看護部のご紹介

最終更新日:2019年04月15日


新人 井ノ谷光希 × プリセプター 川口留佳

井ノ谷&川口

お二人が看護師を目指した理由、小田原市立病院を選んだ理由を押してください!

川口 
幼稚園のとき、初めて身内が亡くなり家族が動揺しているとき、温かい言葉をかけてくれた看護師の姿にあこがれました。小田原市立病院は、救命救急センターをはじめ様々な機能があって、この地域になくてはならない存在だということが選んだ理由です。
井ノ谷
私は3年間、県内の別の病院で働いてきましたが地元の小田原に戻りたい気持ちがずっとありました。
地元に戻るにあたっては、最も地域を支える役割を担っていて、自分の研鑽にもつながる病院として小田原市立病院を選びました。

働いてみて小田原市立病院のどういったところが魅力だと思いますか?

井ノ谷
もともと働いていた病院は規模が大きいところでした。小田原市立病院は大きいながらもスタッフがお互いに顔を覚えられるくらいのちょうどいい大きさであることが魅力です。
川口
救命救急センターは、特に多職種で患者さんに関わらなければならないのですが、職種のチームワークの良さがとてもいいところが魅力です。

仕事の中でやりがいや喜びを感じる瞬間を教えてください!

川口
厳しい状態で搬送されてくる患者さんも数多くいて、もちろん、どんな状況でも最善を尽くします。だからこそ、患者さんが回復していくときに喜びを感じます。

井ノ谷&川口

この1年間で印象に残っているエピソードを教えてください!

井ノ谷
患者さんが自分の名前を覚えてくれて「忘れないよ」と言ってくれたのが心に残っています。

この1年間で大変だったこと、それをどう乗り越えたか教えてください!

井ノ谷
まず今の環境に慣れることが大変でした。前の病院ではNICUにいたので大人の患者さんに関わるということが新鮮でもあり、大変でもありましたが、周囲の支えで慣れていくことができました。
川口
この1年は、今まで見たことない症例と出会うことが多かったので、職場で自主的な勉強会を何度も開催して乗り越えてきました。

お二人の今後の目標を押してください!

川口
地震や水害などが全国で多く起きているので、私も災害への対応を勉強していきたいと考えています。
井ノ谷
早く経験を積んで救急外来で働きたいです。救急外来は、限られた情報の中で先を読んで行動しなければならない職場なので大きく成長できると考えています。

井ノ谷&川口2

お互いへのメッセージをください!

井ノ谷
川口さんのようにバリバリ仕事のできる看護師になりたいです!
川口
井ノ谷さんは芯がしっかりしていて、自分の看護観を持っているところが素晴らしいです。一緒に頑張っていきましょう!

看護師を目指す学生さんへのメッセージをください!

川口
皆さんは救命救急センターにはどんなイメージを持っていますか?実習では経験したことのないダイナミックな職場で、看護師として必ず役立つ経験ができますよ。ぜひ一緒に働きましょう!
井ノ谷
小田原市立病院、そして救命救急センターには、成長したい気持ちがあれば、いくらでも新しいチャンスがあります。皆さんが仲間になってくれるのを待っています。

小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.