令和4年度おだわら市民学校専門課程「子どもを見守り育てる」第13回を実施しました

第13回目【令和5年1月14日(土)】
「小田原の子育て支援活動への参加に向けて~子育て支援の実践活動に向けてのワークショップ~」

専門課程「子どもを見守り育てる」の第13回目は、「小田原の子育て支援活動への参加に向けて~子育て支援の実践活動に向けてのワークショップ~」をテーマに、講師に小田原短期大学准教授 野津直樹氏をお迎えし実施しました。
まず、野津氏より、教育の変容として、メジャーリーガー大谷翔平選手を例に挙げ、本人が「何をしたいか」をフォローする教育、それ以前の「何をすべきか」を大事にしてきた教育を比較しながら、子どもを見守り育てることについて、お話を伺いました。次に、受講生がご自身の経験をもとに、事例を挙げながら、積極的に意見交換をしました。最後に、保護者の役割が5つ紹介されました。
さまざまな世代がお互いに理解し合えるような働きかけについて考える回となりました。
講義の様子

講師 小田原短期大学 准教授 野津直樹氏

意見交換の様子

意見交換の様子


おだわら市民学校

「おだわら市民学校」は、皆で集い、ともに学び、実践へ繋げる「人のチカラ」を育む”新たな学びの場“です。

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 生涯学習センターけやき

電話番号:0465-33-1881


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

おだわら市民学校事務局

小田原市文化部生涯学習課(生涯学習センターけやき) 〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 電話:0465‐33‐1882ファックス:0465-35-5449

© City of Odawara, All Rights Reserved.