受贈記念特別展「近藤弘明―幻華―」

「昼と夜とが交差する。近藤はそのトワイライトな光を幻華に託した。」(編集工学者 松岡正剛) 

小田原市板橋のアトリエ「寂静居」(じゃくせいきょ)にて創作活動を行った日本画家・近藤弘明(1924-2015)。
大輪の華々に蝶が舞い、月が映える―静謐で仏教的浄土世界を思わせる幻想的な作品は、唯一無二の世界観として知られます。小田原市では、2016年に初期の作品から代表作までを含む多数の作品の寄贈を受けました。

受贈記念として行う本展は、オープンを迎えた三の丸ホールと、庭園等の整備を終えリニューアルした松永記念館の二つを会場に開催。三の丸ホールでは代表作を中心に近藤弘明の作品の魅力を、松永記念館では代表作に屏風作品を加え、画業を辿り紹介します。この機会にぜひご覧ください。
【PartⅠ】小田原三の丸ホール・展示室 ※終了しました
会期
令和3年(2021年)12月8日(水)~19日(日)
開室時間
午前10時00分から午後6時00分
(入室受付は午後5時30分まで)
会場
小田原三の丸ホール・展示室
(小田原市本町1-7-50)
観覧料
無料
近藤弘明「黄泉の華園」1974年

近藤弘明「黄泉の華園」1974年


【PartⅡ】松永記念館
会期
令和4年(2022年)1月8日(土)~2月6日(日)
開館時間
午前9時00分から午後5時00分
(入館受付は午後4時30分まで)
会場
松永記念館(小田原市板橋941-1)
観覧料
一般500円(400円)
*( )内は団体料金:1団体20名以上
*次の方は無料でご観覧いただけます
高校生以下/障がい者手帳をお持ちの方とその介護者のかた1名/小田原市福寿カードをご提示のかた

【関連イベント】ギャラリートーク

申込みは小田原市郷土文化館まで電話にて / TEL0465(23)1377
※受付開始:12月15日(水)から
令和4年(2022年)1月15日(土)
時間 
午後1時30分~2時30分
話し手
近藤一弥さん
(グラフィックデザイナー・近藤弘明氏長男)
会場
松永記念館(小田原市板橋941-1)
集合場所:松永記念館・別館1階
定員
10名(事前申込み・先着順)
令和4年(2022年)1月30日(日)
時間
午前11時00分~正午
話し手
田代勉さん(グループ「想」)
会場
松永記念館(小田原市板橋941-1)
集合場所:松永記念館・別館1階
定員
10名(事前申込み・先着順)
近藤弘明「止観明静」1982年

近藤弘明「止観明静」1982年

近藤弘明「華園久遠」1984年

近藤弘明「華園久遠」1984年


【主 催】小田原市・小田原市教育委員会
【協 力】おだわら ミュージアム プロジェクト、グループ「想」、SETENV
【問合せ】小田原市郷土文化館 TEL0465(23)1377


住 所 神奈川県小田原市板橋941-1
電話番号 0465-22-3635
休館日 年末年始(12月28日~1月3日)
開館時間 展示室 午前9時00分~午後5時00分
茶室  午前9時00分~午後4時00分
交通のご案内 【鉄道】
・箱根登山鉄道「箱根板橋駅」下車徒歩10分

【バス】
 小田原駅東口から
・箱根登山バス H・T・TP線
・伊豆箱根バス Z・J・U・P線
 「上板橋」停留所下車徒歩6分、もしくは「箱根板橋駅」停留所下車徒歩10分
・小田原宿観光回遊バス・うめまる号(年末年始を除く土日祝日運行)
 「箱根板橋駅」停留所下車徒歩10分

最終更新日:2022年01月25日



この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 郷土文化館係

電話番号:0465-23-1377


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.