令和4年度人権を考える講演「息子と母で歩んだ『希望への道』」
式町水晶さん・啓子さんによるトーク&水晶さんのヴァイオリンコンサート

偏見と差別のない明るい社会を築くため、「人権」について理解と認識をさらに深めることを目的とし、毎年開催しています。
今年度は、ハンディキャップについて理解を深めることをテーマとし、講師にプロのヴァイオリニストの式町水晶さんと母・啓子さんをお迎えすることになりました。
お二人のトーク、そして水晶さんの魂を揺さぶるヴァイオリンコンサートの2本立てでお送りします。

講師紹介

講師写真

式町水晶さん(左)、式町啓子さん(右)

式町 水晶(しきまち みずき)
1996年生まれ。
3歳の時に脳性まひ(小脳低形成)と診断され、リハビリの一環として4歳からヴァイオリンを始める。
2018年、21歳でキングレコードよりメジャーデビューを果たす。
障がい者と健常者の垣根を越えて、地域社会や若者に夢・希望を少しでも届けたいとの思いでコンサート、ライブ、楽曲制作のほか、全国各地で講演会も多数開催。また、東日本大震災の瓦礫から作られた“津波ヴァイオリン”を託されたヴァイオリニストとして被災地でのボランティア演奏を通し支援活動を精力的に行っている。テレビ・ラジオなどメディアにも多数紹介されている、いま話題の若きポップヴァイオリニスト。
2021年、TOKYO2020パラリンピック閉会式で“What a Wonderful World”を演奏。

式町 啓子(しきまち けいこ)
脳性まひの障がいのある息子・水晶さんを女手ひとつで育て、プロのヴァイオリニストとなるまでに支え続け、親子二人三脚で歩んできた子育て記「脳性まひのヴァイオリニストを育てて~母から奏でた希望の音色~」(発売元:主婦と生活社)を2018年4月に出版。

日時

令和4年11月9日(水)18時30分~20時(開場18時)

会場

小田原三の丸ホール 小ホール
https://ooo-hall.jp/
※一般利用者の駐車場はございません。周辺のコインパーキングにお停めいただくか、公共交通機関での来場にご協力ください。

定員

約150人(先着順・事前申込制)

申込方法

■人権・男女共同参画課まで電話(0465-33-1725)もしくは ⇒申込フォームで受付
※優先席(車いす席、要約筆記・手話通訳が必要な方)あり。申込時にお知らせください。

■申込受付後、入場整理券を送付いたします。(座席は自由席です。)
※入場整理券は10月より発送予定です。11月7日(月)までに入場整理券が到着しなかった場合は、人権・男女共同参画課(0465-33-1725)までご連絡ください。

■申込締切
電話申込・申込フォームともに、令和4年11月1日(火)17時まで
新型コロナウイルスの感染状況等により講演会及びコンサートの内容を変更もしくは中止する場合がございます。
変更等が生じる場合は市ホームページに情報を記載いたしますので事前にご確認ください。

対象

市民の方及び近隣市町村の方
小さなお子さんも、障がいのある方も、誰でも参加いただけます。

参加費

無料

人権を考える講演会_チラシ  PDF形式 :351.2KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


最終更新日:2022年07月28日



この情報に関するお問い合わせ先

市民部:人権・男女共同参画課 人権・男女共同参画係

電話番号:0465-33-1725


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.