市長コラム

2022年11月30日(水)

市長コラム(令和4年11月30日)

 27日は、新玉小学校で実施した「仮設救護所設置訓練」に参加しました。
 災害の発生直後は多数の傷病者が発生すると予測しており、神奈川県西部地震では2,560人の負傷者を想定しています。多くの傷病者の受け入れ先として、仮設救護所の役割は非常に重要となります。この訓練は昨年に続き2回目の実施となりましたが、小田原医師会、小田原歯科医師会、小田原薬剤師会、神奈川県柔道整復師会小田原支部の皆様にもご参加いただき、実践的な訓練を行いました。今後もこのような訓練を継続し、災害への備えを強化してまいります。

 その後は、御幸の浜で開催されました「リビエラ湘南ビーチクリーン」に参加しました。
 主催の株式会社リビエラリゾートは、「美しい海を守り、"人と人をつなぐ"」をテーマに、県内の海岸を回りながらビーチクリーン活動を展開しています。3回目となる今回は、11月19日・20日・26日・27日の4日間、相模湾沿岸全域の13市町でビーチクリーン活動を実施。本市では、SDGs体感事業「おだちん」とタイアップした開催となりました。
 今回の活動を通じて感じたのは、小田原の海のごみの少なさ。これにはリビエラの方も驚いておられました。聞いたところでは、日ごろからごみ拾いをしてくださる市民の方がおられるそうで、地域の方々の自主的な活動に頭の下がる思いがしました。本市では、海を生かしたまちづくりを進めております。地域や事業者等と連携しながら、「小田原の海」の魅力を高めてまいりたいと思います。

 その後は、3年ぶりに対面での開催となった「UMECO祭り」を訪問いたしました。
 おだわら市民交流センターUMECOの各会議室にはたくさんのブースが設けられ、どこも大盛況。活動内容をまとめた展示や物販、体験講座など、各団体趣向を凝らした取組が行われており、小田原の市民活動の活発さを改めて実感いたしました。
 オンラインとは違い、市民活動団体が一堂に会する貴重な機会となり、団体同士の交流も一層育まれたのではないかと思います。何より皆さんの活動的で生き生きした表情がとても印象的。それぞれの分野でのますますのご活躍を期待しています。

2022/11/30 13:44 | 未分類


 
 

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.