看護部のご紹介

最終更新日:2022年06月06日


教育研修

1.教育目標

1.当院の看護職員として自立し、専門的な看護領域を深めるために必要な臨床看護実践能力を育成する。
2.専門職業人として、自律的かつ自主的に学ぶ姿勢を身につけ、急速な医療・看護の進展に対応できる能力を育成する。
3.リーダーシップ能力を育成する。(人間関係調整能力・問題解決能力・管理能力)
4.エビデンスに基づいた看護実践をするために、教育・研究能力を育成する。
5.公務員としての責任を自覚し、倫理的な行動がとれる。
 

2.クリニカルラダー

 当院では、看護実践能力についてクリニカルラダーに基づいて教育研修を実施しています。クリニカルラダーは、臨床実践能力を看護師ラダー、助産師ラダー共に4段階に分け、心を大切にし、確実で丁寧な看護が実践できる人材育成をめざし、段階別教育プログラムを設定しています。また、看護管理者の能力開発を目的としたマネジメントラダーも設定しています。
看護部教育構造図

3.新人教育体制

 新人看護職員にはプリセプターがつき、メンタルヘルスに関する支援に力を入れています。スムーズな職場環境への適応を支援します。また、集合教育と現場教育との融合ができるように教育プログラムが組まれています。

4.新人看護職員年間教育計画

 1年間を通して看護実践に必要な研修がプログラムされており、認定看護師や看護師長が専門的な視点で講義を行います。集合研修(OFF-JT)、eラーニング研修を行い、部署によるOJT教育を徹底しています。自律できるまで先輩看護師とペアリングで看護実践を行い、新人看護師を病棟全体で支えます。
 小児科病棟や産科病棟、手術室に配属された新人看護職員は、11月から一般病棟への短期研修制度を取り入れています。卒後1年間で必要とされる看護基礎技術131項目の修得に向け、新人看護職員全員が入職1年目でキャリア形成の基礎を構築し着実に成長できるよう支援します。
    研修名 研修内容
前期(4月~7月) 4月 新採用者オリエンテーション  
  5月 卒後1年目研修 呼吸管理・循環管理等 認定看護師の講義
  6月 卒後1年目1日研修 「私の看護観」「チームメンバーの役割」
後期(10月~3月) 10月 卒後1年目研修 「看護過程」事例検討
  11月   認知症看護・化学療法等 認定看護師の講義
  12月   感染予防・看取り等 認定看護師の講義
  1月   急変時対応・周手術期看護等 認定看護師の講義

5.年間教育計画・現任教育

 各ラダーレベルに応じた継続的な教育研修がプログラムされ、自律した看護師を育成するために全てのラダー研修にリーダーシップ研修が組み込まれています。ラダーレベルに応じた研修はクリニカルラダーで評価でき、自分の取り組むべき課題が明確になります。また、将来的な自分自身のキャリアについて考えられるようにプログラムされ、継続的に学び続けることができます。講師は、認定看護管理者や専門看護師、認定看護師が担当します。ジェネラリスト、エキスパート、スペシャリスト、看護管理者などのあらゆる視点を学ぶことができ、自分のキャリア形成において何が必要か考えを深めることができます。キャリアアップ実現に向けた教育体制があります。
2022年度_看護部教育計画

2022年度 看護部教育計画.pdf  PDF形式 :506.6KB


小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.