感染拡大防止対策について

本館の新型コロナウイルス感染症の拡大防止に対する取組

 神奈川県が示したチェックリストに沿って次のとおり取り組みます。
  1 ソーシャルディスタンスの確保(2メートル以上(最低1メートル))
   ・ソーシャルディスタンスを確保した座席等の配置
   ・窓口へのビニールカーテンの設置
  2 従業員の保健衛生対策の徹底
   ・マスクの着用
   ・手洗い・手指消毒の徹底
   ・体調管理(勤務前の検温、体調不良時の出勤見合わせ)の徹底
  3 共用物の衛生管理・換気の徹底
   ・客席、テーブル、利用設備等についての消毒
   ・扉の開閉による毎時2回以上の換気の実施
  4 感染が発生した際の利用者への情報提供
   ・神奈川県LINEコロナお知らせシステムを利用し、情報提供

来館者へのお願い

(1)来館前に検温してください。
(2)手洗いや手指のアルコール消毒、咳エチケットを徹底し、マスクを着用してください。
(3)周囲の人とのソーシャルディスタンスを保つようにしてください。
(4)次の方は、入館を控えてください。
 ・ 来館前の検温で37.5度以上の発熱があった方(または平熱比1度超過)
 ・息苦しさ、強いだるさ、軽度であっても咳やのどの痛みがある方
 ・新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方
 ・過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国や地域への渡航歴がある方、当該在住者との濃厚接触がある方

2階イベントスペースの利用再開について(6月26日現在)

2階イベントスペースについては、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、利用を見合わせていましたが、6月29日(月)午前10時から予約の受付を再開いたします。利用を希望される方は、次の利用基準をご確認のうえ、電話 (0465-20-0515)にてご予約いただきますようお願いいたします。

2階イベントスペースの利用基準

利用条件

(1)利用人数について
 ・最大20人までとする(通常時最大40人)
(2)席の配置について
 ・ソーシャルディスタンス(2メートル以上(最低1メートル))を保った座席の配置とする
(3)飲食について
 ・水分補給以外の飲食は禁止とする
(4)換気について
 ・利用時は常時窓を開放し、換気を行うこと
(5)利用後の清掃について
 ・使用した用具類はアルコール消毒し、元の場所に戻すこと

使用責任者へのお願い

(1)参加者や来場者に対し、手洗いや手指のアルコール消毒、咳エチケット、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保等の感染防止対策を徹底してください。
(2)参加者の連絡先を把握し、名簿を作成してください(名簿の提出は不要です。)。
(3)不特定多数が参加するイベント等を開催する際は、来場者に神奈川県LINEコロナお知らせシステムに登録していただく、もしくは会場入口で名簿に連絡先を記載していただく等により来場者の連絡先を把握してください。
(4)個人情報については必要に応じて保健所等の公的機関に提供することを事前に参加者や来場者に周知するなど、適切な管理、取り扱いをしてください。
 ※今後の状況により臨時休館や利用条件の変更をする場合があります。この点をご了承いただいた上、利用申し込みをお願いします。

小田原宿なりわい交流館について

なりわい交流館(正面)

施設情報

    ▶住所 〒250-0012 小田原市本町3-6-23
  ▶電話 0465-20-0515
      ▶観光案内・お休み処(1階)(入館料無料、飲食物持ち込み可)
   (4〜10月)午前10時00分〜午後7時00分
   (11〜3月)午前10時00分〜午後6時00分
  ▶イベントスペース(2階)
     午前10時00分〜午後10時00分(事前予約制)
  ▶休館日
      12月31日(そのほか臨時休館あり)
  ▶その他
    トイレ利用可
    Wi-Fi利用可
    駐車場なし

この施設は、昭和7年に建設された旧網問屋を再整備したものです。小田原の典型的な商家の造りである「出桁(だしげた)造り」という建築方法が用いられています。また、2階正面は出格子窓になっており、昔の旅籠の雰囲気を醸し出しています。内部の意匠も特徴的で、特に2階は、関東震災後に耐震工法として採用された洋小屋の構造を取り入れるなど、当時の小田原の時代背景を感じさせる貴重な建物です。
現在は、市民や観光客の皆様の「憩いの場」として、誰でも立ち寄れる「お休み処」や市民活動の発表の場として、気軽にご利用いただけます。
s

▶出桁造り
柱の上に乗せた太い桁を店の前面に何本も突き出し、そこに軒や屋根を乗せた江戸時代から続く伝統的な商家の建築方法

s

▶1階内部 観光案内・お休み処
無料のお休み処です。お茶も無料で提供しています。
また、街かど博物館をはじめとする市内の名所旧跡等の案内やパンフレットの配布もしています。

s

▶2階内部 イベントスペース(27畳分)
地場産業の情報発信や生涯学習等の各種イベントの会場として利用できます。
*イベントスペースの利用にあたっては事前予約が必要です。
 


体験情報

小田原ちょうちんの製作体験 ※現在、実施していません。

画像

小田原ちょうちん製作体験の様子

【開催日時】毎月第2・4日曜日 午前10時00分~午後4時00分
【所要時間】約90分
【体験費用】お一人様1,000円
 ※受付時間は、午後3時30分までです。
 ※5人以上で体験希望の方は、事前予約(体験日の1か月前まで受付)が必要です。
  小田原市観光協会(TEL0465-22-5002)までご連絡ください。
  日程等によりご希望に添えない場合があります。


小田原かまぼこ12軒の利きかまぼこ ※現在、実施していません。

イメージ

小田原かまぼこ12軒

【実施日】毎月第1・3土・日曜日
【内 容】先着20人、各日6軒の利きかまぼこ
<土曜日>杉清商店、土岩商店、田代吉衛門本店、山一蒲鉾店、わきや商店、鈴廣かまぼこ
<日曜日>鈴松蒲鉾店、山上蒲鉾店、籠淸、伊勢兼商店、杉兼商店、丸う田代
【費 用】500円
【問合せ】小田原宿なりわい交流館(TEL0465-20-0515)

イベント情報

【終了しました】「クリスマスに贈ってほしい木のもの」展

チラシ

チラシ表面

チラシ

チラシ裏面

ワークショップ(おうち型小箱)

ワークショップ(おうち型小箱)

ワークショップ(本格箸作り)

ワークショップ(本格箸作り)

【開催日時】
平成30年12月8日(土)・9日(日) 午前10時00分〜午後5時00分まで
※ワークショップは午後4時受付終了
【イベント内容】
小田原・箱根の若手木工職人で構成される「いぶき会」では、今回初の試みとして、「クリスマスの贈り物」をテーマとしたイベントを小田原宿なりわい交流館で開催します。
クリスマスプレゼントとしておすすめする、若手らしい感覚で製作した木製品の展示・販売のほか、小箱づくりやお箸づくりなどのワークショップを開催します。

(1)クリスマスの贈り物をテーマにした木製品の展示・販売
若手木工職人が製作した、クリスマスプレゼントにおすすめする木製品を、年代や男女別など、どのような人に贈ってほしいのか、作り手である職人からプレゼント商品を提案します。

(2)若手木工職人が教えるワークショップ
<風車を作ろう!> 講師:小島裕平(木路)
木で作るオリジナル風車!
寄木のズクや突板(スライスした板)を使って風車を作ります。
■体験料:ズク:1,500円、突板:1,000円
■所要時間:30分
■対象年齢:7歳以上

<ミニウメ子>講師:下城貴(木路)
1950年から2009年まで小田原城址公園にいた、象のウメ子の手のひらサイズ版立体模型を作成します。
■体験料:2,500円
■所要時間:30〜60分
■対象年齢:7歳以上

<おうち型小箱をつくろう>講師:土屋木工所(松本育)
白い木の本体に、好きな種類の木を使って屋根を作り、三角屋根のおうち型小箱を作成します。
■体験料:寄木板屋根:1,500円、無垢板屋根:1,000円
■所要時間:20〜30分
■対象年齢:12歳以上

<カンナで作り、デザインも描ける、本格箸作り>講師:薗部弘太朗(薗部産業)
小田原産の間伐ヒノキをカンナで削り、ペンでデザインを描いて箸を作ります。 
※完成後、工場で塗装した後、郵送にて送付します。
■体験料:大人用:1,300円、子供/お弁当用:1,200円
■所要時間:20〜60分
■対象年齢:7歳以上

(3)木製1/1子どもウメ子の展示
小田原城動物園にいた象のウメ子の来日時の大きさを木製で再現し、「1/1子どもウメ子」として展示します。
来場者には、木っ端などでウメ子を装飾してもらい、みんなで大きくてかわいいウメ子を作ります。

(4)2018「木のクラフトコンペ」の入賞作品および出展作品の展示
クラフトコンペに出展・入賞した若手木工職人の作品を展示します。
小田原・箱根で500年以上続く「木製品」の歴史と魅力を、若手木工職人の技術により表現します。

【実施団体】
主催:いぶき会
協力:合同会社まち元気小田原、小田原市
【問い合わせ】
小田原宿なりわい交流館 小田原市本町3-6-23 0465-20-0515

関連情報

年末のお支度にご利用ください

なりわい交流館すぐ近くの「かまぼこ通り」には、小田原かまぼこ各社の本店10軒が軒を連ねており、店舗ごとに特色のあるかまぼこが販売されています。お正月のおせち料理の一品に小田原かまぼこを加えてみませんか。

箱根駅伝の観覧にご利用ください

なりわい交流館 茶の間

箱根駅伝当日の館内の様子

【箱根駅伝中継スクリーン】

なりわい交流館は、1月2日、3日開催される「箱根駅伝」のコース(国道1号線)のすぐ近くに位置し、ランナーを間近で応援することができます。
また、いつもお休み処に使用しているお茶の間に、中継スクリーンを設置しますので、ランナーの到着を温かい施設内でお待ちいただけます。
この期間は、特別に温かい桜湯をご用意していますので、おくつろぎながら箱根駅伝をお楽しみください。

地図

最終更新日:2020年06月26日


この情報に関するお問い合わせ先

経済部:商業振興課 商業振興係

電話番号:0465-33-1511


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.