コンビニ交付サービスについて

平成31年1月15日(火)から、全国のコンビニ等のマルチコピー機で、マイナンバーカードを使って住民票の写しなどの証明書を受け取ることができる「コンビニ交付サービス」がスタートします。

利用のために必要なもの

マイナンバーカード
※マイナンバーカードに利用者証明用電子証明書が搭載されている必要があります。
 電子証明書についてはこちら(外部サイト)
※利用の際は、本人が利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4ケタ)を入力する必要があります。
 暗証番号についてはこちら
 

取り扱う証明書・手数料

証明書の種類 手数料(1通) 利用できるかた
住民票の写し 300円 小田原市に住民登録があるかた
印鑑登録証明書 300円 小田原市で印鑑登録をされているかた
戸籍の全部・個人事項証明書 450円 小田原市に本籍があるかた
戸籍の附票の写し 300円 小田原市に本籍があるかた
市県民税の課税・非課税証明書 300円 小田原市に住民登録があるかた

サービスを利用できる店舗

全国約54,000店舗(小田原市内は約80店舗)
コンビニ交付対応のマルチコピー機設置店舗(外部サイト)に限ります。
  • セブン‐イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • サークルK・サンクス など

サービスを利用できる時間帯

午前6時30分~午後11時(12月29日~1月3日を除く。)
※戸籍の全部・個人事項証明書、戸籍の附票の写しについては、平日の午前9時~午後5時。

証明書の偽造・改ざん防止対策

市役所等の窓口で交付している改ざん防止用紙に印刷された証明書とは異なり、コンビニ等で交付する証明書はA4サイズの普通用紙(白紙)に印刷され、複数の偽造・改ざん防止技術を施してあります。
偽造・改ざん防止技術について(外部サイト)

注意事項

  • 取得できる証明書は、最新の情報が記載されているもののみです。
  • 他の人のマイナンバーカードを使用してコンビニ交付サービスを利用することはできません。
    また、15歳未満及び成年被後見人のかたはコンビニ交付サービスを利用することはできません。
  • 証明書が複数枚となった場合、取り忘れのないようご注意ください。
  • サービスを利用する際、暗証番号を3回間違えるとロックがかかり、利用できなくなります。暗証番号を忘れてしまったときは、暗証番号の再設定手続きが必要となりますので、ご本人がマイナンバーカードを持参の上、市役所戸籍住民課の窓口にお越しください。
  • 手数料の減免対応はできません。
    減免対象の証明書取得については、従来どおり市の窓口にお越しください。
  • 誤って取得した証明書は差替え、返金対応ができません。十分ご確認の上、請求等してください。

最終更新日:2018年10月01日


この情報に関するお問い合わせ先

市民部:戸籍住民課

電話番号:0465-33-1386


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.