看護部のご紹介

最終更新日:2019年01月08日


クロストーク

手術室新人×プリセプター

手術室新人とプリセプターの写真1

お二人が看護師を目指した理由、小田原市立病院を選んだ理由を教えてください!

新人
中学の頃に祖母が入院して、お見舞いに行ったときにあこがれて看護師になろうと思いました。小田原市立病院は実習先の中でも看護師のコミュニケーション能力が高かったので選びました。
プリセプター
小学生時代に祖母が救急搬送されて家族はみんなオロオロしていたのに、看護師さんがテキパキしていたのがかっこよかったので看護師になりたいと思いました。 小田原は結婚して引っ越してきたのですが、小田原市立病院は診療科が多くあって地域一番の病院と聞いたので選びました。

働いてみて小田原市立病院のどういったところが魅力だと思いますか?

新人
小田原市立病院の手術室はチームワークが本当にすごいです!ひとつひとつのオペで看護師が一丸になっています。

仕事の中でやりがいや喜びを感じる瞬間を教えてください!

新人
先を予測して動くことができたときに喜びを感じます。
プリセプター
緊急手術におけるスタッフの調整がうまくいったときです。安全をしっかり確保しながら、それぞれがプロであるスタッフが最高のパフォーマンスを発揮できるよう自分がどう関われるか、緊張の中にもやりがいがあります。

この1年間で印象に残っているエピソードを教えてください!

新人
初めての術前訪問で、手術室に入る準備から出るまでの流れを話すのですが、どうしたら患者さんの不安を解消できるか、お顔をみながらしっかりと話すよう心がけました。

この1年間で大変だったこと、それをどう乗り越えたか教えてください!

プリセプター
この4月からそれまでより責任の重い立場になり役割も増えたことです。
家族と同僚が支えてくれたので乗り越えることができました。
3階東病棟新人とプリセプターの写真2

お互いへのメッセージをください!

プリセプター
手術室の看護は病棟とは違うけれども、患者さんのためにという基本は同じです。いつも患者さんの代弁者なんだという気持ちで取り組んでください。
新人
プリセプターが手術室看護師として誇りを持っている姿にあこがれています。これからもよろしくお願いします。

看護師を目指す学生さんへのメッセージをください!

プリセプター
小田原市立病院の手術室スタッフは若手の成長を応援しています。若いうちだからこそ吸収できるものがあるので、ぜひ門をたたいてください。
新人
看護師は生涯勉強だと言われますが、学校の友達との交流から学ぶこともあるので、友達を大切にしてください。

小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.