小田原市内水面漁業活性化協議会について

近年、川と親しむ機会が減少したことやレジャーの多様化によって、川で釣りをする人の数が減少しています。小田原市内にある酒匂川と早川の釣り人も、10年間で3分の2に減少しました。また、川の守り人ともいえる内水面漁業協同組合の組合員の数も、釣り人の減少や高齢化により、10年間で3分の2に減少しました。
釣り人および組合員の減少は、良好な漁場環境の維持に支障をきたし、さらに釣り人や組合員の減少を招くという悪循環に陥ってしまいます。

そこで、内水面漁業協同組合、研究、河川管理や水産業の行政部局等が連携し、多くの方に川と釣りの魅力を知っていただくとともに、魅力ある漁場づくりのための様々な取組を進めています

なお、この取組は水産庁事業「やるぞ内水面漁業活性化事業」を活用し、「小田原市内水面漁業活性化協議会」として取り組んでいるものです。

情報発信の取り組み

あゆ子の大冒険 ~あゆ子の一生を魚(ウオッ)チング~ 【NEW!】

パンフ「あゆ子の大冒険」
パンフ「あゆ子の大冒険」

アユのあゆ子さんの川と海を旅する一生を通じて、アユの生態や内水面漁業協同組合の活動について、学習できる教材です。
コロナ禍のなか、自宅で、家族や友達と楽しみながら学習できる「すごろく」付です。

ぜひ、ダウンロードしてご利用ください。

学校や地域のイベント等で配布を希望される場合には、水産海浜課までご相談ください。


パンフレット  PDF形式 :6.9MB


人生ゲーム  PDF形式 :5.5MB


サイコロとコマ  PDF形式 :2.4MB


クイズの答え  PDF形式 :340.3KB


うなぎの一生  PDF形式 :1MB


動画配信「おだわら おさかな チャンネル」 【NEW!】

動画配信

YouTubeサイト「おだわら おさかな チャンネル」にて、アユの釣り方やアユのクイズの動画等を公開しています。
https://www.youtube.com/channel/UCd_ESvyBWkxMj61pR5R916g/videos?view=0&sort=dd&shelf_id=0


川釣りに行こう

川釣りに行こう

川釣りと、小田原市内を流れる早川と酒匂川の生き物に興味を持ってもらえるように『川釣りに行こう』パンフレットを作成しました。(令和2年1月作成)
 ・酒匂川及び早川に生息する生き物の紹介
 ・内水面漁業協同組合の役割と活動
 ・川釣りの簡単な紹介
 ・内水面漁業協同組合の組合員の募集
など、川釣りに関する情報を掲載しています。

学校や地域のイベント等で配布を希望される場合には、水産海浜課までご相談ください。


パンフレット「川釣りに行こう」  PDF形式 :8.3MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


釣りに親しんでもらうきっかけづくり

釣具の無料レンタル(早川)

ダミー

令和2年3月1日より、早川河川漁業協同組合において、釣り具の無料レンタルを行っています。
この取組は、「川釣りをしないのは道具がないから」という調査結果を踏まえた取組です。
申し込み方法など詳細は、以下のホームページをご覧ください。
https://hayakawagyokyou.wixsite.com/hayakawa/blank-2


無料レンタルチラシ  PDF形式 :569.6KB


川釣りガイドブック(早川)  PDF形式 :8.3MB


魚を増やし、育つ環境を守る取組

半天然魚の放流

●半天然魚を育て、放流する(酒匂川)
内水面漁業協同組合は、川に魚がいなくならないように、放流する活動を行っています。
酒匂川漁協では、生き残る割合が高いとされる「半天然魚」を育てています。
「半天然魚」とは、天然(もしくはそれに近い)ヤマメと、養殖場で何代にもわたって育てたヤマメをかけあわせた魚で、天然の性質が残っているので、エサをとる能力や、鳥など魚を食べる生き物から逃げる能力が高いといわれています。
半天然魚は、神経質なので、育てるのが難しいのですが、育てた1年目から放流することに成功しました。


高圧電線上のカワウのねぐら

●カワウに食べられるのを防ぐ(酒匂川)
 内水面漁協が放流したアユやヤマメが、カワウという鳥に食べられる被害が問題になっています。いつ、どこで、何羽のカワウがいるのかを調べ、釣り場にきたカワウを追い払う活動をしています。


ヒレをカットして放流

●アユの移動状況を調べ、放流に適した場所を見極める(早川)
 令和元年の台風19号により、川の様子が大きく変わりました。放流に適した場所を見極めるため、印をつけたアユを放流し、アユの移動状況を調べています。


組合員を増やす取り組み

組合員募集のポスター

組合員募集のポスター

内水面漁協の組合員は、魚の放流、産卵所の造成、河川清掃など自然環境を守る活動等を行っています。
組合員を増やすため、ポスターを作成、釣具店等に張り出したり、広報誌で呼びかけを行っています。
組合員に加入したいという方は、各漁協にお問い合わせください。


組合員募集のポスター  PDF形式 :2.2MB


その他の取り組み

●シンポジウムの開催
令和2年2月10日、酒匂川及び早川における釣りの魅力とは何か、簡単にできる釣り方法及びその魅力をどう伝えるか、ひいては両河川における釣り人及び組合員を増やすための方策について検討しました。
約50名の参加者があり、活発な意見交換を行いました。
酒匂川漁協及び早川河川漁協の組合長からは、釣り人と組合員が減少する厳しい現状や河川環境の変化が報告されました。水産庁及び国立研究開発法人水産研究・教育機構からは、全国の先進的な事例が紹介されました。また、出席者からは、子供や親子に川に親しんでもうら方策や場所の整備が必要、教えてくれる指導員も必要といった意見が出されました。
こうした意見を参考に、今後の活性化策を検討していきます。
出席者によるグループ討議
出席者によるグループ討議

活発な意見交換が行われました

パネリストによる意見交換
パネリストによる意見交換

各パネリストが考える内水面漁業振興策について議論しました


最終更新日:2020年11月20日


この情報に関するお問い合わせ先

経済部:水産海浜課 水産振興係

電話番号:0465-22-9227


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.