市長コラム

2024年02月22日(木)

市長コラム(令和6年2月22日)「当初予算の主な内容(その2)・地域経済の好循環」

 令和6年度当初予算の内容について、3つのまちづくりの目標である「生活の質の向上」「地域経済の好循環」「豊かな環境の継承」と「まちづくりの推進エンジン」の項目に沿って、新規事業等を中心にお知らせします。
 今回は、3つのまちづくりの目標のうち、「地域経済の好循環」についてです。

【地域経済の好循環】
●山縣有朋ゆかりの庭園連携事業費 【500千円】
・山縣有朋ゆかりの庭園である本市所有の「皆春荘」に加え、「椿山荘」「古稀庵」と連携し、板橋地区に3庭園のデザインマンホールを設置するなど、歴史まちづくりをPRし、邸 園文化を広めます。

●板橋地区活性化支援委託料
・公民連携により「甘柑荘」の公開を通じて共生社会の促進及び女性活躍といった本市の施策を周知するとともに、まち歩きによる回遊性を高めて板橋地区の活性化を図ります。

●外国人による日本語弁論大会開催事業費【3,073千円】
・多文化共生の地域社会の実現等を目的に開催されてきた「外国人による日本語弁論大会」を神奈川県内で初開催します。広く意見や考えを聞き、他の国や地域の文化に触れ、多文化共生に対する意識向上と国際交流の活性化を目指します。

●農業の多様な担い手育成支援事業(地域計画策定支援委託料)【32,149千円】
・新たな担い手が就農しやすい環境を整え、安定的に経営ができるよう支援することで、農業の活性化を図ります。
 また、将来の農地利用の姿を明確化するため、10 年後の農地の在り方を示した農業の地域計画の策定を進めます。

●江之浦漁港臨港道路基本設計委託料
・江之浦漁港機能強化基本計画に基づき、防災機能を優先した漁港機能の強化を進めるため、臨港道路改良に向けた基本設計に着手します。

●企業誘致促進事業【167,710千円】
・産業振興や雇用機会の拡大のため、市内工業系地域に新たに立地する企業及び拡大再投資を行う市内企業に対する支援や、オフィス等の新規立地に対する支援を行います。

●中小企業融資等支援事業【312,650千円】
・市内中小企業者の健全な発展を促すため、信用力、担保力等が弱い中小企業者の負担を軽減した融資制度を運用し、中小企業者を支援します。

●各種展示会・見本市出展補助事業(販路開拓事業)【12,497千円】
・見本市等への出展を支援するほか、海外展開を視野に入れる事業者と連携し、アメリカ・シリコンバレーで本市のものづくりや観光情報を発信する企画展や現地事業者とのマッチング機会を設けることにより小田原ファンの獲得とインバウンドの増加を目指します。

●美食のまち小田原推進事業【47,533千円】
・小田原の食材や人材の付加価値を高め、「美食のまち」のイメージを市内外に定着させるため、ガストロノミーツーリズムの試行や食の啓発イベントの開催など、民間事業者等が連携して食を活用した様々な事業を展開します。

●江戸期天守調査委託料
・将来的な小田原城天守閣の整備に備えるため、江戸時代に存在した天守の調査研究を進めます。小田原城天守模型の実測調査や天守が描かれた絵図類の調査等を行います。

●ジュニアアスリート支援事業費【500千円】
・全国大会に出場する小学生及び中学生を支援するため、奨励金(個人:5,000円、団体:上限50,000 円)を交付します。

2024/02/22 16:53 | 未分類

2024年02月21日(水)

市長コラム(令和6年2月21日)「当初予算の主な内容(その1)・生活の質の向上」

 2月14日に開会しました市議会3月定例会では、令和6年度施政方針演説を行うとともに、各会計の当初予算について、概要を説明しました。
 ここでは当初予算の主な内容について、3つのまちづくりの目標である「生活の質の向上」「地域経済の好循環」「豊かな環境の継承」と「まちづくりの推進エンジン」の項目に沿って、新規事業等を中心にお知らせします。
 今回は、3つのまちづくりの目標のうち、「生活の質の向上」についてです。

【生活の質の向上】
●マンホールトイレ整備工事請負費
・大規模災害時に備え、被災者が快適な避難生活を送れるようにするためのマンホールトイレを順次整備します。

●犯罪被害者等支援事業費【100千円】
・犯罪被害者等支援に係る取組を検討するに当たり、専門家や関係機関から意見等を聴取するため、懇談会を開催します。

●自転車乗車用ヘルメット購入費補助金【1,000千円】
・自転車乗車用ヘルメット購入費補助金を創設し、自転車乗車中の事故被害の軽減、交通安全意識の向上を図ります。

●外国人雇用に係る講師派遣事業費【50千円】
・市内の介護保険事業所等で働く介護人材を確保するため、外国人雇用に関する講師を派遣し、外国人人材の円滑な受け入れ体制の準備を支援します。

●成年後見制度利用支援事業における報酬助成等対象者の拡大【2,638千円】
・市長申立ての要件に該当していない低所得の高齢者や障がい者にも対象を拡大し、成年後見人の報酬等の全部又は一部を助成します。

●小児医療費助成事業の対象年齢拡大【39,570千円】
・医療費助成について、令和6年10月診療分から所得制限を設けず満18 歳年度末まで対象年齢を拡大し、子育て世帯の経済的な負担を軽減します。

●地域障がい児支援体制強化事業費【6,085千円】
・児童発達支援センターの機能強化を行い、地域における障がい児やその家族への支援体制の充実を図ります。

●子育て短期支援事業(ショートステイ・トワイライトステイ)【4,150千円】
・保護者が病気等の理由で家庭における児童の養育が一時的に困難となった場合に、その児童を施設において一時的に養育します。

●紙おむつ収集運搬処理委託料、紙おむつ専用回収ボックス設置費補助金【5,326千円】
・公立・民間保育所の使用済み紙おむつの回収を市で一括して行うことで 、 保護者の負担と保育士の業務負担を軽減 し、衛生面での改善を図ります。

●低所得の妊婦に対する初回産科受診料支援事業費【100千円】
・低所得世帯の妊婦に対して、初回産科受診の費用のうち、10,000円を上限に助成し、妊婦の経済的負担を軽減します。

●産後ケア(ショートステイ・アウトリーチ)委託料
・新たなサービスであるショートステイ型・アウトリーチ型を開始し、出産後の母子への支援を強化します。利用回数の上限を2回から、各サービス3回まで、合計7回まで拡充します。

●地域公共交通確保維持費補助金【12,200千円】
・バス事業者が単独で維持することが困難な路線について運行経費の一部を補助し、バス路線の維持確保を図ります。

●ステップアップ調査委託料
・児童生徒1人1人の学力の伸びに着目したステップアップ調査を令和6年度は対象校を全小中学校へ拡大し、実施します。

●学校給食における物価高騰分保護者負担軽減事業費【100,310千円】
・物価高騰等の影響により学校給食材料費を増額しますが、給食費を支払う保護者の負担額が増えないよう、引き続き支援します

●STEAM教育導入支援委託料
・小田原版STEAM教育の全中学校での実施に向けて導入支援対象校を拡大します。

●新病院建設事業【10,350,587千円】
・令和8年(2026年)春の新病院開院を目指し、引き続き、 開院支援業務(医療機器、運営、システム等)及び本体工事などを進めます。
 また、医療DXの推進として、令和5年度に導入した手術支援ロボット「ダビンチ」に加え、令和6年度は遠隔ICUを導入し、医療の質の向上や効率化に取り組みます。

2024/02/21 13:19 | 未分類

2024年02月20日(火)

市長コラム(令和6年2月20日)「市議会3月定例会開会」

 2月14日(水)、市議会3月定例会が開会しました。  
 会期は3月22日までとなっており、提出議案は、専決処分の報告が4件、常任委員会へ付託される3月補正予算が11件、条例議案が5件、事件議案が3件。また、予算特別委員会へ付託される新年度の当初予算が14件、条例議案が6件となっています。  

 補正予算について、一般会計・特別会計・企業会計を合わせた全会計の総額は、99億5,552万円余の補正を予定しており、主なものとしては、まちづくりの目標「生活の質の向上」の分野において、物価高騰による負担増の軽減のための事業として、住民税均等割のみ課税世帯に対し、1世帯当たり10万円を支給するとともに、低所得の子ども扶養世帯(18歳以下の子を扶養している世帯)に対し、子ども1人につき5万円を支給します。
 また、日中に路線バスの運行していない空白時間帯が生じている地域等において、移動支援策を検討するために昨年11月から実施している「おだタク・おだチケ実証事業」について、利用状況や地域の意見等を踏まえ、運用方法や対象要件等を見直すほか、対象地域を拡大して、引き続き本年10月まで事業を行ってまいります。

 令和6年度当初予算について、一般会計は前年度に比べ17億円増の765億円、一般会計・特別会計・企業会計を合わせた全会計の総額は、前年度に比べ約84億円増の約1,977億2,895万円余となり、一般会計及び全会計の総額はいずれも過去最大となりました。  
 特徴としては、第6次小田原市総合計画の第1期実行計画に位置付けた取組の中で、特に「子ども・子育て支援」、「脱炭素移行」、「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」、「大規模災害に備えた取組」の推進に主眼を置いた予算編成となっています。  

 市政運営において、私が何よりも大切にしていることは、「市民の命と暮らしを守ること」であり、この思いは市長就任当初から変わっておりません。この思いを根底に据えながら、令和6年度は、2030年に向かって、まちがにぎわい、成長していることが実感できる状況を地域全体で作っていくことで、「世界が憧れるまち"小田原"」の実現を目指していきたいと思います。

2024/02/20 14:31 | 未分類

2024年02月16日(金)

市長コラム(令和6年2月16日)

 2月4日(日)、令和5年度の小田原市民功労賞・市民栄誉賞の贈呈式を執り行いました。
 「市民功労賞」は、学術・文化・教育・福祉など、様々な分野で功績のあった個人や団体に、また「市民栄誉賞」はスポーツや芸術などの分野で、国内外で大きな成果をあげ、小田原の名を高めた個人や団体にそれぞれお贈りしています。
 
 今年度の市民功労賞は、小田原地方の民俗芸能の伝承と保存、普及啓発に努めてこられた「小田原民俗芸能保存協会様」、長年にわたり市社会福祉協議会会長として地域共生社会の実現に向け大きく貢献された「小野康夫さん」、エネルギー分野をはじめ、多方面で地元小田原のまちづくりにご尽力された「故・蓑宮武夫さん」が受賞。
 市民栄誉賞は、東海大学柔道部に所属し、ポルトガルで開催された柔道2023世界ジュニア選手権大会81kg級で優勝した「天野開斗さん」、メキシコで開催されたソフトボール第14回男子U18ワールドカップ日本代表メンバーとして出場し、世界一に輝いた「大野流畏斗さん」、アメリカで開催されたフットゴルフワールドカップ2023に日本代表チームの主将として出場し、女子団体戦で優勝した「三浦尚子さん」がそれぞれ受賞されました。
 受賞された皆様、誠におめでとうございました。また、この褒賞事業のためにご寄附をいただきました市民の皆様には改めて感謝申し上げます。

続きを読む...

2024/02/16 15:25 | 未分類

2024年02月09日(金)

市長コラム(令和6年2月9日)

 1月28日(日)、「おだわらカルチャーアワード2023」の2次選考会・表彰式が開催されました。
 本市には、様々な分野で功績のあった個人や団体を表彰する「市民功労賞・市民栄誉賞」や、地域活動を称える「おだわら地域力市民力表彰」など、いくつかの表彰制度がありますが、今年度二つの表彰制度を創設しました。
 一つが、昨年度授賞式を行った、従来の表彰制度では活躍にスポットが当たらなかった方々を表彰する「おだわらMIRAIアワード」、もう一つが、さらに様々な分野で活躍する方々を広くPRし表彰する「おだわらカルチャーアワード」です。
 
 小田原は長い歴史の中で多彩な文化が花開き、数多くの文化活動が育まれています。おだわらカルチャーアワードでは、これまで行ってきた文化活動を表彰する「アクション奨励部門」と、新しい文化活動・企画を応援する「チャレンジ応援部門」の二つの部門を設置。合計40件もの応募をいただきました。  
 
 1次選考を経て、アクション奨励部門から26件中9件、チャレンジ応援部門から14件中4がそれぞれ2次選考へと進み、7名の選考委員により各賞が決定しました。
 各賞は市ホームページをご覧いただきたいと思いますが、この表彰制度は優劣をつけるのが目的ではなく、文化に関わる活動発表やアピールの場、そして文化に関わる皆さんの交流の場として、より多くの方が小田原の文化に関わるきっかけにしてもらいたいと考えています。
 このたびの交流から新たな文化のつぼみが生まれ、そして市内の至る所で大輪の花を咲かせる、そんな光景が期待できる素晴らしいアワードとなりました。

○市ホームぺージ「おだわらカルチャーアワード2023」
https://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/culture_c-planning/p36885.html
 

続きを読む...

2024/02/09 17:10 | 未分類

 
 

ページトップ