子育て・教育

妊娠から出産、子育て・育児、幼稚園・保育園、小・中学校に関する情報

令和3年度児童手当現況届(6月は、現況届の手続月です)

令和3年5月まで児童手当・特例給付の受給者だったかたが継続して受給するためには、現況届の提出が必要です。

令和3年6月1日に現況届、案内文、返信用封筒などを、受給者の住所宛てに発送しました。同封の記入例をご確認いただき、「郵送」または「電子申請」にてご提出ください。

1. 提出について

令和3年6月30日(水)必着でご提出ください。

期限を過ぎますと、令和3年10月のお支払ができず、差し止めになる場合があります。

郵送の場合

〒250-8555
小田原市荻窪300番地
小田原市役所 子育て政策課 手当・医療係

電子申請の場合

下記リンクから申請ページにお進みください。
  • 電子申請のご利用には、メールアドレスによる利用者登録が必要です。
  • 電子申請システムがうまく動作しない場合は、次のリンクから動作環境及びブラウザの設定をご確認ください。

現況届の記入の方法について

現況届の記入の方法については下記の記入例をご覧ください。

児童手当現況届記入例  PDF形式 :273.4KB


2. 必要な添付書類

書類に不足があると、手当の支給が遅れる場合があります。

必要添付書類については特にお気をつけください。

(1)共済組合員の方(国家公務員共済組合、地方公務員等共済組合)の方

受給者(大人)の健康保険証(記号・番号は、見えないように黒塗りなどしてください。)

  • 文部科学省共済組合員証(大学勤務のかた)
    ※「○○大学支部」「○○研究所」など記載があります。
  • 財務省共済組合員証(印刷局勤務のかた)
  • 地方公務員共済組合組合員証(独立行政法人勤務のかた)
  • 厚生年金加入者、私立学校教職員共済組合加入者のかたや、小田原市国民健康保険被保険者証、生活保護受給者証をお持ちのかたは、保険証や生活保護受給者証は添付不要です。

(2)児童と別居している方

別居監護申立書(受給者(大人)とお子様が住民票上、別々になっている場合のみ提出が必要)

(3)離婚協議中などの事情で配偶者と別居し、児童と同居しているために受給資格のある方

児童手当等の受給資格に係る申立書(同居優先)

3. 所得制限

児童手当には所得制限が設けられています。扶養人数と所得制限限度額については、下記の表をご確認ください。

 

令和3年6月分~令和4年5月分手当については、令和2年中所得が審査対象となります。

 

所得制限限度額を超える所得のかたは、お子様1名につき、月額一律5,000円の支給となります。


※令和3年6月1日に送付いたしました「令和3年度 児童手当・特例給付 現況届のご案内」(児童手当・特例給付の現況届に同封)につきまして、裏面の所得制限の限度額に記載誤りがありました。正しくは以下の表の内容になります。お詫びして訂正いたします。

税法上の扶養親族等(同一生計配偶者含む)の数

所得制限限度額

0人

622万円

1人

660万円

2人

698万円

3人

736万円

4人

774万円

5人

812万円

6人

850万円

※扶養親族等の数は、所得を判定する年に市町村民税の扶養親族等としている数
※同一生計配偶者は、年間所得48万円(給与所得者の場合、年収103万円)以下の配偶者
※老人扶養親族(70歳以上)または70歳以上の配偶者がいる場合、1人につき6万円を加算

[参照]審査対象となる所得額の算出方法

A所得額 - B控除額

A所得額 =

総所得金額(給与所得、事業所得など(※)。給与所得または雑所得(公的年金等)がある場合は、それらの合計額から10万円を引いた額(その額が0円を下回るときは、0円))
退職所得金額
山林所得金額
土地等に係る事業所得等の金額
長期譲渡所得の金額(マイホーム売却時等の特別控除後の額)
短期譲渡所得(マイホーム売却時等の特別控除後の額)
先物取引に係る雑所得等の金額
条約適用利子等の額
条約適用配当等の額

B控除額 =

8万円(全員一律)
医療費控除(控除額全額)
小規模企業共済等掛金控除(控除額全額)
障害者控除(27万円。特別障害者は、40万円)
ひとり親控除(35万円)
寡婦控除(27万円)
勤労学生控除(27万円)
雑損控除(控除額全額)

※利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、譲渡所得、一時所得および雑所得

4. 前年度以前の現況届未提出のかた

令和3年度現況届の受付開始後も、令和2年度、令和元年度の現況届を引き続き受け付けています。児童手当・特例給付を受けるためには、必ずご提出ください。

赤ちゃんに出会うまでイメージ

赤ちゃんに出会うまで

妊娠から出産までに役立つサービスや手続きのタイミングを確認しましょう

赤ちゃんが生まれたらイメージ

赤ちゃんが生まれたら

届出が必要な書類、出産後の助成、検診・相談窓口などを確認しましょう

おでかけイメージ

おでかけ・子どもの居場所

子育てひろばや子ども食堂、近所にある公園などのおでかけスポット情報

あずけるイメージ

あずける

保育園・幼稚園、相互援助活動(ファミリー・サポート・センター)などの情報

お悩み・相談イメージ

お悩み・相談

育児相談、親子心理カウンセリング、助成制度、支援センターなどの情報

届出・手当

届出・手当

各種届出、児童手当、児童扶養手当等の情報

さまざまな子どもを支援イメージ

様々な子どもを支援

ひとり親家庭向け、障害時福祉などの情報

教育イメージ

教育

小・中学校に就学するお子様、ご家庭向けの情報については
「暮らしの情報 > 教育」をご覧ください。


この情報に関するお問い合わせ先

子ども青少年部:子育て政策課 手当・医療係

電話番号:0465-33-1453


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原子育て情報サイト「ぴんたっこ」

よくある質問

このページに関連する「よくある質問」はありません

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.