令和2年度おだわら市民学校教養課程「郷土の魅力を知り伝える」第4回を実施しました

第4回目【11月4日(水)】
「北条ゆかりの史跡巡り①~小田原城総構~」

 おだわら市民学校教養課程「郷土の魅力を知り伝える」の第4回は、NPO法人小田原ガイド協会 真木和男さん、神田耕治さんに小田原城総構をご案内いただきました。
 秋晴れのもと、今回は総構の山側を中心に歩きました。JR小田原駅西口を出発したあとは、坂を上り城下張出から尾根伝いに山の神堀切、稲荷森を巡り小峯御鐘ノ台大堀切東堀を通って三の丸外郭新堀土塁までの約5キロを散策しました。
 天正18年(1590)年、天下統一を目前とした豊臣秀吉の攻撃を防ぐために、北条氏は城下町を含めて全長約9kmの防衛ラインを築きました。防御性の高い自然地形を背景に土塁と堀をめぐらした「土」でできた城=小田原城総構の説明を伺って、戦国の世を体感することができました。
 小峯御鐘ノ台大堀切の東堀では実際に底地を歩くことで、急なのり面や堀の高さを目の当たりにしました。
 受講生にとって、尾根を土塁に谷を堀にするよう地形を利用して、小田原城総構を築き上げた北条氏に改めて関心を示していました。
 
   
城下張出

城下張出

山の神堀切

山の神堀切

稲荷森

稲荷森


説明を聴くBグループの受講生

説明を聴くBグループの受講生

NPO法人小田原ガイド協会 真木さん

NPO法人小田原ガイド協会 真木さん

NPO法人小田原ガイド協会 神田さん

NPO法人小田原ガイド協会 神田さん


小峯御鐘ノ台大堀切東堀を歩くAグループの受講生〉

小峯御鐘ノ台大堀切東堀を歩くAグループの受講生〉

小峯御鐘ノ台大堀切東堀を歩くBグループの受講生〉

小峯御鐘ノ台大堀切東堀を歩くBグループの受講生〉

三の丸外郭新堀土塁の案内板

三の丸外郭新堀土塁の案内板


おだわら市民学校

「おだわら市民学校」は、皆で集い、ともに学び、実践へ繋げる「人のチカラ」を育む”新たな学びの場“です。

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 生涯学習センターけやき

電話番号:0465-33-1881


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

おだわら市民学校事務局

小田原市文化部生涯学習課(生涯学習センターけやき) 〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 電話:0465‐33‐1882ファックス:0465-35-5449

© City of Odawara, All Rights Reserved.