市長コラム

2022年09月30日(金)

市長コラム(令和4年9月30日)

 28日は、石橋にある矢郷農園を視察いたしました。
 ここでは、農業の担い手不足と障がい者の働き先の創出を目的とした農福連携の取組を行っており、障害福祉サービス事業所のありんこホームの利用者の方々が作業をしておられます。
 今回は、みかんやキウイフルーツを栽培している農場を適切に管理するため、枝の剪定作業や落ち葉等の収集作業を私も少しお手伝いさせていただきましたが、ありんこホームの皆さんがお互いに協力しながら、手慣れた様子で作業を進められ、やり甲斐をもって取り組んでいる姿が強く印象に残りました。 農業と福祉活動を支援する仕組みを更に発展させるため、農業に携わる方と障がい者の方と連携しながら、この取組を進めてまいります。

 その後は、小田原駅アークロードで開催されました「秋の全国交通安全運動キャンペーン」に参加しました。
 各季で行われている交通安全運動ですが、今回は主催者である小田原市交通安全対策協議会のメンバーのほか、県立小田原城北工業高校の生徒さんとヤマト運輸株式会社小田原栢山センターの皆さんにもご参加、ご協力いただき、啓発運動を行いました。
 9月に入り急激に日没が早まったこともあり、夜間を含め夕暮れ時などは運転者から歩行者が見えにくくなります。啓発品として反射材を配布するなど、交通安全の大切さを呼びかけました。
 なお、9月30日は「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。不幸な事故を引き起こさないためにも、運転手・歩行者ともに交通ルールはしっかり守るようにいたしましょう。

 29日は、小田原の老舗海産物問屋「株式会社かねや」代表取締役の山口由佳さんが、2022年度第20回グッドエイジャー賞受賞報告のため、市長室を表敬訪問されました。
 グッドエイジャー賞とは、一般社団法人日本メンズファッション協会グッドエイジング委員会が主催し、経済産業省が後援している賞で、年齢を重ねても人生を楽しみ、常に未来を見つめ、これから先もいろいろなことに挑戦してみようというバイタリティ溢れる方々を顕彰しているもの。
 今回受賞された山口さんのほか、同賞を受賞された方々を拝見してびっくり。コメディアンの大竹まことさんや、歌手の加藤登紀子さん・水森かおりさんなど、各界の第一線でご活躍されている素敵な方ばかり。
 そのような中で小田原市出身の山口さんが受賞されたとあって、受賞時の様子や現在の状況などを伺いましたが、お会いして今回の受賞に納得。とても笑顔が素敵で、エネルギーに満ち溢れていました。私からはお祝いの言葉とさらなるご活躍をご期待している旨、お伝えしました。
 なお、グッドエイジャー賞については、こちらのホームページでご覧いただけます。
https://goodaging.jp/goodager/

(写真左が山口さん)

2022/09/30 17:22 | 未分類


 
 

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.