小田原市

公共下水道排出基準

公共下水道へ排出する事業場の方へお願い

工場・事業場からの排水等に有害物質などが含まれていると下水道処理施設に悪影響を与え、ひいては環境汚染にもつながります。

このため、小田原市では、下水道法などの関係法令や小田原市下水道条例により水質の規制を行っています。排出基準は次のとおりです。適正な水質管理を行い、水質基準を遵守くださいますようお願いいたします。

小田原市公共下水道排出基準

項目

特定事業場の排出基準

継続して下水道を使用する事業場の除害施設設置基準

50立方メートル/日以上

50立方メートル/日未満

カドミウム及びその化合物

0.03mg/l以下

0.03mg/l以下

0.03mg/l以下

シアン化合物

1mg/l以下

1mg/l以下

1mg/l以下

有機燐化合物

0.2mg/l以下

0.2mg/l以下

0.2mg/l以下

鉛及びその化合物

0.1mg/l以下

0.1mg/l以下

0.1mg/l以下

六価クロム化合物

0.5mg/l以下

0.5mg/l以下

0.5mg/l以下

砒素及びその化合物

0.1mg/l以下

0.1mg/l以下

0.1mg/l以下

水銀及びアルキル水銀

その他の水銀化合物

0.005mg/l以下

0.005mg/l以下

0.005mg/l以下

アルキル水銀化合物

検出されないこと

検出されないこと

検出されないこと

ポリ塩化ビフェニル

0.003mg/l以下

0.003mg/l以下

0.003mg/l以下

トリクロロエチレン

0.1mg/l以下

0.1mg/l以下

0.1mg/l以下

テトラクロロエチレン

0.1mg/l以下

0.1mg/l以下

0.1mg/l以下

ジクロロメタン

0.2mg/l以下

0.2mg/l以下

0.2mg/l以下

四塩化炭素

0.02mg/l以下

0.02mg/l以下

0.02mg/l以下

1,2-ジクロロエタン

0.04mg/l以下

0.04mg/l以下

0.04mg/l以下

1,1-ジクロロエチレン

1mg/l以下

1mg/l以下

1mg/l以下

シス-1,2-

ジクロロエチレン

0.4mg/l以下

0.4mg/l以下

0.4mg/l以下

1,1,1-トリクロロエタン

3mg/l以下

3mg/l以下

3mg/l以下

1,1,2-トリクロロエタン

0.06mg/l以下

0.06mg/l以下

0.06mg/l以下

1,3-ジクロロプロペン

0.02mg/l以下

0.02mg/l以下

0.02mg/l以下

チウラム

0.06mg/l以下

0.06mg/l以下

0.06mg/l以下

シマジン

0.03mg/l以下

0.03mg/l以下

0.03mg/l以下

チオベンカルブ

0.2mg/l以下

0.2mg/l以下

0.2mg/l以下

ベンゼン

0.1mg/l以下

0.1mg/l以下

0.1mg/l以下

セレン及びその化合物

0.1mg/l以下

0.1mg/l以下

0.1mg/l以下

ほう素及びその化合物

10mg/l以下
(海域230mg/l以下)

10mg/l以下
(海域230mg/l以下)

10mg/l以下

ふっ素及びその化合物

8mg/l以下
(海域15mg/l以下)

8mg/l以下
(海域15mg/l以下)

8mg/l以下

1,4-ジオキサン

0.5mg/l以下

0.5mg/l以下

0.5mg/l以下

フェノール類

0.5mg/l以下

0.5mg/l以下

0.5mg/l以下

銅及びその化合物

1mg/l以下
[3mg/l以下]

1mg/l以下
[3mg/l以下]

1mg/l以下
[3mg/l以下]

亜鉛及びその化合物

1mg/l以下
[2mg/l以下]

1mg/l以下
[2mg/l以下]

1mg/l以下
[2mg/l以下]

鉄及びその化合物

(溶解性)

3mg/l以下
[10mg/l以下]

3mg/l以下
[10mg/l以下]

3mg/l以下
[10mg/l以下]

マンガン及びその化合物

(溶解性)

1mg/l以下

1mg/l以下

1mg/l以下

クロム及びその化合物

2mg/l以下

2mg/l以下

2mg/l以下

ダイオキシン類

10pg-TEQ/l以下

10pg-TEQ/l以下

10pg-TEQ/l以下

アンモニア性窒素、亜硝酸性窒素及び硝酸性窒素

380mg/l未満
(125mg/l未満)

380mg/l未満
(125mg/l未満)

380mg/l未満
(125mg/l未満)

水素イオン濃度(pH)

5を超え9未満
(5.7を超え8.7未満)

5を超え9未満
(5.7を超え8.7未満)

5を超え9未満
(5.7を超え8.7未満)

生物化学的酸素要求量(BOD)

600mg/l未満
(300mg/l未満)

600mg/l未満
(300mg/l未満)

600mg/l未満
(300mg/l未満)

浮遊物質(SS)

600mg/l未満
(300mg/l未満)

600mg/l未満
(300mg/l未満)

600mg/l未満
(300mg/l未満)

ノルマルヘキサン抽出物質含有量(鉱油類)

5mg/l以下

5mg/l以下

5mg/l以下

ノルマルヘキサン抽出物質含有量(動植物油脂類)

30mg/l以下

30mg/l以下

30mg/l以下

温度

45度未満
(40度未満)

45度未満
(40度未満)

45度未満
(40度未満)

沃素消費量

220mg/l未満

220mg/l未満

220mg/l未満

ニッケル及びその化合物

1mg/l以下

1mg/l以下

1mg/l以下

  1. 銅及びその化合物、亜鉛及びその化合物、鉄及びその化合物の[ ]内数値は、小田原市寿町終末処理場を使用する工場・事業場及び、昭和46年10月31日以前に設置された排水量50立方メートル/日以上の特定事業場(同日以前に建設工事中を含む)に適用されます。
  2. アンモニア性窒素等からニッケル及びその化合物までの項目における( )内数値は、製造業またはガス供給業に適用されます。
  3. 黄色背景の項目は、水質汚濁防止法施行令別表第一の特定施設に適用される排除基準(ダイオキシン類対策特別措置法施行令別表第二の特定施設の場合、除害施設を設置する基準)。
  4. 灰色背景の項目は、ダイオキシン類対策特別措置法施行令別表第二の特定施設に適用される排除基準(水質汚濁防止法施行令別表第一の特定施設の場合、除害施設を設置する基準)。
  5. 黄色背景及び灰色背景の項目は直罰適用の排除基準に係わる排除基準。その他の部分は、除害施設を設置する基準。
  6. 特定事業場では、ほう素及びその化合物、ふっ素及びその化合物、アンモニア性窒素等、亜鉛及びその化合物の基準が暫定基準となっている場合があるので注意してください。
  7. ほう素及びその化合物、ふっ素及びその化合物の( )内の基準は、特定事業場で下水道へ接続しなかった場合の放流先が海域である工場・事業場に適用される排除基準。
  8. この他に、暫定基準が適用されており、この表より緩い基準となっている場合があるので注意してください。
  9. アンモニア性窒素等からニッケル及びその化合物までの項目は、業種と排水量、使用する処理場によっては、この表の数値よりも緩い基準となる場合があります。

最終更新日:2015年10月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

下水道部:下水道総務課 業務係

電話番号:0465-33-1616


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.