小田原市

市長室

市長の加藤憲一です。ようこそ市長室のホームページへ

小田原市長 加藤憲一

小田原市長の加藤憲一です。
市長のホームページ、「市長室」へようこそ。

このページでは、私のプロフィールや日々の動きなどを紹介しています。

 

 

 

 sasaaa


 平成28年7月23日から25日の日程で、東日本大震災で被災した福島県の相馬・双葉地方を訪ねた。報徳のご縁により震災以降ささやかながら支援活動を継続している関係で、この地方の最大のイベントである野馬追に、相馬市から毎年お招きをいただいている。既に何度か伺っているので、野馬追を観覧するためだけに訪問することはなかったのだが、今回は幾つかの理由があって訪問をさせて頂いた。
 ひとつには、浪江町に派遣している職員をこの春に交代させているので、彼の激励をしておきたいということがある。が、それ以上に、南相馬市が7月からほぼ全域で避難指示解除となったこと、飯舘村ではこの7月から村役場に役所機能が復帰し来年3月にほぼ全域の避難指示解除が決まったこと、また浪江町でも来年3月には居住制限区域までが避難指示解除になる見通しとなっていることなど、放射能汚染により復興への足取りが遅れていた、報徳ゆかりの各市町村が、それぞれ新たな復興フェーズに入ってきたことから、その様子と課題などを伺うべく、各首長を訪ねることとしたものである。
 以下に、3日間の行程と、各地での所感、被災地の様子、首長や住民の皆さんの様子などの概略を記すこととする。

市長の日記(最新)

2016年09月12日(月)

小田原映画祭、始まる

  10日、小田原映画祭シネマトピア2016が始まりました。
  今年で10回目となる記念の映画祭は、昨年11月に急逝した前実行委員長である阿藤快さんの追悼の意味を込め、阿藤さん出演の映画やゆかりの皆さんによる対談などを盛り込みつつ、往年の名作、小田原ふるさと大使である夢枕獏さん原作の「エヴェレスト 神々の山巓」、ショートフィルムコンテストなど、充実のプログラムとなっています。10月2日のクロージングに向け、市内各地で催される上映会などの企画を、ぜひ多くの皆さんに堪能していただきたいと思います。
  オープニングセレモニーは、例年通り、小田原城銅門の枡形内広場にて行われました。今回から実行委員長を務めていただく、小田原ふるさと大使の合田雅吏さんは、新たにあつらえたマイ甲冑を身にまとってのご挨拶。阿藤さんの映画祭に対する格別の思いを受け継いで、映画祭を盛り上げていくことを大勢の来客の前で宣言してくださいました。
  オープニング上映は、7年前にも上映した、阿藤さんが助演の「築城せよ!」。前回も私は観ましたが、みんなが力を合わせて夢の実現(城づくり)に挑むストーリーは、小田原の現実といろいろな意味で重なり、今回はまた格別の味わい。在りし日の阿藤さんの豪快かつ優しいお人柄が思い起こされ、再会できたような懐かしさもありました。
  日が暮れると涼しい微風がそよぎ、天空には月が懸かる、絶好のコンディション。きっと阿藤さんが見守ってくれていることを、会場に来られた誰もが信じられる、そんな上映会となりました。
 

  この週末から、各地での敬老行事が本格的に始まりました。11日は副市長と分担し、私は午前中に3か所を回らせていただきました。今年度で100歳を迎えられる市民は60名ほど、100歳以上の高齢者は140人ほどとなり、まさに人生100年時代を迎えています。各地での手作りの敬老行事は、来週の「敬老の日」をピークに、市内130か所以上で開催の予定。元気な高齢者の皆さんとお会いするのが楽しみです。

(14日から連休を挟み21日まで行われる市議会9月定例会での一般質問とその準備のため、明日から21日まで日記更新をお休みします。)

市長の動き(最新)

2016年09月21日(水)

市長の動き(平成28年9月21日)

【午前】
▽市議会9月定例会本会議
【午後】
▽辞令交付
▽決算特別委員会
▽広報広聴課
▽宝安寺社会事業部・望月理事長ら
▽大阪市立大学大学院創造都市研究科・永田准教授ら
▽文化部長ら


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.