【延期】第23回文化セミナー『鴻上尚史さんに聞こう、表現力について。』

文化セミナー延期について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1月24日(日)に予定されていた「第23回文化セミナー 鴻上尚史さんに聞こう、表現力について。」は、開催を見合わせ、延期といたします。

【延期開催】 令和3年2月28日(日) 16時00分~ 生涯学習センターけやきホール
【動画配信】 令和3年3月2日(火)~3月16日(火)

※セミナー聴講者の追加募集はありません。
※当日のリアルタイム配信は行いません。
※緊急事態宣言が延長となった場合や新型コロナウイルスの感染状況により、事業自体が中止となる可能性があります。
チラシ
小田原三の丸ホールのオープンに向けて、第一線で活躍する文化人や研究者、アーティストの皆さんをお招きしてお話を聞くセミナーシリーズです。
第23回は、作家・演出家として活躍するだけでなく、ラジオ・テレビのパーソナリティなどでもおなじみの鴻上尚史(こうかみ・しょうじ)さんをお招きして、お話を伺います。
演劇界では『第三舞台』の主催者として伝説的な人気を誇り、劇団解散後は渡英し演劇教育や表現教育についての研究も行い、多数の著書を執筆されています。ラジオのパーソナリティや、クールジャパンをテーマにしたテレビ番組のMCを長年務められるなど、広範なご活躍をされています。

舞台表現だけでなく、さまざまな「人間の表現活動」について、多様な方向性から発信してきた鴻上尚史さんに、「新しい生活様式」が芸術文化の在り方をも変えようとしている今、人間が表現するということはどういうことなのか、そしてこれからどのようにしていくべきなのか、表現の第一線に生きてきた鴻上尚史さんのお考えを伺います。

文化セミナーオンライン配信【配信期間】3月2日(火)~3月16日(火)

鴻上尚史さんのお話するセミナーの様子を、YouTubeを通じてオンライン配信をします。
ネット環境のある方なら、だれでも視聴が可能です。
遠方の方、当日会場に来られない方でもお気軽にご参加いただけますので、ぜひご利用ください。
【注意】スマートフォン、タブレットなどの方は、パケット通信料がかかります。
固定通信回線、Wi-Fi環境のある場でご視聴ください。
リンク用ボタン

上記ボタンをクリックするとチャンネルへリンクします


日時

令和3年2月28日(日)16:00~18:00

会場

定員

100名(申込先着順)
※定員に達したため、受付は終了しました。キャンセル待ちも行いません。
※感染症防止対策のため、定員を制限しています。

参加費

無料

申し込み方法 ※定員になりました

定員に達したため、会場での聴講は締め切りいたしました。
オンライン配信での視聴をお勧めいたします。

申し込み期間

令和2年12月10日(木)~令和3年1月22日(金)

主催

おだわら文化事業実行委員会(小田原市/一般財団法人小田原市事業協会)

協力

株式会社サードステージ

音源提供

講師紹介 鴻上 尚史(こうかみ・しょうじ)さん

鴻上尚史

(C)TOWA

作家・演出家。1958年愛媛県生まれ。
1981年に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手がけ「朝日のような夕日をつれて」「ハッシャ・バイ」「天使は瞳を閉じて」「トランス」などの作品群を発表する。2011年に第三舞台封印解除&解散公演「深呼吸する惑星」を上演し、現在は、プロデュースユニット「KOKAMI@network」と、2008年に若手俳優を集め旗揚げした「虚構の劇団」を中心に活動。これまで紀伊國屋演劇賞、岸田國士戯曲賞、読売文学賞など受賞。舞台公演のほかには、エッセイスト、小説家、テレビ番組司会、ラジオ・パーソナリティ、映画監督など幅広く活動。98年には演劇ワークショップのリサーチのため渡英し、俳優育成のためのワークショップや講義も精力的に行うほか、表現、演技、演出などに関する書籍を多数発表している。海外公演としては、「TRANCE」(07年)、「Halcyon Days」(11年)を上演し、いずれもイギリス人キャストへの演出を行っている。
最近作(演劇)は、「ベター・ハーフ」、KOKAMI@network vol.17「地球防衛軍苦情処理係」、近著には「不死身の特攻兵〜軍神ははぜ上官に反抗したか〜」(講談社新書)、「空気」を読んでも従わない 生き苦しさからラクになる (岩波ジュニア新書)など。週刊SPA!にてエッセイ「ドン・キホーテのピアス」、AERA.dotにて「鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋」を連載中。桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授。昭和音楽大学客員教授。

会場アクセス

会場:小田原市生涯学習センターけやき ホール
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地
アクセス:◆JR・小田急各線「小田原」駅下車 西口より徒歩約15分
駐車場:有(50台)
(駐車台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください)
地図を表示

>> 大きい地図を表示

 からの 

最終更新日:2021年01月15日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化政策課 芸術文化創造係

電話番号:0465-33-1709


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.