令和3年度小田原市サテライトオフィス誘致支援業務公募型プロポーザルについて

審査結果について

令和3年度小田原市サテライトオフィス誘致支援業務プロポーザル審査委員会において、3月29日にプレゼンテーション審査を実施し、次のとおり優先交渉権者、次点交渉権者を選定しました。

優先交渉権者  株式会社あわえ
次点交渉権者  一般社団法人地域間交流支援機構

令和3年度小田原市サテライトオフィス誘致支援業務公募型プロポーザルについて

本市では、市外企業による本市活用や地域に根差した新たなビジネスの創出により、地域経済の活性化を図るため、令和3年度小田原市サテライトオフィス誘致支援業務公募型プロポーザルを実施します。
本事業に係る実施要領等を公表しますので、参加を希望される場合には、内容を確認の上、必要書類をご提出ください。

スケジュール

公募開始 令和3年2月8日(月)
質問受付期間 令和3年2月8日(月)~2月24日(水)
※質問回答 令和3年3月3日(水)
参加申込締切 令和3年3月10日(水)
参加資格審査結果通知 令和3年3月12日(金)
企画提案書の提出締切 令和3年3月22日(月)
プレゼンテーション審査 令和3年3月29日(月)
プロポーザル審査結果通知 令和3年3月31日(水)

実施要領等

実施要領  PDF形式 :467.6KB


様式  ワード形式 :25.3KB


評価基準  PDF形式 :90.7KB


質問と回答

令和3年度小田原市サテライトオフィス誘致支援業務公募型プロポーザルに関して寄せられた質問と、それに対する市の回答は次のとおりです。
質問は、2月24日をもって締め切りました。
No 実施要領の項目番号及び項目名 質問 回答
1-(3)-④地方進出検討企業との面会の場の設定 特定されたマッチングイベントへの出展となるのか。もしくは、イベント開催自体も企画提案に含まれるのか。 特定のマッチングイベントではありません。地方進出検討企業と面談ができる場(イベント)について企画提案してください。
2 1-(3)-④地方進出検討企業との面会の場の設定 コロナ禍の状況から直接商談が難しい場合、WEB会議等でもよいか。 実施要領では「直接商談ができる場」としていますが、コロナ禍をふまえ、他の方法とすべきと考える場合はその内容を提案してください。
また、コロナの状況により開催形式を変える場合は、その取扱いについても提案してください。
3 1-(3)-⑥定期的なミーティングの実施 コロナ禍の状況から対面でのミーティングが難しい場合、WEB会議等でもよいか。 実施要領では、コロナ禍の状況をふまえ、「対面等によるミーティング」としていますので、業務効率、成果を鑑み提案してください。
また、コロナの状況によりミーティング形式を変える場合は、その取扱いについても提案してください。
4 4-(1)提出書類 業務実績確認書には、令和2年度受託事業を掲載してもよいか。 掲載してかまいません。
5 7-(1)委託業者の選定・審査方法 令和3年度小田原市サテライトオフィス誘致支援業務委託選定のためのプロポーザル審査委員会の審査員を教えてほしい。 本業務に関わりのある所管課長7名です。
広報広聴課長、公共施設マネジメント課長、産業政策課長、産業政策課企業誘致担当課長、商業振興課長、農政課長、農政課林業振興担当課長
6 8-(1)契約締結の手続き 契約金額の部分払いは可能か。 必要な場合は、契約締結時に協議し、協議結果によって分割払いは可能となります。
協議結果に基づき、分割払いとする場合は、その内容を業務仕様書に記します。

最終更新日:2021年03月31日



この情報に関するお問い合わせ先

経済部:産業政策課

電話番号:0465-33-1555


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.