令和3年度おだわら市民学校専門課程「子どもを見守り育てる」・「地域を元気にする」第2回を実施しました

第2回目【令和3年9月18日(土)】
「地域で子どもを見守り育てる(1)」

 専門課程「子どもを見守り育てる」「地域を元気にする」の第2回目は合同開催講座として、小田原市子ども会連絡協議会 顧問 橋本輝夫氏と、チームそよ風 代表 本多孝子氏から「地域で子どもを見守り育てる(1)」というテーマで、お話を伺いました。
 まず、橋本氏の講義はアイスブレーキングにより、和やかにスタートしました。小田原市子ども連絡協議会の概要、子ども会の役割やしくみのお話や、事業内容の紹介(DVD鑑賞)がありました。「チャレンジ・トライ」、「インリーダー研修会」などの事業では、リーダー育成として、高学年を対象にKYT研修(危険予知トレーニング)や協力して取り組むチーム活動等を行う様子がわかりました。
 次に、本多氏から、子ども食堂「はまっこてらす」の立ち上げまでの経緯、運営の現状や、地域との関わりなど、具体的なお話を伺いました。受講生は、「子どもの居場所作りをコンセプトにしており、利用する子どもたちにとって精神的な栄養も与えている」などの感想を持ちました。「子どもを見守り育てる」受講生は、第4回講座で、子ども食堂体験を行います。本多氏が最後に話された、子どもが身構えないように接するポイント「心配しない、素直になる、『よく来たね』とただただ受け入れて迎える」というアドバイスが印象的でした。
講師紹介をする受講生の様子

講師紹介をする受講生の様子

講師 小田原市子ども会連絡協議会 顧問 橋本輝夫氏

講師 小田原市子ども会連絡協議会 顧問 橋本輝夫氏

アイスブレーキングの様子

アイスブレーキングの様子


講師 チームそよ風 左:代表 本多孝子氏 右:副代表 山田政子氏

講師 チームそよ風 左:代表 本多孝子氏 右:副代表 山田政子氏

 

講義の様子

講義の様子

 

講師へ感想を伝える受講生の様子

講師へ感想を伝える受講生の様子

 


おだわら市民学校

「おだわら市民学校」は、皆で集い、ともに学び、実践へ繋げる「人のチカラ」を育む”新たな学びの場“です。

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 生涯学習センターけやき

電話番号:0465-33-1881


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

おだわら市民学校事務局

小田原市文化部生涯学習課(生涯学習センターけやき) 〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 電話:0465‐33‐1882ファックス:0465-35-5449

© City of Odawara, All Rights Reserved.