令和4年度 地球温暖化対策推進事業費補助金(太陽光発電設備)

※注意※
市では、太陽光パネルの設置を促進するため、地球温暖化対策推進事業費補助金の他に、様々な補助メニューを展開しています。まずは、こちらをご確認ください。

地球温暖化対策推進事業費補助金について

令和4年11月9日現在、30件中11件受付
対象者 次のいずれかに該当する人
・自ら居住又は居住を予定している市内の住宅に自己所有型太陽光発電設備を導入すること
・自己所有型太陽光発電設備が導入された住宅を自らの居住用として購入し、居住すること
対象事業 次に掲げる要件をすべて満たす住宅の屋根等へ導入する自己所有型太陽光発電設備を取得すること。

1 太陽電池モジュールが、以下のいずれかの規格等に適合しているもの
(1)国際電気基準の規格又は日本産業規格に適合しているもの
(2)一般財団法人電気安全環境研究所等の第三者認定を受けているもの

2 太陽発電設備は、商用化され、導入実績があるものであること。
  また、設置前において、使用に供されたものでないこと。

3 同一年度内において、本市の他の補助金と併用されるものではないこと。
  ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りではない。

4 導入又は購入し居住する建物の所有権が、申請者に属さない場合は、書面による所有者の設置承諾を受けていること。
金額 1件につき5万円
 ※実績報告の手続き終了後に指定の口座に振込
件数 30件程度
申請期限 令和4年(2022年)10月11日(火)~令和5年(2023年)2月28日(火)
※今年度の予算額の上限に達した場合、募集期間内であっても募集を締め切ります。
注意事項 ・地球温暖化対策推進事業費補助金については、「契約後」かつ「太陽光発電設備の着工前」であれば申請いただけます。

・郵送の場合、到達日を受付日とします。

・同日に受付をしたものは、郵送であっても、持参であっても、同着受付とします。

同日の受付分をもって予算額の上限を超える申込があった場合、事務局で厳正なる抽選を行います

書式については、本ホームページに添付のものをお使いください。

申請の流れ

申請から着工まで

STEP1 申請書類の提出
・工事の着手(建売については引渡し)前までに申請し、補助金交付決定日以降に工事の着手(建売については引渡し)してください。
・令和5年(2023年)2月28日(火)まで。
STEP2 申請書受理
・すべての書類が正しく揃った時点で受理となります。
・補助金交付決定日より前の着工(建売については引渡し)は認められません。
STEP3 決定通知書の送付
・補助金の交付が決定したら、申請者本人宛に「小田原市地球温暖化対策推進事業費補助金交付決定通知書」を送付します。
・交付決定には、申請書受理後おおむね1か月を要します。
・完納証明の提出の場合、おおむね2週間で交付決定が可能です。
STEP4 工事着手
・交付決定日以降に着手してください
・申請内容に変更がある場合や工事を中止する場合は、速やかにゼロカーボン推進課に連絡し、「補助金変更等承認申請書」又は「軽微な変更届」を提出してください。

設置完了後

STEP5 実績報告書の提出
・設置完了日から起算して1か月を経過した日、又は令和5年(2023年)3年31日(金)までのいずれか早い日までに提出してください。
STEP6 補助金の交付
実績報告書提出後1か月以内で交付となります。

財産処分の制限

設置完了日から起算して、17年以上所有・使用してください。

※制限期限内にやむを得ず処分をしようとする場合は、
「その他書式‐財産処分」の申請書を速やかに提出してください。

書式集

提出書類について

提出書類については、郵送または持参での提出をおねがいします。
また、提出された書類は返却されません。

※修正テープ(修正液)等を使用したものは受理できません。
※ボールペンなど、消えない筆記用具で記入してください。消せるボールペンを使用したものは受理できません。

<住所>
小田原市荻窪300
環境部 ゼロカーボン推進課 補助金担当

申請に関する書式

申請に必要な書類は全部で5種類です。
不備のないよう、ご注意ください。
(1)

令和4年度 申請書 (様式第1号その3)  ワード形式 :133KB


(2)
設置工事請負契約書又は住宅の購入契約書
 ただし、次の要件を満たさないものについては、それが分かる書類を追加で提出ください。
 ・補助対象設備が契約に含まれている契約であること。
 ・補助対象設備に係る経費の内訳が確認できること。
 ・工事着手予定日及び工事完了予定日が明記されていること。
  ※補助対象設備:太陽電池モジュール及びパワーコンディショナー

(3)
導入する太陽光電池モジュールの型式が確認できる書類(仕様書やカタログ等)

(4)
導入するパワーコンディショナーの型式が確認できる書類(仕様書やカタログ等)

(5)
・郵送または申請者本人が来庁しない場合
 申請者の身分証明書の写し
 ※代理人の身分証明書の写しは必要ありません。
・申請者本人が来庁して申請する場合
 身分証明書をご持参ください。なお、写しの提出は不要です。

(6)
導入する太陽光発電設備又は購入する建物の所有権が、申請者に属さない場合

令和4年度 同意書 (様式第14号)  ワード形式 :99KB


令和4年度 同意書 (様式第14号)  PDF形式 :102.3KB


実績報告に関する書式

実績報告に必要な書類は8種類です。
不備のないよう、ご注意ください。
(1)

令和4年度 実績報告書 (様式第7号)  ワード形式 :51.5KB


(2)
補助対象設備の費用を支払ったことがわかる書類
 ※補助対象設備に係る金額が領収書に記載されていない場合や領収書がない場合は、
 「その他書式-補助対象経費の支払い証明書(様式第13号)」を使用してください。
 ※ローンでの支払い等であっても、令和5年3月31日までに提出してください。

(3)
導入又は購入し居住する建物において、太陽光発電設備が使用されていることがわかる書類
(電力需給契約書や「電気ご使用量のお知らせ」等)

(4)
設置が完了したことがわかる書類(保証書等)

(5)
当該住宅に居住していることを示す住民票
 ※必ず補助金交付決定日以降に発行されたものを提出してください。
 ※補助金交付決定日より前に発行された住民票は受理できません。

(6)設置状況を示すカラー写真
(設置環境により写真撮影できない場合は、設備等の配置図)

(7)

令和4年度 請求書  エクセル形式 :121.5KB


令和4年度 請求書  PDF形式 :109.5KB


(8)
・郵送または申請者本人が来庁しない場合
 申請者の身分証明書の写し
 ※代理人の身分証明書の写しは必要ありません。
・申請者本人が来庁して申請する場合
 身分証明書をご持参ください。なお、写しの提出は不要です。

その他書式

領収書または領収書に補助金対象設備に係る金額の記載がない場合

氏名・連絡先の変更など軽微な変更

令和4年度 軽微な変更届 (様式第4号)  ワード形式 :77.5KB


工事の内容に変更が生じた場合や、工事を中止する場合

期限内にやむを得ず処分しようとする場合

参考

最終更新日:2022年11月09日



この情報に関するお問い合わせ先

環境部:ゼロカーボン推進課 ゼロカーボン推進係

電話番号:0465-33-1426


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.