市長の日記

市長の日記

2019年10月15日(火)

台風 19 号

 台風 19 号が、大型で非常に強い勢力を保ったまま、 12 日夜に小田原の真上を通り抜けて行きました。数日前から様々な状況を想定し、 11 日朝には全部局長を集めての対策会議を実施。命を守り、被害を最小限に食い止めるよう、細かなことまで含め指示を行い、対策の全容を全庁的に共有して臨みました。
 12 日は早朝より、市職員の半数近くが参集、それぞれの持ち場に就きました。朝 7 時から開設した避難場所には、時間の経過とともに多くの市民の皆さんが避難、特別警報が発令された夕刻には市全体で 7000 人を超え、最も多かった豊川小学校では 439 人に。強まる風雨の中で溢水が確実視された久野川では、建設事業者・消防団・市職員らによる懸命の土のう積み(数千袋)が行われたほか、各地区の消防団の皆さんが精力的に土のう配布や設置を実施。土砂災害の危険性が高い地域へは広報車を回して避難を促し、昨年の台風 12 号で被災した TOTOCO 小田原や漁港周辺では職員が高波を監視。私は本庁舎の災害対策本部において、全市から集まる状況を踏まえ、個別に細かく指示。刻々もたらされる各種報告への対応を続けました。
 午後 8 時前、東から強く吹き付けていた風雨がぴたりと止み、台風の中心部に入ったことが判りました。その後、強い吹き戻しを警戒しましたが、それ以降はさほどひどくなることもなく、 午後10 時過ぎにはほぼ風雨も終息。 11 時に本部会議を招集、 1 日の動きや被害状況などを共有し、風雨が収まったことを受け、市内の被害状況確認とその対策実施に向け、次のフェーズへと移行しました。

続きを読む...

2019/10/15 12:16 | 未分類


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.