おだわら市民学校専門課程「自然を守り育てる」第6回・第7回を実施しました

第6回目【9月7日(土)】
「小田原の自然に触れる④ ~獣害の実態、罠猟による獣害対策~ 」

 講座の第6回目は、獣害の実態や罠猟による獣害対策について、NPO法人おだわらイノシカネットの理事長 穂田芳雄氏、副理事長 廣川 登氏、事務局 川島範子氏からそれぞれお話を伺いました。おもにイノシシによる農産物被害や林業被害について、また、イノシシの生態や捕獲、解体について説明がありました。くくり罠やICT通信機器の方法も学びました。
 次に釜石林道ゲートへ移動し、シカによる角こすり被害や捕獲現場見学を行い、くくり罠設置の体験をしました。
 受講生は、貴重な体験をし、獣害対策の活動に大いに興味と関心を持ちました。

 
 
 
講師の方々

講師の方々

罠を仕掛ける

くくり罠を仕掛ける

罠を体験する受講生

くくり罠を体験する受講生


第7回目【10月3日(木)】
「グループワーク ~体験を通じて感じたことを話し合う~」
 

 講座の第7回目は、今までの学びを振り返り、受講生同士が感じたことや気づきなどを共有しました。また、「できること・やりたいこと」をテーマに話し合い、今の自分に「できそうな」活動や「やりたい!」活動を模索し、参加者全員が発表しました。
  受講生からは、今の自分に可能な活動として、・イノシシを捕まえる罠猟のお手伝い ・自然環境の定点観測をしてデータを収集する ・自然財産を観光資源として活用する分野を支援したい 等々意欲的、能動的な内容が出されました。

 
グループワーク1

受講風景

グループワーク2

グループワーク1

グループワーク3

グループワーク2


「やってみたい」を発表

「できること・やってみたいこと」を発表

グループワーク1

グループワーク1

グループワーク2

グループワーク2


おだわら市民学校

「おだわら市民学校」は、皆で集い、ともに学び、実践へ繋げる「人のチカラ」を育む”新たな学びの場“です。

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 生涯学習センターけやき

電話番号:0465-33-1881


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

おだわら市民学校事務局

小田原市文化部生涯学習課(生涯学習センターけやき) 〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 電話:0465‐33‐1882ファックス:0465-35-5449

© City of Odawara, All Rights Reserved.