高校生が描いた「2030年の小田原」が完成!

おだわらイノベーションラボには、株式会社デコリア(市内久野)が製造した黒板壁紙「Black Board」が設置されています。
この度、県立小田原城北工業高等学校デザイン科の3年生9人が、「2030年の小田原」をテーマに、おだわらイノベーションラボの壁面にチョークアートを実施しました。
この企画は、令和3年10月からスタートし、2030年も小田原が誇る歴史や風景、自然などが受け継がれ、多くの人でにぎわうまちであって欲しいという想いがコンセプトとなった力作です。

コンセプト作り

10月から授業の時間を利用し、「アイスブレイク」と「ブレインストーミング」を行い、2030年も小田原が誇る歴史や風景、自然などが受け継がれ、多くの人でにぎわうまちであって欲しいというコンセプトを決定しました。

テーマ

  • 小田原のイメージ
  • 小田原の好きなところ、嫌いなところ
  • 2030年の小田原(食、にぎわい、歴史、自然)
小田原の好きなところ、嫌いなところ
打合せの様子

チョークアート作業

11月からは、おだわらイノベーションラボでの作業に入りました。
タブレットを使用し生徒9人のデザインを一つにまとめ、黒板壁紙にはプロジェクターで下書きを投影し、作業をしました。
作業
作業

チョークアートの完成!

チョークアートが完成し、令和4年1月14日(金)にはおだわらイノベーションラボでお披露目式を開催しました。
完成

作品に込められた想い

  • 現在はコロナ禍によりお祭りも中止や規模を縮小しての開催になっているが、2030年には多くの人で小田原がにぎわってほしい。
  • 小田原の歴史や自然が、受け継がれてほしい。
  • お祭りで、小田原ならではの「食」の屋台を出すなど、多くの人に美味しいものを食べてもらいたい。

お披露目式の様子

お披露目式
プレゼン

お披露目式では、今回制作に関わった人が集まり、生徒から発表を行いました。
また、生徒から市長に向け、2030年の小田原についてチョークアートをもとに、想いを伝えました。

チョークアートの見学を希望する場合は、事前におだわらイノベーションラボ(080-4429-6253)へご連絡ください。
 

最終更新日:2022年01月21日



この情報に関するお問い合わせ先

企画部:未来創造・若者課 共創・若者活躍係(おだわらイノベーションラボ)

電話番号:080-4429-6253


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.