小田原市

市有建築物の計画的な保全に向けて

本市の公共建築物は昭和40年代から50年代に一斉に整備しているため、築30年以上の建築物の面積が約80%に達しています。さらに、平成28年度末時点で標準的な耐用年数を超えて使用している部位(外壁、屋上防水や設備機器などの建築物の各部分のこと)は、約66%で、今後、修繕等が必要な箇所が集中的に発生する可能性があります。
一方で財源は限られているため、一層の効果的・効率的な工事執行が必要となります。また、事故を起こすことがないように、安全性の確保に取り組んでいかなくてはなりません。

 

市有建築物維持修繕計画を策定しました(平成29年3月)

「公共建築物マネジメント基本計画」に基づき、市有建築物の計画的な保全と長寿命化を推進していくために、保全の考え方や具体的な取組方法をまとめた「市有建築物維持修繕計画」を策定しました。

市有建築物維持修繕計画  PDF形式 :661KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


建物の劣化調査をしました(平成25年度~26年度)

市有建築物の基礎データを収集するため平成25~26年度に劣化調査を行いました。
外壁や屋根、空調設備など建築物を構成する部位ごとに、劣化状況や標準的な修繕等の時期を過ぎている箇所を調査しました。

調査時点で、築年数が30年以上の建物の面積は、全体の約75%に達しており、標準的な修繕等の時期を過ぎている部位も多くみられました。

標準的な修繕のなどの時期を過ぎている部位数の割合

標準的な修繕のなどの時期を過ぎている部位数の割合

市有建築物の築年数による分布状況(床面積)

市有建築物の築年数による分布状況(床面積)



代表的な劣化の状況

鉄筋露出(螢田住宅)

コンクリートの中の鉄筋が、さびてふくらみ、表面のコンクリートが割れています。

防水シート亀裂(環境事業センター)

雨が浸入しないよう屋上を覆っている防水シートが、劣化し破れています。

海水ポンプ腐食(水産市場)

水をくみ上げるためのポンプが、劣化しさびています。


木部腐朽(曽我支所)

木造建物の外壁などが腐っています。

雨漏り(御幸の浜プール)

雨漏りにより天井にシミやカビができたり、天井の板がふやけてはがれています。

操作盤ボックス(けやき)

設備機器の制御盤のカバーがさびています。


保全活用のための意識改革に取り組んでいます

最終更新日:2017年04月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:公共施設マネジメント課

電話番号:0465-33-1305


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.