令和3年度 固定資産税・都市計画税納税通知書の発送について

令和3年度 固定資産税・都市計画税の納税通知書を令和3年4月30日(金)に発送しました。
固定資産税・都市計画税は、毎年1月1日現在、市内に土地・家屋・償却資産を所有している人に課税されます。
市税収入の約半分を占め、市民サービスや公共事業の財源になります。

納期限と納付方法

各納期限までに、市役所、指定の金融機関、コンビニエンスストアで納付書により納めていただくか、口座振替により納めてください。
また、今回からスマートフォンアプリによる納付ができます。
※納付書は4期分を同封しておりますので、期別および納期をよく確認して納めてください。
※税額が30万円を超える納付書は、コンビニエンスストアではお取扱いできません。
※口座振替用と共有者用の納税通知書には、納付書は同封されていません。
第1期 第2期 第3期 第4期
令和3年5月31日(月)
令和3年8月2日(月)
令和3年11月30日(火)
令和4年2月28日(月)

令和3年度の固定資産税・都市計画税の特例措置について

■特例措置(家屋・償却資産の課税標準額の特例)
 新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している中小事業者などで、特例措置の申告をいただいた方については、令和3年度に限り、事業用家屋および設備などの償却資産に係る固定資産税・都市計画税が軽減されます。特例の対象となる事業用家屋には課税明細書[12個別事項]の欄に「特例」と表示されています。また、償却資産については軽減後の課税標準額が記載されています。
 なお、特例措置により固定資産税・都市計画税が課税されない場合は、納税通知書は送付されません。適用について確認される場合は固定資産税名寄帳を取得してください。
 ※特例措置の申告の受付は令和3年2月1日で終了しています。
 ※償却資産は納税通知書に軽減適用の記載はありません。
 ※土地や居住用家屋は対象外です。
 ※本特例措置以外の特例も課税明細書[12個別事項]の欄に「特例」と表示されています。

■据置措置(土地の負担調整の特別措置)
 令和3年度に限り、下記の土地については、地価が上昇していも令和3年度の課税標準額を令和2年度の課税標準額と同額にする措置が取られています。
土地の区分
負担水準
商業地等
60%未満
商業地等以外の宅地
100 %未満
農地
100%未満

よくある質問と回答

Q 平成29年中に新築した木造住宅の固定資産税が急に高くなりました。
A 一定の要件を満たした新築住宅は、新築後3年間、床面積120平方メートルまでの固定資産税が2分の1に減額されます。このケースは、3年間の減額措置が終了し、本来の税額になったものです。

Q 2月に土地と家屋を売却したのに、納税通知書が送られてきました。
A 固定資産税・都市計画税は、毎年1月1日(賦課期日)現在の所有者に課税されます。令和3年度の税金は1月1日現在の所有者(売主)に納めていただきます。

Q 口座振替をしたのに納付書が同封されていました。
A 共有名義の構成員が変更になった場合や相続などにより名義が変更になった場合は、納付書による納付となります。再度、口座振替を希望する場合は、同封の口座振替依頼書(はがき)によりお申し込みください。

Q 固定資産税(土地)が急に高くなりました。
A 住宅を取り壊したことにより、特例が外れた可能性が考えられます。詳しくはお問い合わせください。

Q 令和3年1月2日以降に家屋を取り壊した場合の税金はどうなりますか。
A 毎年1月1日に存在している固定資産を課税対象としていますので、令和3年度分については、第4期分まで納めていただく必要があります。

Q 共有者用と書かれた納税通知書(緑色)が届いたのですが。
A 1つの固定資産を2人以上で所有している場合は、共有者全員が連帯して納税する義務があることから、共有者の方にも納税通知書を送付しています。
  ※納付書や口座振替のお知らせについては、代表者のみに送付しています。

Q 分譲マンションの課税について教えてください。
A 分譲マンション等の区分所有建物の敷地の用に供されている土地は、敷地に対する持ち分の割合に応じて税額を按分しています。また、規約設定共用部分(共有で使用している家屋)についても、床面積に応じて税額を按分しています。

お願い

次のような場合は、お手元に納税通知書をご用意の上、担当までご連絡ください。
内  容 担  当
・納税通知書に記載された住所(市外や法人)に変更があった場合
・海外へ転出される予定のある場合や海外から転入された場合
・宛名に誤りがある場合や亡くなられた方の名義の場合
資産税課 賦課係
(0465)33-1361
・土地の利用形態に変更があった場合 資産税課 土地評価係
(0465)33-1365
・家屋の取り壊しや増築、利用形態に変更があった場合 資産税課 家屋評価係
(0465)33-1371
・納付書を紛失した場合(再発行)
・納税に関する相談がある場合
市税総務課 納税係
(0465)33-1345

最終更新日:2021年04月30日



この情報に関するお問い合わせ先

総務部:資産税課 賦課係

電話番号:0465-33-1361


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

住民税試算システム紹介ページへリンク

無尽蔵プロジェクト・ブログ

よくある質問

このページに関連する「よくある質問」はありません

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.