おだわら市民学校専門課程「サポートの必要な人を支える」第9回・第10回を実施しました

第9回目【11月15日(金)】
「福祉の担い手に求められるものとは」

 講座の第9回目は、「福祉の担い手に求められるものとは」というテーマで、小田原市グループホーム・小規模多機能連絡会代表 川井悠司氏からお話を伺いました。
 はじめに、福祉の担い手(介護職、認知症サポーター)の現状と課題についてお話があり、担い手の活動を促進するためには、継続的な学習機会の提供、行政からの情報提供、仲間づくりが重要とのお話がありました。 
 また、福祉の担い手として大切にしたいこととして、医療と介護の連携の強化、介護人材の確保とサービスの質の向上、高齢者の住まいの整備等、有意義なお話を伺いました。
 受講生にとって、介護現場の実情を聞き、担い手としての活動につなげる上でたいへん参考になりました。
講師:川井悠司氏

講師:川井悠司氏

受講風景①

受講風景①

受講風景②

受講風景②


第10回目【11月22日(金)】
「人生100年時代を豊かに生きる ~まとめ・振り返り~」・閉講

 講座の第10回目は、「人生100年時代を豊かに生きる 」というテーマでNPO法人よこはま地域福祉研究センター センター長 佐塚玲子氏からお話を伺いました。
 はじめに、「社会参加とは」1.労働2.仕事3.活動の3つを挙げ、「働く」ことの意義のお話があり、人生100年時代だからこその「働く」ことは、生涯必要なのでは?また、今日、高齢者が「働く」課題についても触れ、高齢者が自分に「できること」「強み」に気づいていない、高齢者の「はたらく」を応援する社会教育の不足などのお話がありました。最後に人生100年時代、一人一人の意識と行動を変えつつ、生き抜ける社会づくりをとのお話がありました。
 次に、活動実践発表として、足柄地区社会福祉協議会会長・あしがらスマイルの会会長 山田敏夫氏から生活応援隊の概要について、なぜこのような活動を始めたのか、経緯や活動内容についてお話がありました。
 全10回の講座終了後、安藤文化部長より対象の5人の方々に修了証が授与されました。今後受講生は、この学びを通して、それぞれ自分のできることややりたいことなどを模索しながら、担い手としての活動につなげていくことを改めて確認しました。

 
講師:佐塚玲子氏と受講生

講師:佐塚玲子氏と受講生

あしがらスマイルの会会長 山田敏夫氏

あしがらスマイルの会会長 山田敏夫氏


修了証授与

修了証授与

集合写真

集合写真


おだわら市民学校

「おだわら市民学校」は、皆で集い、ともに学び、実践へ繋げる「人のチカラ」を育む”新たな学びの場“です。

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 生涯学習センターけやき

電話番号:0465-33-1881


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

おだわら市民学校事務局

小田原市文化部生涯学習課(生涯学習センターけやき) 〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 電話:0465‐33‐1882ファックス:0465-35-5449

© City of Odawara, All Rights Reserved.