市長コラム

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2022年08月31日(水)

市長コラム(令和4年8月31日)

 24日は、黒岩知事と西湘地域1市3町の首長による意見交換会「西湘地域首長懇談会」に出席いたしました。
 この懇談会は、県西地域の活性化や各市町の課題や要望などについて、県と率直な意見交換を行うもので、今回は「社会環境の変化を踏まえた県西地域の活性化」をテーマに議論を交わしました。
 私からは「多様な働き方環境の整備」と「地域資源を生かしたビジネス展開」について発言したほか、小田原市個別の課題として「地域医療提供体制の充実に向けた取組」及び「国道等の早期事業化・整備」について要望いたしました。
 いずれについても、県の支援や協力が不可欠なものばかりであり、今後も県としっかりと連携し取組を進めていきたいと思います。

続きを読む...

2022/08/31 08:39 | 未分類

2022年08月30日(火)

市長コラム(令和4年8月30日)

 22日夜は、三の丸ホールで開催された澤田知可子さんのコンサート「この星の歩き方in小田原」を鑑賞いたしました。
 小田原に移住された澤田さんは、今年の6月に市長室を表敬訪問され、今回のコンサートのご案内とともに、ご夫婦で小田原での生活を満喫されている旨、ご報告くださいました。
 この日のコンサートでは、ヒット曲「会いたい」のほか、北原白秋の童謡や小田原少年少女合唱隊とのコラボ曲など、小田原ならではの曲が披露され、澤田さんの新たな一面を垣間見ることができたコンサートとなりました。

 

続きを読む...

2022/08/30 10:10 | 未分類

2022年08月29日(月)

市長コラム(令和4年8月29日)

 17日は、伊豆湘南道路の建設促進に向けた要望活動のため、国土交通省を訪問いたしました。
 神奈川県西部地域と静岡県伊豆地域を結ぶ幹線道路として国道135号がありますが、海岸線や崖沿いを縫うように走る箇所が多く、近年の豪雨災害や巨大地震のリスクにも直面しています。昨年7月の熱海市伊豆山地区での土石流災害等では、道路が寸断され、交通網が重大な打撃を受けたことは記憶に新しいところだと思います。
 このため、熱海市長を会長として、小田原市もメンバーとなっている「伊豆湘南道路建設促進期成同盟会」では、年数回国土交通省等を訪問し、地域の実情をお伝えするとともに、両圏域を結ぶ道路ネットワークの早期実現に向け、要望活動を行っているものです。
 地域の将来の発展と豊かで安全安心な生活環境の確保のため、早期実現を目指し、関係市町と協力しながら今後も継続して取り組んでまいります。

続きを読む...

2022/08/29 17:10 | 未分類

2022年08月22日(月)

市長コラム(令和4年8月22日)

 10日は、おだわらSDGsパートナー登録式に参加いたしました。
 これまで191の企業・団体・学校などをおだわらSDGsパートナーとして登録し、SDGsの普及啓発を推進してまいりましたが、このたび新たに81社がパートナーに加わることになりました。真に持続可能な地域社会の実現に向け、ともに歩みを進めてまいります。

続きを読む...

2022/08/22 13:51 | 未分類

2022年08月19日(金)

市長コラム(令和4年8月19日)

 9日は、駐日コートジボワール共和国大使館で農業・水産を担当しているアタッシェ アンガマン・コナン氏が特定非営利活動法人海のくに・日本の方々と表敬訪問に来られました。
 西アフリカの大西洋に面しているコートジボワール共和国は、経済・産業の発展促進、雇用創出等に力を入れており、日本としても水産加工技術を通じたコートジボワール漁業の人材育成の指導に当たっています。特定非営利活動法人海のくに・日本は、西アフリカの女性漁業者に魚のすり身を指導しており、これまでコートジボワールの女性漁業者200人以上を対象に、すり身ワークショップを開催し、指導しているとのこと。
 今回は小田原漁港でのせりや、漁港の駅TOTOCO小田原を視察されたとのことですが、日本の水産加工技術によってコートジボワールの漁業がアフリカの地で大きく花ひらくことを願っています。

2022/08/19 09:28 | 未分類

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

 
 

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.