令和2年度おだわら市民学校専門課程「サポートの必要な人を支える」第8回を実施しました

第8回目【令和3年4月22日(木)】
「ボランティア体験~障がい者と接する~」

 おだわら市民学校専門課程「サポートの必要な人を支える」の第8回は、「ボランティア体験~障がい者と接する~」をテーマに、一般財団法人穀物検定協会米粉食品指導員であり、米粉パン・クッキーの店「こめこめこ」主宰の山口陽子氏を講師としてお招きし、障害者日中活動支援事業所 デイセンター永耕の利用者のクッキーづくりを受講生がサポートする体験を行いました。
 始めに会場の全員が、身支度を整え、手を洗い、手指消毒を済ませ、自己紹介をしました。山口氏から、「利用者さんができることは行っていただき、苦手な部分はサポートしながら作業を進めてください。」というお話がありました。山口氏が随時、先行してクッキーづくりの見本を見せてくださり、利用者と受講生は、2チームに分かれて同時進行で作業を進めていきました。
 受講生は利用者の様子をよく観察しており、例えば、クッキー生地を混ぜる作業中に、「上手だね」、「疲れたら、交代しましょうか」等、さり気なく声掛けをしていました。また、利用者が作業を進めやすいように、ボールを持って動かないようにしたり、次に入れる材料を側に置いたりしました。利用者の頑張りに加え、受講生のサポートにより、作業は終始、和やかに順調に進みました。クッキーが上手に焼き上がると、拍手が沸き起こりました。
 受講生は、「普段やらないことでも、分かりやすい説明のおかげで、難なくできました。一緒に作る中で、様々なことを学べました」等という感想を持ちました。共同作業を通して、障がい者との関わり方を学ぶことができました。
講師 山口氏(手前)を手本に、クッキー生地を混ぜる様子

講師 山口氏(手前)を手本に、クッキー生地を混ぜる様子

生地を混ぜる様子

生地を混ぜる様子

  

利用者の様子を見守る様子

利用者の様子を見守る様子

 


生地の伸び具合を確認する様子

生地の伸び具合を確認する様子

 

型を抜く様子

型を抜く様子

講師に感想を伝える受講生の様子

講師に感想を伝える受講生の様子


おだわら市民学校

「おだわら市民学校」は、皆で集い、ともに学び、実践へ繋げる「人のチカラ」を育む”新たな学びの場“です。

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 生涯学習センターけやき

電話番号:0465-33-1881


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

おだわら市民学校事務局

小田原市文化部生涯学習課(生涯学習センターけやき) 〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 電話:0465‐33‐1882ファックス:0465-35-5449

© City of Odawara, All Rights Reserved.