看護部のご紹介

最終更新日:2019年07月02日


助産師・看護師のインターンシップ

令和元年度のインターンシップ開催予定

開催日 時 間 見学
予定科
対象者 募集定員
(先着順)
申込開始日
6月16日(日) 8:30~13:00 外科系 看護学生 8人 5月1日(水)
7月20日(土) 8:30~13:00 内科系 看護学生 8人
※募集定員に達しました。
6月1日(土)
7月25日(木) 8:30~13:00 手術室 看護学生 4人 6月1日(土)
8月7日(水) 9:00~16:00 全科 看護学生
高校生
40人程度 7月1日(月)
8月8日(木) 9:00~16:00 全科 看護学生
高校生
40人程度 7月1日(月)
8月9日(金) 9:00~16:00 全科 看護学生
高校生
40人程度 7月1日(月)
9月8日(日) 8:30~13:00 小児・産科 看護学生 8人 8月1日(木)
10月12日(土) 8:30~13:00 救急 看護学生 4人 9月1日(日)
11月17日(日) 8:30~13:00 外科系 看護学生 8人 10月1日(火)
3月18日(水) 9:00~16:00 全科 看護学生 30人程度 2月1日(土)
3月19日(木) 9:00~16:00 全科 看護学生 30人程度 2月1日(土)

参加申込

8月のインターシップ
看護学生の申し込みは コチラ から。
高校生の申し込みは コチラ から。

 
イラスト

副看護部長 瀬戸里美(教育研修担当)

看護学生さんにとってインターンシップはどのような意味を持つものなのですか?

瀬戸

 インターンシップは、病院内の雰囲気やどのような看護を行っているかなど、自分の目で確かめることができる機会です。
 インターンシップに参加すると、その病院の特徴や職場環境を知ることができることはもちろん、先輩看護師との交流を通じて看護実践を体験することができます。
 小田原市立病院でも、実際に働く姿をイメージしてもらえるようなプログラムになっています。

そのような患者さんやご家族の方に対し、看護師の力を最大限に発揮することで回復の手助けをさせていただくと共に、少しでも安寧をもたらすことのできる看護を提供させていただきたいと願っています。

患者さんやご家族の方、また様々な職種の医療者の方々も気軽にお声をかけて下さい。 現在、救命救急センターで勤務しております。  

 

そのような患者さんやご家族の方に対し、看護師の力を最大限に発揮することで回復の手助けをさせていただくと共に、少しでも安寧をもたらすことのできる看護を提供させていただきたいと願っています。

患者さんやご家族の方、また様々な職種の医療者の方々も気軽にお声をかけて下さい。 現在、救命救急センターで勤務しております。  


小田原市立病院のインターンシップはどのようなことをやるのですか?

 まず、地域で大切な役割を果たしているといった病院の概要を説明させていただき、病院内を見学します。
 その後、3~4人のグループに分かれて各職場で担当の看護師と一日行動をともにしながら看護体験をします。
 患者さんへのケアだけでなく、心電図モニターをつけたり、ベッドに寝てみたり、装具をつけて患者さん側の気持ちになってもらう体験も行っています。
 実習とは違い、それぞれの希望に応じた体験をすることができます。

参加した看護学生さんからはどのような声がありましたか?

「実習では見学できない職場を見ることができ、ますます看護や医療に興味を持つことができた」、「職場での多職種の連携・チームワークが良くて印象に残った」、「将来なりたい看護師像や希望の診療科が見つかった」といった声をいただいてます。

次回のインターンシップに向けて看護学生さんにメッセージをください!

 看護学生の皆さん、ぜひ参加して小田原市立病院の職場のアットホームな雰囲気を感じてください。インターンシップでは、皆さんが有意義な時間を過ごすことができるようにしたいと思います。
 そして、将来一緒に働く仲間になっていただけたら幸いです。
 お待ちしています!

小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.