品を食材とした「小田原献立」を作っています。

栄養士が語る「学校給食」
豊川共同調理場 山村未希 栄養士
 豊川共同調理場では、約880人分の給食を作り、豊川小学校や城南中学校に給食を届けます。1日約100㎏の野菜を、家庭用包丁で切っています。安心・安全なおいしい給食を届けるため、夏でも大きな釜をかき回し、冬でも冷たい水で野菜を3回以上、しっかり洗います。から揚げなどの数を、全クラス分数えるのも、根気が要る作業です。
 夏は、バテないようにビタミンB1を多く含む、豚肉や大豆・大豆製品を使った料理や、お酢を使ったさっぱりとした料理を献立に取り入れます。これからも、子どもの健康と笑顔のため、調理員さんと給食を作っていきます。

今月のシーン 50キログラム の野菜を洗う

まごころ通信
広報紙だけでは紹介しきれない、教育委員会の取り組み。詳しくは、教育委員会発行の「まごころ通信」で。【WEBID】 P23859


====================
#05 選ばれたのは小田原でした 見る、感じる オーストラリアとスポーツ交流
====================
9月に開催されるラグビーワールドカップ2019、来年開催される東京2020オリンピック。この両方の大会で、小田原はラグビーオーストラリア代表の事前キャンプ地に選ばれました。
さらに、オーストラリア政府が、「オーストラリアラグビー協会」と「オーストラリアオリンピック・パラリンピック両委員会」と連携して行う、スポーツ外交キャンペーン「AUS+RALLY」(オーストラリー)の公式パートナー第1号にも選ばれました。「Friends of Australia」として、大使館と連携してイベント情報などを活発に発信し合い、「チーム・オーストラリア」を応援、交流していきます。
【問】企画政策課 電話 0465-33-1408 【WEBID】 P15307
ラグビーワールドカップ開催100日前の6月12日、オーストラリア大使館にて。
国内に100以上あるオーストラリアとの姉妹都市・友好都市の中から、最初の認定。 

--------------------
世界の強豪 オーストラリア女子セブンズ代表 来る!
--------------------
東京2020オリンピック正式種目の7人制ラグビーに出場するオーストラリア女子セブンズ代表。2016年のリオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得した強豪が、来年のオリンピック本番に向け、小田原でキャンプを行います。
(C)RUGBY.com.au

注目選手
シャーロット・キャスリック
ポジション:バックス
オーストラリアのスター選手。冷静さと抜群の判断力を持ち、プレーメーカーとして活躍している。

エリア・グリーン
ポジション:バックス
 愛称グリーンマシーン。抜群のスピードとパワーを持ち、金メダルを目指すオーストラリアに欠かせないプレーヤー。

■キャンプ予定
期間 7月25日木曜日~31日水曜日
練習場所 城山陸上競技場

■滞在スケジュール
歓迎セレモニー
7月25日木曜日16時30分~17時00分 小田原城址公園 本丸広場

公開練習 7月26日金曜日・28日日曜日・30日火曜日
10時00分~12時00分 城山陸上競技場
※気象状況などにより、スケジュールが変更となる場合があります。
見学可能

ラグビークリニック 
7月28日日曜日16時00分~17時00分 城山陸上競技場

小田原ちょうちん夏まつり出演
7月27日土曜日17時00分頃から1時間程度 
小田原城址公園 二の丸広場

最新情報はこちらから
ラグビーオーストラリア代表応援特設ホームページ


====================
#06 〈連載〉今月の笑顔
====================
いざ、全国へ! 西湘Wings.FC
 5月5日、千葉県総合スポーツセンターサッカー場。試合終了のホイッスルと共に、選手の喜びの声が響きました。西湘Wings.FC、「JFA全日本O-40サッカー大会関東予選会」優勝。全国への切符をつかみました。
 平成13年に創設された、西湘Wings.FCは、県予選を無敗で優勝し、1都7県の代表が戦う関東予選会に出場しました。練習で研ぎ澄まされた堅守速攻を武器に、栃木、東京、千葉の代表を次々と撃破。そして、決勝戦では群馬代表を3対0で下し、栄光を手にしました。
 「チームの強みは、抜群のチームワーク。森監督が、うまく選手のモチベーションを保ってくれています。多くの選手が出場できるように采配しながら、試合に勝つ。名監督ですね」とキャプテンの和泉選手。「楽しみながら、勝つ」をモットーとする森監督は、チームワークがよいからこそ辛かったことも。「大会に参加できる27人の中から25人の登録選手を決めることが本当に辛かった。外れた選手は、大会に来なくてもおかしくない。でも、大会に来て一生懸命サポートしてくれた。対戦相手には元Jリーガーもいたけれども、こうやってチーム一丸となることで、相手を上回ることができた」と優勝の要因を語ります。
 次の舞台は、10月の北海道。「若い頃に夢見た全国大会に挑戦できるとは思ってもいなかった。この歳でもスポーツを続ければ、輝くことができる。こういう生涯スポーツの素晴らしさを伝えていきたいですね」。子どものような笑顔で話す『おやじたち』。そのきらきらしたひとみには、全国での栄冠が見えています。


====================
#07 おだわら情報
====================
--------------------
10月から全国一斉に 幼児教育・保育の無償化が開始
--------------------
【WEBID】 P27360 【問】保育課 電話 0465-33-1451
10月から全国的に、3~5歳の幼稚園・保育所・認定こども園などの利用料が無償化されます。
無償化に必要な申請の流れや金額の計算方法、対象となるサービスなどの詳細は、市ホームページまたは保育課窓口で配布するパンフレットを確認して、必要な手続きをしてください。
保育所・認定こども園・地域型保育の0~2歳児クラスに第2子以降が在園しているときは、これまでどおり保育料を算定するため、第2子は半額負担・第3子以降は無料となります。なお、通園送迎費や給食の食材料費、行事費などは、無償化の対象外になるため、これまで保育料に副食費が含まれていた保育所と認定こども園(保育部)では、10月からは副食費も実費負担となります。

対象施設・サービス別に見る無償化
施設・サービス/対象者(※3)/無償化対象/無償化対象額/無償化に必要な条件/手続き
1/保育所/(1)3~5歳の子ども(2)0~2歳で住民税非課税世帯の子ども/基本保育料(月額保育料)/全額//不要(9月頃に、市から対象者に、保育料変更の通知を発送予定)
2/認定こども園(保育部)/(1)3~5歳の子ども(2)0~2歳で住民税非課税世帯の子ども/基本保育料(月額保育料)/全額//不要(9月頃に、市から対象者に、保育料変更の通知を発送予定)
3/認定こども園(幼稚部)/満3歳に達した子ども~5歳の子ども/基本保育料(月額保育料)/全額//不要(9月頃に、市から対象者に、保育料変更の通知を発送予定)
4/幼稚園(新制度移行園)(※1)/満3歳に達した子ども~5歳の子ども/基本保育料(月額保育料)/全額//不要(9月頃に、市から対象者に、保育料変更の通知を発送予定)
5/幼稚園(新制度未移行園)(※2)/満3歳に達した子ども~5歳の子ども/基本保育料(月額保育料)/月額2.57万円までの分//在園施設経由で申請(※5)
6/地域型保育(小規模保育事業など)/0~2歳で住民税非課税世帯の子ども/基本保育料(月額保育料)/全額//不要(9月頃に、市から対象者に、保育料変更の通知を発送予定)
7/幼稚園・認定こども園(幼稚部)の預かり保育事業/(1)3~5歳の子ども(2)住民税非課税世帯で満3歳に達した(1)以外の子ども/預かり保育利用料/利用日数に応じて次の上限額の範囲内までの分<上限額>対象者(1)は月額1.13万円、対象者(2)は月額1.63万円/保育を必要とする事由があること(※4)/在園施設経由で申請
8/次のサービスで市が無償化対象であることを確認したもの ○認可外保育施設 ○一時預かり事業 ○病児・病後児保育事業 ○ファミリー・サポート・センター事業/(1)3~5歳の子ども(2)0~2歳で住民税非課税世帯の子ども/施設・サービスの利用料/次の上限額までの分<上限額>対象者(1)は月額3.7万円、対象者(2)は月額4.2万円※企業主導型保育事業は、標準的な利用料が無償になる予定/保育を必要とする事由があること(※4)1、2、6の施設に在籍していないこと/市保育課へ申請※企業主導型保育事業は、利用施設に直接、お問い合わせください。
9/特別支援学校(幼稚部)/対象や無償化の内容・申請方法については、市保育課にお問い合わせください。

※1 子ども・子育て支援新制度に移行した幼稚園。市内では、御濠端幼稚園、花園幼稚園、市立幼稚園
※2 子ども・子育て支援新制度に移行していない幼稚園(県の私学助成対象園)。市内では、※1以外の幼稚園
※3 平成31年4月1日時点での年齢(満3歳の部分は除く。)
※4 小田原市が定める認定事由に該当すること 
※5 今年度4~9月分は私立幼稚園就園奨励費補助金の対象となりますので、8ページの記事もご覧ください。

--------------------
令和2年オープン予定
お城通り地区再開発事業 広域交流施設 愛称募集
--------------------
【WEBID】 P27358 【問】都市計画課 電話 0465-33-1653
新しい小田原のシンボルとしてオープンする予定の広域交流施設。図書館・子育て支援センターなどの公共施設、ホテル、商業施設の他、1階には観光バスの乗降場も整備し、中心市街地の一層の活性化を目指しています。
この施設が市民や来訪者に親しまれ、長く愛されるような「愛称」を募集します。
完成イメージ

募集期間 7月1日月曜日~31日水曜日
応募方法 応募用紙に必要事項を記入し、郵送、ファクス( FAX 0465-24-5900)、応募箱(万葉の湯小田原館、市役所2階ロビー)、または万葉倶楽部ホームページの応募フォームから
※郵送先 〒250-0011 小田原市栄町1-14-48
ジャンボーナックビル8階 万葉倶楽部「愛称募集」係
※応募用紙は、市内公共施設と万葉倶楽部各施設に置いてあります。
結果発表 9月下旬(予定)

--------------------
漁港で夏の思い出を
第29回小田原みなとまつり
--------------------
【WEBID】 P27145 【問】水産海浜課 電話 0465-22-9227
海と人との「ふれあいの場」、みなとまつり。
新鮮な魚の即売会や、漁船での沖合クルーズ、魚と直接触れ合うタッチングプール、早川でのマスのつかみどりや釣りなど、親子で楽しめる体験型のイベントが盛りだくさん。漁港で夏休みの一日を満喫しませんか。
小田原漁港は、早川駅から徒歩1分。臨時駐車場あり(会場まで無料送迎バスあり)。交通渋滞が予想されるため、公共交通機関の利用をお願いします。

日時 8月4日日曜日9時00分~17時00分
場所 小田原漁港とその周辺
定置網見学
魚のつかみどり

みなとまつりプレイベント
【WEBID】 P27145 【問】水産海浜課 電話 0465-22-9227
みなとまつりの事前イベントとして、ミニタッチングプール、海の魚のお面を作る「おだわら・コドモ・アート」を行います。
日時 7月27日土曜日10時00分~正午
場所 小田原地下街ハルネ小田原


====================
#08 くらしのガイド おだわらいふ「お知らせ」
====================
--------------------
市立図書館臨時休館日
--------------------
【ID】 P27108 市立図書館 電話 0465-24-1055
図書整理のため、全館休館します。
【日】7月1日月曜日・8日月曜日・16日火曜日・22日月曜日・29日月曜日、8月5日月曜日・13日火曜日・19日月曜日・26日月曜日、9月2日月曜日・9日月曜日・17日火曜日・24日火曜日・30日月曜日

--------------------
おすすめの本のリーフレット
--------------------
【ID】P18087 かもめ図書館 電話 0465-49-7800
市立図書館 電話 0465-24-1055
小学生から高校生に、おすすめの本を紹介するリーフレットを配ります。夏の読書に活用してください。
【期】7月15日祝日~8月31日土曜日
【場】市内図書館、図書室、図書コーナー
※市ホームページにも掲載

--------------------
ごみの出し方(花火・マッチ類)
--------------------
【ID】P20600 環境事業センター 電話 0465-34-7325
使用済みの花火・マッチ類は、水にぬらしてから指定ごみ袋に入れ、「燃せるごみ」の日に、ごみ集積場所に出してください。

--------------------
花火は迷惑にならないように
--------------------
【ID】P02607 環境保護課 電話 0465-33-1483
小田原警察署地域課 電話 0465-32-0110
深夜に公共の場所で音の出る花火をすることは、県・市の条例で禁止されています。近所に迷惑をかけないよう、マナーを守って楽しみましょう。
また、深夜の花火で困ったときは、最寄りの交番に連絡してください。なお、迷惑花火で日頃から悩んでいる場合は、環境保護課に相談してください。

--------------------
上府中公園駐車場(夏季)
--------------------
上府中公園管理事務所 電話 0465-42-5511
夏季限定で利用時間を拡大します。
【期】7月16日火曜日~9月1日日曜日
7時00分~22時00分 ※通常は9時00分~22時00分

--------------------
久野霊園行き直通路線バスの運行
--------------------
伊豆箱根バス(株)小田原営業所 電話 0465-34-0333
【ID】P01094 みどり公園課 電話 0465-33-1586
お盆の時期に合わせて、久野霊園への直通路線バスを運行します。
【日】7月13日土曜日・14日日曜日(予定)
発車場所 【行き】小田原駅西口発 【帰り】久野霊園発
※運行時刻や費用など詳しくは、バス会社にお問い合わせください

--------------------
地籍調査事業について
--------------------
【ID】P01759 土木管理課 電話 0465-33-1537
道路・水路などの官地と民地との境界を確認する、地籍調査を行います。調査に伴い、立ち会いをお願いする場合があります。また、調査員が私有地内に立ち入らせてもらうことがあります。ご協力をお願いします。
【期】7~12月(予定)
調査区域 扇町1丁目、扇町3丁目、南鴨宮1丁目、中新田、鴨宮、国府津、中村原、羽根尾の各一部

--------------------
私立幼稚園就園奨励費補助金
--------------------
【ID】P02059 保育課 電話 0465-33-1451
私立幼稚園の入園料・保育料の一部を補助します。申請が済んでいない人は、通園する幼稚園で申請してください。
【対】今年度4~9月の間に在籍する、平成25年4月2日~28年4月1日生まれの園児の保護者
※満3歳に達し、年度の途中で幼稚園に入園した場合も対象です。
※市外の幼稚園に通園している園児の保護者で、申請書を園から配布されていないときは、保育課へご連絡ください。
※所得制限があります。
※子ども・子育て支援新制度に移行した園は対象外です。

--------------------
参議院議員通常選挙
--------------------
【ID】P27290
選挙管理委員会(投票日以外) 電話 0465-33-1742
投票・開票本部(投票日) 電話 0465-37-9920
任期満了に伴う参議院議員通常選挙が、執行されます。
●投票
【持】投票所入場整理券
※投票日など詳しくは、市ホームページをご覧ください。
●期日前投票
市役所・マロニエ
【期】投票日の16日前から投票日前日まで
【時】8時30分~20時00分
小田原地下街ハルネ小田原
【期】投票日の7日前から投票日前日まで
【時】10時00分~20時00分
●開票
【時】21時00分~
【場】小田原アリーナ1階サブアリーナ
※投票・開票速報は、市ホームページをご覧ください。

--------------------
ともに生きる社会かながわ憲章
--------------------
神奈川県共生社会推進課 電話 045-210-4961
県は共生社会の実現に向けて取り組んでいます。 
【関】障がい福祉課
ともに生きる

--------------------
後期高齢者医療保険
--------------------
【ID】P24919 保険課 電話 0465-33-1843
平成31年度の保険料
平成30年中の所得により、年間保険料を計算し、保険料決定通知書を7月中旬に送ります。平成31年度の保険料率は、所得割率が8.25%、均等割が41,600円。賦課限度額は62万円です。
注意事項
●納付方法は、原則として年金天引きですが、一定の条件を満たしていない場合は、納付書や口座振替による納付になります。
●保険料が増えると、年金天引きが中止となり、納付書や口座振替による納付に切り替わる場合があります。
●後期高齢者医療保険料の納付には、国民健康保険料の納付口座が自動的には引き継がれません。口座振替を希望する場合は、金融機関または保険課で、口座振替の手続きをしてください。
●年金天引きの人でも、口座振替への変更が可能です。口座振替の手続き後、保険課または各住民窓口(マロニエ、いずみ、こゆるぎ)で手続きをしてください。
平成31年度からの保険料の軽減内容の変更
被用者保険の被扶養者(国民健康保険・国民健康保険組合の加入者以外)であった場合の軽減について、これまでは、軽減期間に制限を設けず、均等割額が5割軽減でしたが、平成31年度以降は資格取得後2年間まで5割軽減となり、3年め以降は軽減がなくなります。
減額認定証および限度額認定証の更新
現在、(1)減額認定証および(2)限度額認定証を持ち、8月1日以降も対象となる人には、7月下旬に新しい認定証を送付します。更新手続きは不要です。
【対】(1)世帯全員が市民税非課税の人
(2)自己負担割合が3割で、課税所得額が145万円以上690万円未満の人
保険料の試算シートの公開
県後期高齢者医療広域連合のホームページで平成31年度分保険料の試算ができます。
【ホ】https://www.union.kanagawa.lg.jp/cgi-evt/shisan31.cgi

--------------------
8月1日から国民健康保険被保険者証が変わります
--------------------
【ID】P27316 保険課 電話 0465-33-1845
新しい被保険者証は、7月下旬に簡易書留で送付します。また、70~74歳の人は今回から、大きさと有効期限が異なっていた被保険者証と高齢受給者証が一体化され、カードサイズの「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」1枚になります。
自己負担割合の判定要件
70~74歳の人は所得に応じて自己負担割合が違います。
70~74歳の国民健康保険加入者で、平成30年中の住民税課税所得が145万円以上の人は3割ですが、次の要件を満たすときは、申請により負担割合が2割になります。
70~74歳の人が、
・同じ世帯内に一人…前年中の合計収入383万円未満
・同じ世帯内に二人以上…前年中の合計収入520万円未満
※この要件を満たす可能性がある人に、「基準収入額適用申請のご案内」を送ります。案内を確認し、申請してください。
※今まで高齢受給者証に同封されていた限度額適用認定証の申請書は今年度からは送付されません。必要な人は申請してください。

--------------------
保険料の納付
--------------------
【ID】P25264 (1)(3)保険課 電話 0465-33-1834
(2)高齢介護課 電話 0465-33-1840
次の保険料の納期限は、7月31日水曜日です。期限までに納めてください。
(1)国民健康保険料第2期
(2)介護保険料第2期
(3)後期高齢者医療保険料第1期

--------------------
7月の納税
--------------------
【ID】P01397
納付関係 市税総務課 電話 0465-33-1345
課税内容 資産税課  電話 0465-33-1361
7月31日水曜日は、固定資産税・都市計画税(第2期)の納期限です。期限までに納めてください。口座振替をご利用の人は、納期限の前日までに預貯金残高をご確認ください。
※土・日曜日、祝日は、マロニエ住民窓口、アークロード市民窓口、コンビニエンスストアをご利用ください。ただし、納付書が必要です。

--------------------
地域包括支援センターの移転
--------------------
【ID】P03387 高齢介護課 電話 0465-33-1864
「地域包括支援センターさくらい」の場所が変わりました。電話番号は変わりません。(電話 0465-20-3371)
【場】曽比1957(桜井小学校の隣)

--------------------
老齢年金の資格期間
--------------------
【ID】P01818 小田原年金事務所 電話 0465-22-1391
老齢年金は、保険料納付済み期間と保険料免除期間などを合計した「資格期間」が、10年(120月)以上で受け取れます。
年金の額は納付した期間などに応じて決定します。20歳から60歳までの40年間保険料を納付した人は満額の老齢基礎年金を受け取れます。
【関】保険課

--------------------
プール・海水浴場がオープン
--------------------
【ID】P07850 (1)スポーツ課 電話 0465-38-1148
【ID】P22923 (2)(3)観光課 電話 0465-33-1521
(1)御幸の浜プール
【期】7月13日土曜日~8月31日土曜日
9時00分~17時00分(入場は16時30分まで)
【費】大人250円、4歳~中学生100円、3歳以下無料
※7月13日土曜日は無料
    ※13ページに、小・中学生対象の無料チケット有り。
※プール東側に臨時駐輪場があります。

(2)御幸の浜海水浴場
【期】7月13日土曜日~8月25日日曜日 9時00分~17時00分
御幸の浜海水浴場には、駐車場はありません。路上駐車は緊急車両の通行の妨げや、近隣住民の迷惑になるのでご遠慮ください。
(3)江之浦海水浴場
【期】7月20日土曜日~8月25日日曜日  9時00分~17時00分
江之浦海水浴場には、有料駐車場があります。

--------------------
農地パトロールの実施
--------------------
【ID】P27315 農業委員会事務局 電話 0465-33-1748
遊休農地や違反転用の発見・防止のため、8月下旬までに農地パトロールを実施します。新たに遊休農地であることが明らかになった農地は、後日、所有者に利用の意向を調査する予定です。
雑草などが繁茂するなど耕作が放棄されている農地は、草刈りなどにより、適正に管理してください。

--------------------
令和元年度5・6月補正予算の概要
--------------------
【ID】P26542 財政課 電話 0465-33-1313
【5月補正予算の概要】
一般会計補正予算
(7,730万5千円追加)
●介護保険事業特別会計繰出金の増額
介護保険事業特別会計補正予算
この結果、全会計の予算額は、1,573億4,235万7千円となりました。
【6月補正予算の概要】
一般会計補正予算
(31億4,542万2千円追加)
●民間保育所運営費等補助事業費の増額
●本丸広場等便所整備設計委託料の計上
●清閑亭周辺散策路改良工事請負費の計上
●常盤木橋周辺園路改良工事請負費の計上
●私立幼稚園就園奨励費補助金の減額
介護保険事業特別会計補正予算
(1,027万6千円追加)
病院事業会計補正予算
(3,019万3千円追加)
●新病院建設事業基本計画策定等支援事業費の計上
この結果、全会計の予算額は、1,605億2,824万8千円となりました。
【寄附者一覧】(敬称略)
●ふるさと文化基金寄附金(5万円)
・小田原モラロジー事務所
●市民ホール整備基金寄附金
(合計26万5,830円)
・鈴乃会 ・匿名
●防災対策基金寄附金(10万円)
・西湘ビルメンテナンス協同組合
●社会福祉基金寄附金
(合計15万7,746円)
・タスカル 女子マルシェ
・本門佛立宗法正寺 ・匿名
●ふるさとみどり基金寄附金(75万円)
・匿名

--------------------
夏の交通事故防止運動 
7月11日木曜日~20日土曜日
--------------------
【ID】P27350 地域安全課 電話 0465-33-1396
夏は、レジャーなどによる過労運転や、開放感による無謀運転などで、交通事故が起きやすい季節です。ルールとマナーを守り、安全運転を心掛けましょう。


====================
#09 くらしのガイド おだわらいふ「募集」
====================
--------------------
夏休み親子自然観察会
--------------------
【ID】P27301 〔申込〕環境保護課 電話 0465-33-1481
親子で魚取りを楽しみます。先生が取った魚の解説をします。
【日】8月11日祝日9時00分~12時00分 ※小雨決行
【場】小田原アリーナ駐車場
【費】500円(資料代・保険料など)
【持】網、魚を入れる容器、魚取りのできる服装、水の中で履く靴、帽子着用
【講】勝呂尚之さん(県水産技術センター内水面試験場専門研究員)
【主】酒匂川水系の環境を考える会

--------------------
何がいるかな?生き物観察会
--------------------
【ID】P27304 環境保護課 電話 0465-33-1481
生き物がたくさんいる栢山の小川で観察をします。
【日】7月20日土曜日9時30分~12時00分 集合 尊徳記念館 9時00分
【定】20人・申込先着順
【持】汚れてもよい服、飲み物、タオル、網(可能であれば)
【申】7月17日水曜日までに、サシバプロジェクト・奥津(電話 0465-37-0717)に電話またはメールで
【E】y-okutsu@pd5.so-net.ne.jp

--------------------
里山の恵みを感じるツアーの参加者
--------------------
【ID】P27298 〔申込〕箱根町環境課 電話 0460-85-9565
「森・里・そこに暮らす人」との関わり合いと、自然の役割や保全することの大切さを学ぶツアーです。
【日】8月21日水曜日9時00分~17時00分(予定)  集合 小田原駅西口
【場】大井町相和地域
【内】希少な天然林や湧水巡り、ブルーベリー摘み、パフェ作り体験
   ※天候などにより変更の場合有り。
【対】県内在住の小学4年生以上40人・申込先着順(小学生は保護者同伴)
【費】200円(保険料)
【持】歩きやすい服装・靴
【申】7月16日火曜日~31日水曜日の9時00分~17時00分に電話で
【主】県西部広域行政協議会環境部会
【関】環境政策課

--------------------
援農者育成「Re農地」講座
--------------------
〔申込〕農地活!片浦事務局・帰山
電話 080-4612-8420
「農」に関する知恵や技術を、実践で学びます。
【日】(1)7月13日土曜日 (2)7月27日土曜日 (3)8月10日土曜日 (4)8月24日土曜日 10時00分~16時00分
【場】根府川地内(参加者に別途通知)
【定】各15人・申込先着順  
【費】各1,000円
【申】各開催日の2日前までに、メールまたは電話で
【E】kataura55sep@gmail.com
【ホ】http://kataurapro.wordpress.com/
※本講座は連続講座ですが、1回のみの参加もできます。 
【関】農政課

--------------------
夏休み親子おこづかい教室
--------------------
【ID】P27355 〔申込〕地域安全課 電話 0465-33-1775
お金の大切さや使い方を、親子で体験しましょう。
【日】8月8日木曜日10時00分~12時00分
【場】けやき2階大会議室
【対】小学生とその保護者30組60人・申込先着順
【講】金融広報アドバイザー
【申】直接または電話で

--------------------
子ども料理教室(初級者)
--------------------
【ID】P20630 学校給食センター 電話 0465-36-7512
簡単にできる朝食を作ります。
【日】8月1日木曜日・2日金曜日10時30分~13時30分
【場】マロニエ2階食の創作室
【対】市内小学4~6年生各25人程度・多数抽選  
【費】300円
【持】筆記用具、エプロン、三角巾、布巾、手拭きタオル、水筒、上履き
【申】7月12日金曜日までに、往復はがきに氏名(ふりがな)・性別・住所・電話(自宅、保護者携帯)・学校名・学年・希望日・グループの場合は代表者名を書いて、学校給食センター(〒250-0863飯泉1248)へ郵送または市ホームページで

--------------------
酒匂川フォトコンテスト
--------------------
【ID】P27303 酒匂川水系保全協議会
(環境保護課内) 電話 0465-33-1481
酒匂川水系の美しさを伝え、環境保全の大切さを啓発するため、酒匂川水系を題材にした未発表の写真を募集します。
【申】9月6日金曜日までに、公共施設などにある応募用紙に必要事項を書いて、郵送で
※応募作品は、引き取りに来る場合のみ返却します。また、入選者には、フォトデータを提出してもらいます。

--------------------
野遊び探検(夏の巻)
--------------------
〔申込〕美しい久野里地里山協議会・近藤 電話 0465-35-4445
久野川上流で生物観察、川遊び、竹工作、たき火を使った料理などを体験します。
【日】8月18日日曜日9時30分~15時00分
【場】久野地区
【対】小学生以上の親子25組・申込先着順
【費】大人1,000円、子ども500円 
【関】農政課

--------------------
夏の観察会
--------------------
〔申込〕たんぼの恵を感じる会事務局・藤尾 電話 090-2548-1406
田んぼ周辺の生き物を観察します。
【日】7月28日日曜日8時30分~12時00分
【場】日本新薬工場前の田んぼ
【費】500円
【持】お絵かき道具、タオル、水にぬれてもよい服や履物
【講】勝呂尚之さん(県水産技術センター水面試験場専門研究員)
【ホ】http://tanbo.gooside.com/
【関】農政課

--------------------
市立図書館の思い出
--------------------
【ID】P27109 市立図書館 電話 0465-24-1055
市立図書館(星崎記念館)は令和2年3月31日火曜日をもって閉館します。「市立図書館の思い出」などをテーマに、閉館記念誌を発刊します。
【内】原稿800文字程度
【申】8月31日土曜日までに、直接、郵送またはメールで
〒250-0014 城内7-17 市立図書館宛て
【E】to-hoshi@city.odawara.kanagawa.jp

--------------------
金次郎を学ぶ会
--------------------
【ID】P27029 尊徳記念館 電話 0465-36-2381
二宮金次郎の生誕日にちなみ、講座を開催します。
【日】7月14日日曜日13時00分~15時00分
【内】・金次郎を学ぶ/金次郎を教える~教材としての「二宮金次郎」~
【場】尊徳記念館3階講堂
【定】80人・当日先着順

--------------------
基準緩和型サービス従事者研修
--------------------
【ID】P19446 〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1826
修了者は、介護予防・日常生活支援総合事業のサービスに従事できます。
【日】8月28日水曜日9時30分~17時45分
【場】梅の里センター大会議室 
【定】30人・申込先着順
【申】8月21日水曜日までに、直接または電話で

--------------------
認知症サポーター養成講座
--------------------
【ID】P18188 〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1864
【日】8月7日水曜日14時00分~16時00分
【場】おだわら総合医療福祉会館4階会議室2
【対】市内在住・在勤・在学の人30人・申込先着順
【講】キャラバン・メイト
【申】前日までに、電話で

--------------------
家族介護教室
--------------------
【ID】P18184 〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1864
【日】(1)7月30日火曜日(2)8月29日木曜日 10時00分~12時00分 
【場】けやき4階第3会議室
【内】(1)介護技術~排せつ~ (2)口腔ケアと薬
【対】高齢者を介護している家族、介護に関心のある人25人・申込先着順
【申】各前日までに、電話で

--------------------
福祉施設体験学習
--------------------
〔申込〕社会福祉協議会 電話 0465-35-4000
施設で働く専門職の人や、施設を利用している高齢者や障がい者と触れ合い、福祉について考えます。
【期】7月25日木曜日~8月23日金曜日
【場】市内福祉施設11か所
【対】小学5年生以上の人・申込先着順
※実施日程、定員、申込期限、必要経費などは施設ごとに異なります。詳しくは、お問い合わせください。
【関】福祉政策課

--------------------
小田原文学館特別展記念講演会
--------------------
【ID】P27107 〔申込〕市立図書館 電話 0465-24-1055
「坂口安吾と仲間たち-アテネ・フランセの青春-」をテーマに、話を聞きます。
【日】7月30日火曜日18時30分~
【講】庄司達也さん(横浜市立大学教授)
【場】UMECO会議室1・2
【定】50人・申込先着順
【申】7月28日日曜日までに、市立図書館へ直接または電話で

--------------------
花苗づくり講習会
--------------------
【ID】P26471 みどり公園課 電話 0465-33-1584
種から冬用のパンジーを育てます。
【日】(1)7月23日火曜日9時30分~11時30分
   (2)7月24日水曜日9時30分~11時30分
   (3)7月25日木曜日13時30分~15時30分
※(1)~(3)のいずれかを受講
【場】フラワーガーデン
【対】市内在住・在勤の人
【費】500円(材料費)
【申】7月19日金曜日までに、はがきに住所・氏名・電話番号を書いて、みどり公園課へ郵送で

--------------------
おだわら市民学校公開講座
--------------------
【ID】P27310 〔申込〕けやき 電話 0465-33-1882
市民学校が目指す人づくり・まちづくりについて、有識者や実践者から話を聞きます。
【日】7月27日土曜日14時00分~16時00分
【場】けやき2階ホール
【内】(1)基調講演 
「市民がともに学び、分かち合い、創るまち」
【講】神野直彦さん(おだわら市民学校名誉校長、日本社会事業大学学長、東京大学名誉教授)
(2)パネルディスカッション
【定】200人・申込先着順
【申】電話または市ホームページで
   ※定員に空きがある場合に限り、当日参加も可

--------------------
救命講習(普通・上級)
--------------------
【ID】P00490 救急課 電話 0465-49-4441
(1)普通救命講習1
成人の心肺蘇生法とAEDの取り扱いについて学びます。
【日】8月25日日曜日9時30分~12時30分
【場】マロニエ
(2)上級救命講習
普通救命講習1の内容に「傷病者管理」「異物除去」「搬送法」「熱傷の手当」などを加えた応急手当て全般を学びます。
【日】8月3日土曜日9時30分~18時30分
【場】いそしぎ
(1)(2)共通
【対】中学生以上(市消防管内に在住・在勤・在学の人を優先)(1)30人(2)20人・申込先着順
【申】電話(平日9時00分~17時00分)で予約後、(1)8月15日木曜日(2)7月25日木曜日までに、申請書を最寄りの消防署所へ直接

--------------------
夏休みボランティア体験学習
--------------------
〔申込〕UMECO 電話 0465-24-6611
中学・高校生を中心に、誰でも参加できる体験学習です。詳しくは、ホームページをご覧ください。
【期】7月20日土曜日~8月31日土曜日
【申】7月15日祝日から、直接または電話で
【ホ】http://umeco.info/

--------------------
くらしの講座
--------------------
【ID】P27291 〔申込〕地域安全課 電話 0465-33-1775
健康食品について学びましょう。
【日】8月8日木曜日14時00分~16時00分
【場】けやき3階視聴覚室
【定】40人・申込先着順 
【講】国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所職員
【申】直接または電話で(託児有り(2歳以上、おやつ代など100円)、要予約)

--------------------
シニア向け現場体験セミナー~介護編~
--------------------
【ID】P27292 〔申込〕市生涯現役推進協議会
(企画政策課内) 電話 0465-33-1318
介護の仕事についての講演と、介護施設で体験ができるセミナーです。
(1)第1回(講演)
【日】8月8日木曜日14時00分~16時00分
【場】UMECO会議室4
【内】介護現場の現状とシニアの活躍
【講】平野浩子さん(介護福祉士、元地域包括支援センターケアマネジャー)
(2)第2・3回(現場体験)
【日】8月第4週の平日2日間(予定) 各2時間程度
【場】市内介護施設
【内】シニアが働く介護施設での体験
【対】市内在住または市内での仕事・ボランティアに興味がある、おおむね55歳以上の人30人・申込先着順
【申】8月7日水曜日までに、電話または市ホームページで

--------------------
技能功労者・優秀技能者・青年優秀技能者の推薦
--------------------
【ID】P27054 産業政策課 電話 0465-33-1555
市内在勤で、優れた技能を持つ人を表彰します。次のいずれかの基準を満たす人を推薦してください。
●技能功労者
同じ職種に30年以上従事。55歳以上で功績が顕著な人
●優秀技能者
同じ職種に20年以上従事。40歳以上で優れた技能を持ち、他の模範となる人
●青年優秀技能者
同じ職種に10年以上従事。40歳未満で優れた技能を持ち、将来を期待されている人
推薦方法
8月1日木曜日までに、各職業団体、職種団体が所定の推薦書を直接
※団体に属さない人でも、同業者二人以上の推薦があれば可

--------------------
小田原ちょうちん制作ワークショップ
--------------------
街かど案内所 電話 0465-23-1150
小田原ちょうちん夏まつりに向けて、親子で楽しめるワークショップを開催します。
【日】7月15日祝日10時30分~、 13時30分~(各回1時間程度)
【場】小田原地下街ハルネ小田原
【対】6月24日以降のハルネ小田原のレシートを持つ人 
【定】各回16組・申込先着順
【申】7月14日日曜日までに、街かど案内所へ直接(要レシート提示)
【関】商業振興課

--------------------
ものづくり体験教室
--------------------
【ID】P18065 〔申込〕産業政策課 電話 0465-33-1515
小田原の職人や、現代アート作家が、ワークショップを開催します。
【場】小田原地下街ハルネ小田原
【内】
日にち/内容
7月31日水曜日/寄木ペントレー(2,000円)
7月31日水曜日/「あなただけの『宇宙生物コレクション』をつくろう!」(1,000円)
7月31日水曜日/ストラップ(800円)
8月 1日木曜日/寄木写真立て(1,500円)
8月 1日木曜日/スクラッチアート(800円)
8月 1日木曜日/夏の風鈴(2,500円)
8月 2日金曜日/寄木細工おしゃれアクセサリー(800円~)
8月 2日金曜日/寄木コースター(800円)
8月 2日金曜日/夏の風鈴(2,500円)
8月 3日土曜日/木製万華鏡(2,000円)
8月 3日土曜日/「あなただけの『宇宙生物コレクション』をつくろう!」(1,000円)
8月 3日土曜日/夏の風鈴(2,500円)
8月 4日日曜日/漆の研ぎ出し(3,000円)
8月 4日日曜日/寄木袋と菓子切り(1,500円)
8月 4日日曜日/寄木写真立て(1,500円)
【申】平日9時00分~17時00分に、電話で 
※予約優先。各体験定員有り。
※空きがあれば、当日申込可

--------------------
市立病院職員(正規職員)
--------------------
【ID】P00380 経営管理課 電話 0465-34-3175
令和2年度に採用する職員の採用試験を行います。
(1)薬剤師 (2)診療放射線技師
試験日
 ・1次試験(専門・小論文) 7月27日土曜日
 ・2次試験(面接) 1次試験合格者に通知する日
【対】(1)昭和59年4月2日以降生まれの人
   (2)平成元年4月2日以降生まれの人
  新卒者 令和2年3月までに資格取得見込みの人
  既卒者 免許を有する人
【定】若干名
【申】7月17日水曜日までに、所定の申込用紙に必要書類を添えて直接または郵送で 〒250-8558 小田原市久野46
※詳しくは、市ホームページをご覧ください。

--------------------
市民文化祭俳句大会作品
--------------------
【ID】P25169 小田原俳句協会・村場 電話 0465-35-1018
兼題 「新藁」、「落鮎」傍題可 (各1句1組)
【費】1組1,000円
【申】8月9日金曜日までに郵送で 〒250-0042 荻窪549-17  村場十五宛て
【関】文化政策課

--------------------
おだわら・コドモ・アート
夏のカラーテープアート
--------------------
【ID】P27327 〔申込〕文化政策課 電話 0465-33-1706
「夏の思い出」をテーマに、カラーテープで絵を描きます。
【日】8月24日土曜日9時30分~12時30分
【場】小田原地下街ハルネ小田原
【対】小学生以上とその保護者20組程度・申込先着順
【持】脚立(可能であれば)
【講】三ツ山一志さん(造形教育家〈子どもの育ちのためのアートらぼ代表〉)

--------------------
「地球市民フェスタ2020」
ポスター原画
--------------------
【ID】P26783 文化政策課 電話 0465-33-1703
最優秀作品は、令和2年2月23日日曜日に開催予定の「地球市民フェスタ2020」のポスターなどに使用します。
テーマ 「小田原で世界旅行~フェスタで広がる世界の輪~」
【対】市内在住・在学の小学生~高校生
※最優秀作品の人には賞状と副賞を贈呈
【申】9月6日金曜日までに、四つ切り画用紙(54cm×38cm)の表面に作品を描き、裏面に氏名(ふりがな)・住所・電話番号・学校名・学年を書いて、直接または郵送で

--------------------
みんなで歌おう!市民によるフォーレ「レクイエム」合唱団員
--------------------
【ID】P25014 井上楽器 電話 0465-24-0515
フォーレ「レクイエム」をコンサートで歌う市民合唱団です。コンサートには一流ソリストも加わり、市民合唱団と一緒に歌います。
※経験は不問
●コンサート本番
【日】令和2年3月8日日曜日
【場】市民会館大ホール
●団員募集
【対】9月18日水曜日から開始する、月4~5回の練習と本番に参加できる人
【費】一般13,000円(チケット2枚含む)、高校生以下6,000円(チケット1枚含む)
【申】文化政策課、市のホームページにある募集要項を確認し、8月30日金曜日までに募集要項にある方法で
【主】市民による小田原音楽フェスティバル実行委員会
【関】文化政策課

--------------------
スクランブル・ダンスプロジェクト
--------------------
【ID】P26980 文化政策課 電話 0465-33-1706
障がいの有無にかかわらず、誰もがダンスを楽しみ、ダンスの作品づくりを体験する公開ワークショップです。
【日】8月18日日曜日14時00分~15時30分
【場】市民会館大ホール舞台上
【対】小学3年生以上30人程度・申込先着順
【費】100円(保険料)
【講】松岡大さん(舞踏家)
【申】8月11日祝日までに、アール・ド・ヴィーヴルにメールで
【E】info@artdevivre-odawara.jp
共催 NPO法人アール・ド・ヴィーヴル

--------------------
文化セミナー特別編
マルパ実践報告フォーラム
--------------------
【ID】P26979 文化政策課 電話 0465-33-1706
みんなで“まなびほぐす”美術館
-社会を包む教育普及事業-
定住外国人や障がい者など、多様な背景を持った人たちと、美術館やアートとのつながりを考えるフォーラムです。全ての地域住民を社会の一員として支える「社会包摂」を目的とした、湘南地域の美術館などによるアートプロジェクト「MULPA」による、実践報告も行います。
【日】7月20日土曜日13時30分~17時30分
【場】市民会館3階小ホール
【定】70人・申込先着順
【講】鈴木敬子さん(県立近代美術館)、藤川悠さん(茅ヶ崎市美術館)、今井朋さん(アーツ前橋) 他
【申】7月12日金曜日17時までに、メールで
【E】mulpa@kifjp.org
【主】マルパ実行委員会、
   (公財)かながわ国際交流財団、
 おだわら文化事業実行委員会

--------------------
酒匂川花火大会有料観覧席の販売
--------------------
【ID】P01186 観光協会 電話 0465-22-5002
【日】8月3日土曜日
●有料観覧席の販売・申込先着順
 【Aタイプ】160席
1テーブル、椅子6脚(定員6人)
【費】20,000円
 【Bタイプ】1,000席
椅子1脚(定員一人)
【費】2,500円
 【Cタイプ】90席
1テーブル、椅子4脚(ガーデンチェアセット・定員4人)
【費】18,000円
【申】7月31日水曜日までに、ローソン・ミニストップ店内設置「Loppi」で
●メッセージ花火の募集(限定5件)
あなたの思いをアナウンスし花火を打ち上げます。
【内】50文字以内のメッセージ
【費】50,000円
特典 有料観覧席Aタイプ1組
【申】7月16日火曜日までに、観光協会ホームページまたは、小田原駅観光案内所などで配布している申込用紙で
【ホ】http://www.odawara-kankou.com/
【関】観光課


====================
#10 くらしのガイド おだわらいふ「相談」
====================
--------------------
労働条件の確認
--------------------
【ID】P22971 小田原労働基準監督署 電話 0465-22-7151
労働条件相談ほっとライン 電話 0120-811-610
(平日17時00分~22時00分、土・日曜日、祝休日9時00分~21時00分)
労働に関して、「働いた分の賃金がもらえない」などのトラブルがあります。労働条件の確認や、基礎知識の学習で、トラブルを未然に防ぎましょう。
※「確かめよう労働条件」で検索 
【関】産業政策課

--------------------
保健福祉事務所の相談と検査
--------------------
〔申込〕小田原保健福祉事務所 電話 0465-32-8000
●精神保健福祉相談
【日】7月16日火曜日・25日木曜日、8月8日木曜日 13時30分~16時30分
●エイズ相談・検査
【日】7月17日水曜日9時00分~11時00分
●療育歯科相談
【日】7月25日木曜日、8月8日木曜日 9時00分~15時30分
●骨髄ドナー登録
【日】8月6日火曜日受付11時00分
●認知症相談
【日】8月7日水曜日13時30分~16時30分
【場】小田原合同庁舎4階
【申】各前日までに、電話で

--------------------
各種相談
--------------------
●市民相談〈8月〉 地域安全課 電話 0465-33-1383
【場】市役所2階地域安全課(土・日曜日、祝休日を除く)
一 般/離婚、相続、近隣トラブルなど日常生活上の軽易な問題に関する相談/月~金曜日/9時00分~12時00分
一 般/離婚、相続、近隣トラブルなど日常生活上の軽易な問題に関する相談/月~金曜日/13時00分~16時00分
心配ごと/家庭や地域で困ったこと、悩み事に関する相談/毎週月曜日/13時30分~15時30分
法 律(予約制)/離婚、相続、多重債務などの法律問題に関する相談(予約は2週間前から)/毎週水曜日/13時30分~16時00分
人権擁護/嫌がらせ、名誉き損、プライバシーの侵害などに関する相談/13日火曜日/13時30分~15時30分
司法書士/相続・贈与などの登記手続き、成年後見、遺言書の作成などに関する相談/8日木曜日/13時30分~15時30分
行政苦情/国・県・市への要望や苦情/15日木曜日/13時30分~15時30分
税 務/相続・贈与・譲渡所得税などの税金に関する相談(6人・当日先着順)/20日火曜日/13時30分~15時30分
宅地建物取引/不動産の売買など取引、賃借などに関する相談/22日木曜日/13時30分~15時30分

【場】マロニエ2階集会室203
行政書士/相続・遺言、成年後見、各種許認可申請などの作成・手続きに関する相談/17日土曜日/14時00分~16時00分

●その他の相談
消費生活相談
消費生活センター 電話 0465-33-1777
消費生活に関する苦情や問い合わせなど、お気軽にご相談ください。電話でもお受けします。
【日】月~金曜日(祝休日を除く) 9時30分~12時00分、13時00分~16時00分
   ※平日12時00分~13時00分、16時00分~19時00分、土・日曜日、祝休日は、県の消費生活相談(電話 045-311-0999)をご利用ください。
【場】消費生活センター(市役所2階地域安全課内)
【対】小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町に在住・在勤・在学の人

児童相談
【ID】P02033
子育て政策課 電話 0465-33-1454
子育てについてのさまざまな悩み(18歳未満の児童に関するもの)を児童相談員がお受けします。
【日】月~金曜日9時00分~12時00分、13時00分~17時00分

女性相談
【ID】P11082
人権・男女共同参画課 電話 0465-33-1737
夫や親しい男性とのトラブルなど、女性が抱える悩みを相談員がお受けします。
【日】月・水・木・金曜日9時30分~11時30分、13時00分~16時30分
※全国共通ナビダイヤルでも対応しています。
 内閣府男女共同参画局DV相談ナビ 電話 0570-0-55210

青少年相談
【ID】P10571
青少年課 電話 0465-23-1482
ひきこもりや若年無業者(ニート)、不登校、親子や友人との関係などの問題で悩む子ども、若者(30歳代まで)やその保護者からの相談をお受けします。
【日】月~金曜日(祝休日を除く)9時00分~12時00分、13時00分~17時00分
【場】青少年相談センター(城山4-2-11)


====================
#11 くらしのガイド おだわらいふ「イベント」
====================
--------------------
7月15日 祝日
声の万華鏡
--------------------
UMECO 電話 0465-24-6611
高校生や市民活動団体が演じる、朗読劇や寸劇、落語などを楽しみましょう。
【時】10時00分~16時40分
【場】UMECO会議室1~3
【ホ】http://umeco.info/

--------------------
7月20日 土曜日~22月曜日
プレイパークで遊ぼう!
--------------------
【ID】P26994 青少年課 電話 0465-33-1723
子どもが思い切り遊べるように、禁止事項を少なくした遊び場です。
【時】10時00分~16時00分(22日は15時00分まで)
【場】上府中公園多目的広場周辺
※参加自由・小雨決行
【問】pp@seisho・黒柳 (電話 090-7842-1374)

--------------------
月例イベント
--------------------
--------------------
わんぱくらんど
--------------------
わんぱくらんど 電話 0465-24-3189
●竹細工教室
昔懐かしい遊び、竹とんぼやぶんぶんゴマを作って、芝生広場で遊びましょう。
【日】毎週土・日曜日9時30分~12時00分、13時00分~15時00分
    ※実施しない日もあります。
【場】冒険の丘
【費】400円(材料費)

--------------------
フラワーガーデン
--------------------
フラワーガーデン 電話 0465-34-2814
●朝市(売切次第終了)
【日】毎週日曜日10時00分~15時00分
●なるほど園芸講座
7月のテーマは「柑橘類の年間管理」です。家庭の園芸植物の相談は11時30分~12時00分の「みどりの相談所」で受け付けます。
【日】7月21日日曜日10時30分~11時30分
【講】大坪孝之さん(日本梅の会会長)

--------------------
UMECO
--------------------
UMECO 電話 0465-24-6611
●UMECO企画展
市民活動団体の活動の成果などを展示します。
・外郎売の口上研究会活動展示
【期】7月14日日曜日~21日日曜日
・バリアフリーネットワークおだわら作品展
【期】7月22日月曜日~8月11日祝日
【場】UMECO多目的コーナー・ホワイエ
【ホ】http://umeco.info/

--------------------
上府中公園
--------------------
上府中公園管理事務所 電話 0465-42-5511
●おもちゃ作り教室
【日】7月7日日曜日・21日日曜日、8月4日日曜日・18日日曜日 10時00分~12時00分、13時00分~15時00分
【場】親水広場 ※雨天中止
【対】小学生以下
【費】100~400円(材料費) ※作るものによって、金額が異なります。
●カミイチ(かみふなかクラフト市)
手作りのクラフト品を中心に、夏季限定で夕方に出店します。詳しくは、ホームページをご覧ください。
【日】7月27日土曜日16時00分~20時30分 ※荒天中止 
【ホ】https://www.facebook.com/kamiichi2012

--------------------
二宮尊徳生家のいろり燻蒸
--------------------
【ID】P07325 尊徳記念館 電話 0465-36-2381
二宮尊徳生家のいろりに火を入れて、けむり燻蒸を行います。二宮尊徳いろりクラブのメンバーが、生家の由来や周辺の史跡などについても説明します。
【日】7月27日土曜日、8月10日土曜日 9時00分~11時30分 ※見学自由
【場】二宮尊徳生家(尊徳記念館隣)

--------------------
小田原競輪開催日
--------------------
事業課 電話 0465-23-1101
●大垣記念(G3)場外
  【日】7月20日土曜日
●つり丸杯(F2)
 【期】7月21日日曜日~23日火曜日
  ※大垣記念(G3)全R併売
●静岡(F1)場外
【期】8月6日火曜日~8日木曜日

--------------------
7月27日 土曜日・28日曜日
小田原ちょうちん夏まつり
--------------------
【ID】P01193 観光協会 電話 0465-22-5002
27日には、小田原ちょうちん踊りコンクールや盆踊り、28日には、自治会みこしパレードなどがあります。また、両日とも、小田原ちょうちんを制作できます。
【時】12時00分~20時30分 
【場】城址公園とその周辺
●小田原ちょうちんアートフェア
お堀に市内小学生が作ったちょうちんを飾り、明かりをともします。
【期】7月27日土曜日~8月4日日曜日
【時】18時30分~22時00分(27日のみ18時50分から)
【場】城址公園お堀  
【関】観光課

--------------------
わんぱくらんど
--------------------
わんぱくらんど 電話 0465-24-3189
(1)うなぎ沢で水遊び
自然のせせらぎで、水遊びをしましょう。 ※おむつ使用不可
【期】7月20日土曜日~8月31日土曜日 10時00分~15時00分
(2)昆虫採集deナイト
昆虫ナイトトラップを体験しよう!
【日】7月27日土曜日19時00分~21時00分
【場】見晴らしの丘
【定】30組(親子)・申込先着順
【費】1組300円
(3)工作教室(こどもデザイン室)
巾着やバッグに、ぼかしを使ったオリジナル作品作りです。
【日】8月3日土曜日10時00分~12時00分、13時00分~15時00分
【場】西管理棟
【定】各回20人・申込先着順
【費】300円(材料費)~
(4)森の書道教室(うちわ作り)
うちわに習字をして、オリジナルうちわを作ります。
【日】8月17日土曜日10時00分~12時00分、13時00分~15時00分
【場】西管理棟
【定】各回30人・申込先着順
【費】200円(材料費)
【申】(2)~(4)電話またはホームページで
【ホ】http://odawara-jigyo-kyokai.jp/wanpaku

--------------------
8月24日 土曜日 きまつり ~森と木に包まれる夏~
--------------------
【ID】P22668 〔申込〕農政課 電話 0465-33-1491 
【場】いこいの森
●森林体験ツアー
【時】10時00分~14時00分
【内】伐採・製材所見学、木工教室など
【対】小学生以上30人・申込先着順
【費】二人1組2,500円(昼食付き) ※人数追加可

●ムササビ探し夕暮れハイク
【時】18時00分~19時00分
【定】40人・申込先着順
【費】一人1,000円

●森だくさん! きずなキャンプ
【時】9時30分~翌16時00分
【内】森林体験ツアー、木工教室、キャンプファイヤーなどの特別キャンプ
【対】30人・申込先着順
【費】二人1組15,000円(昼食付き)  ※人数追加一人5,000円
※駐車場料金別途500円(市民以外は1,000円)

●ニジマスキャッチ! 調理体験
ニジマスのつかみどりをして、その場で調理します。
【時】(1)10時30分~12時00分 (2)13時30分~15時00分
【対】各30人・申込先着順
【費】一人1匹500円
※上記以外のイベントの確認や事前申込は、市ホームページから

--------------------
7月28日 日曜日
市立病院市民公開講座
--------------------
【ID】P24401 経営管理課 電話 0465-34-3175
消化器内科の疾患についての市立病院医師の講演や、地域医療連携室の講演を聞きます。
【時】10時00分~12時00分
【場】UMECO会議室1~3
講演1「腹痛の診療について」
【講】丸岡直隆(消化器内科部長)
講演2「アルコールと消化器疾患について」
【講】吉澤繁(消化器内科担当部長)
講演3「人生会議をしてみませんか?」
【講】地域医療連携室職員

--------------------
清閑亭
--------------------
〔申込〕清閑亭 電話 0465-22-2834 
【場】清閑亭(南町1-5-73)
11時00分~16時00分開館  ※火曜休館
朝の別邸ヨガ教室
夏の朝ヨガで、明治時代の政財界人を魅了した小田原別邸ライフの「健康な暮らし」を体験しましょう。
【日】7月21日日曜日8時00分~9時30分
【定】25人・申込先着順
【費】3,000円(朝食付き)
【講】ともぞ~(Lomdii)

--------------------
フラワーガーデン
--------------------
〔申込〕フラワーガーデン 電話 0465-34-2814
※月曜日休園(祝休日の場合は開園し、翌火曜日休園)
●7月の3連休イベント
大人気の水遊びスポット「踊る噴水」がオープンします。
【期】7月13日土曜日~15日祝日
【内】竹でつくる水鉄砲作り、ブルーべリー摘み体験、クイズラリー、ハーブの香り当てクイズ
※踊る噴水は9月1日日曜日まで実施。水着、もしくは水遊び用パンツを着用し、素足での利用はご遠慮ください。
●コットンキャンディーサービス
トロピカルカラーの綿あめを手作りします。
【期】7月13日土曜日~9月1日日曜日の土・日曜日、祝休日
【対】トロピカルドームに入場した中学生以下
●第9回こどもイラストコンクール
来園した子どもが、「フラワーガーデンの思い出」をテーマに描いたイラスト展です。皆さんの投票で各賞を決定します。
【期】8月1日木曜日~29日木曜日9時00分~17時00分
投票期間 8月21日水曜日まで
各賞発表 8月23日金曜日

--------------------
県西地域から子どもたちへのプレゼント ~待ちに待った夏休み! おもいっきり遊ぼう~
--------------------
県西地域2市8町(小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町)では、広域で相互協力事業を行っています。今回掲載した夏のイベント情報や、小・中学生を対象とした施設利用チケットもこの事業の一環です。この機会に、周辺市町のイベントや施設に行きましょう !

市町名/イベント名/月日/時間/場所/問い合わせ先
小田原市/小田原ちょうちん夏まつり/7月27日土曜日・28日日曜日/12時00分~20時30分/小田原城址公園二の丸広場とその周辺/小田原市観光協会 電話 ?22-5002
小田原市/小田原酒匂川花火大会/8月3日土曜日/18時30分~20時00分(19時10分花火打ち上げ)/酒匂川スポーツ広場/小田原市観光協会 電話 0465-22-5002
小田原市/小田原みなとまつり/8月4日日曜日/9時00分~17時00分/小田原漁港とその周辺/水産海浜課 電話 0465-22-9227
南足柄市/第43回足柄金太郎まつり/8月4日日曜日/14時30分~20時45分/富士フイルム辻下グラウンド/足柄金太郎まつり実行委員会(商工観光課内) 電話 0465-74-2111
大井町/第33回大井よさこいひょうたん祭/8月3日土曜日 ※雨天の場合は、4日日曜日/11時30分~21時00分(予定)/大井町役場周辺/地域振興課 電話 0465-85-5013
松田町/第42回まつだ観光まつり/8月24日土曜日/16時00分から/酒匂川町民親水広場/松田町観光協会 電話 0465-85-3130
松田町・開成町/第20回あしがら花火大会/8月24日土曜日/20時00分から/酒匂川町民親水広場・開成水辺スポーツ公園/松田町観光協会 電話 0465-85-3130
山北町/丹沢湖花火大会/8月10日土曜日/20時00分(花火打ち上げ)/丹沢湖駐車場/丹沢湖花火大会実行委員会事務局(商工観光課内) 電話 0465-75-3646
開成町/開成町納涼まつり/8月24日土曜日/15時00分~21時00分(予定)/開成水辺スポーツ公園/産業振興課 電話 0465-84-0317
箱根町/湖水まつり/7月31日水曜日/20時00分~20時30分(花火)/芦ノ湖(元箱根湾)/総合観光案内所 電話 0460-85-5700
真鶴町/貴船まつり/7月27日土曜日・28日日曜日/終日/真鶴港周辺、貴船神社 他/真鶴町観光協会 電話 0465-68-2543、観光協会駅前案内所 電話 0465-68-2500
湯河原町/湯河原やっさまつり/8月2日金曜日・3日土曜日/2日金曜日18時00分~21時00分 3日土曜日18時00分~19時30分/2日金曜日湯河原小学校~桜木公園 3日土曜日幕山公園通り/観光課振興係 電話 0465-63-2111

※天候などにより延期または中止する場合があります。

--------------------
こんなにあるよ! 県西地域のお出掛けスポット!
--------------------
市町名/施設名/時間/チケット有効期間中の休み/通常料金/所在地/電話 市外局番(0465)/備考
小田原市/小田原城天守閣/9時00分~17時00分(入館16時30分まで)※7・8月の土・日曜日、祝日、8月13日~16日は19時00分まで (入館18時30分まで)/なし/一般500円 小・中学生200円/城内6-1/ 電話 0465-22-3818/夏季期間は、開館時間を延長。
小田原市/常盤木門SAMURAI館/9時00分~17時00分(入館16時30分まで)/なし/一般200円 小・中学生60円/城内6-1/ 電話 0465-22-3818/
小田原市/小田原城歴史見聞館(NINJA館)/9時00分~17時00分(入館16時30分まで)/なし/一般300円 小・中学生100円/城内3-71/ 電話 0465-22-3818/「歴史見聞館」が今年4月に「NINJA館」としてリニューアル。
小田原市/御幸の浜プール/9時00分~17時00分(入場16時30分まで)/なし/一般250円 4歳~中学生100円/本町3-15-15/ 電話 0465-22-6080/大会などで利用できない場合有り。
小田原市/いこいの森(木工芸体験教室)/9時00分~17時00分(入館16時30分まで)/なし/教室参加料200円/久野4294-1/ 電話 0465-24-3785/材料費有料。
小田原市/尊徳記念館/9時00分~17時00分(入館16時30分まで)/なし/一般200円 小・中学生100円/栢山2065-1/ 電話 0465-36-2381/小・中学生は、チケットがなくても土曜日無料。
小田原市/小田原文学館/9時00分~17時00分(入館16時30分まで)/臨時休館日有り/一般250円 小・中学生100円/南町2-3-4/ 電話 0465-22-9881/館内整理などのため、8月19日月曜日から休館。
小田原市/小田原フラワーガーデン(トロピカルドーム温室)/9時00分~17時00分(入園16時30分まで)/月曜日(休日の場合は翌日)/トロピカルドーム温室一般200円 小・中学生100円/久野3798-5/ 電話 0465-34-2814/入園無料。
小田原市/小田原アリーナ(サブアリーナ)/9時00分~21時30分/第4月曜日/高校生以上300円 小・中学生100円(1回で2時間利用可)/中曽根263/ 電話 0465-38-1144/バスケットボール・バドミントン・卓球の個人利用。ボールなどの用具類・体育館履きは持参。
南足柄市/体育センター温水プール/9時30分~20時30分小・中学生のみの利用は、18時00分まで/月曜日(休日の場合は翌日)、8月14日水曜日/一般550円 小・中学生110円/和田河原1030/ 電話 0465-72-1171/幼児(無料)は保護者同伴。
南足柄市/体育センター総合体育館/9時00分~21時00分・中学生のみの利用は、18時00分まで/月曜日(休日の場合は翌日)、8月14日水曜日/一般1時間160円 小・中学生1時間30円/和田河原1030/ 電話 0465-72-1171/バドミントン・卓球の個人利用。ラケットなどの用具類・体育館履きは持参。
南足柄市/足柄森林公園丸太の森/9時00分~17時00分/なし/中学生以上440円 小学生330円 園児110円/広町1544/ 電話 0465-74-4510/
南足柄市/広町パークゴルフ場/9時00分~18時00分(受付16時30分まで)/火曜日/一般220円 中学生以下110円/広町231/ 電話 0465-71-0880 /小学2年生以下は利用不可。小学生は、中学生以上の人が同伴。
南足柄市/大口河川敷パークゴルフ場/9時00分~17時00分/なし/一般200円 中学生以下100円/班目1548-1先/ 電話 0465-72-3688/
南足柄市/郷土資料館/9時00分~16時30分/月曜日(休日の場合は翌日)/一般400円 小・中学生200円/広町1544/ 電話 0465-73-4570/
中井町/中井中央公園パークゴルフ場/9時00分~18時00分/月曜日(休日の場合は翌日)/高校生以上 1回200円中学生以下 1回100円/比奈窪580/ 電話 0465-81-3893/貸し靴1回50円。小学2年生以下は利用不可。
大井町/大井町総合体育館(バドミントン・卓球の個人利用)/9時00分~21時30分(小・中学生のみの利用は17時00分まで) /第4月曜日/一般200円 小・中学生100円(1回で2時間利用可)※用具と体育館履きは持参(裸足は利用不可)/金子1970/ 電話 0465-82-9799/利用状況により使用できない場合有り。
松田町/寄七つ星ドッグラン/9時00分~17時00分/火曜日/大人(18歳以上)300円子ども(3~17歳)200円/寄5605/ 電話 0465-89-3113/入園料のみ無料。犬はチケット対象外のため有料(1頭400円)。
松田町/寄清流マス釣り場/8時00分~17時00分/なし/チケット利用により、釣り池で釣れた魚1匹無料/寄5573/ 電話 0465-89-2321/別途さお・餌代500円が必要。道具の持ち込みは不可。2匹めから有料(1,900円/キログラム )。
松田町/川音川パークゴルフ場/9時00分~17時00分(受付16時30分まで)/月・木曜日(休日の場合は翌日)/1回9ホール50円、用具レンタル代は無料/松田惣領885/ 電話 0465-83-3331/雨天休場。小学2年生以下は利用不可。小・中学生は、高校生以上の人が同伴。
松田町/西平畑公園ふるさと鉄道/10時35分~15時35分(土・日曜日、祝日のみ)/月~金曜日/中学生以上300円 3歳~小学生200円/松田惣領2951(西平畑公園内)/ 電話 0465-84-0303/雨天運休。雨がやんだ後も、レールがぬれている場合は運休となりますので、運行状況をご確認ください。
松田町/健康福祉センター健楽の湯/10時00分~17時00分(入館16時00分まで)/月曜日(休日の場合は翌日)/3時間利用 12歳以上500円 12歳未満100円 65歳以上200円/松田惣領17-2/ 電話 0465-84-1196/12歳未満は保護者が同伴。3歳未満無料。
山北町/健康福祉センターさくらの湯/10時30分~21時00分/木曜日/一般400円 3歳~中学生200円(2時間利用可)/山北1971-2/ 電話 0465-75-0819/運動浴室も利用可(利用される際は、水着・水泳キャップが必要)。
山北町/パークゴルフ場/9時00分~18時00分(受付16時30分まで)/水曜日/一般200円 中学生以下100円(1回18ホール、用具は無料貸し出し)/山北3313-4/ 電話 0465-75-3789/小学2年生以下は利用不可。小学生は、中学生以上の人が同伴。
開成町/開成水辺スポーツ公園パークゴルフ場/8時00分~17時00分(受付15時30分まで)/木曜日/一般100~300円 中学生以下50~150円(料金はコース数によって異なります)/吉田島2710/ 電話 0465-83-1331/小学2年生以下は利用不可。小・中学生は、高校生以上の人が同伴。
箱根町/箱根町立郷土資料館/9時00分~16時30分/なし/一般200円 小・中学生100円/湯本266/電話 0460-85-7601(教育委員会生涯学習課郷土資料館)/入館・入場は閉館時間の30分前まで。
箱根町/箱根関所/9時00分~17時00分/なし/一般(中学生含む)500円 小学生250円/箱根1/電話 0460-83-6635/入館・入場は閉館時間の30分前まで。
箱根町/箱根町立森のふれあい館/9時00分~17時00分/なし/一般(中学生含む)650円 小学生400円/箱根381-4/電話 0460-83-6006/入館・入場は閉館時間の30分前まで。
箱根町/箱根ジオミュージアム/9時00分~16時00分/なし/小学生以上100円/仙石原1251/電話 0460-83-8140/5月19日から箱根ジオミュージアムを含む大涌谷園地への立ち入りを規制しています。来場に当たっては、最新の情報をご確認ください。
真鶴町/中川一政美術館/9時30分~16時30分(入館16時00分まで)/水曜日/一般600円 小学生~高校生350円/真鶴1178-1/ 電話 0465-68-1128/祝日の場合は開館。
真鶴町/遠藤貝類博物館/9時30分~16時30分(入館16時00分まで)/木曜日/一般300円 小学生~高校生150円/真鶴1175-1/ 電話 0465-68-2111/
真鶴町/お林展望公園パークゴルフ場/9時00分~16時00分(受付15時00分まで)/なし(行事・天候などにより、休場の場合有り)/一般(高校生以上)200円 子ども(中学生以下)100円 (1人1回18ホール分の料金)/真鶴1178-1/ 電話 0465-68-5501/小学生以下は保護者同伴。
湯河原町/湯河原海浜公園プール/9時00分~17時00分(入場16時30分まで)/なし/一般500円 小・中学生300円/門川11/ 電話 0465-63-0480/小学生のみの入場は16時00分まで。

※大会・イベントなどで施設を利用できない場合があります。

小田原市 令和元年度 公共施設
【対象】小・中学生
無料チケット1枚につき1人 コピー不可


====================
#12 くらしのガイド おだわらいふ「こども」
====================
--------------------
調べる学習チャレンジ講座
--------------------
【ID】P20728 〔申込〕かもめ図書館 電話 0465-49-7800
「小田原市図書館を使った調べる学習コンクール」へ応募する作品を作るための講座です。
【日】(1)8月1日木曜日10時00分~12時00分
   (2)8月9日金曜日10時00分~15時00分
【場】かもめ図書館
【内】本の探し方やまとめ方を学びながら、調べる力を身につけます。
【対】市内在住・在学の(1)小学1・2年生と保護者15組(2)小学3~6年生15人・申込先着順
【持】調べたいことを書いた紙、筆記用具、水筒、(2)のみ弁当
【講】(2)のみ 片岡則夫さん((公財)図書館振興財団・教育支援室長)
【申】9時00分から、直接または電話で
※今年度は8月1日木曜日から作品を募集します。詳しくは市ホームページをご覧ください。

--------------------
おだたんひろば
--------------------
【ID】P01981 子育て政策課 電話 0465-33-1874
小田原短期大学 電話 0465-22-1303
広い体育館で、親子で遊びます。
【日】7月17日水曜日10時00分~11時30分
【場】小田原短期大学体育館
【対】入園前の子どもとその家族
【持】体育館で使用する上履き

--------------------
ぴよぴよくらぶ
--------------------
【ID】P03637 ぴよぴよくらぶ・椎野 電話 090-6303-0861
親子で楽しむ体操や手遊び、季節の工作などを行います。
【日】8月1日木曜日 10時00分~11時30分(受付9時45分~)
【場】マロニエ3階マロニエホール
【内】夏祭り。お店やさんごっこで遊ぼう!
【対】入園前の子どもとその家族
【費】子ども一人200円(材料費)
【関】子育て政策課

--------------------
子育て支援センター関連イベント
--------------------
【ID】P02036 子育て政策課 電話 0465-33-1874
マロニエ子育て支援センター/ 電話 0465-48-8698 おだぴよ子育て支援センター/ 電話 0465-34-6181
いずみ子育て支援センター/ 電話 0465-37-9077  こゆるぎ子育て支援センター/ 電話 0465-43-0251
●妊婦さんの集いの場
助産師が妊婦さんと、出産や子育てについて話し合います。
【日】7月19日金曜日14時30分~16時00分
【場】いずみ
●親子の絆づくりプログラム
“赤ちゃんがきた!”(愛称BP)
同じ時期にお母さんになった人と一緒に、子育てに必要なことを学びます。
【日】7月29日月曜日、8月5日月曜日・13日火曜日・19日月曜日 13時30分~15時30分(全4回)
【場】マロニエ
【対】2~5か月の赤ちゃんと初めて子育てするお母さん10組・申込先着順
【申】マロニエに電話で
●こゆるぎお楽しみ会
おはなしびっくりばこによる、親子ふれあい遊びなど。
【日】8月1日木曜日10時30分~11時00分
【場】こゆるぎ   
【定】20組
【申】こゆるぎに電話(火・木・金曜日)で
●赤ちゃんデー
6か月までの乳児限定ひろばです。
【日】(1)7月 5日金曜日10時00分~11時45分
   (2)7月11日木曜日10時00分~12時00分
   (3)7月19日金曜日13時00分~15時00分
   (4)8月 2日金曜日10時00分~11時45分
【場】(1)(4)おだぴよ(2)マロニエ(3)いずみ
●赤ちゃんデー(すくすくデー)
0歳児とママの会です。妊婦さんや上の子も一緒に参加できます。
【日】7月12日金曜日10時00分~11時00分
【場】こゆるぎ  
【定】15組
【申】こゆるぎに電話で
●赤ちゃんひろば
5か月までの乳児とママ、妊婦さんが対象の子育て講座です。
【日】7月19日金曜日14時30分~15時30分
【場】マロニエ
【定】10組・申込先着順
【申】マロニエに電話または直接
●ヨチヨチデー
7~11か月の乳児限定ひろばです。
【日】(1)7月23日火曜日10時00分~12時00分
   (2)7月24日水曜日10時00分~11時00分
   (3)7月26日金曜日13時30分~15時30分
【場】(1)マロニエ(2)いずみ(3)おだぴよ
●専門職相談日
  (1)栄養相談 (3)小児科相談 (4)心理相談
【日】(1)7月 4日木曜日10時00分~12時00分
   (2)7月16日火曜日13時30分~15時30分
   (3)7月17日水曜日10時00分~12時00分
【場】マロニエ

※申し込みが必要なもの以外は、直接会場にお越しください。

--------------------
子ども映画会と金次郎のおはなし
--------------------
【ID】P07859 尊徳記念館 電話 0465-36-2381
【日】7月28日日曜日14時00分~14時45分(開場13時50分) 
【場】尊徳記念館
【内】・映画「織姫と彦星」、 「そそうの相九郎」
   ・尊徳記念館探検ツアー
【定】60人・当日先着順

--------------------
よみきかせ夏のおたのしみ会
--------------------
【ID】P23974 (1)市立図書館 電話 0465-24-1055
(2)かもめ図書館 電話 0465-49-7800
(1)市立図書館 
【日】7月20日土曜日15時00分~16時00分
【内】パネルシアター、大型絵本、エプロンシアター、ジャンボ紙芝居
【出】すずの会
(2)かもめ図書館 
【日】8月3日土曜日
   幼児の部(3歳くらいから) 14時00分~14時30分
   小学生の部 15時00分~15時40分
【内】パネルシアター、大型絵本、エプロンシアター、紙芝居など
【出】すずの会、ピーターパン

--------------------
夏休み図書館イベント
--------------------
(1)(2) 〔申込〕市立図書館   電話 0465-24-1055
(3)(4) 〔申込〕かもめ図書館  電話 0465-49-7800
【ID】P27357 (1)市立図書館こども映画会
【日】8月3日土曜日14時00分~(開場13時40分)
【内】「ヒロシマに一番電車が走った」(32分)
【ID】P20785 (2)市立図書館たんけん隊
図書館探検と、折り紙遊びをします。
【日】7月26日金曜日10時00分~12時00分
【対】市内在住の小学1~3年生7人・申込先着順
【申】直接または電話で
【ID】P20783 (3)布の絵本展
展示品である布の絵本を手に取り、その手触りや、取り外しのできる面白さを楽しみます。
【期】7月26日金曜日~28日日曜日 10時00分~16時00分
【場】かもめ図書館1階こどもクラブ室
   協力 手づくり布えほん布おもちゃぐるーぷ「ぷっぷ」
【ID】P20785 (4)夏休み一日図書館員体験
【日】7月30日火曜日、8月2日金曜日 10時00分~15時00分
※いずれか1日をお選びください。
【場】かもめ図書館
【対】市内在住の小学4~6年生各日6人・申込先着順 
【持】弁当、水筒、筆記用具
【申】9時00分から、直接または電話で

7月21日日曜日~8月31日土曜日まで有効
~小田原城天守閣 ~常盤木門SAMURAI館 ~小田原城歴史見聞館 ~御幸の浜プール ~いこいの森 ~尊徳記念館 ~小田原文学館 ~小田原フラワーガーデン ~小田原アリーナ ~体育センター温水プール ~体育センター総合体育館 ~足柄森林公園丸太の森 ~広町パークゴルフ場 ~大口河川敷パークゴルフ場 ~郷土資料館 ~中井中央公園パークゴルフ場 ~大井町総合体育館 ~寄七つ星ドッグラン ~寄清流マス釣り場 ~川音川パークゴルフ場 ~西平畑公園ふるさと鉄道 ~健康福祉センター健楽の湯 ~健康福祉センターさくらの湯 ~パークゴルフ場 ~開成水辺スポーツ公園パークゴルフ場 ~箱根町立郷土資料館 ~箱根関所 ~箱根町立森のふれあい館 ~箱根ジオミュージアム ~中川一政美術館 ~遠藤貝類博物館 ~お林展望公園パークゴルフ場 ~湯河原海浜公園プール


====================
#13 くらしのガイド おだわらいふ「スポーツ」
====================
--------------------
小田原球場の一般開放日
--------------------
〔申込〕小田原球場 電話 0465-42-5511
8月の一般開放日は、11日祝日です。
一般開放日の受付
【申】7月3日水曜日~10日水曜日に、電話で   ※多数抽選
※大会開催時は、一般利用ができないこともあります。
【ホ】http://odawara-jigyo-kyokai.jp/kouen/

--------------------
こども体操教室
--------------------
〔申込〕スポーツ会館 電話 0465-23-2465
運動が苦手な子どもを対象にした内容です。みんなで楽しく運動しましょう。
(1)ちびっこ体操教室
【日】9月18日~11月6日の毎週水曜日 15時30分~16時30分(全8回)
【対】平成25年4月2日~平成27年4月 1日生まれの幼児35人・申込先着順
(2)とび箱・鉄棒教室
【日】9月13日~11月1日の毎週金曜日 16時00分~17時00分(全8回)
【対】小学1~3年生35人・申込先着順
(1)(2)共通
【場】スポーツ会館
【費】5,300円(保険料を含む)
【申】9月1日日曜日までに、直接、電話、またはホームページの申込フォームで
【ホ】http://odawara-jigyo-kyokai.jp/sports/

--------------------
トレーニングルーム
利用者講習会〈8月分〉
--------------------
〔申込〕(1)小田原アリーナ 電話 0465-38-1144
    (2)スポーツ会館  電話 0465-23-2465
(1)小田原アリーナ
【日】毎週月曜日11時00分~12時00分
毎週水曜日19時00分~20時00分
毎週金曜日14時00分~15時00分
毎週日曜日11時00分~12時00分
※8月26日月曜日・28日水曜日・30日金曜日を除く。
【対】高校生以上各日15人・申込先着順
【申】7月15日祝日9時00分から
【ホ】http://odawaraarena.main.jp/
(2)スポーツ会館
【日】8月15日木曜日・24日土曜日 14時00分~15時00分
   8月7日水曜日18時30分~19時30分
【対】高校生以上各日8人・申込先着順

--------------------
ドッジボール大会
--------------------
体育協会 電話 0465-38-3310
個人でも、友だちと一緒でも参加できます。
【日】8月27日火曜日受付8時45分
【場】小田原アリーナ
【内】低学年の部(1~3年生)、高学年の部(4~6年生)の2部制。13人で1チームを構成。
【対】県西地域に在住の小学生
【費】一人500円(傷害保険料含む)
【申】7月31日水曜日17時00分までに電話で申し込み、その後申込書と参加料を添えて小田原アリーナ窓口に

--------------------
市民総合体育大会
--------------------
体育協会 電話 0465-38-3310
【日】開会式 7月12日金曜日19時00分~20時00分
   競技  7月20日土曜日・21日日曜日・26日金曜日~28日日曜日
【場】小田原アリーナ 他
【ホ】「小田原市体育協会」で検索

--------------------
おだわらジュニア水泳競技大会
--------------------
体育協会 電話 0465-38-3310
【日】8月4日日曜日9時30分~15時30分(受付8時30分)
【場】御幸の浜プール
種目「小学3・4年生の部と5・6年生の部男女」「中学生の部男女」
【対】県西・湘南地域に在住・在学の小学3年生~中学3年生男女
※リレーを除き一人3種目以内
※競技種目など、詳しくはホームページをご覧ください。
【費】500円(傷害保険料含む)
【申】7月26日金曜日までに、ホームページで
【ホ】「小田原市体育協会」で検索

--------------------
シェイプアップトレーニング教室(秋コース)
--------------------
体育協会 電話 0465-38-3310
~エアロビクス&ヨガ&コアトレ~
【日】8月28日~10月30日の水曜日 10時00分~11時30分(全8回)
※10月16日水曜日・23日水曜日を除く。
【場】小田原アリーナメインアリーナ 他
【対】県西地域在住・在勤・在学の18歳以上の女性50人・申込先着順
【費】4,000円(傷害保険料含む)
【講】川口喜代美さん(公認スポーツ指導員・エアロビック上級指導員)、三宅裕司さん(トレーニング指導士など)
【申】7月10日水曜日8時30分から8月9日金曜日中に、ホームページで
【ホ】「小田原市体育協会」で検索

--------------------
ドッジボール教室
--------------------
体育協会 電話 0465-38-3310
楽しみながら強くなりましょう。
(1)7月コース 
【日】7月30日火曜日・31日水曜日、8月2日金曜日9時30分~11時30分(全3回)
(2)8月コース 
【日】8月20日火曜日・21日水曜日・23日金曜日9時30分~11時30分(全3回)
【場】小田原アリーナサブアリーナ
【対】県西地域在住・在学の小学生各コース70人・申込先着順
【費】各コース2,000円(傷害保険料含む)
【申】(1)7月22日月曜日(2)8月9日金曜日までに、ホームページで
【ホ】「小田原市体育協会」で検索


====================
#14 くらしのガイド おだわらいふ「健康」
====================
健康カレンダーと併せてご覧ください。
【ID】P24735
保健センター(健康づくり課) 電話 0465-47-0820

--------------------
8月の健康診査などの予定
--------------------
詳しくは、健康カレンダーをご覧ください。
●赤ちゃんのための健診・相談など
事業名/対象・実施日など
4か月児健診/平成31年4月生2・21日
8~9か月児健診/取扱医療機関にて
1歳6か月児健診/平成30年1月生8・22・28日
2歳児歯科健診/平成29年7月生9・26日
3歳児健診/平成28年1月生7・19・27日
いきいき親子育児相談/1日
親子心理相談/就学前の親子(電話申込制)

--------------------
病院・診療所についての相談
--------------------
小田原医師会地域医療連携室
電話 0465-47-0833 FAX 49-3766
各医療機関の診療時間・休診日や、健診・検査・予防接種の実施医療機関などの案内、在宅医療の相談などに対応します。
【日】毎週月~土曜日(祝休日、年末年始を除く) 9時00分~12時00分、13時00分~17時00分
【ホ】http://www.odawara.kanagawa.med.or.jp/
●医師による電話医療相談(無料)
【時】13時30分~14時30分
※都合により時間が前後することがあります。事前にお問い合わせください。

--------------------
65歳からのプール教室
--------------------
【ID】P03393 〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1826
水中で膝痛・腰痛予防の運動をします。
【日】8月5日~10月28日の毎週月曜日(原則) 10時00分~11時30分
【場】スポーツプラザ報徳(堀之内458)
【対】市内在住の65歳以上の人20人・多数選考
【申】7月16日火曜日までに、電話で
※個人面談・体力測定有り。
※医師から運動を止められている人は、参加できません。

--------------------
食で生き生き!栄養教室
--------------------
【ID】P03391 〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1826
筋肉をつけるために効果的な栄養素の取り方に関する講話と、調理実習です。男性も参加できます。
【日】8月22日木曜日10時00分~13時00分
【場】保健センター
【対】市内在住の65歳以上の人20人程度・申込先着順
【費】500円(材料費)
【持】エプロン、三角巾、布巾
【申】7月16日火曜日~8月9日金曜日に、電話で
共催 小田原創友クラブ

--------------------
はつらつ健康相談(予約不要)
--------------------
【ID】P26635
血圧測定、足指力測定、健康・栄養相談などを行います。
【日】(1)7月3日水曜日 9時30分~11時00分
   (2)7月5日金曜日13時30分~15時00分
【場】(1)曽我みのり館
   (2)マロニエ

--------------------
がん集団検診(申込制)
--------------------
【ID】P26522 〔申込〕健康づくり課
電話 0465-47-4724 FAX 47-0830
集団検診は、電話・はがき・ファクス・市ホームページの申込フォームのいずれかでお申し込みください。時間など詳細や9月以降の日程は、市ホームページまたは健康カレンダー7ページを参照。
検診日会場/胃がん/乳がん※/子宮頸がん
7月 9日火曜日小田原アリーナ/○//
7月16日火曜日小田原アリーナ//○/○
7月27日土曜日保健センター/○/○/○
※乳がん検診はマンモグラフィ併用検診のみ

--------------------
献血
--------------------
【ID】P17481 
●ダイナシティイースト
【日】7月7日日曜日・21日日曜日 10時00分~12時00分、13時30分~16時00分
●フレスポ小田原シティーモール
【日】7月28日日曜日 10時00分~12時00分、13時30分~16時00分

--------------------
「すこやか健康コーナーおだわら」
ウォーキング講習会
--------------------
【ID】P27331 〔申込〕健康づくり課 電話 0465-47-4723
健康増進のためのウォーキング講習会をミズノ(株)と連携して開催します。
【日】7月25日木曜日14時00分~15時00分
【場】いそしぎ体育館
【定】20人・申込先着順
【費】200円(傷害保険料含む)
【申】前日までに、電話で

--------------------
ママパパ学級
--------------------
〔申込〕健康づくり課  電話 0465-47-4722
妊娠・出産・育児について学びます。
(1)妊娠中の過ごし方
【日】7月23日火曜日13時20分~15時30分
【内】栄養の話、分べんの流れ 他
(2)赤ちゃんとの生活 その1
【日】8月20日火曜日13時20分~15時30分
【内】小児科医の話、赤ちゃんの1日と成長 他
【場】保健センター
【対】妊娠20週以降の妊婦とパートナー(妊婦のみも可)
【持】母子健康手帳、筆記用具
【申】各前日までに、電話で

--------------------
みんなで市民体操「おだわら百彩」
--------------------
【ID】P25379 健康づくり課  電話 0465-47-4723
小田原をイメージできる動きと、“なんば”の動きを取り入れた市民体操「おだわら百彩」のレッスンをします。
【日】(1)7月 9日火曜日10時00分~11時30分
   (2)7月24日水曜日14時00分~15時30分
   (3)8月 1日木曜日10時00分~11時30分
【場】(1)UMECO会議室4
   (2)いそしぎ2階トレーニングルーム
   (3)小田原アリーナフィットネススタジオ
【定】各20人・申込先着順
【持】室内履き、飲み物、タオル
【申】各前日までに、電話で
※体操ができる服装でお越しください。

--------------------
親と子の料理教室
--------------------
小田原市食育サポートメイト(おだわら六彩会) 電話 0465-34-4545 FAX 0465-32-3546
【日】7月27日土曜日10時00分~12時00分
【場】保健センター2階調理実習室
【内】講話、調理実習
【対】市内在住の5歳~小学生と保護者12組・申込先着順
【費】保護者300円、子ども200円
【持】エプロン、三角巾、食器拭き用布巾、手拭き用タオル、筆記用具、室内履き
【講】小田原市食育サポートメイト(おだわら六彩会)
【申】7月19日金曜日までに、親子の氏名・年齢・連絡先・アレルギーの有無を書いてファクスで

--------------------
休日・夜間急患診療カレンダー
--------------------
【場】保健センター  
【持】健康保険証
●休日診療(日中)
 受付 8時30分~11時30分(歯科9時00分~) 13時00分~15時30分
内科、小児科、耳鼻咽喉科、歯科/眼科
7月 7日日曜日/○/○
7月14日日曜日/○/-
7月15日祝日/○/○
7月21日日曜日/○/○
7月28日日曜日/○/-
8月 4日日曜日/○/○
8月11日祝日/○/-
8月12日休日/○/-

●準夜間診療 ※内科・小児科のみ
 受付 平日 19時00分~22時00分
     土・日曜日、祝休日 18時00分~22時00分
●連絡先
 休日・夜間急患診療所     電話 0465-47-0823
 休日急患歯科診療所      電話 0465-47-0825
 休日・夜間急患薬局 電話 0465-47-0826
●休日・夜間の病院案内   
消防署 電話 0465-49-0119
●毎日、夜間の急患診療   
毎夜間・当直医の診療科と小児科の診療 
 市立病院 電話 0465-34-3175


====================
#15 〈連載〉悪質商法の最前線 私は、だまされんぞう!
====================
1
無料で屋根の点検をします
無料なら、お願いします
2
点検後…
屋根の一部が剥がれています。
今すぐ修理しないと、雨漏りで家がだめになります。
150万円のところ、今日なら100万円でできますよ
おろおろ…
3
本当は剥がれてないよ。ウッシッシ
では、こちらに印鑑を… 契約書

待たれよ!!シャシャシャー

〈「悪質商法」は、あなたの大切な財産を狙っています。〉
手口は年々複雑多様化。「騙されない!」と思っているあなたこそ注意が必要です。
 無料点検などと称し、自宅に上がりこみ、「修理しないと大変なことになる」と不安をあおり、高額なリフォーム契約などを結ばせます。一度契約してしまうと、さまざまな手口で不安をあおり、類似のリフォーム契約などを複数回結ばせることもあります。
 市内では、同一の業者と複数回にわたり、契約し、合計数百万円を支払ってしまった事例もあります。

忍法! 
「無料点検」という甘い言葉に注意せよ!の術!
×突然訪問してきた業者を家に入れてはならぬ。
×「今日だけ特別に値引き」など契約を急がせる業者は、特に注意せよ。
×その場で契約せず、本当に必要かどうか考えよ。

これって悪質商法!?
そんなときは、消費生活センターに連絡を。 電話 0465-33 -1777


====================
#16 〈連載〉高齢者自立支援ケアマネジメント おしえて! はっするきゃっする
====================
人生100年時代。年を重ねても自分らしく暮らしていくために、自分にできることは何か、一緒に考えていきましょう。
【問】高齢介護課 電話 0465-33-1826 【WEBID】 P03386

第3回
お口の機能を鍛えよう
(1)耳下腺:耳の前、上の奥歯あたりを、後ろから前にやさしくまわす。
(2)顎下腺・舌下腺:あごの内側の柔らかい部分を、耳からあご、舌の付け根をやさしく押す。
唾液腺マッサージでお口をリフレッシュ!!

口腔ケアでいつまでも元気に
 年齢とともに筋力が低下するように、しゃべる・噛む・飲み込むなどの口腔機能も低下していきます。そうすると、物が食べにくくなり、栄養不足から、体力も低下。介護が必要な状態になりやすくなります。口腔機能を維持するために、かかりつけ歯科医への定期受診や、口腔体操などで口腔機能の低下を防ぎましょう。市では年4回、「お口のスキルアップ教室」を開催予定。口腔機能低下予防のヒントが学べます。
日時 8月29日木曜日14時00分~15時30分
場所 けやき4階第2会議室
対象 市内在住の65歳以上の人50人・申込先着順
※筆記用具、老眼鏡、手鏡をお持ちください
申込 7月16日火曜日~8月16日金曜日に、電話(33-1826)で

一般社団法人小田原歯科医師会
 口腔機能が徐々に弱くなる「オーラルフレイル」は、歯が全てあっても起こる可能性があります。歯周病やむし歯などで歯を失った際は、適切な処置を受けるとともに、定期的な歯科検診も必要です。小田原歯科医師会はかかリつけ歯科医師として、歯や歯肉の健康を守るとともに、オーラルフレイル予防に取り組んでいます。ご相談は小田原歯科医師会のかかりつけ歯科医まで。
西本幸仁先生


====================
#17 〈連載〉至誠・市政
====================
加藤憲一
さまざまな居場所を
 人口減少、少子高齢化、地域の絆の弱まり、スマートフォンやインターネットが主流のコミュニケーション……。私たちは、かつて経験したことのない社会的変容のただ中にあり、人と人との結びつきや支え合いといった関係性は希薄となりがち。そのことが昨今の様さまざまな社会的問題の背景にもなっている中、顔を合わせ、和やかに言葉を交わし、仲間が拡がり、互いの個性や役割を認め合い、共に生きている愉しみを分かち合えるような、それぞれの世代や目的に応じたさまざまな「居場所」が、地域社会の中でこれまで以上に求められています。
 幸い、多彩な市民活動や地域コミュニティが息づく小田原では、そうした「居場所」が着実に生まれ育ち始めています。ここでは、「子ども」と「シニア」に関わる二つの活動を紹介します。 
ひとつは、「子ども食堂」。酒匂・小八幡地域で開設された「はまっこテラス」を草分けとして、現在市内では6か所が開設に至っており、今後オープン予定のものも複数あります。つい先日、この4月に新たにオープンした上府中地区の「かみふカフェ」を訪問。空家をお借りした会場には、大勢の小中学生に加え、お孫さんと一緒のご婦人、自治会長や民生委員さん、地域の医師、千代小学校の校長先生などが集い、ボランティアの皆さんの手作りによる、地元産のお米や野菜をふんだんに使ったお昼ご飯や手作りデザートに舌鼓。食後は大人と子どもが混ざり合いながら和やかに過ごす、さながら大家族のような光景が見られました。
 もうひとつは、「シニアネットワークおだわら&あしがら(略称:SNOA)」。企業勤めを終えられた60代の皆さんが中心となり、豊富な経験や知識、人的ネットワークなどを、地域のために活かすべく活動され、現在5年め、会員数は150名ほどに増えています。その中で、郊外に拡がる耕作放棄地の開墾と、柑橘園としての再生作業が本格化しています。先日私も早川地域での活動現場をお訪ねしましたが、60代から70代、最高齢は85歳までの男女の皆さんが、相模湾を望む日当たりのよい農園で楽しみながら作業し、最近参加するようになった関東学院大学の学生さんも含めての交流の場となっており、皆さんとてもイキイキとしていました。
 いずれも、社会的課題の解決を目指す場づくりや活動が、そのままさまざまな人たちの「居場所」になる好例です。さまざまなテーマやスタイルの、開かれた「居場所」の拡がりを、市としてもしっかり応援していきます。_


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.