妊婦、未成年の新型コロナワクチンの接種について

小田原市では、妊婦、未成年の方へ安全に接種を行うため、国等の見解や小田原医師会との調整を踏まえ、以下のとおり実施します。

妊婦の方への接種について【優先接種中】

まずは、妊婦健診を受けている医療機関にご相談ください。
妊娠の時期を問わず、妊婦健診先の医師の了解を得ていれば、集団接種を含む産婦人科以外の取扱い医療機関(個別接種)でも接種を受けられます。
ただし、接種後は、できるだけ早く産婦人科で健診を受け、接種後に体調が悪くなった場合は産婦人科に受診してください。
予約がとれない場合や接種を取り扱っていない医療機関がかかりつけ医となっている妊婦の方への優先接種(予約枠の確保)を行っていますので、市コールセンター(050-5526-1151)で予約することができます。
接種日、接種場所については、予約の際にご案内します。
新型コロナウイルスワクチンの福祉施設等従事者向け接種会場(新横浜国際ホテルマナーハウス(南館)(横浜市港北区新横浜3-7-8))において、新たに県内在住の妊婦及びその同居家族も接種を受けられるよう対象が拡大されました。8月31日(火)から予約受付を開始しています。

未成年の方への接種について【予約受付・接種中】

7月末までに12歳以上であった方には既に接種券を送付しています。
8月以降12歳になった方については、誕生日を迎えた翌月の第1週に接種券を発送します。

医療機関での個別接種

年齢区分 保護者の同意 保護者の同伴(※)
16~19歳の方 【不要】 【不要】
中学校を卒業した15歳の方 【必要】 【不要】
15歳以下の中学生 【必要】
・予診票に保護者自らの署名・続柄の記入が必要
・予診票の「電話番号」記載欄に、緊急連絡先(接種当日に、必ず保護者と連絡のつく番号)を記載すること
【原則必要】
※ただし、医療機関が保護者の同伴が必要ないと判断した場合は不要
12歳の小学生 【必要】
・予診票に保護者自らの署名・続柄の記入が必要
・予診票の「電話番号」記載欄に、緊急連絡先(接種当日に、必ず保護者と連絡のつく番号)を記載すること
【必要】
保護者の同伴ができない場合は、被接種者の健康状態を普段より熟知する親族等が、保護者の委任を受け同伴することは可能。

市が実施している集団接種

集団接種については、小学生及び中学生は、保護者の同伴がない場合は、接種を受けられません。

最終更新日:2021年09月12日


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.