小田原市

平成20年度の提言に対するその後の市の取組状況について

小田原市行財政改革検討委員会から提出された平成20年度報告書では、『市民と行政の情報共有』や『市民によるモニタリング』を行財政改革の推進を支える土台と位置付けたことのほか、5つの抜本的な行財政改革の実施項目が提言されました。
この5つの提言に対する、平成21年度の取組状況について報告します。

《5つの抜本的な行財政改革の実施項目》
 ・「公共施設の統廃合・管理運営の見直し」
 ・「包括予算編成システムの導入」
 ・「行政サービスのコスト分析」
 ・「健全化指標に基づく財政規律の確保」
 ・「行財政改革の推進をモニタリングする組織の設置」

 

>>市の取組状況(PDF) (139.89KB)

最終更新日:2011年03月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:行政管理課

電話番号:0465-33-1305


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.