小田原市

長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく認定等に係る手数料について

長期優良住宅建築等計画の認定申請手数料

長期優良住宅の普及の促進に関する法律第5条第1項から第3項までの規定に基づく認定申請をする場合は、1戸当たり、次のとおり申請手数料がかかります。

1戸当たりの申請手数料 = 表1の区分に応じた1棟当たりの金額 ÷ 認定申請戸数
(10円未満切捨て)

表1

単位( 円)

 

区分

あらかじめ登録住宅性能評価機関※による技術的審査を受けた場合

あらかじめ登録住宅性能評価機関※による技術的審査を受けない場合

1棟当たりの金額

1戸当たりの申請手数料

1棟当たりの金額

1戸当たりの申請手数料

1戸建ての住宅

6,000

6,000

45,000

45,000

共同住宅

2戸〜5戸

12,000

左欄の金額を認定申請戸数で除した金額(10円未満切捨て)

110,000

左欄の金額を認定申請戸数で除した金額(10円未満切捨て)

6戸〜10戸

21,000

170,000

11戸〜30戸

31,000

340,000

31戸〜50戸

58,000

600,000

51戸〜100戸

99,000

1,000,000

101戸〜200戸

160,000

1,900,000

201戸〜300戸

200,000

2,700,000

301戸〜

210,000

3,400,000

 ※住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく登録住宅性能評価機関をいいます。

計算例

総戸数8戸の共同住宅で、全戸があらかじめ登録住宅性能評価機関による技術的審査を受けて申請した場合の1戸当たりの認定申請手数料は、次のとおりです。

 

1棟当たりの金額 ÷ 認定申請戸数 = 1戸当たりの申請手数料

   21,000円 ÷ 8戸 = 2,620円(10円未満切捨て)

  

認定申請手数料(認定申請と併せて建築基準関係規定への適合審査を申し出る場合)

長期優良住宅の普及の促進に関する法律第5条第1項から第3項までの規定に基づく認定申請と併せて、同法第6条第2項の規定による建築基準関係規定への適合審査を申し出る場合は、1戸当たり、次のとおり申請手数料がかかります。

 

1戸当たりの申請手数料
=表1による1戸当たりの申請手数料+(表2の区分に応じた1棟当たりの金額÷申出戸数)
 (10円未満切捨て) 

表2

単位( 円)

 

申請 区分

構造計算適性判定の必要のないもの

構造計算適合性判定の必要なもの

 

認定プログラムによるもの

認定プログラム以外によるもの

床面積の合計

1棟当たりの金額

1戸当たりの申請手数料

30平方メートル以内

10,000

128,560

181,840

申請区分に応じた左欄の金額を申出戸数で除した金額(10円未満切捨て)

30平方メートル超〜100平方メートル以内

18,000

136,560

189,840

100平方メートル 超〜200平方メートル以内

28,000

146,560

199,840

200平方メートル 超〜500平方メートル以内

36,000

154,560

207,840

500平方メートル 超〜1,000平方メートル以内

66,000

184,560

237,840

1,000平方メートル 超〜2,000平方メートル以内

93,000

240,720

321,720

2,000平方メートル 超〜5,000平方メートル以内

160,000

321,760

422,200

5,000平方メートル 超〜10,000平方メートル以内

280,000

441,760

542,200

10,000平方メートル 超〜30,000平方メートル以内

370,000

574,960

716,440

30,000平方メートル超〜50,000平方メートル以内

460,000

664,960

806,440

50,000平方メートル超

900,000

1,247,520

1,536,960

※ 本表は、申請に係る建築物が新築1棟の場合の手数料です。計画変更の場合は、手数料が異なります。

※ 構造計算適合性判定が必要な建築物について、エキスパンションジョイントなどを設ける場合、
構造計算適合性判定に係る対象床面積が本表と異なる場合があります。
※ 申請に係る建築物が建築基準法第87条の2に規定する昇降機を有する場合は、昇降機分の手数料が別途必要となります。

計算例

総戸数8戸、床面積640平方メートルの共同住宅(構造計算適合性判定の必要のないもの)で、全戸があらかじめ登録住宅性能評価機関による技術的審査を受けた場合の認定申請と併せて、法第6条第2項の規定による建築関係規定の適合審査を申し出る場合の1戸当たりの認定申請手数料は、次のとおりです。

 

表1による1戸当たりの申請手数料

 

表2の区分に応じた1棟当たりの金額

 

申出戸数 

  1戸当たりの申請手数料

2,620円

66,000円

÷

8戸

=

10,870円

    (10円未満切捨てにより、8,250円)    

3 変更認定申請手数料

長期優良住宅の普及の促進に関する法律第8条第1項の規定に基づく変更認定申請をする場合は、1戸当たり、次のとおり申請手数料がかかります。

 

 1戸当たりの申請手数料=表3の区分に応じた1棟当たりの金額 ÷  既に認定を 受けた戸数(10円未満切捨て)

表3

単位( 円)

 

区分

あらかじめ登録住宅性能評価機関※による技術的審査を受けた場合

あらかじめ登録住宅性能評価機関※による技術的審査を受けない場合

1棟当たりの金額

1戸当たりの申請手数料

1棟当たりの金額

1戸当たりの申請手数料

1戸建ての住宅

3,000

3,000

22,500

22,500

共同住宅

2戸〜5戸

6,000

左欄の金額を認定申請戸数で除した金額(10円未満切捨て)

55,000

左欄の金額を認定申請戸数で除した金額(10円未満切捨て)

6戸〜10戸

10,500

85,000

11戸〜30戸

15,500

170,000

31戸〜50戸

29,000

300,000

51戸〜100戸

49,500

500,000

101戸〜200戸

80,000

950,000

201戸〜300戸

100,000

1,350,000

301戸〜

105,000

1,700,000

計算例

総戸数8戸の共同住宅で、既に8戸とも認定を受けた住宅の変更認定申請について、あらかじめ登録住宅性能評価機関による技術的審査を受けて申請した場合の1戸当たりの認定申請手数料は、次のとおりです。

 

1棟当たりの金額 ÷ 既に認定を受けた戸数 = 1戸当たりの申請手数料

   10,500円 ÷ 8戸 = 1,310円(10円未満切捨て)

4 変更認定申請手数料(認定申請と併せて建築基準関係規定への適合審査を申し出る場合)

長期優良住宅の普及の促進に関する法律第8条第1項の規定に基づく認定申請と併せて、同法第6条第2項の規定による建築基準関係規定への適合審査を申し出る場合は、1戸当たり、次のとおり申請手数料がかかります。

 

1戸当たりの申請手数料
= 表3による1戸当たりの申請手数料+(表2の区分に応じた1棟当たりの金額 ÷ 申出戸数)

(10円未満切捨て)

※ 表2は申請に係る建築物が新築1棟の場合の手数料です。計画変更の場合は、変更に係る部分の床面積の2分の1(床面積が増加する部分については増加する部分の床面積)に応じた額となります。

5 譲受人を決定した場合における変更認定申請手数料

譲受人が決定した場合における長期優良住宅の普及の促進に関する法律第9条第1項の規定による第8条第1項の規定に基づく変更認定申請手数料は、以下のとおりです。

譲受人を決定した場合における変更認定申請手数料 = 1件につき 2,100円

6 認定の地位の承継に係る承認申請手数料

認定を受けた者が他の者にその地位を承継する場合における譲受人が決定した場合における長期優良住宅の普及の促進に関する法律第10条の規定に基づく承認申請手数料は、次のとおりです。

認定の地位の承継に係る承認申請手数料 = 1件につき 1,700円

最終更新日:2014年03月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

都市部:建築指導課 指導係

電話番号:0465-33-1433


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.