市長の日記

市長の日記

2017年01月30日(月)

パン&カマス

  27日、市内在住の料理研究家である竹内絢香さんによる、小田原のカマスを使った新メニューのご披露がありました。
  竹内さんは昨年3月末に、ご主人の転勤の関係で東京から小田原へ越してこられたばかり。子育てをされながら、料理研究の中でも最近は特にパン教室の先生を養成する講座を開かれており、パン作りのエキスパートでもあります。昨年11月の広報小田原にもご登場頂き、地域に根を張って、小田原の豊かな素材を生かした活動に取り組んでおられる様子を紹介させていただいたところです。
  経済部水産海浜課では、小田原の魚のブランド化と商品開発への取り組みの一環として、カマスを使った新たなメニュー開発を進めていますが、今回はこの作業に竹内さんにも応援を頂き、パンとカマスを組み合わせたメニューが考えられないか、試作をお願いしていました。この日は、そのお披露目ということで、私も試食をさせて頂いたものです。
 竹内さんが最近取り組んでいる、低温長時間発酵で焼き上げられた、各種のおいしいパンに、様々に調理されたカマスがアレンジされ、見た目も食欲をそそる彩りが施され、すでにブレイク中の「かます棒」とは異なる、おしゃれでヘルシーなメニューに仕上がっていました。その名も、「かますチョビ+バターのパニーニ」「シチリア風オープンサンド」「かます棒とタルタルソースの揚げ玉ねぎパニーニ」「かますとじゃがいものコロッケサンド」「フライドかますパニーニ」。むろん、どれもたいへん美味しく頂きました!竹内さんも、「カマスはとても調理がしやすいので、いろいろな活かし方がありそう」とのことでした。
 今後、今回考案していただいたメニューをどのように一般向けに食べてもらえるか、取り扱う事業者や販売などの方法も含め、関係各分野の皆さんと相談していくことになります。多くの方に食べていただきたいと思います。

2017/01/30 13:51 | 未分類


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.