令和4年度おだわら市民学校専門課程「自然を守り育てる」第12回を実施しました

第12回目【令和5年1月21日(土)】
「小田原の自然を知る(8)~山の適切な管理、枝打ち間伐体験~」

専門課程「自然を守り育てる」の第12回は、「小田原の自然を知る(8)~山の適切な管理、枝打ち間伐体験~」をテーマに、荻窪の山林で開催しました。
初めに、NPO法人 山盛の会 理事長 廣川登氏の御挨拶の後、受講生が自己紹介と本日の意気込みの発表をしました。続いて、山盛の会の方々のお一人ずつの自己紹介と共に、枝打ちや間伐に使う道具の説明をいただきました。
次に、実際の枝打ち作業の説明として、安全に配慮し、檜の木を登り、8m程の高所の枝を、無駄のない動きで慎重かつスムーズに切る様子を見学しました。受講生は、のこぎりを手に、予め切られていた幹の枝打ち体験をしました。木の生長を考えて切る位置を考え、きれいな切り口に仕上がるよう、刃の角度を変えずに切ることを学びました。
そして、廣川氏から間伐をする際の諸注意や、実際に木を切り倒すために必要な、倒す側に「受け口」、木を押す側に「追口」という切込みを入れる方法をお話いただきました。受講生は山側からその見本や、木が倒れる様子を見せていただきました。最後に、3つの班に分かれて、木を2本ずつ間伐しました。木が倒れる度に、歓声や拍手が聞こえてきました。
枝打ち・間伐体験をし、木を切った達成感はとても心地よく、適切に管理された山の空気は清々しく、受講生の笑顔がとても印象的でした。山を管理する大切さを学びました。
 
講師 NPO法人 山盛の会 理事長 廣川登氏

講師 NPO法人 山盛の会 理事長 廣川登氏

自己紹介をする受講生の様子

自己紹介をする受講生の様子

枝打・間伐に使う道具の説明 1

枝打・間伐に使う道具の説明 1


道具の説明 2

道具の説明 2

道具の説明 3

道具の説明 3

高所の枝打ちデモンストレーション

高所の枝打ちデモンストレーション


枝打ち体験

枝打ち体験

間伐体験(左側:受け口、右側:追口)

間伐体験(左側:受け口、右側:追口)

1班の体験の様子

1班の体験の様子


2班の体験の様子

2班の体験の様子

3班の体験の様子

3班の体験の様子

記念撮影

記念撮影


おだわら市民学校

「おだわら市民学校」は、皆で集い、ともに学び、実践へ繋げる「人のチカラ」を育む”新たな学びの場“です。

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 生涯学習センターけやき

電話番号:0465-33-1881


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

おだわら市民学校事務局

小田原市文化部生涯学習課(生涯学習センターけやき) 〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 電話:0465‐33‐1882ファックス:0465-35-5449

© City of Odawara, All Rights Reserved.