小田原市

北条五代観光推進協議会

早雲寺殿廿一箇条

早雲が伝えたとされる家訓。21箇条に及ぶ条文は、いずれも簡潔でわかりやすく、日常生活における注意点や心得が事細かく具体的に記されています。

基本的には一般の家臣を対象に示した心得と思われ、早雲の作とする確かな証拠はありません。早雲が日ごろ家臣に語ったものがまとめられたものと言われています。

一、可信佛神事

二、朝早可起事

三、夕早可寝事

四、手水事

五、拝事

六、刀衣裳事

七、結髪事

八、出仕事

九、受上意時事

十、不可爲雑談虚笑事

十一、諸事可任人事

十二、讀書事

十三、宿老祗候時禮義事

十四、不可申虚言事

十五、可学歌道事

十六、乗馬事

十七、可撰朋友事

十八、可修理四壁垣牆事

十九、門事

二十、火事用事

二十一、文武弓馬道事


読み下し文(一部抜粋)

一 第一、仏神を信じ申べき事。 (第一条)

一 朝はいかにもはやく起べし、遅く起ぬれば、召仕ふ者まで由断し、つかはれず、公私の用を欠くなり、はたしては、必ず主君に見限られ申べしと、深く慎むべし。 (第二条)

一 拝みをする事、身のおこなひ也、只こころを直にやはらかに持、正直憲法にして、上たるをば敬ひ、下たるをば憐み、有るをば有るとし、無きをば無きとし、有りのままなる心持、仏意冥慮にもかなふと見えたり、たとひ祈らずとも、此心持あらば、神明の加護有之べし、祈るとも心曲らば、天道に放され申さんと慎むべし。 (第五条)

一 刀、衣裳、人のごとく結搆に有べしと思うべからず、見苦しくなくばと心得て、無き物をかり求め、無力重なりなば、他人の嘲成べし。 (第六条)

一 出仕の時御前へ参るべからず、御次に祗候して、諸傍輩の躰見つくろい、さて御とをりへ罷出べし、左樣になければ、むなつく事有べきなり。 (第八条)

一 少しの隙あらば、物の本をみ、文字のある物を懐に入、常に人目を忍び見えし、寝てもさめても手馴ざれば、文字忘るるなり、書こと又同事。 (第十二条)

一 上下万民に対し、一言半句にても虚言を申べからず、かりそめにも有のままたるべし、そらこと言つくればくせになりて、せせらるる也、人にやがて見かぎらるべし、人に糺され申ては、一期の恥と心得べきなり。 (第十四条)

一 歌道なき人は、無手に賤き事なり、学ぶべし、常の出言に慎み有べし、一言にても人の胸中しらるる者也。 (第十五条)

一 すきありて宿に帰らば、厩面より裏へまはり、四壁・垣根・犬のくぐり所をふさぎ拵さすべし、下女つたなきものは、軒を抜て焼、当座の事をあがなひ、後の事を知らず、万事かくのごとく有べきと、深く心得べし。 (第十八条)

一 夕べは六ツ時に門をはたとたて、人の出入により、あけさすべし、左樣になくしては、未断に有て、かならず悪事出来すべき也。 (第十九条)

一 文武弓馬の道は常なり、記すに及ばず、文を左にし、武を右にするは古の法、兼て備へずんば有べからず。 (第二十一条)

「早雲寺殿廿一箇条」より抜粋。

(現代かな使いに訂正するなど、一部、原文とは異なります。)

この情報に関するお問い合わせ先

経済部:観光課

電話番号:0465-33-1521


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.