野鳥のヒナを見守ってください

春から夏にかけては野鳥の繁殖シーズンです。この時期は親鳥が巣にいる雛や卵を守ろうとするため、巣のある付近を通る人の頭上に飛来して威嚇したり、ときには、足で頭をたたいたりする可能性があります。
また、野鳥のヒナを見かけることがあると思いますが、次のことに注意して見守ってあげてください。

ヒナを拾わないでください

巣立ったヒナ(巣立ちビナ)はすぐに自立できるわけではありません。
しばらくの間、親鳥から生きていくうえで必要なこと(飛ぶ練習・餌の取り方・コミュニケーション等)を学んでいます。

地面に飛べないヒナが落ちていた場合でも、拾わないでそのままにしてください
巣立ちビナは親鳥のように上手に飛ぶことができず、地面に降りて休憩することがあります。
ヒナが単独でバタバタしていても、上空から親鳥が見守ってくれています。
ケガをしているのではなく、巣立ちの訓練をしていますので拾ったり、保護する必要はありません。

人間が近くにいると親鳥が警戒して、ヒナの手伝いができなくなってしまいます。
また、迷子やケガと間違えて保護することは、誤認保護といいます。
誤認保護により親鳥から引き離してしまうと、生きていく中で必要なことを学べなくなってしまいます。

鳴いたり、動いたりして元気なようであればそのままにしてあげてください

道路付近など、危険がある場所にヒナがいる場合

親鳥は、ヒナの鳴き声が聞こえる場所であれば探すことができます。
道路付近にヒナが落ちていて危険な場合は、近くの木の枝や、物陰など安全そうな場所に移動してあげてください。
人が見守っていると親鳥はヒナに近づくことができないので、近くに親鳥の姿が見えなくても、その場から離れてあげましょう。

ケガをしている鳥類を見かけた場合は

ケガや病気の野生動物を見つけた場合、県の保護施設に持ち込んで下されば、保護・収容が可能です。
また、一部の民間動物病院でも一時治療を行います。

詳しくは県のホームページ(下記のリンク)を確認してください。

最終更新日:2018年12月05日


この情報に関するお問い合わせ先

環境部:環境保護課 環境保護係

電話番号:0465-33-1481


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.