最終更新日:2016年01月22日


流水救助訓練! with SR

平成26年11月、寒空の中、山北町山西地内において横浜市消防局の特別高度救助隊(SR)と、2日間にわたり合同流水救助訓練を実施しました。

訓練内容確認

必ず訓練実施前に全員でブリーフィングを行い、実施内容を確認します


浅瀬横断の確認

浅瀬(腰より浅い場所)を横断する手法の一つを改めて陸上にて確認しました

入水時の安全管理

必ず入水する前に上流の監視(スポッター)を置き、漂流物等との接触危険を排除します

2ポイントライブレスキュー

救助者(レスキュアー)が2本のロープに繋がれた状態で要救助者(ビクティム)にアクセスし、確保したら2本のロープで岸に引き寄せます。


2ポイントライブレスキュー

レスキュアーがビクティムに向かってフェリーアングルを取りながら、アグレッシブスイミングでアクセスします

2ポイントライブレスキュー

陸上の隊員2名でコントロールして救出します。上流側が振り子のようになるよう支点となり、下流側が岸へ引き寄せます


 
 
 

デッドマンアンカー

支点がない場所での応急的に支点を作る方法です。この方法は「デッドマンアンカー」と呼ばれ、砂地を深さ60センチ程度掘り、その中へ土のう2体にウェビングテープを巻きつけて埋め、踏み固めます

デッドマンアンカー

強度を測定したところ4KN(約400キロ)で引っ張っても支点が崩壊することはありませんでした。

デッドマンアンカー

最後に頑張って救助隊員4人で引っ張ってみましたが、ビクともしませんでした


集合写真

最後に記念撮影

横浜消防特別高度救助隊(SR)の皆様には有意義な訓練となりましたことを感謝し、実際の活動においても学んだ技術が活かせるよう、今後も隊員一同訓練に励んでいきます。


ラインクロッシング

救助者のクイックリリースベルトにロープを繋げ、対岸にロープを渡す最終手段です。

動水圧体験

ロープを河川で掴んだ時、救助者が岸に引き寄せることしか考えずに引っ張った場合、要救助者は動水圧を受けて水中に沈み込んでしまいます。 

スローバック

ロープを投げて漂流者に掴まらせて岸に引き寄せます。


セルフレスキュー

流水救助で重要なことはセルフレスキューです。通常の救助現場より3倍レスキュアーの危険が高いと考えられている中で、救助者はバックアップ のスローバックが失敗したときでも自力で岸に辿り着く泳力が必要となります。

漂流者目線のスローバック

漂流者にとってスローバックが投げられても目の前に来ない限りロープを掴むことは困難です。白波等で視界が制限されることがよくわかります。


この情報に関するお問い合わせ先

消防:小田原消防署警防第2課 警防第2係

電話番号:0465‐49‐4410


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

  • お問い合わせ

    〒256-0813
    神奈川県小田原市前川183-18

    0465-49-4410

    0465-49-2529

  • 災害情報テレホンサービス

    0180-99-4949

  • 休日・夜間の病院案内

    0465-49-0119

  • 災害情報システム

    携帯版はこちらから

消防の広域化(県西地域2市5町)
消防車両ギャラリー

管轄区域

  • 小田原市
  • 南足柄市
  • 中井町
  • 大井町
  • 松田町
  • 山北町
  • 開成町

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)