市長の日記

市長の日記

[先頭]  <<    3   4   [5]   6   7   >>   [最後]
2019年07月02日(火)

いっせい総合防災訓練

 29 日、「小田原市いっせい総合防災訓練」が行われました。
 小田原市では従来、地震災害を想定し夏の終わりに小学校などの大きな会場で行う展示型の「総合防災訓練」、水害に備え消防団などが集結し酒匂川河川敷で行う「水防演習」、そして数年前より市内すべての自治会連合会エリアで広域避難所開設を行う「いっせい防災訓練」の、 3 つのタイプの防災訓練を行ってきました。今年度から、それらを統合した形で、より発災時に近い想定での訓練としたものです。テーマは「水防」と「地震対応」を交互に行うものとし、今年度は「水防」をテーマとした訓練でした。

続きを読む...

2019/07/02 14:15 | 未分類

2019年07月01日(月)

小中学校普通教室 エアコン稼働

 今日から 7 月。梅雨前線が列島に沿うように停滞し、梅雨らしい天候が続いています。向こう一週間の予報では晴れ間がなく、気温もさほど上昇しないため凌ぎ易い日が続きそうですが、降雨が長期間にわたることによる農作物への影響や、地盤の緩みなどが懸念されます。
 6 月 27 日、三の丸小学校にて、「小中学校普通教室等空調設備設置事業 概要説明ボード受領式」が行われました。今年 2 月ごろから進められてきた市立小中学校 36 校の全普通教室への空調設備の設置が、この 6 月中旬には終了、その後検査を経て、先週から冷房が稼働可能となりました。今年の 7 月 1 日には稼働させるとの方針を決定した昨年 8 月の政策会議以降、教育部・建設部を中心とした庁内の連携体制により事業化を進め、極めてタイトなスケジュールの中、市内の設備・電気・建設関係事業者がオール小田原態勢で工事にあたって頂きました。無事に、予定通り 7 月前に稼働可能な状態となったことに、関係者一同大きく安堵するとともに、この事業を支えて頂いた全ての皆さんに心から感謝しているところです。
 この日は、設備設置がひとまず完了したことを受け、工事請負事業者である「アソー熱工業・山室電機共同企業体」の皆さんから「事業概要説明ボード」の寄贈を頂きました。これは、この事業に市内の実に多くの関係事業者が関わって実現したこと、冷暖房を可能とする仕組み(ガスヒートポンプ)の解説などを記した大型ボードで、児童生徒らにこの事業の仕組みや意義、地域の多くの人たちが支えていることなどを伝えたいとの思いで作成されたものです。アソー熱工業の関野社長から私が代表して受理、今後各小中学校に設置する予定です。

続きを読む...

2019/07/01 14:51 | 未分類

2019年06月27日(木)

ヒルトン総支配人ボッテガ氏、カイロへ

 市議会6月定例会が、25日をもって閉会となりました。提出した議案や補正予算案は全て可決、今月いっぱいで任期を終える時田副市長の再任人事案も全会一致でお認め頂き、安堵いたしました。統一地方選後の初めての定例会であり、特に新たに議員となられた皆さん方の一般質問が注目されましたが、それぞれ持ち味を発揮されての質問構成であり、私も含め執行部側でもできるだけ丁寧に答弁させて頂きました。今後も、人間的な信頼関係をベースに、しっかりと議論を深めることができる良好な関係を築いていきたいと思います。
 先週は、2件のご寄付を頂きました。1件は、小田原庭園業組合の皆さん。毎年この時期に、市のふるさとみどり基金へ篤志を頂いております。「緑の基本計画」に基づく樹木の手入れや、まちなかへの花の配置など、市ではここ数年様々な取り組みを充実させていますが、そうしたことに活用させて頂く旨、お礼をお伝えしました。もう1件は、一般社団法人茶道裏千家淡交会小田原支部の皆さん。これまで31回にわたり、市社会福祉基金へご寄付を頂いてきましたが、今年度はふるさと文化基金へ篤志を頂きました。過日の南関東地区大会でのご苦労話なども伺いながら、開館に向けて建設が進む市民ホール整備事業などについて共有、今後の文化振興に更なるご協力を賜るようお願い致しました。

続きを読む...

2019/06/27 18:33 | 未分類

2019年06月18日(火)

市展表彰式、国税局感謝状など

 9 日、第 72 回小田原市美術展覧会(略称:市展)の表彰式が、生涯学習センターけやきにて行われました。毎年、前期・後期ともにすべての出展作品を拝見しますので、市長賞など各賞を受賞された作者の皆さんと直接お会いし、作品と作者が一致する表彰式は毎年の楽しみでもあります。今年も、昨年に引き続き市長賞を受賞された洋画部門の上出さんをはじめとする皆さんに、今後益々のご活躍を期待する旨も含め、祝辞を述べさせて頂きました。
 その中で、建設が始まっている市民ホールの大ホールに設置する緞帳(どんちょう)の原画デザイン公募につき、改めて参加の呼びかけを行いました。市民ホールの顔ともなる緞帳をどのように作るかについては、様々なパターンを想定し庁内でも議論を行ってきましたが、やはり新しいホールの実現を願ってきた市民の皆さんの参加によって作り出すべきと考え、広く公募することとしたものです。(詳細は市 HP にご案内)。多くの応募があることを期待しています。

続きを読む...

2019/06/18 18:30 | 未分類

2019年06月17日(月)

AUS + RALLY 小田原が第 1 号認定

 12 日、全国市長会関係の会合などを済ませた後、港区三田にあるオーストラリア大使館へ。オーストラリア政府によるスポーツ外交キャンペーン「 AUS + RALLY (オーストラリー)」の公式パートナー認定証贈呈式に臨みました。
 このキャンペーンは、オーストラリアラグビー協会およびオーストラリアオリンピック・パラリンピック両委員会と同大使館が連携し、 2019 ラグビー W 杯、 2020 オリンピック・パラリンピックに日本で活躍するオーストラリア選手を支援するべく、オーストラリアとご縁の深い国内自治体を「 Friends of Australia 」として認定、力を合わせて応援していこうという企画。名称にある「 RALLY 」は、選手に声援を送る際の掛け声( RALLING CALL )から取ったフレーズで、「 AUS + RALLY 」は文字通り「オーストラリアを応援しよう!」の意となります。
 小田原とオーストラリアの関係は、シドニー近郊のノーザンビーチ市(旧マンリー市)と 30 年近くに及ぶ青少年交流事業を通じ友好都市関係にあること、ラグビー W 杯でのワラビーズ、および 2020 オリンピックでのラグビーセブンズの事前キャンプ拠点になっていること、昨年秋にもワラビーズのキャンプを通じて関係が深まっていることなどから、今回、公式パートナーの国内第 1 号認定を頂いたものです。オーストラリアの各都市と姉妹都市などを提携している、あるいは W 杯やオリパラにてホストタウンなどになっている国内都市はかなりの数に上りますが、そうした中で第 1 号に選ばれたことは実に嬉しいこと。ヒルトン小田原リゾート&スパをはじめ、小田原箱根商工会議所、小田原市体育協会、小田原市観光協会など、多くの関係者の皆さんと受け入れ準備を進め交流を重ねてきた成果の賜物であります。企画趣旨や当日の様子は、オーストラリア大使館 HP にも詳しく掲載されています。

続きを読む...

2019/06/17 11:30 | 未分類

2019年06月14日(金)

関東地方整備局・全国市長会など各種会議

 10・11・12の3日間は、連日都内などへの出張となり、各種会議への参加が続きました。
 10日は雨の中、午後からさいたま新都心へ。国土交通省関東地方整備局建政部が主催の「まちづくり・すまいづくりフォーラム2019」に参加。増田寛也・元岩手県知事の基調講演に続いて行われた「管内首長によるリレートーク~人口減少・少子高齢時代におけるまちづくり」にて、4人の首長の一人として登壇、小田原における立地適正化計画に基づく各種まちづくりの取り組み、地方再生コンパクトシティに認定されたことによって着実に進んでいる各種整備事業について、プレゼンさせて頂きました。私のほかには、和光市の松本市長、流山市の井崎市長、館林市の須藤市長が、それぞれのまちづくりの特色についてプレゼン。とても参考になりました。

続きを読む...

2019/06/14 15:46 | 未分類

2019年06月12日(水)

かみふカフェ、久々の田植え

 8日、4月にオープンした子ども食堂「かみふカフェ」にお邪魔しました。
 このカフェは、昨年の夏休みに上府中地区の子ども会が中心となって数日間開催した子ども食堂「お結びころりん」の発展系というべき取り組みで、子どもだけでなく地域の高齢者も含めた様々な人たちが気軽に集える居場所として、地域内の空き家をお借りして開かれることとなった企画です。
 千代の派出所から北に入ったあたりの、広い敷地の中にあって最近は空き家となっていた古い住宅が会場。いわゆる田の字型に仕切る建具を外した広い空間に、地域の小学生や中学生、お孫さんを連れたご婦人、ケアタウンに取り組む地域の医師、千代小学校の校長先生、地元の自治会長さんや民生委員さんなどが、さながら大家族のようにテーブルを囲み、お昼ご飯を楽しんでいました。奥の台所では民生委員の女性やボランティアの皆さんが手際よく調理。食材は、地元で採れたお米や野菜(多くはご寄付)。私も頂きましたが、かなりのボリュームでとても美味しかった!食事後も、将棋や囲碁、人生ゲーム、トランプなど、大人も子どもも混ざって和やかに過ごしていました。
 中心で準備して来た柳沼さん、連合自治会長の沖山さんをはじめ、沢山の地域の皆さんが力を出し合って実現している、素晴らしい空間でした。当面は毎月1回、夏休みは複数回、試行錯誤しながらより良い空間へと育てていかれるようです。市では今年度から子ども食堂の開設費と運営費への支援を始めています。こうした子ども食堂は地域の皆さんにとっての貴重な居場所にもなり、今後各地に拡がって行ってほしいと思います。

続きを読む...

2019/06/12 16:46 | 未分類

2019年06月11日(火)

ライオンズクラブ、中小企業家同友会

 昨日は終日の冷たい雨となり、降り続いたことから夕刻には大雨警報が発令されました。夜9時前に解除となり、市内各河川では際立った水位の上昇等もなく、被害報告等は入っていません。今朝は打って変わって爽やかな晴天。貴重な晴れ間でしょうか。
 昨日は午後からさいたま新都心、今日と明日は全国市長会などで終日東京。移動中の公用車内で時間があるときは、各種原稿執筆や普段読み込めていない資料のチェックなどを行うことが多いですが、昨夜は市HPをチェック、都市セールスのサイトである「オダワラボ」にアップされている各種レポートを詳しく観ました。市外から小田原に移住されてきた皆さんたちの1分間メッセージ集が出色で、小田原の魅力、小田原で暮らすことの愉しさなどを、それぞれの言葉と実感を持って語っておられます。小田原の良さや可能性が、様々な人たちの暮らしや活動を通じて、じわじわと表現され具体化してきていることを、とても嬉しく感じました。
 
 先週7日、2件の企業経営者団体の皆さんが来室されました。
 1件は、ライオンズクラブ国際協会330-B地区より、地区ガバナー石原英司さんをはじめとする幹部の皆さん。社会奉仕の活動の一環として、地域住民防災啓発用DVD8巻と、貸出用DVDプレーヤーをご寄贈いただきました。"We serve"をモットーに全世界で活動を行っているライオンズクラブ、330-B地区は神奈川・山梨・伊豆大島がエリアとなっており、その中でクラブ活動が活発な地域を複数選び、そのうちの一つとして小田原市にご寄贈いただいたものです。
 小田原市内に本拠を置くライオンズクラブからは、日頃活発な奉仕活動を行っておられる小田原白梅ライオンズクラブより久津間康允さんが同地区のガバナーに就任しておられたこともあり、この日もご一緒に来室頂きました。出水期を目前に、市では災害対策の強化を進めているところでもあり、今回のご寄付を活かし、各地域での防災啓発に役立てていく旨、感謝をお伝えしました。

続きを読む...

2019/06/11 11:02 | 未分類

2019年06月10日(月)

漁港漁場功績者等表彰、ヒルトン報告会

 先週 7 日に入梅、この週末は梅雨らしい、どんよりとした空模様でした。今朝も雨が続いており、気温は 4 月下旬並みの涼しさで、我が家のプランターで育ちつつある夏野菜の苗の成長もひと休みしているように見えます。
 5 日より、小田原市議会 6 月定例会が始まりました。統一地方選に伴い市議会議員の顔触れが大幅に入れ替わってから最初の定例会。今日( 10 日)が議案関連質疑、12日以降各常任委員会、来週 19 日より 25 日までが一般質問となります。市議会議員 27 名のうち 23 名が一般質問を行い、新たに議員になられた皆さんは全員が登壇される予定です。
 6 日は、午前中に 100 歳を迎えられた市内の高齢者の皆さん 3 名をお訪ねし、お祝いを申し上げた後、午後から東京へ。 3 件の会合に出席しました。
 1 件目は、公益社団法人全国漁港漁場協会による、令和元年度漁港漁場功績者等表彰式。全国各地の漁港漁場施策の推進や、各地の漁港漁場協会の運営において長年の功績があった者に対する表彰制度です。神奈川県水産振興促進協会の副会長職を 10 年勤めてきたことから、私も表彰対象となったものです。全国各地の漁港漁場協会などの会長や役員諸氏と共に、橋本会長より表彰頂きました。また、目の前に着座されていた水産庁・長谷長官をはじめ水産庁幹部の皆さんに、歴代 4 名もの水産庁職員を派遣頂いていることなども含め、小田原の水産振興に対する格別のお力添えに感謝の気持ちをお伝えしました。

続きを読む...

2019/06/10 14:11 | 未分類

[先頭]  <<    3   4   [5]   6   7   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.