看護部のご紹介

最終更新日:2022年07月25日


看護部について

看護部理念

 ”心”を大切にし、確実で丁寧な看護を実践します。

看護方針

1.私達は、心を大切にした患者中心の看護を実践します。
2.私達は、根拠に基づいた確かで安全な看護を実践します。
3.私達は、行った看護に責任を持ちます。
4.私達は、同僚や他職種職員を尊重し、対等に話し合いのできる明るい職場を築きます。
5.私達は、専門職業人として誇りをもち、常に自己研鑽に努めます。

看護体制

 病棟と外来、手術室の12単位で運営しており、質の高い看護の提供を目指しています。

(1)看護配置
   急性期一般入院料1  7対1
   急性期補助体制加算  25対1
   夜間急性期看護補助体制加算  100対1
(2)2交代(夜勤者3~4名)
(3)看護方式:デイパートナーシップ
   看護師が2人一組となり、お互いが良きパートナーとなり、パートナーシップを発揮しながら日々の看護ケアを提供する方式です。
   OJT教育体制を整備し、必要なスキルや知識を先輩が実務を通じて指導しています。   

 
イラスト

看護部長挨拶

佐々木仁美 看護部長

佐々木仁美 看護部長

 当院は、三次救急医療、周産期医療をはじめ、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、災害拠点病院としての指定を受けるなど、小田原市をはじめとした神奈川県西地域の基幹病院として中核的な役割を担っております。

 当院には、専門看護師・特定看護師・認定看護師も多数在籍し、専門性が発揮できる看護外来開設準備に取り掛かりました。県西地域における看護の活動拠点の創設をめざし、学び続ける看護部組織でありたいと思います。

 看護部門は、病院組織の中で最大の人員を占める部門です。様々な看護現場でチーム医療を展開し、看護部の理念「確実で丁寧な看護」を実践しています。専門職として専門的な知識・技術を生涯継続して学び、高度化・高齢化・複雑化する社会変化に対し、柔軟に対応できる人材を育成しております。ともに働く仲間を大切にし、教え学びあう教育体制をとり、自立した看護が提供できるプロフェッショナルとして、人間性を高めながら、成長できる環境づくりにも取り組んでおります。日々の実践を振り返り、さらに良い看護に挑戦することにも努力してまいります。市民の皆さま・患者さん・家族の意思を尊重し、「おもいやり」のこころを大切にし、信頼に応え、看護の力で「患者さんが笑顔になる」ことを目指します。「この病院を選んでよかった」と思っていただけるよう、安心・安全な質の高い医療・看護の提供を目指します。患者さんにとって、安心・安全であり、満足感につながっているかどうかは、私たち看護職の「手」にかかっていると考えています。また、日々「倫理感性」について追求し学び続けることで、治療や療養上の決定の支援を通じ、高齢者の尊厳を守る看護も目指します。

  新病院に見合った看護が提供できるよう、接遇の強化、業務整理と再構築、多様な勤務形態を取り入れ、いきいきと働き続けることができる働き方改革に取り組んでいます。


イラスト

小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.