市長コラム

[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   >>   [最後]
2022年02月04日(金)

市長コラム(令和4年2月3日 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に歯止めがかかりません。2月1日には、本市において過去最高となる108人の新規感染者が確認されました。市民の皆様には、今一度、感染対策の徹底をお願いします。
 
 本市では、3回目のワクチン接種の体制を整えています。既に1月30日から、一般の高齢者向けの集団接種を開始しました。
 
 2回目の接種を終えた方に、7カ月を目途に接種券を発送しています。2月からは集団接種に加え、個別接種の体制を拡大してまいります。まず、23の医療機関で個別接種を開始し、3月には約80の医療機関で個別接種が可能となります。詳しくは、市ホームページや接種券に同封している案内をご覧ください。
 
 なお、自衛隊大規模接種や職域接種を受けるために、早めに接種券が必要という方に対しては、接種券を先行して発行します。必要な方は、こちらも市ホームページ等をご覧ください。
 
 感染拡大が止まらない状況でありますが、今一度、皆の力を合わせてこの難局を乗り切りましょう。

 
   令和4年2月3日
                           小田原市⾧ 守屋 輝彦

2022/02/04 09:39 | 未分類

2022年02月03日(木)

市長コラム(令和4年2月3日)

 2日は、一夜城ヨロイヅカファーム・マルシェ部会の方々が「ディスカバー農山漁村(むら)の宝(第8回選定)」優秀賞選定の報告に来庁されました。2011年、東日本大震災後の11月にオープンし、以来10年にわたり、みかん農家とパティシエの連携で地域活性化に取り組んできたことが評価されました。特に近年はコロナにより来店客数が減少する中、地域特産品に力を入れ、客単価のアップを図ることで販売額の減少を食い止めたことなどが評価されたとのことです。
 オープンの時に県議会議員駆け出しの私が黒岩知事を強引に案内したことを思い出します。企画を進めるにあたりいくつかの候補地があった中で、小田原の熱意が一番高かったと後に伺いました。このプロジェクトの推進役で他界された方も天国から喜んでいると思います。今後の更なる飛躍を期待いたします。

続きを読む...

2022/02/03 14:11 | 未分類

[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   >>   [最後]

 
 

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.