市長室

ようこそ市長室のホームページへ

小田原市が脱炭素先行地域に選定されました!


市長コラム

2023年01月27日(金)

市長コラム(令和5年1月27日)

 22日は、おだわら駅伝競走大会の開会式に出席しました。新年1月恒例のスポーツ行事となっていたこの駅伝大会は、新型コロナウイルスの影響で実に3年ぶりの開催。地区対抗の部では16チーム、事業所などの一般対抗の部では12チームが参加しました。
 全7区間、全長約30キロに及ぶコースは、国府津・曽我丘陵を越える小田原の地形を生かした起伏に富んだもの。小田原アリーナがスタート・ゴールとなっており、私がスターターを務めさせていただきました。勢いよく飛び出していった選手たちは、2時間前後でゴール。結果、地区対抗の部では、「国府津」が前回大会に続き優勝、一般対抗の部では、「小田原高等学校」が優勝されました。参加された選手の皆さん、お疲れ様でした。

 その後は、小田原三の丸ホール小ホールで開催されました「玉の緒会 長唄 お弾き初め」でご挨拶をさせていただきました。長唄は18世紀以降、歌舞伎音楽として特に江戸で発展した三味線音楽で、その後、劇場から離れた純粋の音楽として演奏されてきました。
 小田原では、杵屋響泉(きねや きょうせん)さんが、その世界の第一人者として広く知られており、市民功労賞の受賞のほか、国指定重要無形文化財「長唄」の保持者として認定されています。小田原における長唄は、伝統文化としてしっかりと根付いています。
 

 その後は、小田原三の丸ホール大ホールにて、「北原白秋没後80年記念事業 小田原童謡大使 ベイビーブーミニコンサート」を鑑賞いたしました。
 国民的詩人である北原白秋は、小田原に居住した8年2か月の間に数々の童謡作品を創作されました。令和4年は白秋没後80年の節目であったことから、本市では特別展や記念講座など、様々な記念事業を開催。そのフィナーレを飾っていただいたのが、小田原童謡大使として活動されているベイビーブーさんです。
 当日は、白秋作品の朗読や花園幼稚園・みみづく幼稚園の園児による可愛らしい歌声、コールこまちよによる歌唱、そして最後はベイビーブーさんによる素晴らしいコーラスがあり、三の丸ホール全体が白秋の詩と美しい歌声に包まれました。

市長の動き(最新)

2023年01月27日(金)

小田原市長動向(1月26日)

【午前】
▽デジタルイノベーション課
▽環境保護課
▽まちづくり交通課
▽市総合計画審議会より答申書受領
▽資産経営課
▽医療法人邦友会小田原循環器病院より小田原三の丸ホールへAEDの寄贈
【午後】
▽都市計画課
▽未来創造・若者課
▽小田原警察署武道始式(荻窪)
▽医療的ケア児支援者基礎研修(久野)
▽人権・男女共同参画課
▽デジタルイノベーション課
▽コムテックと市若手職員による意見交換会(栄町)
▽小田原箱根観光新年会(栄町)
▽小田原蒲鉾協同組合新年会(城内)
▽県トラック協会県央ブロック新年賀詞交歓会(同)
▽学生横綱バドジャルガル・チョイジルスレン選手祝賀会(同)

 

 

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.